超人気俳優×新人俳優、 同性愛ドラマ撮影中の恋。

25時、赤坂で

25ji akasaka de

25時、赤坂で
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神331
  • 萌×2122
  • 萌53
  • 中立12
  • しゅみじゃない18

45

レビュー数
43
得点
2314
評価数
536
平均
4.4 / 5
神率
61.8%
著者
夏野寛子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784396784652

あらすじ

新人俳優の白崎由岐(26)は、
大学の先輩で超人気俳優の羽山麻水(28)と
同性愛ドラマで共演することになった。
ゲイ役の芝居感が掴めない白崎は、
男に抱かれてみようとハッテン場へ。
そこでなぜか羽山に捕まり、相手を買って出られる。
〝芝居のためのセフレ協力〟。
即物的に始まった関係だったが、
精緻な美貌と圧倒的なオーラの羽山に
甘く心ごと抱き込まれ、白崎は恋心を自覚した。
しかしドラマ撮影は終わりに近づき―――。

表題作25時、赤坂で

羽山麻水 人気俳優,大学時代の先輩,28歳
白崎由岐 新人俳優,大学時代の後輩,26歳

その他の収録作品

  • あの日のその後(描き下ろし)

レビュー投稿数43

期待以上

「俳優もの」という予備知識しかなく、評価が高いから。と言う理由で買いましたが、いざ読んで見たら手が止まらない。時間が無くて買ってすぐ読めなかったのですが早く読んどけば良かった、、!と思える程でした。

麻水さんも白崎くんも良い意味で裏切られた感。てっきり麻水さんはもっとクールで冷たい感じの人だと思っていたので、まさかあんなに白崎くんに甘くて優しいなんて思っていませんでした。でもそんなところが個人的には最高でした。白崎くんも、素直になれないタイプだと思っていましたが結構思ったこととか何でも言うし天然なのも可愛かったです。
演技のシーンは本当に綺麗で、演技のために始まった関係だったけどその作戦は大成功だったんだと感じます。
ハラハラしたり心配させるようなシーンは個人的にはほぼ無かったと感じたので、読んでいるときもしんどくならず穏やかな気持ちでした(笑)

あと、帯も新聞記事みたいで可愛かったです(笑)
終わり方も、もやもやせず、評価が高い理由が分かりました。他の作品も読んでみようかな、と思いました!

1

一番好きなBLです!

俳優もののBLでここまで好みのやつはなかったです、、!
帯まで新聞記事みたいになってて最高でしたㅠ0ㅠ
絵も綺麗で映画を見ているかのような繊細なタッチで目の保養です!!まるで花で始まって花で終わるような素敵な雰囲気です。
由岐くんがめっっちゃかわいいです。演技を通して麻水さんへの気持ちに気付きはじめる由岐くんが、どんどん演技が上手になって周りが呑まれていく感覚がとっってもよかったです。
話のストーリーがうまいこと流れていくのですぐに読み終わります!!

2

麻水の必死な表情に萌え

お互い気持ちを隠しながら、ドラマの撮影と並行して、プライベートで距離が縮まっていくのが流れるように読めて楽しかった。

最初はネガティブに悩んでいた白崎だけど、麻水と関わるにつれ良いお芝居をする場面、彼自身のお芝居よりそれを見た周りのリアクションにぐっときた。

白崎がどんとんエロくなっていくのもいい。

麻水の忘れられない人が白崎だとほのめかしつつ、ラスト、麻水が必死に白崎の家まできたとこは良いシーンだと思う。

個人的な好みを言わせてもらうと
2人とも前髪が長ぇ〜〜w
(前髪が目にかかるくらい長いキャラのマンガは山ほどあるけど、目がチカチカするし、美形なら余計きれいな形のおでこや眉や目を見せておくれよ〜と思うんですよね)

それと、白崎のお目目が丸くてでかいのも苦手で。汗
ぐりぐりお目目は正視できず…そこは流して読みましたごめんなさい。

1

設定をもっと活かしてほしかった

芸能界ものというのは知っていたので、表紙の感じからちょっとドロドロした内容なのかな?と思っていましたが、当て馬なども出て来ず全くそんなことはなかった。ラブコメに近い感じ。
評価が高くかなり期待していたのですが、思ったより内容あっさりめ、「禁断の関係」っぽさもなく芸能界という設定をもっと活かしてほしかった・・・と感じました。でも全体的には面白かったです。

受け・白崎が、役作りのためにセ〇クスする相手(男)を探す、という発想がまず現実味がないし共感もできなかった。自分のセクシャリティをはっきり自覚してないからというのもあるんでしょうが・・・まあ、これがないと話が動かないっていうのはわかるんだけど。
結局ゲイバーで偶然出くわした共演者でもある攻め・羽山とセフレ関係になってしまうんだけれど、この展開もうまくいきすぎで、色々なことが都合良すぎだなーという印象を受けました。でも白崎って意外に性に貪欲で良いですね。

セフレ関係を続けるうちに(最後まではいたしていない)いつの間にか羽山のことを好きになっちゃう白崎、大学時代のあることがきっかけで実は白崎のことが気になっていた羽山。この辺りの気持ちが揺れる展開は好きです。
勘違いして羽山との関係を終わりにしようとする白崎に、頭ボッサボサで会いに行く羽山、良いですね。ここがいちばん萌えました。
そのままお互いの気持ちを確認しあってからのセ〇クス~ENDにかけての流れはすごく萌えがあってよかった。最後の一コマの終わり方も好きです。

3

白崎がかわいすぎる。

芸能界を舞台としたこちらの作品。
登場人物がみんなしてタイプの違う美しさ(#^.^#)

受け様は無名の新人俳優、白崎。
攻め様は、今をときめくイケメン俳優の麻水。

2人がドラマ『昼のゆめ』にて、それぞれ攻め様の涼二、受け様の拓海として共演することに。

実は大学時代、演劇部の先輩後輩だった2人。
この頃から白崎は麻水に対して憧れていて、白崎からかけられた言葉によって、麻水とって白崎は忘れられない存在だった。

ともかく、タクミがかわいくてやられました。
テレビを見ているお嬢様方と一緒にきゅーんって(///∇///)
このドラマ、私も見てみたかったものですよ。

そしてまた、タクミを演じる白崎もかわいい。
ちょっと天然入ってて、素直で率直。

麻水のスマートなイケメンぶりもかっこよくてステキ(#^.^#)

拓海としての演技のため、と始まった2人のえっちなアレコレ。
これがまた最後までは致してないけど、えっちぃ。
最後の方の、フェラしてる白崎の表情のエロいこと(///∇///)
これはやられるわ( ☆∀☆)

初めて最後まで致した翌朝、1人帰った白崎を追いかけて家まで来た麻水のとるものもとりあえず感が、とってもいい(≧▽≦)
イケメン攻め様の必死さ、大好きです。


書き下ろしでは、白崎のエロかわいさにノックダウン。
ラストの麻水のセリフと"しゅん"、には笑っちゃいました。

今ちょうどCD絶賛発売中ですよね。
あ〜すんごい気になる〜。
買っちゃおうかなぁ。

1

キラキラした恋

超イケメン俳優、麻水と共演することになった新人俳優、白崎くん。プライベートでもかつて劇団?で一緒だったようで実は知り合いだった。

共演をきっかけに、プライベートでも麻水宅に度々いって、演技のこやしにとHなこともするうちに、本当に麻水のことを好きに。。
という展開でした。

受けの白崎が、自分がゲイだと自覚しておらず、戸惑いながらも飾らない自然体で演劇に恋愛に向かっていく感じが爽やかでよいです。

本気で相手を好きになり、はっとするような演技で一躍有名に、というストーリーなのですが、この辺りは今後、本当に俳優でやっていくにはちょっと不安要素なのかな?

それにしても、とまどうイケメンや果敢な受けを安心して楽しめる一冊で、なかなかよかったです。

0

顔が芸術。美。

読んでてイライラしないお話だった。

1

胸掴まれるセリフ

この漫画を開いてたった2P、そこで分かりましたこれから始まるのは極上のBLだと。
あの見開きページとても印象的です。もし映画なら、映る由岐の瞳→都会の喧騒→そして映る羽山→その一瞬音が消え…印象的な主題歌が流れ出す…といった感じでしょうか。物語が始まるワクワクがあの瞬間から感じ取れました。

他の方がもう素晴らしいレビューをたくさん書いているので私は一押しのセリフをご紹介。

『涼二さんといるとわかるんです。心臓ってここにあるんだって』

あたなが好き、高鳴る胸の鼓動、心拍数、恋のときめき、あるいは切なさ
…全てがこのセリフ一つに内包されています。恋の全てを命を回す心臓で感じでいるんです。
このセリフを目にした時ガツンと殴られたような衝撃でした。それほど胸に刺ささった。
夏野先生、やはり天才です。

2

安心して楽しめる

麻水が由岐のことを好きなのが序盤からただ読んでるだけで分るので、美しい絵柄で描かれる二人の両片思いを安心して楽しんでいられます

すれ違った理由は芝居の勉強のためって始めたのとずっと好きな人がいるって情報だけだから、お互いに好きって言ったら全部解決だし麻水は朝の街を駆けずり回ってちゃんと告げました
二人共互いに夢中で疑わしいことの挟まる余地が全くなく、とにかく安心安全
仕事の関係者にいきなり手を出す辺りにはひくけれど、外見が麗しく嫌なところのない人達が素直に恋をするお話で良かったです

とてもきれいに顔を描く作家さんの作品には時々、ガラスに映る自分を見ていて目の合わない友達と喋ってるときみたいにしらけてしまう物があるのですが、全く全くありませんでした
目の潤み方が尋常ではないのですが、ずっときれいで面白く読めました

0

最中の白崎くんが最高に良い

白崎くん、彼いいですね。好きです。
一生懸命でひたむきで、なかなか芽が出なくても腐らずに、でも自信過剰にもならずに。
自然体で努力している姿が好印象だったし、この作品の評価にも繋がっているのかなと思いました。

そんな彼ですが、麻水くんとの最中はとてもエロい笑
そのギャップがまた良いですね笑
指じゃ物足りなくなって、ついド直球になんでしないのって聞いちゃうところすごく可愛かった笑

麻水さんに関しては白崎くんに初めてフェラしてもらってる時すごく早く出てしまったから、最後までしたがらない理由は早漏だからなのかなとか思ってました笑
最後にそれが誤解だったとわかってよかった。
(何の話だ笑)

1話目はもう少し人物の書き分けして欲しいなって思ってましたが、読み進めるうちにそれも気にならなくなり、楽しく読めました!
絵も好きなので、作者さんの他の作品も読んでみたいと思います。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う