超人気俳優×若手旬俳優 俳優同士の恋、共演ふたたび。

25時、赤坂で(2)

25ji akasaka de

25時、赤坂で(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神180
  • 萌×242
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
21
得点
1107
評価数
246
平均
4.5 / 5
神率
73.2%
著者
夏野寛子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥713(税抜)  
ISBN
9784396785017

あらすじ

大ヒット同性愛ドラマ『昼のゆめ』が映画になって帰ってくる。
主演はもちろん超人気俳優・羽山麻水とブレイク中の白崎由岐。
この冬、テレビの話題を独占した“昼ゆめブーム“はまだまだ終わらない。

ーーというのはオモテの事情。

実は羽山と白崎は、両片想いを経て付き合い出した恋人同士。
撮影現場では、男前な新キャスト・山瀬が白崎にちょっかいをかけ、羽山の機嫌は急降下。
それが、嫉妬も知らずに生きてきた男の、はじめての独占欲というものなのであったーー。

ちるちるBLアワード2019にわずか40日間で11位にランクインした話題作、待望の続編!

表題作25時、赤坂で(2)

羽山麻水・28歳・超人気俳優
白崎由岐・26歳・ブレイク中の新人俳優

その他の収録作品

  • scene・6~11
  • Bonus track お祝い(描き下ろし)

レビュー投稿数21

パワーアップ!!

1巻も良かったけど、2巻はもっと良かったです~!
絵も見比べると更に綺麗になっていて!!終始うっとりしました。
今まであまり分からなかった麻水さんの色んな面が見れました。無表情が多いけど時折見せる笑顔と怒った顔が最高。煙草吸ってる姿も萌えます。とにかく羽山麻水という男が美しすぎる。妬きながらもずっと白崎くん呼びなのも好きです。ゆきくんは可愛いお顔ながら普通の男の子でそこが良い。昼のゆめのお話しも読みたい。まだ続くようなのでこれからも楽しみな作品です。

0

より甘々に!

二巻で攻めの人間味がより表現されてました。
嫉妬したことがない攻めが、嫉妬を認めたり....
仲の良さも増していて満足です

1

オシャレ〜

漫画の構成がめっちゃ上手くて読みやすいです。
伏線回収もあったし、顔の表情が良く出てて感情表現がわかりやすかった。
実はもっと肉付きのイイ身体の絵が好きなので、最初絵が苦手かなぁと不安だったけど、美しかったです。そつの無い感じでオシャレでした。
前作を読んでいなかったので、連続でよみました。一巻よりもおもしろい!
これを読めば、現実の本物の俳優さんに当てはめて妄想する新しい遊びができる笑(ごめんなさい)なんてね…

6

1巻より盛り上がる!アツい!

1巻はわりとサラッと読める感じでしたが、2巻は当て馬登場によって盛り上がった気がします!!当て馬が不愉快な感じではなく、良い仕事した!!よくやった!!!!と思います!

当て馬の山瀬くんと、受けの白崎くんとのキスシーン見て嫉妬する麻水さんが本当かわいいです…………エッチなキスだったからさ……
嫉妬したことないと言っていた麻水さんが初めて嫉妬の感情を知り、子供みたいに拗ねたような表情になるのがたまりません…

そしてとにかく絵が綺麗です……攻めがとんでもなく美人で、でも受けもなかなか可愛いです…
描写が丁寧なのでストーリー重視な方に超オススメ!

9

眩しいほどに美しい

みなさん仰っていますが、羽山と白崎の2人が綺麗で綺麗で…。とにかく美しくて色っぽい。
何あの睫毛。わけて。
「綺麗な2人が絡む絵」ってだけでも価値のある作品だと思います。
前巻は画面の美しさと艶っぽいエロに惹かれたものの、ストーリーは少し単調なものに感じられたので「萌」にしてたんですが、今回1巻から通して見たらキャラや世界観への理解が深まって、以前より好きになれた気がします。

ドラマ『昼のゆめ』の続編映画撮影にて、共演の新キャラ・山瀬も絡んでくるこの巻。
私はくっついたあとの続編はひたすら甘くあって欲しい派!
当て馬の存在は障害ではなく、2人の関係をさらに燃え上がらせる燃料であって欲しいし、恋のスパイスであってくれればよし♡という感じ。
なので、あまあまの2人を見られて幸せでした♡♡
山瀬よい仕事したな。

2人とも性格はクールだし少しクセがあるから、全体的に陽なラブラブ感はないんだけど、青く燃える炎のような恋もいいものだな〜。
相変わらずエロも艶やか。
白崎のエロへの積極性も意外性があって好き。

12

試し読みで惹かれて購入

絵が凄く綺麗で、構図がとにかく良い。カッコイイ!
この角度好きだな、このポーズ好きだなって読み返す度に好きな所を見つけてしまいます。
個人的には1巻よりも2巻の方がストーリー的に好きでした。
クールなキャラもワンコなキャラもそれぞれの場面ごとに感情の起伏があり、色んな表情を見られるため、何度見ても飽きないなぁと思います。

主人公2人それぞれの視点での心理的な描写があるため、様々な角度から二人を見ていけるのがよりストーリーに入り込める要素なのだと思いました。

読み終わりに「はぁ幸せ」って気持ちになる作品です!
綺麗で甘いストーリーが好きな方に是非オススメしたいです。

10

芸能人の恋

前作の雰囲気が大好きだったので、個人的に、人気作の続編は蛇足なことが多いので今作もどうかな~と思いながら手に取りましたが、めちゃくちゃに最高でした。

よくある芸能ものとは一味違って、前作もそうでしたが、仕事とプライベートでの感情のバランスがとても良いなと思います。
恋愛が仕事に悪い方向に作用することがなく、お互い節度のある関わり方というか、結構ベタ惚れの関係でありながらきちんと理性的で冷静な部分もあって、恋愛が否定されることや自らで否定することがないのはとても気持ちが良いです。
感情的になって声を荒げるシーンがある作品も人間らしいなと思いますが、叫び声の聞こえない話は穏やかで読みやすく、最初から最後まで優しい気持ちで読めました。
それでいて、決して温度が低いわけではなく、沸騰する場面とタイミングが2人が俳優として仕事をしていることを軸とした中にうまくはめ込まれているのかなと思います。

創作上でも人気俳優の恋愛はご法度のイメージが強かった昔に比べて、その恋愛が悪いことではなく、恋愛と仕事のどちらかを選ばなければなんてことすら考えない2人の関係が違和感なく描かれているところが大好きです。

14

あまあま<<のキーワード見て買ってみたんですけど、

もう…最高すぎ…

とにかく2人が好き…。
美しいけど結構面倒なタイプの羽山さんと、そんな羽山さんのめんどくささを色々な形で受け入れる男前な白崎くんがほんとうに最高です。
お仕事の場面をちゃんと描いてくれているのもすごく良くて、色々な役を演じる2人をもっと見たいので最低でも3冊は続いてほしいです。

12

チーム25時。まだまだ見たい~❤️

良かった…
前作も、とにかく雰囲気が色っぽい作品でした。今回も、色っぽい!
そもそも、恋人になってからの羽山と由岐が見れるなんて幸せな事です。

『昼のゆめ』が映画化されて、羽山と由岐が再共演です。
羽山が、由岐に比べるとシレッとした感じがしていたんです。由岐は、とにかく羽山大好きでいつも濡れた瞳で見詰めてる。熱っぽい視線が羽山に絡むところはたまりませんね…

だけど、今回は山瀬という新キャラが登場していまして。山瀬が、なかなか掻き回してくれました!

おかげで、シレッとした羽山が嫉妬する姿を見ることが出来ました。
それにしても、由岐の演技は反則技でしょ~共演する人、周りのスタッフが一瞬で目を奪われる力。空気を動かすひとなんですね。

そして、羽山。
羽山の演技も、由岐と出会って恋人になってからは更に魅力的になっていったのですね。作中の2人の演技は、圧倒される美しさと響く感じでした。

今回は、ほんとに羽山の色んな面が楽しめました!
山瀬に対して、嫉妬したり。それを隠せずに由岐に感情的になったり。
セックスは、どこまで由岐を蕩けさすつもり?と思うほど可愛がっていまして。
いちばんは、山瀬に見せつけたドヤ顔キス。そして、あれこれ終わってからの羽山断ちしていた由岐に対するお仕置きセックスでしょうか~❤️
これは読んでいて、うひゃっ…と思わず声が出てしまった。大変宜しかったです!

前作からの、佐久間さんも相変わらず。付かず離れずのガヤ感が良かった。

山瀬もね、羽山と由岐には入り込めなかったけど、何ならスピンオフとかでまた恋しちゃってもいいんですよ?本気のやつ。
見てみたいなぁ。

まだまだ名残惜しいです。25時チーム、また読みたいです。

10

まるで透明な湖面のきらめき

とても好きでした…!この作品は俳優である2人の、しっかりと「演じる」部分を見せてくれるので、そういった業界ものを求めているかたには私も含めたまらないのだと思います。俳優の2人と、プライベートの2人のギャップも良いし、プライベートの2人の関係が演技の方に影響を与えるのも良い…
読者として裏側を見ているわけなのですが、なぜだかまるで自分も作中のファンと同じ様にドラマを追っているような錯覚を起こします。
美しい筆致と、はっとさせられるような表情。そしてなによりその瞳の描写が、まるで透明な湖面のきらめきを目にしているかのよう(伝われ…)
読んだことの無いかたには「25時、赤坂で」含め、是非とも読んで欲しいです。読んで後悔することはないでしょう…!

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う