超人気俳優×若手旬俳優 俳優同士の恋、共演ふたたび。

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作25時、赤坂で 2

羽山麻水・28歳・超人気俳優
白崎由岐・26歳・ブレイク中の新人俳優

その他の収録作品

  • scene・6~11
  • Bonus track お祝い(描き下ろし)

あらすじ

大ヒット同性愛ドラマ『昼のゆめ』が映画になって帰ってくる。
主演はもちろん超人気俳優・羽山麻水とブレイク中の白崎由岐。
この冬、テレビの話題を独占した“昼ゆめブーム“はまだまだ終わらない。

ーーというのはオモテの事情。

実は羽山と白崎は、両片想いを経て付き合い出した恋人同士。
撮影現場では、男前な新キャスト・山瀬が白崎にちょっかいをかけ、羽山の機嫌は急降下。
それが、嫉妬も知らずに生きてきた男の、はじめての独占欲というものなのであったーー。

ちるちるBLアワード2019にわずか40日間で11位にランクインした話題作、待望の続編!

作品情報

作品名
25時、赤坂で 2
著者
夏野寛子 
媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
25時、赤坂で
発売日
ISBN
9784396785017
4.5

(649)

(469)

萌々

(121)

(35)

中立

(10)

趣味じゃない

(14)

レビュー数
50
得点
2944
評価数
649
平均
4.5 / 5
神率
72.3%

レビュー投稿数50

芸能人の恋

前作の雰囲気が大好きだったので、個人的に、人気作の続編は蛇足なことが多いので今作もどうかな~と思いながら手に取りましたが、めちゃくちゃに最高でした。

よくある芸能ものとは一味違って、前作もそうでしたが、仕事とプライベートでの感情のバランスがとても良いなと思います。
恋愛が仕事に悪い方向に作用することがなく、お互い節度のある関わり方というか、結構ベタ惚れの関係でありながらきちんと理性的で冷静な部分もあって、恋愛が否定されることや自らで否定することがないのはとても気持ちが良いです。
感情的になって声を荒げるシーンがある作品も人間らしいなと思いますが、叫び声の聞こえない話は穏やかで読みやすく、最初から最後まで優しい気持ちで読めました。
それでいて、決して温度が低いわけではなく、沸騰する場面とタイミングが2人が俳優として仕事をしていることを軸とした中にうまくはめ込まれているのかなと思います。

創作上でも人気俳優の恋愛はご法度のイメージが強かった昔に比べて、その恋愛が悪いことではなく、恋愛と仕事のどちらかを選ばなければなんてことすら考えない2人の関係が違和感なく描かれているところが大好きです。

22

尻上がりに良くなる作品

前巻より良くなる2巻って凄くないですか!
正直、初めは綺麗すぎて物足りないかなぁー、
なんて思っていたのですが、
今回は麻水がかなり人間らしくなって萌えました(*/□\*)

相変わらず由岐のキラキラお目々に吸い込まれそうだし、
麻水の睫毛バサバサなのにクールな目も好き♡
とにかく絵が美しくて、情緒的なのに官能的なストーリーの雰囲気にとても合っています。

『昼のゆめ』の続編を撮影する展開でしたが、
ちょっとした当て馬・山瀬が二人のいいスパイスになっていました。
嫉妬する麻水がみられて嬉しい!
意外と子どもっぽいというギャップがあるのも良いんですよね。
モテる男の初めての嫉妬と独占欲に心鷲掴みにされた(*//艸//)♡

Hの時の麻水のドSっぷりは何だ‼︎
「早く動いて」って、
ムカつくはずなのにキュンとしてしまった(笑)
泣きながらイキまくる由岐も可愛いし、
描き下ろしのネクタイ外す麻水もイイ‼︎
着衣のまま求める由岐の気持ち分かる(///△///)

まだ続くのでしょうか?
もっと俳優として成長していく二人が見たい!
ラブラブな二人をずっと見ていたい‼︎
そんな風に思う、大満足の一冊でした^^


16

ぷれぱーる

シトリン様
コメントありがとうございます。
本当に嬉しいお言葉いただけて、
こちらこそ感謝いたします。

どんどん面白くなっていく作品で、
この思いを共感できて嬉しいです^^
『昼の夢』実際にみてみたい作品ですよね!
あんなに綺麗な男性二人のラブシーンだったら実写でもみてみたい(о´∀`о)

私は基本的にコミックス派なので、
オススメの小説があったらぜひ教えて下さいね。

シトリン

ぷれぱーる様、こんばんは

とても気になっていた作品でしたが、基本小説派なものでリストで温めておりました。
が!!『尻上がりに良くなる』との文言を読み衝動に駆られ、2冊一度にポチリ。
いや~良かった~。
映画のラストの撮影シーンが最高でした。
私がスタッフだったら奥歯を噛み締め過ぎて耳がジンジン痛んでいたことでしょう。

購入するきっかけを下さり、ありがとうございました。

あまあま<<のキーワード見て買ってみたんですけど、

もう…最高すぎ…

とにかく2人が好き…。
美しいけど結構面倒なタイプの羽山さんと、そんな羽山さんのめんどくささを色々な形で受け入れる男前な白崎くんがほんとうに最高です。
お仕事の場面をちゃんと描いてくれているのもすごく良くて、色々な役を演じる2人をもっと見たいので最低でも3冊は続いてほしいです。

15

チーム25時。まだまだ見たい~❤️

良かった…
前作も、とにかく雰囲気が色っぽい作品でした。今回も、色っぽい!
そもそも、恋人になってからの羽山と由岐が見れるなんて幸せな事です。

『昼のゆめ』が映画化されて、羽山と由岐が再共演です。
羽山が、由岐に比べるとシレッとした感じがしていたんです。由岐は、とにかく羽山大好きでいつも濡れた瞳で見詰めてる。熱っぽい視線が羽山に絡むところはたまりませんね…

だけど、今回は山瀬という新キャラが登場していまして。山瀬が、なかなか掻き回してくれました!

おかげで、シレッとした羽山が嫉妬する姿を見ることが出来ました。
それにしても、由岐の演技は反則技でしょ~共演する人、周りのスタッフが一瞬で目を奪われる力。空気を動かすひとなんですね。

そして、羽山。
羽山の演技も、由岐と出会って恋人になってからは更に魅力的になっていったのですね。作中の2人の演技は、圧倒される美しさと響く感じでした。

今回は、ほんとに羽山の色んな面が楽しめました!
山瀬に対して、嫉妬したり。それを隠せずに由岐に感情的になったり。
セックスは、どこまで由岐を蕩けさすつもり?と思うほど可愛がっていまして。
いちばんは、山瀬に見せつけたドヤ顔キス。そして、あれこれ終わってからの羽山断ちしていた由岐に対するお仕置きセックスでしょうか~❤️
これは読んでいて、うひゃっ…と思わず声が出てしまった。大変宜しかったです!

前作からの、佐久間さんも相変わらず。付かず離れずのガヤ感が良かった。

山瀬もね、羽山と由岐には入り込めなかったけど、何ならスピンオフとかでまた恋しちゃってもいいんですよ?本気のやつ。
見てみたいなぁ。

まだまだ名残惜しいです。25時チーム、また読みたいです。

14

試し読みで惹かれて購入

絵が凄く綺麗で、構図がとにかく良い。カッコイイ!
この角度好きだな、このポーズ好きだなって読み返す度に好きな所を見つけてしまいます。
個人的には1巻よりも2巻の方がストーリー的に好きでした。
クールなキャラもワンコなキャラもそれぞれの場面ごとに感情の起伏があり、色んな表情を見られるため、何度見ても飽きないなぁと思います。

主人公2人それぞれの視点での心理的な描写があるため、様々な角度から二人を見ていけるのがよりストーリーに入り込める要素なのだと思いました。

読み終わりに「はぁ幸せ」って気持ちになる作品です!
綺麗で甘いストーリーが好きな方に是非オススメしたいです。

13

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP