超人気俳優×若手旬俳優 俳優同士の恋、共演ふたたび。

25時、赤坂で(2)

25ji akasaka de

25時、赤坂で(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神325
  • 萌×292
  • 萌27
  • 中立7
  • しゅみじゃない13

166

レビュー数
37
得点
2081
評価数
464
平均
4.5 / 5
神率
70%
著者
夏野寛子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
ISBN
9784396785017

あらすじ

大ヒット同性愛ドラマ『昼のゆめ』が映画になって帰ってくる。
主演はもちろん超人気俳優・羽山麻水とブレイク中の白崎由岐。
この冬、テレビの話題を独占した“昼ゆめブーム“はまだまだ終わらない。

ーーというのはオモテの事情。

実は羽山と白崎は、両片想いを経て付き合い出した恋人同士。
撮影現場では、男前な新キャスト・山瀬が白崎にちょっかいをかけ、羽山の機嫌は急降下。
それが、嫉妬も知らずに生きてきた男の、はじめての独占欲というものなのであったーー。

ちるちるBLアワード2019にわずか40日間で11位にランクインした話題作、待望の続編!

表題作25時、赤坂で(2)

羽山麻水・28歳・超人気俳優
白崎由岐・26歳・ブレイク中の新人俳優

その他の収録作品

  • scene・6~11
  • Bonus track お祝い(描き下ろし)

レビュー投稿数37

芸能人の恋

前作の雰囲気が大好きだったので、個人的に、人気作の続編は蛇足なことが多いので今作もどうかな~と思いながら手に取りましたが、めちゃくちゃに最高でした。

よくある芸能ものとは一味違って、前作もそうでしたが、仕事とプライベートでの感情のバランスがとても良いなと思います。
恋愛が仕事に悪い方向に作用することがなく、お互い節度のある関わり方というか、結構ベタ惚れの関係でありながらきちんと理性的で冷静な部分もあって、恋愛が否定されることや自らで否定することがないのはとても気持ちが良いです。
感情的になって声を荒げるシーンがある作品も人間らしいなと思いますが、叫び声の聞こえない話は穏やかで読みやすく、最初から最後まで優しい気持ちで読めました。
それでいて、決して温度が低いわけではなく、沸騰する場面とタイミングが2人が俳優として仕事をしていることを軸とした中にうまくはめ込まれているのかなと思います。

創作上でも人気俳優の恋愛はご法度のイメージが強かった昔に比べて、その恋愛が悪いことではなく、恋愛と仕事のどちらかを選ばなければなんてことすら考えない2人の関係が違和感なく描かれているところが大好きです。

17

尻上がりに良くなる作品

前巻より良くなる2巻って凄くないですか!
正直、初めは綺麗すぎて物足りないかなぁー、
なんて思っていたのですが、
今回は麻水がかなり人間らしくなって萌えました(*/□\*)

相変わらず由岐のキラキラお目々に吸い込まれそうだし、
麻水の睫毛バサバサなのにクールな目も好き♡
とにかく絵が美しくて、情緒的なのに官能的なストーリーの雰囲気にとても合っています。

『昼のゆめ』の続編を撮影する展開でしたが、
ちょっとした当て馬・山瀬が二人のいいスパイスになっていました。
嫉妬する麻水がみられて嬉しい!
意外と子どもっぽいというギャップがあるのも良いんですよね。
モテる男の初めての嫉妬と独占欲に心鷲掴みにされた(*//艸//)♡

Hの時の麻水のドSっぷりは何だ‼︎
「早く動いて」って、
ムカつくはずなのにキュンとしてしまった(笑)
泣きながらイキまくる由岐も可愛いし、
描き下ろしのネクタイ外す麻水もイイ‼︎
着衣のまま求める由岐の気持ち分かる(///△///)

まだ続くのでしょうか?
もっと俳優として成長していく二人が見たい!
ラブラブな二人をずっと見ていたい‼︎
そんな風に思う、大満足の一冊でした^^


14

ぷれぱーる

シトリン様
コメントありがとうございます。
本当に嬉しいお言葉いただけて、
こちらこそ感謝いたします。

どんどん面白くなっていく作品で、
この思いを共感できて嬉しいです^^
『昼の夢』実際にみてみたい作品ですよね!
あんなに綺麗な男性二人のラブシーンだったら実写でもみてみたい(о´∀`о)

私は基本的にコミックス派なので、
オススメの小説があったらぜひ教えて下さいね。

シトリン

ぷれぱーる様、こんばんは

とても気になっていた作品でしたが、基本小説派なものでリストで温めておりました。
が!!『尻上がりに良くなる』との文言を読み衝動に駆られ、2冊一度にポチリ。
いや~良かった~。
映画のラストの撮影シーンが最高でした。
私がスタッフだったら奥歯を噛み締め過ぎて耳がジンジン痛んでいたことでしょう。

購入するきっかけを下さり、ありがとうございました。

あまあま<<のキーワード見て買ってみたんですけど、

もう…最高すぎ…

とにかく2人が好き…。
美しいけど結構面倒なタイプの羽山さんと、そんな羽山さんのめんどくささを色々な形で受け入れる男前な白崎くんがほんとうに最高です。
お仕事の場面をちゃんと描いてくれているのもすごく良くて、色々な役を演じる2人をもっと見たいので最低でも3冊は続いてほしいです。

14

チーム25時。まだまだ見たい~❤️

良かった…
前作も、とにかく雰囲気が色っぽい作品でした。今回も、色っぽい!
そもそも、恋人になってからの羽山と由岐が見れるなんて幸せな事です。

『昼のゆめ』が映画化されて、羽山と由岐が再共演です。
羽山が、由岐に比べるとシレッとした感じがしていたんです。由岐は、とにかく羽山大好きでいつも濡れた瞳で見詰めてる。熱っぽい視線が羽山に絡むところはたまりませんね…

だけど、今回は山瀬という新キャラが登場していまして。山瀬が、なかなか掻き回してくれました!

おかげで、シレッとした羽山が嫉妬する姿を見ることが出来ました。
それにしても、由岐の演技は反則技でしょ~共演する人、周りのスタッフが一瞬で目を奪われる力。空気を動かすひとなんですね。

そして、羽山。
羽山の演技も、由岐と出会って恋人になってからは更に魅力的になっていったのですね。作中の2人の演技は、圧倒される美しさと響く感じでした。

今回は、ほんとに羽山の色んな面が楽しめました!
山瀬に対して、嫉妬したり。それを隠せずに由岐に感情的になったり。
セックスは、どこまで由岐を蕩けさすつもり?と思うほど可愛がっていまして。
いちばんは、山瀬に見せつけたドヤ顔キス。そして、あれこれ終わってからの羽山断ちしていた由岐に対するお仕置きセックスでしょうか~❤️
これは読んでいて、うひゃっ…と思わず声が出てしまった。大変宜しかったです!

前作からの、佐久間さんも相変わらず。付かず離れずのガヤ感が良かった。

山瀬もね、羽山と由岐には入り込めなかったけど、何ならスピンオフとかでまた恋しちゃってもいいんですよ?本気のやつ。
見てみたいなぁ。

まだまだ名残惜しいです。25時チーム、また読みたいです。

12

まるで透明な湖面のきらめき

とても好きでした…!この作品は俳優である2人の、しっかりと「演じる」部分を見せてくれるので、そういった業界ものを求めているかたには私も含めたまらないのだと思います。俳優の2人と、プライベートの2人のギャップも良いし、プライベートの2人の関係が演技の方に影響を与えるのも良い…
読者として裏側を見ているわけなのですが、なぜだかまるで自分も作中のファンと同じ様にドラマを追っているような錯覚を起こします。
美しい筆致と、はっとさせられるような表情。そしてなによりその瞳の描写が、まるで透明な湖面のきらめきを目にしているかのよう(伝われ…)
読んだことの無いかたには「25時、赤坂で」含め、是非とも読んで欲しいです。読んで後悔することはないでしょう…!

11

試し読みで惹かれて購入

絵が凄く綺麗で、構図がとにかく良い。カッコイイ!
この角度好きだな、このポーズ好きだなって読み返す度に好きな所を見つけてしまいます。
個人的には1巻よりも2巻の方がストーリー的に好きでした。
クールなキャラもワンコなキャラもそれぞれの場面ごとに感情の起伏があり、色んな表情を見られるため、何度見ても飽きないなぁと思います。

主人公2人それぞれの視点での心理的な描写があるため、様々な角度から二人を見ていけるのがよりストーリーに入り込める要素なのだと思いました。

読み終わりに「はぁ幸せ」って気持ちになる作品です!
綺麗で甘いストーリーが好きな方に是非オススメしたいです。

11

全ページ全コマが美しい

続編が待ち遠しかった作品No.1です。
全ページに渡ってとにかく画面が美しい。
夏野先生の描かれる男性は色気があって本当に魅力的ですよね。
見惚れてしまうような瞳がとても印象的なのですが、目は口程にものを言うといいますか、瞳の描写ひとつだけでキャラクターの感情が伝わって来るのが素晴らしい。
瞳と同じく、繊細な線で描かれた髪の毛や手も美しい……
前作に続き、新聞・週刊誌風の帯デザインも業界ものらしくインパクトがあって個人的に好きです。


お話とキャラクター達についてですが、前作に引き続き、お仕事描写も2人のラブな部分もたっぷり。 スキンシップが増えていたり、口調も心なしか気安くなっている2人のやり取りは終始甘々です。
お話のテンポとバランスが丁度良く、すっきりと読めて読後感も良かったです!
前作でも感じましたが、この2人は思ったことや感じたことを遠回しにせず、お互いに相手へ直接素直かつストレートに伝えている所が読んでいて気持ちが良い理由のひとつかな?なんて思います。


いや〜〜…もう、由岐がぐんぐんと役者としての演技力を身に付けている姿にグッときました!
監督やスタッフ陣、共演者もを惹きつける演技力の高さ。
一瞬にして役に入り込んだ時の彼の普段とのギャップが堪らないです!
素の部分ではころころと変わる表情もすごく可愛らしいですし、さっぱりとした性格も◎
Hシーンでの、とろとろにされながら無意識に麻水を煽ってしまう姿もえろ可愛い。
自身が俳優として着実に成功をしていっている中でも、学生時代の初心を忘れていない所や、今でもずっと役者としての麻水を尊敬し憧れている所も素敵でした。

一方、初めての嫉妬と独占欲というものを見せた麻水。
今作は、嫉妬したり、怒ったり、笑ったり、泣いたり、悩んだりと、麻水の様々な表情が見られました。
美しい男はどんな表情をしても美しいのですね…!
しかし、普段通りの淡々としたクールビューティーに見えつつ、由岐に絡む新たな人物に対して内心穏やかではない(笑)
動揺して飲み物をこぼしたり、心を掻き乱されている様子が大変可愛らしくて…!
への字眉からドヤ顔までもが美しい姿にも、Hシーンでちょっぴり拗ねて意地悪をしたり、ぽつぽつと本音を子供のようにこぼす姿にも思わずキュンとしました。
美しい容姿ばかりが注目されてしまう彼ですが、人知れず努力をした過去もあり…シャワーを浴びながら、俳優として・演技について悶々と悩んだりする姿も印象的です。
表面には見えないけれど、静かに熱いものを持っているのが今回沢山描かれていて、人間臭くてとても良かった。
表情も感情も豊かになり、美しさだけではなく可愛さまで手に入れてしまった彼は無敵なのでは…?


麻水と由岐、2人が役者として演技に真摯に取り組む姿と演技シーンの描写を見て思わず「昼のゆめ!私も見たい!!」と思った方もきっと多いはず!
139ページから143ページにかけての流れに目が釘付け。
漫画を読んでいるのに映画を見ているかのよう。
余白と間の取り方が絶妙というか、リアルです。
昼のゆめ…ドラマも映画も2人が出ているバラエティ番組も見たくてたまらない…
所々に現れる、視聴者の女の子達と同じ気持ちになって見たいです…(笑)


そして、今作から登場した新キャラクターの山瀬くん。
お話に良いスパイスを与える魅力的なキャラクターでした!
ちょっと嫌な感じの当て馬ポジションなのかな?と思いきや、これまた悪い子ではなく面白い感じの子で…!
彼の登場によって、良い感じに2人の感情が引き出されています!
引き続き登場している、佐久間くんと麻水と由岐といういつものトリオの親しいやり取りも楽しくて癒されます!
佐久間くんのSNSは毎日チェックしたいですね!


続編ということで、展開にもう一捻り欲しい方には物足りなくなってしまうかもしれませんが、くっついた後のthe・王道なお話が好きな方にはたまらないかと思います。
これからもお互いに良い影響を与えながら、仕事面では切磋琢磨し、素の部分では末長くラブラブでいて欲しい!
まだまだこの2人を追いかけたくなるような1冊でした!
今後の甘々な2人も、役者として更に飛躍した姿も見てみたいです!
ラストのTo be…の文字に期待をしてしまいますね。
続々編、ぜひお待ちしております!

10

安心してください、幸せになれます

おんぶるー展で一足先に購入させていただきました…発売日までレビュー控えてましたが、早々に失礼します…ネタバレはなしです。
相変わらずの線の美しさ、この絵の素晴らしさが物語を特別にしてると思います。
目、目がいいんですよ、目が!!
続刊、ライバル登場で買うのためらったら、ためらう必要はないです…大丈夫です…昼ゆめが、みたいっ…ってなるだけです。
私と同じ気持ちになる人をまってます…

8

オシャレ〜

漫画の構成がめっちゃ上手くて読みやすいです。
伏線回収もあったし、顔の表情が良く出てて感情表現がわかりやすかった。
実はもっと肉付きのイイ身体の絵が好きなので、最初絵が苦手かなぁと不安だったけど、美しかったです。そつの無い感じでオシャレでした。
前作を読んでいなかったので、連続でよみました。一巻よりもおもしろい!
これを読めば、現実の本物の俳優さんに当てはめて妄想する新しい遊びができる笑(ごめんなさい)なんてね…

8

羽山さんが超絶やばい♡ ぜひご覧ください!

『25時、赤坂で』の続編です。
待ちに待った発売日!
特典の「とらのあな特典4Pリーフレット」がどうしても欲しくて、初めてとらのあなに潜入!
隠れ腐女子のため、部屋にコミックを隠せないので普段は電子購入なのに(泣)
どうしても欲しくて買っちゃったよぉ!!
とらのあな 某店の入口付近に設置されている新刊コーナーの『25時、赤坂で(2)』が積み上がっていたであろう場所はスカスカで、残り10冊ぐらいでした。
ちなみに午前11時半過ぎのことです。さすがに発売日なので裏に在庫があると思いますが。
近くのアニメイトでは「onBLUE9周年記念複製原画展」が開催されていて、22日から先行販売していましたね。

超人気俳優の羽山さんと無名から大ブレイクした新人俳優 白崎くんの恋愛のお話。

大ヒットドラマ「昼のゆめ」で共演し、両片想いから恋人同士になった2人のその後です。超人気俳優の羽山さんは相変わらずですが、白崎くんも人気俳優の仲間入りをして超多忙な日々を送っています。
そんなある日、「昼のゆめ」の映画化が決まり、再び共演できることになりました。
ところが、初共演の山瀬一真くんが白崎くんにやたらちょっかいを出すようになり、羽山さんは人生初の嫉妬を覚えて…。

前作は白崎くんがメインでしたが、今作は羽山さんがメインになります。

今作の羽山さんも大人でカッコ良くて素敵なのですが、そこに妖艶さが加わり、まさに敵なし状態です!!
怒ったお顔も涙を流すお顔もドヤ顔も全て美しい~。
もはや羽山無双ですな(汗)羽山さん推しの方は超やばいですよ!

白崎くんは演技に磨きがかかり、どんどん上手くなっているのが嬉しかったです。
現場スタッフからの評価が高いって、役者からしたら最高ですよね。
まだまだ成長するんだろうな。
最後は日本アカデミー賞(たぶん)新人俳優賞を受賞します。
白崎くんの大きくて綺麗な瞳は今作でもキラキラしていました。

新キャラの山瀬くんはもうちょっとグイグイ来るのかと思いましたが、当て馬になり切れなかった感じです。
でも、山瀬くんも魅力的ですよ。
上品な羽山さんやフレッシュな白崎くんとはまた違ってセクシーな感じです。
まぁ、羽山さんの前では霞んでしまうのですが…。

個人的には、佐久間くんが登場しているのが嬉しかったです。
なにげにムードメーカー的な存在ですよね?

揺るぎない2人の関係にドキドキ♡キュンキュンはしてもハラハラすることはなかったので、最後まで安心して読めました。
シリアス展開になったらどうしようと思っていたんです。良かった~。
羽山さんの「出会ってくれて?」のシーンでは唸りました。
いつもクールな羽山さんの愛の告白は必見です。
一般人なら爆死するとこですよ。

今作もHシーンはやっぱりエロいんですよ。
羽山さんがSっぷりを発揮しております。
なんと白崎くんが我慢できずにあんなこと!……ぜひ、本編をご覧ください(笑)
白崎くんが何度もイってしまいます!

さらにラブラブな2人の続編を楽しみにしています♡

夏野先生のファンの方はもちろん、多くの方に読んでいただきたいおすすめの作品です。

7

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う