BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

千秋楽はWEB配信も!18禁BLゲーム舞台化、劇中写真&レポ到着

2019/08/01 14:02

目玉は一夜を過ごす濃密シーン♥ チケット絶賛発売中!



大人気18禁BLゲーム『ラッキードック 1』の舞台化作品『THE STAGE ラッキードック 1 Break Through』が絶賛公演中です! 大好評につき、今回で3回目の公演となっています。
今回、7月31日に公演初日を迎えたばかりの大注目作品から、ゲネプロレポート&劇中写真が到着! ゲームの世界から飛び出してきたかのような美形軍団に、うっとりすること間違いなしですよ~♥

※以下レポート文中に、本編の重要なネタバレを含んでおります

『THE STAGE ラッキードッグ1 Break Through』ゲネプロレポート

 
18禁BLゲーム『ラッキードッグ1』の3回目の公演が始まった。
前二作は、ゲーム全体をぎゅっとまとめた内容だったが、今回は、「脱獄編」を中心に据えて、キャラクター達が出会い、一つになっていく様を丁寧に描いている。
舞台は、“幹部四人を無事に脱獄させたら、CR:5のボスに就任“という命令を受けたジャンがいる刑務所から幕を開ける。

相手によって柔軟に対応を変えていくジャン(堂本翔平)、そのジャンと唯一面識のあるベルナルド(杉江優篤)はジャンを妖しく誘い、どこか陰のあるルキーノ(山内圭輔)はジャンを荒々しく壁に押しつける。



最初からジャンを信望するジュリオ(輝海)は静と動のメリハリが初々しく、イヴァン(佐藤慎亮)とジャンのやりとりは子供のような無邪気さえ漂い、これまでの舞台とはまるで違う一面が次々と現れて目が離せない。



前作に続き、「18禁ゲームらしい」シーンが随所に織り込まれながら、ジャンは幹部一人ずつと接近し、看守の見回りスケジュール把握、脱獄ルート確保など一歩一歩脱獄への準備を始めていく。
材料が揃ったと思われた頃、幹部の一人・ジュリオがジャンを侮辱されたという理由で乱闘事件を起こし独房に入れられかける。そうなると「全員揃っての脱獄」は不可能になる。その上確保していた脱獄ルートまで看守に見つかるという八方塞がりな状態に陥る。



今回の舞台の目玉の一つは、4人分の日替わりシーン。1公演につき2箇所用意されており、片方は一夜を過ごすかなり濃厚な場面となっている。

もう一つは原作にもある「演奏シーン」。旅芸人と偽装して「Jailbreaks of the century」を演奏し歌うCR:5は「脱獄編」ならではのシーンで、公演が始まるまでトップシークレットだったという。そして、カーテンコール「Entrust to the future」では、デイバン到着後のCR:5ということで、囚人服姿からスーツ姿へと一変してデイバン市民に新・CR:5としてお披露目という意味も兼ねる。


最後の曲でペンライトが使用可能になったが、用意するタイミングは、ストーリーテラーのラグトリフがきちんと教えてくれるので安心してほしい。


過去と未来が交差した、大きな一つの輪のような舞台を是非経験してほしい。千秋楽はニコ生で中継もあるので、そちらでもぜひ楽しんでほしい。

舞台『THE STAGE ラッキードッグ1 Break Through

 
公演期間:7/31(水)~8/4(日) 全9公演
会場:
草月ホール 東京都港区赤坂7-2-21 草月会館地下1階
大江戸線「青山一丁目」駅 南青山4番出口より徒歩5分,丸ノ内線「赤坂見附」駅 A出口より徒歩10分

【あらすじ】
1930年代、アメリカ合衆国、デイバン。禁酒法が施行されたこの時代で裏社会を生きる二つの大きな勢力、マ フィア組織CR:5とギャング組織GDが街を巻き込んだ抗争を始めた。 その血生臭いニュースは外と隔絶されたマジソン刑務所内でも大きな話題となっていた。 そんな中、CR:5のヒラの構成員である脱獄の天才、ジャン・カルロはフリーで快適なムショライフを楽しんでいた。組 織の大幹部たちがここに流れ着くまでは――。
幹部全員を脱獄させ、デイバンまで帰還できたら、自分がボスの椅子に座るというボスからの命令に快適なムショラ イフが大きく一変していく。
自分の幸運を信じ、この勝負に賭けるか、降りるか―― 。
この事件が、ある二つ名を持つ囚人の運命を大きく変えることになる。彼の名は……。
決められた運命をブチ壊せ。

【キャスト】
ジャン・カルロ:堂本 翔平
ベルナルド・オルトラーニ:杉江 優篤
ルキーノ・グレゴレッティ:山内 圭輔
ジュリオ・ディ・ボンドーネ:輝海
イヴァン・フィオーレ:佐藤 慎亮
バクシー・クリステンセン:馬庭良介
ラグトリフ・フェルフーフェン:松本 旭平
ジョシュア・ハミルトン:萩原 匠
ロイド・ロンブローゾ:中島 一博
マジソン刑務所囚人:
生谷 一樹、加来 亮凪、清水 弘樹、下田 隼輝、住田 静也、飛山 竜太、永橋 洲、 船橋 拓幹

【スタッフ】
脚本:喜多村 太綱
演出:鄭 光誠
音楽:印南 俊太朗

【チケット情報】(全席指定席)
・マジソン刑務所囚人席 9,000円(税込)(1階席)
特典:CR:5スマホリング(非売品・白、黒2種・ランダム)

・マジソン刑務所看守席 7,000円 (税込)(2・3階席)

【好評発売中】
チケットサイト「カンフェティ」にて発売中

ⒸWoGa ⒸSTAGE CR:5 Photo by 吉岡 普

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

こういう女性向け風俗あったらうけそうよね

PAGE TOP