BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

チケットが1枚余ったらどうする? オタク友達選びの軸を探ってみた

2020/03/22 13:29

同行者(=今後オタク友達になり得る人)に求める条件とは!?

 


先日はチケットが1枚余ったらどうする?アンケートにご協力頂き、ありがとうございました!

リアルでは中々オタク趣味を話せる友達と出会えない…。そんなときに助けとなるのがSNSなどオンライン上での出会いや実際に開催されるイベントですよね。それらがきっかけで友達を作ったことがある方も少なくないと思いますが、そこである疑問が浮かびました。

SNSで知り合ってから実際に会う? それとも実際に会ってからSNSで繋がる?

筆者は前者で、実際にSNSで知り合った友人とコンサートに参加したりオフ会を開いたり自宅に泊めたり……また、そのジャンルを卒業してからも近況報告をし合ったりということがあります。

そこで、ちるちる会員の皆さまが普段どんなイベントに参加しているのか、また、どんな方とお友達になっているのかを知るべく「チケットが1枚余ったら…」と仮定してアンケートさせていただきました!


Q1.あなたがよく参加するライブ(イベント)のジャンルはどれですか?

 


あなたがよく参加するライブ(イベント)のジャンルはどれですか?    
  
1    2次元コンテンツのライブ、コンサート(うたプリ、あんスタ、アイナナなど)    146
2    2次元コンテンツのイベント(アニメのコラボカフェや漫画の複製原画展など)    226
3    2.5次元ミュージカルや舞台    101
4    3次元コンテンツのライブ、コンサート(ジャニーズやK-POP、海外アーティストなど)    199
5    3次元コンテンツのイベント(声優イベントなど)    139
       

最も多かった回答が2次元コンテンツのイベント(アニメのコラボカフェや漫画の複製原画展など)、次いで3次元コンテンツのライブ、コンサート(ジャニーズやK-POP、海外アーティストなど)でした! 2次元コンテンツではライブ、コンサート<イベントな一方で3次元コンテンツではイベント<ライブ・コンサートとなるのですね。
今や飛ぶ鳥を落とす勢いで市場が拡大している2.5次元舞台、ミュージカル。過去にアダルトBLゲームが舞台化したことはあるものの、BL作品が2.5次元化することは稀です。そのためか、票は伸びず…。しかし、目の前で推しが生き生きと動き、キラキラと目を輝かせているところを初めて見たときの感動は忘れられません! 2.5次元未体験の方、是非一度ご鑑賞を。

Q2.あなたが同行者に求める条件として当てはまるものはどれですか?




あなたが同行者に求める条件として当てはまるものはどれですか? ※同行者とは今後も付き合っていくものとします。
        
1    イベントの前後でご飯を食べたりお茶したりすることができる    146
2    年齢や住んでいる場所が近い    132
3    好きな作品や推しが同じ    266
4    見た目がキレイである、服装がキチンとしている(過去の投稿からある程度推測できるものとします)    126
5    返信が速い、対応が丁寧など信頼性がある    315
6    その他    51

同行者に求める条件と友達に求める条件は似て非なる場合があるかとは思いますが、「同行者とは出来れば今後も仲良くしたいと考えている」という前提のもと回答して頂きました。

「返信が速い、対応が丁寧など信頼性がある」、「好きな作品や推しが同じ」が特に多かった回答となりました! 今後交流を続けていく場合、その人が信頼できるか否か、また、共通の会話で盛り上がることができるか否かということは非常に重要ですよね…! 一方、リアル友達を作る際に重要な「年齢や住んでいる場所が近い」といった条件はあまり重視されていないことに驚きでした。

続いて、「その他」に回答された方から頂いたコメントを幾つか紹介します!

・作品や推しへの愛情度(その作品、キャラ、人が本当に大好きであること)
・好きな作品が一緒だけど、推しが違う人
・最低限の清潔さと喫煙者じゃないことが事前にわかれば
・自分は口下手なので相手から色々話しかけてくれる人
・過去の投稿からある程度推測して常識的な考えの持ち主であること
・お互いを尊重し、深入りしない

 

Q3.あなたのSNS上でのフォロワーとの関係性はどれに当てはまりますか?



 あなたのSNS上でのフォロワーとの関係性はどれに当てはまりますか?     

 
1    リプライなどSNS上でのやりとりのみ    239
2    チケットやグッズの譲渡、交換など住所や氏名を公開してのやりとりをしたことがある    191
3    イベントなどに一緒に参加したことがある    214
4    オタク趣味以外の場所に出掛けたり一緒に遊んだりしたことがある    119


個人的には左から右に掛けて関係性や交流が浅い→深いと思って質問事項を考えましたが、実は住所や氏名をやりとりするより実際に会う方がハードルが低いのでしょうか…!? 住所や氏名のやりとりは譲渡、交換など必要に駆られないと行いませんが、普段交流している人と一緒にイベントに行こう! 遊ぼう! となる機会は結構頻繁にあるのかもしれませんね。

本名も住んでいる場所も知らないけれど相手の性癖は熟知しているし、ソウルメイトのように魂が呼応する……何だか不思議な感覚ですが、これもSNSの醍醐味ですよね!

Q4.SNSを使って実際に友達が出来たことがありますか?

 

リアル友達のように気が合う方と出会ったことがありますか?

1 ある 50%
2 ない 28%
3 無回答その他 22%

実際のアンケートでは補足事項として「リアル友達のように気が合う方と出会ったことがありますか?」と聞きました。若干ハードルが高いかな…と危惧していたのですが、「ある」と答えた方が半数以上という結果に! 頂いたコメントを幾つかご紹介いたします。

「ある」
・グッズ交換やコラボカフェで出逢った一部の人と今でも仲良くしていて、イベント以外でも食事に行ったりします。時にはお悩み相談もしたりして今では普通の友達です。
・同じ作家さんをフォローして作家さんのコメントに色々書いているうちに、相互フォローして、イベントでご挨拶してお友達になりました。他にもSNSで知り合ってイベントで一緒に買い物したり、コラボカフェに行ったりと、リアル友達になる人も沢山います。
・たくさんあります。SNSで繋がって、イベントや同人誌即売会で実際に会って、そこから仲良くなって食事や買い物に行く友達になります。
・毎週のように遊んでいる友人グループはみんなSNSで出会った友人たちです。好きなアニメのオフ会きっかけで出会いましたが7年ほどの付き合いになり、一緒に旅行に行ったり結婚式に招待し合ったりするほどの仲になりました。
・チケットが余ってしまい同行者を募集したときに出来た友達と別の公演に行ったり、一緒にご飯を食べに行ったり仲良くしています。

「ない」

・実際に会ったらお互いにガッカリして音信不通になりました。やはりSNSでのやり取りでイメージが膨らみ過ぎて、実際と違うことに落胆しました。
・友人はできましたが親しく何でも話せるほどの関係までにはなかなかなれません。
・実際に数人と数回会ったことはありますが、そこまでの共通点がなかったので疎遠になってしまいました。やはり、学校、職場、習い事等の一定期間は顔を合わせる環境ではないと友人関係を継続して行くのは難しいのかも知れないと思いました。
・SNS上で仲良くなっても、実際に会うところまで進展したことがありません。
・ネットの人と割りきって会っています。イベントのときだけ話す関係を保ってます。

「その他」
・趣味繋がりなので気は合いますが、リアルの様に気軽に個人情報を公開する様な関係性にはならなかったです。
・イベントや作品絡みでは、一緒に行ってご飯もするけど。あくまで趣味友達でリアル友達とはちょっと違う様な気がする。
・できるだけSNS上だけのやりとりは避けるようにしています。コラボカフェで隣の席になった方や、現地でグッズ交換をした人と、SNS上でもつながったことはあります。



やはりSNSは友達作りのツールとして強力であると言えそうです! 反面、普段のツイートやリプライなどの雰囲気から想像していた人とのギャップが凄かったり、オタク趣味以外で話せることが見つからなかったりと実際会ってみるとちょっと違った…となってしまうことも。とはいえ、関係を保つのが難しいと思ったら比較的容易に断ち切れるところもSNSの利点なのかもしれません。
また、「ない」と答えた方の中には「今はいないけれど今後仲良くできそうなフォロワーがいる」、「欲しいと思っているが中々できない」といったコメントが幾つか見られました。

何千何万といるSNSユーザーの中から、この人! と思える方と出会うことは奇跡に近いと思います。まだ友達がいない…という方もきっとすぐに出会えるはず! あなたはどんな人とオタク友達になりたいですか?
 

担当BLソムリエ:千夜子
ハッピーリリカル至上主義! 困難の数だけ萌えがある!! BLを読むときの視点は攻めに叶わない片想いをするモブ。



PAGE TOP