BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

【動画あり】糸電話ゲームにバースデー!『Life 線上の僕ら』ディレクターズカット版公開記念イベントレポ

2020/10/31 20:00

2020/11/02 20:03

BLアワード1位の感動作を劇場で! 新宿・仙台・大阪・名古屋にて




常倉三矢先生によるコミックスを原作とした実写ドラマ『Life 線上の僕ら』のディレクターズカット版が10月30日(金)から東京・シネマート新宿にて1週間限定レイトショー公開!
更に11月21日からシアターセブン大阪、12月からはシネマスコーレ名古屋での上映も決まっています。

ということで、今回はシネマート新宿にて行われた公開記念イベントのレポートをお届けします!

公開記念イベントには伊東晃役・白洲迅さん西夕希役・楽駆さん、そして監督の二宮崇さんが登壇され、ファンへの感謝の言葉やディレクターズカット版の見どころを語ったほか、白洲さんと楽駆さんによる糸電話ゲームや白洲さんのバースデーサプライズなどが行われ、盛りだくさんの内容となりました!

 

「生の声嬉しかった」熱狂的なファンや海外の反応に感謝の言葉

 

今回のディレクターズカット版では、2020年6月に全4話が世界中で配信された連続ドラマに未公開シーンが加えられています。
ドラマ版を見たことがなくても楽しめる内容になっているので、BLファンには絶対に見てほしい……!

 

『Life 線上の僕ら』はちるちるBLアワード2018のBESTコミック部門で1位を獲得するなど、BLファンからは熱烈な支持を受ける作品。

ドラマ版配信後の反響について、白洲さん・楽駆さんは「海外の方からかなり反応が頂けました」「この作品には熱狂的なファンの方が多いので生の声がたくさんもらえて嬉しかったです」と答え、ファンの作品愛の強さを実感しているようでした…!

 

白洲「楽駆さんは太陽のような人、撮影現場を明るくしてくれた」

 


初共演となった白洲さんと楽駆さんですが、白洲さんは現場での楽駆さんを「太陽のような人」と褒めちぎり、楽駆さんも「そんなことないです(笑)」と謙遜しつつも、太陽のような夕希を演じるうえで意識したことを語ってくれました。
夕希の天真爛漫さ、そして年を取っても変わらず、誰と接しても変わらない良さを出すことにこだわったそうです。

この作品は年齢やそれに伴う世間体が重要なテーマになっているともいえるので、年を取っても変わらない夕希の天真爛漫さは大きな見どころではないでしょうか。
お2人はまだ20代ですが、今回はなんと高校生~40代までを演じているんです!

晃は大人になるにつれ、結婚へのプレッシャーなど「普通の幸せ」を目指す気持ちが強くなっていく一方、夕希はタバコを吸い始めた晃に「おっさんみたい。タバコなんか吸っちゃってさ」と言ったり、変わらない純粋さを持ち続けています。
大人になるにつれ風貌の変化こそあるものの、ずっと変わらずに輝いている夕希の本質にこだわってくれた楽駆さんに、「ありがとうございます」の一言しかありませんでした……。

そして撮影後にラーメンとスーパー銭湯をハシゴするほど深まった仲を語るお2人。
お互いの素の顔も知る中で、白洲さんは「楽駆さんは普段、めちゃくちゃ明るいというわけではないんですよ。でも今回、夕希という役を演じるにあたって、あえて現場を盛り上げようとしてくれたり、その頑張りが嬉しかったです」とまたまた褒めまくり……!

楽駆さんは演技にあたって、鏡の前で「にかっ」という笑い方を練習したそうです。

夕希の笑顔は原作の中でもキーポイントになっていまますし、ドラマ版でも大きな魅力の1つですね。

 

糸電話ゲームにバースデーサプライズ♡

 



更にイベント当日である10月30日は初恋の日ということで、糸電話を使ってお互いへの感謝を伝えるゲームをすることに!

白洲さんが、偶然にも同じラーメン店を好きだったことに言及すると、楽駆さんがその店名まで素直に口にしてしまい、「店名まで言わなくていいだろ」と白洲さんがツッコミ、「揉めないでください!」と更に司会の方からつっこまれ会場にも笑いが。

楽駆さんからは「撮影の時に支えてくれてありがとう」、そして「誕生日おめでとうございます。」と!
11月1日が白洲さんのお誕生日だということでバラの花束が手渡されました!


「本当はハグとかしたいんですけど、ソーシャルディステンスがあるので……」と手渡す楽駆さん、本番前に白洲さんにバレないか……とかなり緊張していたみたいで、とても和やかな雰囲気で包まれました。

 

ディレクターズカット版ならではの良さ、劇場で見てほしい

 


最後に二宮監督から、「現場で表情や言い方を細かく作ってきました。大きいスクリーンで、ちょっとした目の動きだったり口元の動きだったり、細かいところまで見ていただけると思うので、そういう部分でよりこの作品を楽しんでいただけたら」と、ディレクターズカット版ならではの良さを語っていただきました!

SNSはもちろん、周りの人にも勧められる本当に素晴らしい出来でした! 劇場に足を運んだ方は、感想をぜひ拡散していただきたいと思います!

原作を知らなくても、配信版を見ていなくても十分に楽しめます……が、配信版とディレクターズカット版で違ったラストになっているので、ぜひ配信版と見比べてみてください!

 

「Life 線上の僕ら」ディレクターズカット版

 

≪劇場情報≫

10/23~ チネ・ラヴィータ(仙台) 先行ロードショー
10/30~ シネマート新宿   1週間限定レイトショー
11/21〜 シアターセブン(大阪)
12月〜  シネマスコーレ(名古屋)

 

ドラマ『Life 線上の僕ら』(全4話)

 

【STORY】
下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った生真面目な晃と無邪気な夕希。恋に落ち、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚えた晃は 咄嗟に夕希へキスしてしまって……
高校生から大学生、そして大人へ―――。変わらない想いと、変わりゆく現実の狭間で誰しもが経験する、人を愛する喜びや苦しみ、葛藤を爽やかに紡ぐ。
高校生から社会人へ…2人の男の人生を、純粋に健気に描いた感動作。

【CAST&STAFF】
監督:二宮崇、脚本:山本タカ、原作:常倉三矢「Life 線上の僕ら」(芳文社刊)
出演:白州迅、楽駆、小島藤子、土居志央梨、長田奈麻、廻飛呂男、シブリ、奥山佳恵
特別出演:遠藤大斗(TEAM ZENRYOKU) 三浦大輝(TEAM ZENRYOKU) 小松 笙(TEAM ZENRYOKU) 保土原壱成(TEAM ZENRYOKU) 鈴木悠介(TEAM ZENRYOKU) 中川昂星(TEAM ZENRYOKU)
2017年/日本映画/配給:アーク・フィルムズ、スターキャット

【配信情報】
《配信中》
Rakuten TV、ビデオマーケット、FOD(独占見放題)

 

《デジタルレンタル(TVOD)》
amazonビデオ、Google Play、ひかりTV、ムービーフルPlus、TSUTAYA TV、dTV、クランクイン!ビデオ、HAPPY!動画、FOD、Paravi、GYAO!ストア、DMM.com、music.jp

《デジタルレンタル(TVOD)》
J:COMオンデマンド、TELASA、milplus

 

(C)「Life 線上の僕ら」製作委員会 (C)常倉三矢/芳文社

※主演の白洲迅さんのお名前の漢字、誕生日等内容に一部誤りがございました。お詫びして訂正いたします。

執筆:May・撮影:川野夏橙

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP