Daylight-朝に光の冠を-

Daylight-朝に光の冠を-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
作品演出・監督
柏木章俊
音楽
スミイ酸
脚本
ちゃい
原画・イラスト
坂本あきら
オリジナル媒体
オリジナル
ゲーム発売会社
Senz
枚数
ふろく
オフィシャル通販→特製小冊子。他店舗別予約特典でドラマCD3種、カード4種。
発売日

あらすじ

10年生になった9月のはじめに、ルカの身に起きた不幸。


ひとつめは、新学期早々に快適な個室から、二人部屋に引っ越す羽目になったこと。
ふたつめは、新しいルームメイトが一風変わった、根暗の先輩だったこと。
みっつめは、クラスメイトの好奇心に巻き込まれたこと。


それから、2ヵ月後の降夜祭で、「朝の使者」に指名されてしまったこと―――。


広大な敷地に建つ全寮制の伝統校、チェルニア・アカデミーには、一風変わった行事がある。
チェルニアの土地に伝わる昔話を模して行われる、「降夜祭」。
パーティーやパレード、食堂の特別メニューと、学園中をお祭り騒ぎにする盛大なイベントだ。
子供から大人まで誰もが楽しみにしているけれど、今年のルカは例外だった。
「朝の使者」は、お祭りの開始を告げる大切な役。
だけど、当日まで続く早朝の特別講義も、前夜にただ一人で聖堂に篭る「儀式」も憂鬱なだけ。
どれほど名誉な役目といわれても、結局は「降夜祭」の前座に過ぎないんだから。


結局、「朝の使者」に指名された上、メイに巻き込まれてアカデミーの七不思議を調べる羽目になったルカ。
手がかりを求めて走り回るうち、七不思議はチェルニアの「昔話」と、奇妙な符合を見せ初めて……?


寝てばかりのルームメイト【ユース】、
好奇心旺盛な同級生【メイ】。
研究一筋の危険な教師【ジェシー】、
奇妙な双子【ミンミ】、
物騒な料理人【フォル】……


古い寄宿学校を舞台に、ルカを取り巻く風変わりな人々が彩る昔話の秘密。


誰もが忘れていた物語が、――いま、はじまる。
プラットフォーム Windows

表題作

その他キャラ
ウルカ・ルーフェン[近藤孝行]/ ユースミルス・C・R・ウィンタテリウム[石田彰]/ メイオラニア・ウィリアム・ソニエラ[成瀬誠]/ ミンミ・ザミテス・アカハーテ[斎賀みつき]/ バージェシア・ランフォリンクス[置鮎龍太郎]/ フォルスラコス・レ・ヴェルトラプトル[大塚明夫]/ ミンミ[諏訪部順一]/ ベナ・トール・クルサフォンティア[川上とも子]/ ピカイア・トゥルカナ[中原麻衣]/ アクセル[伊藤健太郎]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

夜徒と人間の伝奇モノ

北の小さな田舎町。
初等部から大学院、研究施設までそろった大規模な学園都市。
全寮制の伝統校チェルニア・アカデミーに通う主人公のルカ。

薄明症という、日の光に弱い特異体質の人が多い土地。
この病気に差別や偏見もあるなかアカデミーは率先して
この病気の生徒を受け入れている。

チェルニアに伝わる昔話、昼と夜の物語
昼の世界に住む人間と、夜の世界に住む夜徒が
チェルニアのはじまりを作ったというお話・・・・

チェルニアに伝わる夜徒と人間の昔話を模して行われる「降夜祭」で
ルカは“朝の使者”に選ばれる。

“朝の使者”とは・・・
夜の支配者に供物を捧げ無事に過ごして朝を迎える儀式で
“生贄”と揶揄されているが
毎年、成績の優秀な生徒やスポーツで記録を残した生徒
寄付金が多い良家の生徒が選ばれる大切な役目なのだ。

どうして今年は、平凡な生徒のルカが選ばれることになったのか?

ルカの背中の痣の謎は?

と、いう伝奇モノのお話。

------------------------------------------------------続き
ウルカ・ルーフェン cv:近藤孝行
ユースミルス・C・R・ウィンタテリウム cv:石田彰
メイオラニア・ウィリアム・ソニエラ cv:成瀬誠
ミンミ・ザミテス・アカハーテ cv:斎賀みつき
バージェシア・ランフォリンクス cv:置鮎龍太郎
フォルスラコス・レ・ヴェルトラプトル cv:大塚明夫
ミンミ cv:諏訪部順一
ベナ・トール・クルサフォンティア cv:川上とも子
ピカイア・トゥルカナ cv:中原麻衣
ネクト cv:豊永利行
アクセル cv:伊藤健太郎
------------------------------------------------------
ま、石田さんがキャスティングされてるんで絡みはないですw
PCゲームですが、全年齢対象で、販売元はBLじゃないと謳っています。
ニアBLといった世界観ですかね。しかもかなり嗅覚を強く持つべしw
愛とか恋とかじゃなく、昔話と失われた記憶。
誰を選んで、誰とどういう関係を結ぶのか?
契約の行方は???という感じのお話なんですよね。

チェルニアの昔話は、非常によくできていて
世界観がものすごく大好きです。
スチルも音楽も非常に素敵で、石田さんの演技もすげぇかっこよくて・・・
それなのにエロがないんですよねwww
BLとかBL風味を望むと落胆するでしょう。
邪まな気持ちでやってはいけません。
本当に素晴らしいお話なんですからっ!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ