「護衛隊長のひとりごと」月夜に眠る恋の花 番外編ペーパー

goeitaichou no hitorigoto

「護衛隊長のひとりごと」月夜に眠る恋の花 番外編ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
心交社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
月夜に眠る恋の花

あらすじ

「月夜に眠る恋の花」初版限定封入ペーパー

表題作「護衛隊長のひとりごと」月夜に眠る恋の花 番外編ペーパー

ルシュディー・アンワル
草薙朋哉

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ショコラ文庫の『月夜に眠る恋の花』の初版封入番外編ペーパーです。

本編はひとことでいうなら予想をほぼ外さないお約束の『王道アラブもの』です。それ以外にちょっと言いようがないくらいです。

申し訳ありませんが、私は『王道アラブ』を王道足らしめるもの(強引・傲慢な俺様攻や凌辱や拉致監禁等)がものすごく苦手なので、本編はちょっと・・・

こちらは、タイトル通りルシュディー(攻)の護衛隊長・アーリフ視点(一人称)で、初めてルシュディーが朋哉(受)に会って助けられた酒場の場面から始まります。
どうせ今までの『女』と同じくすぐに飽きるだろうと思っていたのに、なんとルシュディーが朋哉の機嫌が悪いからと動揺し、どうすれば機嫌が治るかと考えている様子に驚き・・・

それでも、護衛隊長としてルシュディーが幸せならそれでいいというアーリフ。

ラブストーリーの後日談というより、これ護衛隊長がいかに族長のことを想っているかなんじゃないの?って感じでした。イヤ、悪くはないんですよ。
ただ、B5ペーパー片面の1/4はカットなので、分量が少なすぎて場面の繋がりがなくて、そこがちょっと惜しかったかな。もっときちんと読みたかったと感じたくらいです。

本編が『続きう~ん・・・』だったわりにはよかったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ