LIVE×EVIL 熱砂のプロメテウス

live×evil nessa no prometheus

LIVE×EVIL 熱砂のプロメテウス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
脚本
宙地
原画・イラスト
琴稀りん
オリジナル媒体
オリジナル
ゲーム発売会社
EDGE(株式会社イマ・エンターテイメント)
枚数
ふろく
発売日

あらすじ

※18禁
プロメテウスの目的は奇病の特効薬「カルナ」の輸入許可。しかしリーダーのケンショウには大統領の復讐という真の狙いがあった。

そんなおり、彼と奇妙な友人関係にあったユウシが組織の本拠地に来るという情報が入る。

ケンショウは目的の障害となるなら、かつての友人でも排除するしかないと覚悟を決める。

体制側のユウシ視点の「灼熱のエデマ」篇と反体制側のケンショウ視点の「熱砂のプロメテウス」篇で「LIVE×EVIL」という物語が完成する。

表題作

その他キャラ
ケンショウ・ウライ[成田剣]/ ユウシ・イズミ[プログレス]/ コウ・テラカド[三木眞一郎]/ セイジュ・ウライ[鈴村健一]/ ファンレン[山崎たくみ]/ ハルト・イザナギ[川田紳司]/ アキ・イザナギ[結城比呂(現:優希比呂)]/ シュウト・キサ[一条和矢]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

地味だけどすごく良作!

「灼熱のエデマ」と同じ時間軸で視点違いのゲームです。
「エデマ」のほうが先に出ているので、当然「エデマ」をプレイしているほうがシナリオの理解が深まるかと思うのですが、私がこのゲームを最初にプレイしたときすでに「エデマ」の記憶はおぼろげで、それ以降再プレイするのもこっちの「プロメテウス」ばかりでした。それでも問題なく楽しめたので、できれば「エデマ」もプレイ推奨、でも「プロメテウス」だけでも問題はなし、という感じでしょうか。

ストーリー傾向を一言で言うと「復讐もの」です。
「エデマ」ではとにかくクールで何を考えているのかわからなかったテロリストのリーダー・ケンショウが主人公で、彼の復讐の行方とその過程で芽生える恋愛が主なストーリーです。全体的にはシリアスで重いストーリーで人死にも出ますが、和める部分もあります。

簡単に序盤のあらすじを説明すると…。
蔓延する病気の特効薬を隣国が安価に売っているにも関わらず輸入を認可せず、気休めにしかならない高価な薬を製薬会社とグルになって売って私腹を肥やす政府に対して、特効薬の輸入認可を求めてテロ活動をしているプロメテウスだが、リーダーで続きあるケンショウの本当の目的は家族を殺した大統領に対する復讐で…といった感じです。

私ははっきり言って「エデマ」をプレイした時点では、ケンショウにあまり萌えませんでした。
でも、ケンショウが主人公になったことで、クールでニヒルだと思っていた彼が不器用でヘタレでもあるとわかり、大好きになりました。あまり喋らず、「……」というセリフ(?)が多いケンショウですが、内心かなりいろいろ考えてます。
プレイすればするほどケンショウがかわいくて…。「エデマ」ではケンショウ攻めしかありませんでしたが、今作ではセイジュ以外は受け攻め両方あるので、楽しみも倍増です。セイジュ相手でもケンショウ受けが見たかったです。

復讐に囚われているけれど結局根は優しいケンショウが、攻略キャラとの恋愛で救われていく感じがとても好きです。
そして、救われるけどきっちり復讐も果たせているところも好きです。
復讐ものは大好きなのですが、恋愛で救われることで「復讐なんてどうでもいい」と相手を許し恋に溺れるパターンがあまり好きではないので…悪にはきちんと報いがあってよかったです。

「テロリストが主人公なんて…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、テロリスト団体・プロメテウスは、テロ活動よりもプラントでの農作業をしているシーンのほうが多いです。プロメテウスの活動資金は上から貰えるのに、水が少なく砂漠化が進む土地で、プラント作業もプロメテウスの大切な活動だと一生懸命に農作業に取り組む彼らはかっこいいです。とは言っても全員がそうではなく、過激派のメンバーもいるのですが…。

主題歌の「Live×Evil side of prometheus」もとてもいい曲です。ケンショウの心情を歌詞がよく表しています。
サントラの入手は今となっては難しいかもしれませんが、歌っている遊女さんの「ゆないてっど~遊女ワークスベスト」というCDに収録されています。録り直しをしているみたいでゲームに使用されているものとはほんの少し歌い方が違いますが、歌詞は一緒です。
「守るべきものはひとつもないと、そう自分守ってた」というところとか、ケンショウだなぁ~って感じです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?