紅色天井艶妖綺譚 ~藍丸捕物帳~

beniiro tenjou youenn kitan

紅色天井艶妖綺譚 ~藍丸捕物帳~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
脚本
中条ローザ、速見漣、御雄幸路
原画・イラスト
小山宗祐
オリジナル媒体
オリジナル
ゲーム発売会社
LOVEDELIVERY
枚数
ふろく
なし
発売日

あらすじ

※18禁
プラットフォーム: Windows

七絡の事件が解決してから、しばらく。
江戸の町から一斉に子ども達が誘拐されたと大騒動になる。
人外の仕業との見方が強まる中藍丸は江戸の羽織として事件解決に乗り出す。
信頼できるもう一人と共に・・・。

紅色天井艶妖綺譚のファンディスク

表題作

その他キャラ
藍丸/緋王[上河創]/ 雷王[犬野忠輔]/ 弧白[ルネッサンス山田]/ 桜螺[丈隆志]/ 久慈今日丞[北野大地]/ 嘉祥[一条和矢]/ 襲[木戸隆也]/ 烏丸五郎丸鷹比佐[胸肩腎]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

超巨編!!超大作!!

とりあえず一言。
「長かった……とにかく長かった…」

クリアまで2ヶ月もかかってしまいました。
いえ、最初は普通のBLゲームのように
休日は一日中集中して、PCに向かってゲームしてたんです。

しかし…
長い!
とにかく長い!
これ、本当にファンディスク!?
嘘でしょう??
本編より絶対長いですよ、コレ。
ファンディスクじゃなーい!!><

ということで、途中途中で
コミックやら小説読んだりCD聴いたりして
浮気しておりました………ははは。

うーん、ハッピーエンドを全部回収しようと思ったのが、
間違いだったんでしょうか。攻略キャラも多いです。全部で7人。
でも他のゲームでもまあ、7人位ならまあ、なくはないです。

しかし…その7人に、ハッピーエンドが2~3つ用意されているんです!
当然、エッチシーンもそれだけの数があります!
全部観て聴いて、制覇しようと思ったら…
そりゃあ、めちゃくちゃ時間がかかるに決まってるじゃないですか!

スミマセン、冒頭からレビューじゃないことをつらつらと…。
でもとにかく長かったことを伝えたかった続きんです。スミマセン。

-------------------
さて、ファンディスクのレビューの方ですが…

うーん、正直なんというか、心を揺さぶるものは
なかったかなー…って感じです。
やっぱり本編のほうが感動しました。涙も出ました。
でも、このファンディスクは、
それぞれのキャラのその後のエッチシーンのために作られたのかなぁ…と。
まあ、ファンディスクってそんな所もあるんですけどね。

気に入った順番としては、

一位 鷹比佐ルート
二位 緋王ルート

ってところですかね。
他のキャラは、正直どっこいどっこいです。
何故かといいますと……
どのキャラも既に主人公の藍丸(総受け)と出来上がってしまっていて、
なおかつ、全員が一つ屋根の下に同棲していて、
閨も同じでしてることもしてる……しかも、平穏無事な日常の中で
してることをしてる…。
と、きたら、やっぱりつまらないですよ!

まず、鷹比佐ルートが気に入った理由としては、
新キャラ!主人公と初お目見え!ってところですね。
やっぱり攻略がないと!

二人で鍛錬を積むうちにだんだんと心の距離を詰めていく二人。
愛宕蓮の天狗退治シーンも息ピッタリの二人でした。
あああ、早くくっついて欲しいー!とか思いましたけど……。
彼らには哀しい運命が待っていたのですよね…
天狗の祝祭が終わると、二人は会えなくなる…会えたとしても何十年後…
こんなにも心通わせる存在となったのに、酷い仕打ちでした。
辛い中、結ばれるふたり…。
このあと、会えなくなるかもしれない、
最後の逢瀬かもしれないシーンでした。

しかし…鷹比佐は、なんと90歳なのに童貞!(見た目は20歳ぐらいですよ!)
うわあ、なんと美味しすぎる設定!対する主人公の藍丸も処女!
童貞と処女の組み合わせです!これで萌えが来ないはずがない!
辛いエッチシーンのはずなのに、この設定は萌えました。
きゃああああ!萌える!めっちゃ萌える!
鷹比佐がすごく真面目で一途なところも見どころです。
これが更に一層、エッチシーンの萌えを引き立てます。

そして、ラストシーン。
ここが一番心を揺さぶりました!!
もう二度と会えないかもしれないと
思いながらの辛いエッチシーンだったのですが、
最後どんでん返しで鷹比佐は江戸にとどまり、
蘭丸ともこれまで通り、会えるようになりました。

そして天狗の翼を広げ、空から蘭丸をめがけて飛び降りてくる鷹比佐。
まるで、蘭丸を抱きとめようとするかのように。
ああ、このスチルは良かった。なんてドラマチック!
これからも末永く二人で仲良く江戸で暮らして欲しいなー。
ふたりとも幸い、「天狗」と「半妖」で長寿なのだし。
あ、でも半妖のほうがずっと長寿ですよね…そこはどうなのだろう…。

次に、緋王ルートですが…とにかく暗い。でも切ない。
今まで、緋王が蘭丸の為にどれ程の辛苦を味わってきたか…
どれほど忍耐してきたか…それを思うと心が苦しくなります。

でも緋王の真の願いは、蘭丸に触れることだったのですね。
どんな肌をしているのか、第三者として触ってみたかったのですね。
それを思った時、とてもやりきれない思いがしました。
そして、20年もの時を経て、その願いを
成就させ、蘭丸とひとつになることができた緋王…。
ああ、良かったね。確かにこれからも
そう安々とは会えないかもしれないけど、
手を取り合って、二人で生きていってほしいと
思いました。

-------------------

うーん、でもやっぱり
本編のほうが良かったですね…。
長けりゃいいってものでもないですし、エッチシーンがいっぱいあれば
いいってもんでもないですし…。

残念ですが、今回は「萌」の評価で。

次回作に期待大です!!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?