「たとえ楽園がなくても」書き下ろし特別番外編

tatoe rakuen ga nakutemo

「たとえ楽園がなくても」書き下ろし特別番外編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
小冊子
出版社
講談社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
たとえ楽園がなくても

あらすじ

特別番外編「恋の味」
一緒に暮らし始めた聖とカイの甘い生活

表題作「たとえ楽園がなくても」書き下ろし特別番外編

同居の恋人 カイ
個人病院の内科医 宮成聖 29歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

好きの印

本編後、聖の元へ戻ってきたカイとの甘い生活の一場面。
作中、オムライスが好きという描写がありましたが、聖はカイの為にオムライスを作ります。
そこにケチャップで描いた模様はハートのマーク。
カイにそれはなに?と聞かれると、ほんとうは好きな相手に愛を伝える為の奇跡の形、というところを濁して仲良しと言ってしまう。
でもカイは聡くて「好きって意味か」と理解しているようだ。
しかし、オムライスも好きだが聖のほうが欲しいというカイ。
二人の時間は愛し愛されて、「好き」を共有する時間なのです。

とても静かな甘さが流れる短編でした。
カイにはもうすでに奇跡が起きているから、それがずっと続けばいいなと、かすかに思うのでした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ