嘘つき紳士は、かく語りき 描き下ろし小冊子

usotsuki shinshi wa kaku kaktariki

嘘つき紳士は、かく語りき 描き下ろし小冊子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)

あらすじ

本編後恋人同士になった二人が、再び雪弥に日本の大学を辞めて
英国のグレアムの屋敷から通える場所に留学するしないでもめてしまう内容です。

表題作嘘つき紳士は、かく語りき 描き下ろし小冊子

グレアム・スコット 英国侯爵で多重人格
遠野雪弥 恋人になった旅行中の大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

やっぱりこれは浮気なのでしょう。

本編でも言い合いになった雪弥のイギリス留学問題、
グレアムは当たり前のように日本の大学を辞めてグレアムの屋敷からイギリスの
大学に通う事が当たり前だと言わんばかりの様子で雪弥の怒りを再び買っています。

奨学金で大学に通う雪弥だから、グレアムが簡単に言うように留学なんて
金銭的のもおいそれと出来ないのですが、グレアムに解るはずも無く、
それでも好きなんだから仕方ないとため息ばかり。
そんな雪弥の前に、グレアム姿のラッセルが現れ、雪弥の悩みを聞いてくれる。
同じ人だけど人格が違う、なんともシュールな感じです。

グレアムと心が通じ合わない事が寂しいのだろうとラッセルに言われ、
更に慰めるようにキスされて、ラッセルと抱き合う寸前にそこでグレアムに交代。
グレアムに他の男といやらしく抱き合うなんてと嫉妬交じりで苛められる雪弥。
気を失うまで可愛がられ、グレアムは眠っている雪弥を見ながらラッセルに
今度雪弥に手を出したら許さないと、まるで傍から見ればひとりごとの
オンパレード状態でグレアムの中にいるグレアム以外の二人の人格と交互に会話。
やっぱりとってもシュール続きなお話です。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ