3人がかりじゃ、どうしようもない――!

フォーラヴァーズ、ワンナイト

for lovers one night

フォーラヴァーズ、ワンナイト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
20
評価数
8件
平均
2.9 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
シリーズ
フルール文庫ブルーライン(小説・メディアファクトリー)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784040667324

あらすじ

典孝は建築事務所の営業社員。トラウマからゲイを嫌悪する典孝のもとへ、ゲイバーの改装依頼の仕事が舞い込んだ。しぶしぶ訪れた店で出会ったのは、キケンな匂いがするバーテンダー&客たちだった――!

表題作フォーラヴァーズ、ワンナイト

佐倉省吾,バーテン,25才
市原典孝,ゲイフォビアで建築事務所の営業,27才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

フォーラヴァーズ…??

複数ものは、なんだかんだで受けが甘やかされて
気持ち良くさせられて羨まs…いえ、幸せそう!!なのが好きなのですが
こちらは4Pっていう感じではなかった気がします。

ゲイが嫌いで許せない建築事務所の営業・典孝が
上司の命令で改装の以来があり赴いた先はゲイバー。
そこの厨房担当・章吾が色気のある男で
「最近彼女と別れまして」という話を聞いて安心してしまったものの実はバイで、
典孝だって恋愛の範疇になっていたのを思い知らされるのです。

常連客のナギが、終始ワガママで穏やかじゃなかったです…。
つかず離れずの耀司の方がわりと常識を持ち合わせているし
ナギのブレーキになってくれるのですが
気に入っている章吾が典孝に夢中なのを知って
こらしめるような真似をするのが犯罪めいていて好ましくなかったです;;
同じ部屋で典孝を手にかけようとはしていましたが
全然愛がないし、耀司はむしろ止めるような立場でしたので
フォーラヴァーズとは言い難いのでは?と思いました。
しかもワンナイトでも無かったし。

ゲイフォビアを墜落させるなら、やっぱり多少卑怯な手でも使って
続き快楽に溺れさせるのが当然かもしれませんが、やり方がどうもね…。

ただ、章吾が何かと典孝にネクタイをプレゼントしたりして
それなりにアプローチしていたのも、
章吾なりに典孝を大事にしようとしていたのは頑張ったなって思いました。
(偉そうにすみません)
だんだん絆されていくような典孝の気持ちもわからなくはないです。

でもなぁ……。ナギがどうしても引っ掛かっちゃって、
いくら二人が結ばれるプロセスにしても好ましくないタイプだったので
ハピエンでも「はー、良かった…」になれませんでした。
耀司も本当はいいやつなのに、ナギとつるんでるから魅力が半減…。

高岡さんの作品、そんなに読めてはいないのですが
今迄「…えー?」って思うようなことは無かったんです。
タイトルと帯で期待してしまった分、今回はちょっとがっかりでした;

5

ゲイフォビア×バイ

すみませんがこの作品は好みから外れていて個人的には読み終わるまで
結構時間がかかってしまった作品です。

内容は受けになる典孝がゲイバーの内装工事の営業にしぶしぶ行って
酒でつぶれて、その店のバーテンで攻めになる年下の省吾とバーの馴染み客の
二人にお持ち帰りされて、あわや4Pですかという状態になります。
そのときは一応省吾に助けられる流れになるのですが、微妙な展開でした。

典孝は大学時代に友人と信頼していた相手にしつこく言い寄られゲイフォビアに
なってしまうほどトラウマになっている設定で上司の命令で嫌悪するゲイバーに
行くのですが営業として顔には出さないようにしているつもりでも相手にバレバレ。

常連の大学生と言い合いになったりして、それがきっかけでゲイフォビアな典孝を
三人がかりで懲らしめてやろうとする流れでした。
過去の出来事でゲイフォビアになった相手に恋をしてしまうバイの省吾。

ゲイフォビアを無理やりゲイ自覚させるような感じが好きになれませんでした。
後半の流れだとゲイフォビアよりも、臆病な典孝の心情が浮き彫りになる感じ。
少し近づいたと思続きっても典孝はきっかけになったあの4Pの恐怖で己の省吾への
気持ちに向き合えない、そんなときにまたしても常連客のあの二人が典孝を嵌める。

省吾に助け出されるが、媚薬を使われているので朦朧とした状態でH。
そこからまた典孝が臆病な心に鎧をかけて心を閉じ込める。
それでもどこかで省吾を考えてしまう。
結果的にはハッピーエンド展開でもどうにも心にすんなり響きませんでした。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ