答えて姐さん 腐女子の掲示板 「用語・定義」



後味の悪い作品とバッドエンドの違い

ちるちるみちるる

19/01/28 20:07

回答数:2

連投失礼します。

後味の悪い作品が好きなのですが(クズやいじめなど)バッドエンドとは扱いは違いますか?

バッドエンドというと、事故死ネタやバームクーヘン?結ばれない系を浮かべてしまいます...。

また、後味が悪い作品に呼称などはあるのでしょうか?

回答一覧

2. 考えると、個人的な好みの問題になりました

トピ主さんとは解釈が違うかもしれません。

バッドエンド→「悲劇」で終わる。
例:死、別れ、心中、殺し合いなど。
(耽美小説によくありました。私は、受け・攻め・新たな攻め(あて馬なんだけど、受けはこっちが好き)全員が死んだ耽美小説を読んだことがあります)

後味の悪い終わり方→個人的に「これで本当にいいのか?」と思う終わり方。
例:「二人は結ばれたけど。あんたたちが思いを遂げるために、これまで踏みつぶしてきた物や人が、死屍累々だ」
「二人は結ばれたけど。やめた方がいい。その片割れは、ストーカーだ(強烈に病んでいる)(サイコパスだ)(君の苦労は目に見えている)等」
「お話の謎解きの辻褄があわない」
こんな感じの時、私は「後味が悪く」なります。
でも、こういう私には「後味の悪い終わり方」を、「大好物ですとも!」な方もたくさんいそうです。

3

1. 主さんの解釈とは違うかもしれないけど…

後味が悪いのはメリーバッドエンドかな、と思います。(バッドエンドって書いちゃってますけど)

物語の中の当人たちは幸せなんだけど、読んでる私たちからしたら報われなくて後味悪い…みたいな感じでしょうか。無理心中系とか、片思いに満足して命捧げて終わる話とか…。
主さんの仰るクズ・いじめ系も広義ではメリバかもしれません。

私個人としては、受け攻め共に存命で、今後どうなるかわからない関係性での終わりはバッドエンドとは違うかな〜と思います。
すれ違いのままや思いを遂げないままや差別の末「死ぬ・永遠に別れる・バームクーヘン…」などがバッドエンドかなと思いますが、作品の中の人も読み手の私達もバッドエンドの作品って、昔の同性愛映画でもない限り最近はあんまり見ない気がしますね。

思ってたのと違ったらすいません。

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP