BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

BLキャラに着てほしいスーツ 3タイプ

2016/11/21 11:10

2018/03/01 11:10

イギリス式・アメリカ式イタリア式!スーツについて詳しくなった気がします

「スーツ萌え」という言葉はだいぶ前からあり、スーツが好きな方も多いのではないでしょうか?
スーツの特徴は、イギリス式・アメリカ式・イタリア式と大きく3種類に分けることができるそうです。今回は、それぞれのスーツの特徴を紹介しながら、さらにBLコミックス&小説の中から一番似合いそうなキャラクターを考えてみようと思います!

イギリス
代表的ブランド:ダンヒル

スーツの世界では、一番長い伝統を持っているのがイギリス。タイト・縦長・重量感がスーツのキーワードとなっているため、スマートで知的、堅い、真面目などの印象を与えます。一方で、ボタンの位置の高さやシェイプ感から、スタイルがモロバレ! といった注意点も。胸の厚みを強調するのがブリティシュスタイルなんだとか。

具体的な特徴
襟元(ラペル):細い
肩:肩パッドが厚く、カッチリとしたスクエアショルダー
胸元:シャツやネクタイのVゾーンが狭い
ウエスト:ウエストポイントが高く、タイトなウエストライン
裾:シングル
色柄:一般的なのはダークブルーで、モノトーンカラーが代表的

全体的に角ばったシルエットで、男性的な力強さを表現するために細かいところまでこだわっています。背が高く、スタイルの良い男性が似合うとのことなので、『恋するインテリジェンス』のサブCPの強気なツンデレ受け・志山円(第3巻表紙向かって左)にピッタリだと思います。

コミックス『恋するインテリジェンス (3)』丹下道


アメリカ
代表的ブランド:ブルックスブラザーズ

イギリスからの影響を強く受け、ブリティッシュスタイルをベースにしながらアメリカ独自のスタイルへと発展していきました。アメリカは自己主張が求められる国なので、スーツにおいてもオリジナリティのあるデザインが求められています。イギリスと正反対で、ゆったりとしたシルエットが特徴的です。

具体的な特徴
胸元:伝統的にはフロントダーツ(絞り)なし
肩:ナチュラルな肩のラインが出るデザインが多い
ウエスト:絞りが甘い
パンツ:裾に向けてのシェイプ(テーパード)が緩やか
色柄:ネイビーやグレーなど、基本の配色を踏襲

ウエストの絞りが甘めなので寸胴に見えてしまうシルエットですが、着やすさや動きやすさに重きを置いています。体格の良い人に似合うスタイルなので、ここはやっぱり美人で男前な攻め! 『DEADLOCK』のディック(表紙向かって右)ではないでしょうか!

小説『DEADLOCK』英田サキ/イラスト:高階佑


イタリア
代表的ブランド:アルマーニ

スーツをひとつのファッション文化として高めたのがイタリア。そのため、トレンドは頻繁に変化していくのが特徴的です。イタリアのスーツは素材が柔らかく、身体のラインが出やすくなっているため、男性のセクシーさをアピールするようなデザインとなっています。

具体的な特徴
肩:肩パッドは薄めで、軽いデザインが多い
胸元:バルカポケット
袖のボタン:重ねボタン
ウエスト:ヒップラインの豊かさを強調するため、適度な細さ
裾:ダブルも合う

自由なデザインが多い一方、トレンドに左右されやすいのも特徴です。薄手でしなやかな素材を使用することが多いため、生地感が柔らかくなり、軽やかなジャストサイズで自然なシルエットになります。イタリアスーツは、歴史の中で何度もデザインが変わってきたことからおしゃれなイメージなので、美人な誘い受け、『運命の男』の浅彦が似合うと思います。

コミックス『運命の男』大槻ミゥ

この記事を書くまでは、スーツに違いがあることを全く知りませんでした。どのスーツもおしゃれで、やっぱりスーツは萌えますね! みなさんも、それぞれのスーツがどのキャラクターに似合うか考えてみて下さい♪

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント5

投稿順|最新順

イタリアスーツのイメージは矢代だな~っ

DEADLOCK2巻表紙のスーツ着たビジネスマン風の眼鏡ディックがめちゃくちゃかっこよかった

2番さんわかる スリーピースいいですよね

スリーピーススーツに萌える

スーツよきかな
体のラインをきれいに見せてくれるのがいいね

PAGE TOP