BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ドSに振り回される!受けの泣き顔が至高のめちゃシコ4作品

2018/02/16 13:48

いつだってドSのペースでSEXに突入! でも時には優しくて…

 

『ヤクザ様のおもちゃ』桐式トキコ(インタビュー記事より)

 

相思相愛で甘々なSMもいいですが、ビジネス上のSMや両想いになる前のSMな関係もドキドキして目が離せないですよね。脆いはずが、いつの間にか離れられなくなっている関係性の変化にロマンを感じます。

 

さてそこで今回は、筆者が個人的これはめちゃシコだと思った、ドSな絡みに受けの泣き顔が印象的な4作品をご紹介いたします!

 

 

自分の精液を口移し! 好きな奴の前で射精も何のその!

ドSおばけが寝かせてくれない』作:ときしば

 

 

◇あらすじ

ずっと好きだった相手はノンケで、しっかりと失恋して家でヤケ酒をしたまま眠り込んだある日、「雄二」は寝込みを幽霊の「康祐」に襲われフェラまでされてしまう。
そこからは毎日のように家にいると無理矢理抱かれ、外で痴漢に襲われていても放置して、その間ずっと雄二の感じている顔をじっとりと眺めているようなドSな幽霊に憑りついた本当の理由とはー…

 

◇おすすめヒトコト

これはもうタイトル通り、攻めのおばけ(?)がドSで、受けの色んな顔が見たくていじめちゃうという歪んだ愛による性癖と、男子高校生が故の有り余る性欲を暴走させている良作品。ドS暴走機関車の勢いに雄二が振り落とされるほどエロ満載ですが、何故かラブストーリーとしても成立しているから凄い。

行為中、雄二に興奮してゾクゾクきてるときは筆者も康祐に共感の嵐。わかる、わかるよ。ドエロいよな。無意識に煽る罪深い受けです。

 

 

毎晩お金の代わりに、ドSヤクザに精液を搾り取られいます…

ヤクザ様のおもちゃ』作:桐式トキコ

 

 

◇あらすじ

ゲイバーで働いているけどノンケな主人公「侑矢」は、お人好しが裏目に出て知らぬ間に借金を肩代わりすることに。しかし施設育ちで苦学生の侑矢がとても払える額ではなく窮地に立たされていると、そこへ店のお客である「黒瀬 早輝」 が現れ、なんと借金を全額返済してしまった。
申し訳なくて食い下がる侑矢に対し早輝は、「きっちり身体で支払ってもらおうか、お兄さん♥」と肉体関係を迫り…!

 

◇おすすめヒトコト

ドSが攻めだけなんて誰が言った……ということで、この作品は受けがドSな女王様です! 完全に襲いビッチ受け。女王様の穴で童貞卒業おめでとう。

借金を肩代わりした代わりに、カラダで払ってもらうベタなシチュエーションでありながら、苦学生の侑矢が徐々にヤクザの早輝に惹かれて自然と尽くしているピュアさに胸キュン
ただ途中で敵対関係の「加白」が出てきて過激なシーンがあるので、そこは好みが分かれるかもしれないです。筆者的には攻めの侑矢の一途な優しさに救われ、作中ではお互いが相手の存在や言葉に救われています。

 

 

オモチャだけじゃ足りない…脳が痺れるほどの言葉攻め

『君に捧ぐサディスティック』(『年下彼氏の恋愛管理癖』収録)作:桜日梯子

 

 

◇あらすじ

 学生でありながら芸能活動もしている「三住響也」は、ドSな風貌とは裏腹にドMな性癖の持ち主。しかし周りに求められているのはSっ気で、響也のフラストレーションは溜まるばかり。

そこでマネージャーの「倉本祐司」が、変な店に行って週刊誌に撮られるくらいならと響也が求めているドSさを勉強し、そこから2人の間でビジネスのための性的な主従関係が結ばれた。

 

◇おすすめヒトコト

表題作ではなくあえての同時収録作品をチョイスするくらいには、この作品のSM感が大好きです。あくまでビジネスなんですが、両者がハマってこの関係性にのめり込んでいくいく様子に、思わずこちらもどっぷりとハマってしまいます。
あと何より、マネージャーのときとドSなときのギャップの魅せ方が凄い。凄すぎる。MじゃなくてもMになるほど、ひとつひとつの言葉に魔力があります! 読後、桜日梯子ワールドから抜け出せなくなること必至。

 

 

怖いはずの鬼でイってしまう…!! 失禁したあの日からプレイは始まっていた

『鬼が見ている 前編・後編』(『理解できない彼との事収録)』作:碗島子

 

 

◇あらすじ

主人公の「木野下 千雅」 は、幼い頃村の祭りに出てくる鬼が怖くて祭りに行かなかった。しかし、もう終わった頃だろうと1人でみんなのもとへ向かっている道中で、鬼と遭遇してしまい攫われる。

恐怖のあまりその場で失禁してしまった千雅は、その姿を見られたトラウマから、村にいる大人の男が怖くて誰とも深く関われないでいた。

 

◇おすすめヒトコト

こちらも表題作ではなく、同時収録作品です。

表題作もドSな攻めが我が道を突っ走っていて面白いのですが、この『鬼が見ている』は、主人公の千雅が村の祭りで現れる“鬼”に攫われ、その恐怖から粗相をしたところを見られて以来ずっと、村の人間だということしか分からない正体不明の鬼に囚われています。
夢の中で鬼に襲われるシーンもいいのですが、ずっと慕っていた近所のお兄ちゃんこと「正人」との絡みのシーンが、アナルビーズ水攻めなどとても濃厚でSM要素もしっかりと盛り込まれているので読み応えがあります。

 

 

ということで、今回はドSな絡みに受けの泣き顔が印象的な4作品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まだあまりSM系を読んだことがない方にも、SMは大好物だけどこの作品は読んだことがなかったという方にも、本当に幅広い方に読んでいただきたいおすすめなものばかりです。

少しでも惹かれるものがあれば、ぜひ一度読んでみてくださいね。

関連作家・声優

PAGE TOP