BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

男子高校生が運命の旅に!映画『サイモン&タダタカシ』試写レポ

2018/03/01 11:35

すこしふしぎで、胸が締め付けられる…クレイジーDK阪本一樹と須賀健太の二人旅の行方を見届けてきた

 

高校最後の夏、二人は運命の旅に出る――

 


ちるちるでも情報をお伝えし続けていた、運命の女を探すタダタカシとそんなタダに思いを寄せるサイモンの2人の姿を描いた、3月24日公開の映画『サイモン&タダタカシ』。

今回はついにその試写レポートをお伝えしようと思います!

 


親友に秘めた想いを寄せるサイモンとそんなサイモンの気持ちに気付かない鈍感なタダタカシは、男だらけの高校生活に焦り、“運命の女”を探すべく二人で旅に出ることに!

ギター片手に全力で突き進むタダに対し、引っ込み思案なサイモン。それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進んでいきます。

親友に叶わない恋心を抱くサイモン役は、本作が映画初主演の阪本一樹さん。サイモンの想い人であり親友のタダタカシは、BL映画『ダブルミンツ』にも出演した須賀健太さんが務めます。

映画初主演の阪本一樹さん。サイモンの想い人であり親友のタダタカシは、BL映画『ダブルミンツ』にも出演した須賀健太さんが務めます。


まず目を奪われるのはサイモン役・阪本さんの美しさ!
第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでフォトジェニック賞を受賞しただけあって、透明感がありながらも唯一無二の存在感を放っています。


そしてタダタカシ役・須賀健太さんは何もかもに全力で、明るくおバカな少年の姿を熱演。
今年デビュー20年を迎えた須賀さんの、経験に裏打ちされた演技力が光ります。

男だらけの工業高校で、まだ告白していなかった最後の女の子にこっぴどく振られたタダ。大学に進学するため塾に通っているサイモンと裏腹に、実家の修理工場を継ぐと決めているタダは、女性と接点がないまま一生この地元にいることになると頭を抱えます。

そんなとき、公衆便所の落書きから自分の相手をしてくれそうな女性・マイコの存在を知ったタダは、彼女こそが運命の女だと信じ、マイコに会いにくことに。

タダに密かに想いを寄せ続けているサイモンは、浮かれきったタダの姿に複雑な思いを抱いて、授業中も上の空。

女の子に告白され、「あなたのためなら何でもする」と詰め寄られても
「もし、好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったら……?」
「もし、好きな人に別の好きな人がいたら……?」と聞き返すサイモンがせつないです。

悩んだ末にサイモンはタダの旅についていくことを決心。

この二人の道中が中盤の大注目ポイントです。

 

 

バスの中でわちゃわちゃする二人が本当にかわいい!
タダの面倒をかいがいしく焼きつつも、でも女の人に会ってほしくないという矛盾した思いを抱え、ついタダの携帯を捨ててしまうサイモンや、そんなサイモンの想いも知らず無邪気にふるまうタダ。

 


サイモンがタダと“キスの練習をする”シーンでは、サイモンの心中を考えるともう堪りません……!

そしてついにマイコのところにたどり着いた二人。しかし衝撃の展開が待ち受けていて……!?
「ええ~!? そんなのアリ~!?」と思ってしまうような展開に、内心笑いが止まりませんでした!
随所に光るギャグセンスの高さもこの作品の魅力の一つだと思います。

クライマックスで、ボロボロになっても立ち向かおうとするタダの隣に最後までいようとする、そんなサイモンの愛にはグッと来ました。
怒涛の展開は終わりに向けて収束していき、家に帰ろうとする二人がいつもの分かれ道で交わすラストシーンの会話は、まさに“エモい”としか言いようがありません……。

最後のシーンの意味も含めて、終わった後に誰かと語り合いたくなるような映画でした。

映画を通して、思春期や田舎の閉塞感、男子高校生の生の青春を描かれていると思いました。特に、二人のわちゃわちゃ感やアホなノリがとってもリアル!

 


後半の怒涛の、クレイジーとしか言いようがない急転直下の展開があるからこそ、二人の等身大の男子高校生らしさが際立つのではないでしょうか。

大人しくて引っ込み思案のサイモンと、突き抜けた明るさを持つおバカな愛されキャラのタダという組み合わせも、いいコンビだなと感じました。

思春期の性に対する憧れを扱っているがゆえに、男女の恋愛の生々しい部分も描かれていますが、それも含めてこの摩訶不思議な世界観といえるでしょう。

ノリとしては永井三郎先生の傑作『スメルズライクグリーンスピリット』に近いような、決して万人向けとは言えないながらもどこか病みつきになるクレイジーさのなかに甘酸っぱい青春が隠れている作品だと思います。

この一癖も二癖もある不思議な世界観を楽しみたい人、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか!


記者:みかん

 

映画『サイモン&タダタカシ

 

3月24日(土) シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?
工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐ親友のタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタカシは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタカシに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った夜、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

監督・脚本・編集 小田学
出演:阪本一樹 須賀健太
間宮夕貴 井之脇海 田中日奈子 山本圭祐 大島蓉子 菅原大吉
主題歌/どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC) 
製作/PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活) 制作プロダクション/日活 ジャンゴフィルム 配給/日活  2017年/日本/カラー/84分 (C)2017PFFパートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)

関連外部サイト

PAGE TOP