BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「生理的な涙」は男性には通じない!? なんと涙には3種類あった!

2018/09/30 12:30

BLにはお馴染みの表現ですが、男性には理解しがたいのだそう

 

昨年Twitterでも話題になりまとめまで出来ていましたが、この「生理的な涙」の意味がわからない男性が多数いました。

 

 

 

そもそも生理的な涙って? 普段流れる涙とどう違うの? と気になる方もいらっしゃると思うので簡単に説明させていただくと、生理的な涙とは「自分の意思とは関係なく流れてくる涙」です。亀が産卵のときに流している涙もそれですね。

BLでも行為シーンの際に、漫画だと“生理的な涙”との表記はないですが涙を流してメスイキをしていたり、小説だとそれこそ生理的な涙を流しながら…という表現が入っていたりと、我々にとってはとても身近な涙ですね。

ということで、これを踏まえたうえで今回は涙の種類について深掘りしていきます!

 

 

悲しいときに出る涙だけじゃない。タイプ別解説!

 

 

潤いを保ち瞳を守るために流れている涙(基礎分泌の涙)

 

この涙は乾燥を防ぎ目に酸素や栄養を届けたりするため、これがないとドライアイなど辛い症状になってきます。とはいえ常に涙が覆っているのは知っていても、それが常に流れているというのはあまり知られていないのではないでしょうか?

目から出ていないのにどこが流れているの? と思う方もいるかもしれませんが、普段は不要な分の涙は鼻涙管(びるいかん)を通って目から鼻・喉へと流れていっているため、基本的には外へは流れてきません。

 

刺激により出てくる、生理的な涙(反射性の涙)

 

玉ねぎを切ったときや、冷たい風にあたったとき、それから目にごみが入ったときなどに流れる涙がこちらです。

特に玉ねぎの場合、ぼろぼろ涙が出て止まらないなんて経験ありませんか?

実はこれは、催涙性物質である硫化アリルが涙腺を刺激することにより涙が分泌されるため、通常よりも多く涙が流れてしまうそうなんです。

また、冷たい風にあたると目の表面の温度が一時的に低下するんですが、その少しの温度変化も角膜の知覚神経が感知します。それにより涙が分泌され、目の温度が一定に保たれているとのこと。

いやはや、涙の優秀さが凄い。仕事人すぎます。そして恥ずかしながら、目の温度が一定なことを今回調べて初めて知りました。

 

感情とともに溢れ出てくる涙(情動性の涙)

 

最後に、一番みなさんに馴染みのある涙であろう、感情の昂ぶりにより流れてくる涙がこちらです。

この涙は思考や創造性を担う脳の最高中枢である前頭前野が働くことで、副交感神経がより活発になり大量の涙が分泌されるのですが、ほかの涙とは違い副腎皮質刺激ホルモンが高濃度で含まれていることから、ストレスにより生成された不要な物質をデトックスする役割をしているのではないかといわれています。

ただ、感情で泣くことができる動物は今のところ人間だけらしく、どうして悲しいと涙が出てくるのかなど、まだまだその仕組みは医学的に解明されていないことが多くあるそうです。

 

ということで、今回は男性に通じない「生理的な涙」をきっかけに涙の種類を解説してみましたがいかがでしたでしょうか?

ひとえに涙と言っても、これだけの役割を果たしてくれて、萌えの要素にもなってくれるのですから頭が上がりません。そしてこの知識が今後、みなさんの萌えの布教や創作活動の際に少しでも役立ちましたら幸いです。

 

ちなみに今回、記事を書くにあたってたまたま手に取った『メスイキ×強制BL』の中に掲載されている作品が、なんとどれも行為シーンで受けが生理的な涙を流しながらイキまくっていたので、泣いている受けが大好物な方にはおすすめです。気になった方はぜひ読んでみてくださいね。

 

コメント1

投稿順|最新順

匿名1番さん(1/1)

男性は生理的な涙を理解できない人が多いとのことですが、ゲイセックスにおける受けが生理的な涙を流すのはファンタジーなのか実際にあることなのか、結局どっちなのかを知りたいです。

PAGE TOP