ゆるふわくんにはワケがある

yurufuwakun niwa wake ga aru

ゆるふわくんにはワケがある
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×28
  • 萌17
  • 中立7
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
6
得点
120
評価数
44
平均
3 / 5
神率
13.6%
著者
おまゆ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥670(税抜)  
ISBN
9784796413596

あらすじ

あざとい系男子の本性
「俺の邪魔したら、許さないよ」ゆるふわイケ男子×どピュアなうぶうぶ男子
誰より近い幼なじみのヒミツの顔

「一緒に“恋人の練習"する」?
倫太郎と奈津は、小さい頃からずっと一緒の幼なじみ。
高校生になっても奈津は泣き虫で、その泣き顔に絆される関係も変わらない。
しかしある日、倫太郎は奈津からストーカー女子について相談され
「恋人のフリをして欲しい」と頼まれる。
奈津を守るために承諾したものの、奈津による"恋人アピール"に戸惑う毎日…
しかも雰囲気作りの為にエッチなことまでされちゃって、
刺激強すぎ&初めて知る奈津の男の一面に、
倫太郎はどうしていいかわからなくなってしまい…!?

表題作ゆるふわくんにはワケがある

間宮奈津,高校生,泣き虫な幼馴染
本条倫太郎,高校生,奈津を世話する幼馴染

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき
  • カバー下:人物紹介イラスト

レビュー投稿数6

キラリ光るその涙は·····!?

幼なじみの男子高校生同士のピュアなお話。幼少期から泣き虫だった奈津をずっと傍で守ってきた倫太郎。涙が笑顔になったら……そんな思いで幼なじみとして一緒に居たけれど、高校生になってからなんか、ちょっとちがう…気持ちがチクッと。実は奈津、いつしか嘘泣きを覚えるようになって、本作の高校生活でも、何度も嘘泣きの連発!その度に倫太郎がビクッとしてなだめる姿が可愛い!ぴゅあぴゅあな倫太郎と嘘泣きあざといモテ男奈津の関係が少しずつ変わっていく、2人の行く末と、鍵を握るあの女の子……。綺麗な絵柄で、ぴゅあきゅん!な安心して読める内容です。

0

ひたすら目の保養。

前作「おあずけのキスのゆくえ」で一目惚れし、おまゆ先生の新しいコミックを待ちに待っていました!
水分量たっぷりって感じの瞳が好き。
しかも今作は、攻めが泣き虫キャラなのでさらにうるうるじゃないか!
作家買いに悔いなしです。
「ゆるふわイケ男子 × どピュアなうぶうぶ男子」
という組み合わせが最高でした。
ふわふわヘア、萌え袖カーディガン派の攻め。
さらさらヘア、きっちりブレザー派の受け。
少女漫画ならヒロインをめぐってライバルとなるであろう、正反対の魅力を放つ、ふたりのBがLしてくれる尊さたるや...

ストーリーは受け視点で進むため、肝心のゆるふわくんの「ワケ」とやらは第4話でやっと明かされるのですが、ちょいちょい伏線があるのでオチは読めちゃいます。
安心して読めるとも言えるので、まぁそれはいいとして...
夏津の告白を、倫太郎がわりとあっさり受け入れたのがちょっと残念だったかな。
だって倫太郎は真面目で優しいんでしょ?
夏津が女の子を騙してたこと、スルーしちゃうの...?
夏津の涙に弱いにしても、少しも怒らなかったことに違和感を感じます。

それから、無自覚でも夏津を好きだったなら、もっと元カノの存在にモヤモヤしてる倫太郎を見せて欲しかった。
「ずっと夏津を好きだったってこと?」
って可愛い顔で言われても…キスだけで確認完了なの?
それ、流されてるだけじゃないよね(汗)?
うーん、ちょっと説得力ないよー…

とにかくもうひと悶着欲しかった!

前作と同じでこのコミックもカバー下に人物紹介があるんですが、これまた面白いんですよ。
倫太郎は弓道部だけどあんまり上手じゃない、とか。
本編でも倫太郎のパンツの柄がやたら可愛かったり、せっかく細部にこだわりを感じるのに。
あれよあれよとストーリーが進んじゃった気がします。
もっと沢山見たかったよ、という気持ちを込めて萌2で。

8

泣き顔萌えの方は是非!

とにかく絵が可愛い!
しかしながら、ストーリーはありきたりで既視感ありです。


倫太郎は幼馴染みの奈津の涙に弱く、
可愛くて寂しがりな奈津を守らなくてはと思っています。
ある日、奈津がストーカーされていることが分かり、
倫太郎と奈津は恋人のフリをすることにーー…!


奈津があざとくて、倫太郎がチョロい^^;
奈津の涙は嘘で、倫太郎を繋ぎ止めておくための手段です。
女の子と付き合うのも地味にモテる倫太郎に悪い虫がつかないように邪魔をするためでした。
とても一途なのですが、個人的には女の子と付き合ったりHしたりするのは嫌だなと思うんですよね……
倫太郎はピュアな男の子で、奈津の事は1ミリも疑っていないという(^◇^;)

ストーカーに見せつけるようにキスしたり、
流れで奈津に抜かれたりして奈津を意識していく倫太郎。
この流れもちょっと性急だったかなと思いますが、
要するに両片想いだったのだと思います。
あんなに泣き虫だった奈津は実は男らしくて、
逆に倫太郎が泣き虫だなと感じました。
倫太郎の泣き顔かわいいよー(о´∀`о)

描き下ろしには初Hが描かれています。
とにかく、赤面する二人が可愛い♡
やっぱり、絵が上手いって素晴らしいですね!


Renta! 修正はトーンに白短冊



5

こっちの方が余程。おあずけのキスのゆくえ。

ゆるふわワンコが攻め。黒髪美人系は受け。
おまゆ先生の作品はよもや定石が決まりつつあり。本作もそんな感じで、数ページも読むとその先は分かり過ぎる程分かってしまう。BLにおける定型。まぁ、様式美というヤツだ。
ゆるふわで美形の奈津は幼い頃から倫太郎を狙っている。倫太郎はおっとりしていてそうと気付かないので、ほろほろとすぐ泣く美しい奈津を男らしく守ってやらねば、と気負っている。
奈津がほろほろと涙を流すのは、自分が美しいと知っているから。ちょっと男の気を引きたいあざとい女と同じ手を使う。ところが中身は肉食系なので。おっとりと側に居る倫太郎を抱く気満々なのだ。
もう一度言う、おまゆ先生におけるゆるふわワンコは攻め。
奈津のストーカーをしている、と言われた女の子が実は倫太郎狙いというのも想像通り。
倫太郎は無自覚だが、結構こういうフツーぽい清潔な男の子は女子にモテる。それを知っているからこその奈津の必死の牽制。倫太郎に近づく女どもを契っては投げ、契っては投げしていたのだ。
うーん、BLあるあるぅ。高校生ながらこの執着攻めよ。この必死感はうん、嫌いでは無いよ。
ただ、もうひと山欲しかったかなぁ。倫太郎に嫌われたく無いという思いが強過ぎて、本音がバレたら身を引こうとするとか要らないから。ホントの本音は必死っていうのは分かるんだけど。そこを倫太郎に踏み切らせるのは、ちょっとばかりズルいと思うのね。
カッコ悪くてもいい!ホントの本気で押せ押せでいいじゃない!だって高校生だもの。なーんて思いました。清潔な美人さん過ぎてウブい倫太郎がめちゃカワでした。
奈津が倫太郎一筋なのにムダに経験値高くて、そこはムカつきます。そういうとこだぞ!
けれど。描き下ろしではようやく繋がれて、さすがの奈津も本気の涙。大好きな人との両想いは格別だもん。
絵はさすがの美しさ。特に幼ない頃の2人の可愛らしさにはきゅんとしました。いつも同じ攻め受けコンビの安定感も良いけど、そろそろおニューなキャラデザインも期待したいかも。

4

ゆるふわワンコの正体

ゆるふわ男子で泣き虫で
萌え袖で涙こぼすとか…反則でしょう(攻ですw)

幼なじみを堕とすためとはいえ、あざとすぎるでしょう?
高校男子たるものそんなメソメソするんじゃない!(笑)

まあ全部演技なんですけどね✨
展開的には最初っから腹黒なのは読めてました

裏では腹黒執着系攻なのですが、一度だけ見せた本気の表情にしてやられてしまう受…チョロ…まあうん…仕方ないよね
無自覚だけど、結果子供の時からずっと好きだった訳だから。

なんか『末永くお幸せに』ってなりました~っww

個人的に苦手なのは女の子かなあ…
受くんを好きなのも初めからバレバレだったんですが
口調が汚すぎて(ホント無理)同情もできなかった…

0

画はキレイですが…

幼馴染みDK作品です。
ごめんなさい、辛口レビューで感想だけ。

あざとい受けはよくありますが、あざとい攻めは珍しいので楽しみにしてました。
画がキレイで泣き顔が好きな方は好みかもしれません。

個人的にワンコ攻めが縋りついて泣くのは大好きなので、絶対いけると思ったんですが、
実際読んでみたらウザい…いい男がウソ泣きで小芝居する理由も自己中で、
当て馬女子も被害者面して自己中。

一人ウブウブな受けが可愛いかと思ったら、本当に攻めのことが好きなのか?
初心すぎて恋する気持ちが解らなかった感じですが、ウジウジにイライラしてしまった。
チョロい流され受けも大好きなんですが、私の萌えポイントとズレてるのかな…。

読むほどに、登場キャラがみんな絶妙に苦手方向にズレていく展開で残念。

評価が中立なのは、キレイでキュン度高めな画。
萌でもいいかもしれない…でも、キャラがほんとに駄目だったので、萌よりの中立。

このステキな画で、ドストライクな内容を読んでみたいです。

※シーモア:修正はトーン描写に短冊です。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う