境界の果て、とろける誘惑

kyoukai no hate torokeru yuuwaku

境界の果て、とろける誘惑
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
13
評価数
3
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
アキハルノビタ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
モバイルメディアリサーチ
レーベル
caramel
電子発売日
ISBN

あらすじ

高校教師の鹿野は、ある晩奇妙なお面をつけた子どもたちに誘われるがまま、不思議な男が営む店を訪れる。「人生を変えるようなウセモノ…、おありでしょう?」促されるままに鹿野はかつての生徒、江夏と溺れるように耽った濃密な情事について話し始めるが……。
生徒×教師、義弟×義兄…、あの世とこの世が交差する世界で、彼らが選びとるのは愛か幻か。アキハルノビタが描く耽美な異世界オムニバスBL、ここに開幕――!

境界の果て、とろける誘惑(1) 32ページ
境界の果て、とろける誘惑(2) 32ページ
境界の果て、とろける誘惑(3) 32ページ
境界の果て、とろける誘惑(4) 32ページ

表題作境界の果て、とろける誘惑

江夏至,高校生
鹿野,高校教師

同時収録作品境界の果て、とろける誘惑(2)

(仮)DV男(モブ)/筒井実,専門学校同級
(仮)カナタ,バーテンダー

同時収録作品境界の果て、とろける誘惑(3)

麻木修也(義弟)
麻木祐一郎(義兄)

その他の収録作品

  • 境界の果て、とろける誘惑(4)

レビュー投稿数1

耽美な世界はお好きですか?

人生を変えるほどの「ウセモノ」を探す男に会った
受け持ちの生徒の通夜が行われた日 羊に連れられ迷い込んだのは『麒麟堂』

店主の倫太郎に促されるまま語りだす後悔

江夏(教え子)×鹿野(教師)
では 突然閉ざされた彼の未来と 後ろめたさを抱えた彼のいない今を


幸せな夢をみたまま逝けるなら
学生時代 一度だけ交わしたくちづけから離れられなかった

DV男(モブ)×カナタ(バーテンダー)
筒井実(専門学校同級生)×カナタ
では 諦めた夢と 諦め蔑まされていた今を


真っ直ぐであろうとする心と ほんの少しの欲望から大事にしたかった弟を壊した

麻木修也(義弟)×麻木祐一郎(義兄)
では 義兄弟の踏み外した道の堕ちる先を


最終話で 江夏と麻木(弟)がお互いの好きな人の話をするあたり 高校生の青くてキラキラした表面の内側のドス黒い部分や麒麟堂にたどり着くまでが描かれ メビウスの輪のように最初に繋がる


亡くなった江夏と 麻木修也が同級生なら
麻木祐一郎と カナタが忘れられなかった筒井実は同僚

カナタの勤めるバーで 麻木(兄)・江夏・ユウト(倫太郎のツレ)が出会い集う

倫太郎の存在もいまいちハッキリされてないのに ユウトの存在が極端に中途半端になってるのは 彼の役目がきっと「審判者」だから

失くしたモノを抱えた者たちが 店に踏み込むに値するかどうかを決める者

『此岸と彼岸の境界』『この世とあの世の狭』はたまた『終わりと始まりの境目』?
このなんとも言い様のない独特な世界が 暗くて憐れで 哀しくて 愛欲に満ちているのに それでいてどこか美しいと思えるのは画力のせい?



【虚構ユニゾン】での独特な雰囲気を気に入ってはいたんだけど 他に興味そそらるものがなくて深堀りはしていなかった作家さん 

個人的には大満足だったけど 微妙に人は選ぶのかな?
【地獄少女】【デス・パレード】【xxxHOLiC】【百いろどうぐばこ】
あのあたりが嫌いじゃなければ 面白く読めるんじゃないかな とは思うんだけど

一身上の都合で 電子のみのお話探してるところで見つけられてほんとよかった

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う