ダーリンは泣き虫外国人

darling ha nakimushi gaikokujin

ダーリンは泣き虫外国人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×222
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
13
得点
189
評価数
49
平均
3.9 / 5
神率
30.6%
著者
寺嶋かなえ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801968950

あらすじ

子供の頃、大好きだった幼馴染の少女・ナオとの
再会を心待ちにしていたアメリカ人のエリは、
オトナになったナオに想いを馳せつつ13年ぶりに来日!
ワクワクしながらナオの家を訪ねると出てきたのは
いかつい顔したパンツ一丁ヒゲ面もじゃもじゃ男!?

初恋の幻想は儚く散り、ナオは男だったけど、
相変わらず優しいナオは健在で大好きが止まらないエリ。
宿なしだったのでお泊まりさせてもらうことになるが、
真夜中、漏れ聞こえる声に目が覚めナオの部屋に行くと
ナオが!男と!セックス!!をしていた!!!!!!?
ビックリだしエッチだしちんちん痛いしで
大混乱のエリが言い出した提案とは――?


規格外な童貞ダーリンの好き好きビームは強烈!!!!

一途で泣き虫な年下外国人×恋愛不全な年上ビッチ
再会から始まるメンディングラブ

表題作ダーリンは泣き虫外国人

エリック・レオナルド・キャッシュマン,18歳,初恋の幼馴染に再会するため来日したアメリカ人
岡本尚(ナオ),21歳,エリックの幼馴染

その他の収録作品

  • エリック12歳(描き下ろし)
  • 鯨井と尚(描き下ろし)
  • ダーリンは近眼日本人(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下おまけ

レビュー投稿数13

可愛いが過ぎる…

外国人×日本人BL
ともかく攻の外国人ダーリンがよく泣くんだけど
ここまで泣いてても女々しくないのがすごいな✨

幼馴染で小さい時はいつも一緒だったエリとナオ
エリは海外に引っ越してからもナオの事が大好き
「また会いに来るよ」と言った約束を守る為、
エリは18歳になった時にナオに会いに日本へ。

懐かしい家に向かうとナオの家から出てきたのは、無精ひげでパンツ一丁な男のナオだった…というコトで盛大なる勘違いから始まりましたが(笑)

エリは好きだと言っては泣き
ナオがHだと言っては泣きで(笑)
めちゃくちゃ泣くんだけど可愛くて一途で優しい

ナオは家族の不仲のせいで高校の頃からカラダを売るしかなくて、人を好きになる・好きになっても離れなきゃならない事に怯え、恋ができなくて。

そんな二人の真剣な恋が成就する時のエリとナオの涙は綺麗✨
幸せになりますように♥

4

「最高」以外の表現が思い浮かばない。

身体の大きなエリックが、見かけによらず泣き虫なところ。
くまのぬいぐるみを大切にしている姿や、ケーキを食べている姿に始終キュンキュンさせられっ放しでした。
包丁の場面は、笑わずにはいられませんでした……

時が経っても、尚くんの優しさは顕在で。
自分の気持ちになかなか気が付けないところや、意外とおっさん臭いところも含め(カバー下参照)好きにならずにはいられないキャラクターでした。

本当に、素敵なお話でした。
2人のアメリカでの生活のお話も、是非とも読んでみたいです!!

かなえ先生を、かなえ先生の作品をこれからも応援しております!!

1

涙描写も睫毛もステキです。

別作品目当てで読んでいたCharles Mag-えろイキ-で知った作品で、
18歳の金髪ガチムチ大男がもぉ~~~泣く泣く泣く。
自分が泣き虫大男にイラつくのか、可愛いと感じるのか解らなかったんですが、
読んでいるとどんどん愛着が湧いて可愛くなってました。

ガチムチ巨根童貞天然年下ワンコ泣き虫外国人(どんだけっ)×ビッチなニート
幼馴染み体格身長差も楽しめます。

5歳でNYに帰り、3歳年上のキュートな幼馴染みの尚と離ればなれになったエリック。
ずっと尚が忘れられず、18歳になり大学入学までの3ヶ月日本へ。
再会した尚がモサいヒゲ面男と知り初恋に破れた上、生活の為にウリをするビッチだと知る。

同情したエリックにより、パパのカードと引き換えにウリは辞めることにした尚ですが、
淫乱な身体はtnkを求め、堪らずエリックに手を出したものの拒否され最後までできず。

エリックは無垢な子どもがそのまま大きくなったようで、ピュアな天然で明るくて優しい良い子。
尚が男だと知り男相手にウリをする場面を見ても、好きな気持ちは変わらずワンコのまま。
反対に、尚は冷えた関係の両親に関心を持たれず不遇な生育環境で、
ウリをして生活すること数年、愛って何?こいつ面倒臭いという感覚。

この正反対の二人が生活を共にする中、
ウリの元客とのトラブルでエリックに助けられ、ドキドキするナオが身体を繋げる。
それで恋人になったと勘違いのエリックと、好きで寝ただけで恋人じゃないナオ。
このすれ違いからエリックが離れ…。

コミカルに突っ走ると思ったら思いの他シリアスでギュッと胸を鷲掴みされる。
話運びの緩急が上手くて、簡単に引き込まれてました。

コミカル描写がアメコミな画もあり、独特でクセがありますが私は好きです。
お子ちゃまエリックが可愛いすぎで、ウルウル涙描写も凝っていて何パターンも楽しめる。
エリックの睫毛や〇毛がキラキラして丁寧に描かれているのも見どころ。
いつもドタバタで、泣いて笑って怒って寝て、表情豊かなエリックにキュンキュンする。
画のキラキラ感と仄暗い描写も上手くて、読んでて目が楽しんでます。

そして、エリックの肉感を感じる身体のラインと絡みがダイナミック。
なかなかクルものがあるエッチシーンで、あの身体で寝バックはヤバいな。

エリックと向き会えない尚のトラウマもしっかり掘り下げ、丁寧な心情描写が刺さります。
尚スキスキのエリックよりも、尚に良かったねと言いたくなる後半です。
父の跡を継ぎ社長になったエリックが、ビシッとしたスーツ姿に成長を感じますが、
尚と二人になると変わらない泣き虫の甘えん坊なのが嬉しかった。

小道具使いも楽しくて、クマのぬいぐるみのティムも泣いてて可愛い。

描き下ろしが沢山あってめちゃくちゃ嬉しい。
お気に入りは「エリック12歳」
初めてのおかずは勿論ナオですが、この頃はキュートな女の子だと思ってるんだった。

カバー下漫画もお忘れなく、色々詰まったステキな一冊お勧め作品です。
評価は神よりの萌2です。

※Renta:修正は白い斜線です。

9

コミカルで楽しいラブコメ♡

確かに、外国人・エリが泣き虫だった(笑)
攻めが泣き虫って、ちょっと珍しいかな?
全体的にはラブコメなのですが、時折見せるエリの雄の顔と、
なかなか受け入れられない想いが切なくてよかったです。


引越しで離れ離れになったエリとナオ。
初恋の相手・ナオを女の子だと思っていたエリは、
13年ぶりの来日を果たします。
早速訪ねたナオは、ヒゲ面のモジャ男でーー…!

ストーリーも絵もコミカルで笑っちゃいました。
突然アメコミ風の絵になったり、目玉飛び出したりw
でも一番笑ったのは、駄菓子屋でエリが〝コカインみたいなの売ってたよね?〟ってやばい顔で聞いてきたところ。
粉ジュースだし(≧ε≦)ノ
真顔で吸ってるイラストもあって、こちらも笑いました!

身体の関係はあるものの、恋愛が面倒だというたナオとはなかなか恋人同士になれません。
とはいえ、ナオも不器用で素直になれないだけなので、
自覚してからは早かった^^;
ここの流れがあっという間すぎて、ちょっと物足りなかったかな。
ただ、描き下ろしのナオからのプロポーズはグッときました!

Hは濃厚で、DTだったとは思えないほどエリが攻めまくるのですが、指を挿入した断面図がリアル。
こういうところに修正入るのもあるけど、ここは無修正だったのがgjでした!
『こたつかがり』も調べちゃったよ(笑)

7

涙が可愛い

体格差や大型わんこ攻など好みのポイントもあるのですが、エリ(攻)の泣く姿が毎回可愛かったです。
ギャグ要素も散りばめられつつ、しんみりするシーンとのバランスも、個人的にはいい感じだったのではないかと思います。

ところで、泣き虫大型わんこがふいに見せるスパダリとのギャップって、いいですよね。

3

ダーリンはとっても可愛い外国人

こちらの作品、すごく可愛かったです!
外国人攻めは数あれど、エリほど愛嬌のある子は居ないんじゃないかな…?!
幼馴染の13年ぶりの再会ラブなお話です。

幼少期を日本で育ち、大好きだった幼馴染のナオの事が忘れられないアメリカ人のエリ(エリック)。
両親の仕事の都合でNYに涙ながらに引越し、ナオの事をずっと想い続けながら、ハイスクール卒業を機に来日。
やっとナオに会える!と期待に胸を膨らませ、ワクワクしながら家を訪ねると、玄関から出て来たのはヒゲ面の男性で…?と続きます。

ラブとコメディのバランスが絶妙で、クスッと笑えたり、キュンとしたり、すごく可愛い作品でした!
エリはナオの事をずっと女の子だと思い込んでいたのだけれど、実はナオが男性だったと知っても「ナオが好きなんだ」と、全く障害にならないブレなさが良いです。
家族愛に恵まれなかった家庭環境ゆえか、愛情というものがよく分からないまま、生活の為に自宅で体を売ってその日暮らしをしているナオ。
エリの涙いっぱいの懇願にほだされて体を売る事を辞めるものの、ナオの家庭環境から来る心の闇とトラウマが根深くて。
エリからの特大のアプローチも交わし続けるナオですが、太陽のような、ひまわりのようなエリの存在に次第に心解けていく。

幼い頃のエリとの交流はナオにとってもかけがえのないものだったんですよね。
ここの描写があるかないかでお話の印象が全く違うものになると思います。
トラウマや心理描写が丁寧で、不遇な環境で育ってここまで来てしまったナオの心がエリと過ごす中で徐々に良い方向に変化していく様子とラストには救いがありました。
その後、ナオを伴ってNYで立派な社長となったエリの姿に感慨深いものを感じつつ、ナオの前では昔のまま変わらない泣き虫の図が微笑ましい。

そして、今作の魅力は何と言ってもくるくると表情が変わるエリのキュートさ!
大きな体から溢れんばかりの感情の爆弾のようなリアクションと、長いまつ毛と大きな瞳からぼろぼろと涙を流す泣き虫っぷりにどんどん愛着が湧いて来ちゃう。
ナオに誘われても、気持ちが同じじゃ無いとダメ!と、流されずにきちんとNOと言える子なのがまた良いのです。

合間合間に挟まれるコミカルさが面白くて、粉ジュースをコカインと表現するのに笑ってしまいました(笑)
エリのむちっとした体とひょろひょろのナオの体格差も非常に楽しめます。
すごく好きな雰囲気の幼馴染のお話でした。

1

前作にしろタイトルが微妙ですが…

とうとう泣く男にハマる日が来るとは思いもしませんでした。受け様が泣くと可哀そうだし、攻め様が泣くとしっかりしろよと思うしで、これまでキャラに泣かれてもハラハラするだけで萌えを感じてこなかったのに…。

ガタイのいいアメリカ人男子がベソベソ泣くのが不覚にもかわいく思えてしまいました。しかも富裕層の息子でピュアなドーテーくんなわけで、ここまでわかりやすくしてもらわないとおまえは泣き顔萌えがわからんのか!といわれたような気がしました笑

設定は幼馴染み同士の勘違い再会もので、わかっちゃいるけど二人のすれ違いにキュンキュンします。

アメリカ人のエリックが少しの間だけ日本に住んでいた子供の頃、女の子だと思っていた幼馴染みのナオは初恋の人でした。大学生になってアメリカから日本にいるナオに会いに行ってみると、実際は♂で自宅で売りをしている衝撃の事実が発覚。

ショックは受けても優しいナオが大好きで、彼のことを大切に思う気持ちをめいっぱい伝えようとするエリックですが、ナオがなかなかの闇を抱えていて一筋縄にはいきません。

ナオみたいな、感情を無にして刹那的な生き方をしてきたいい歳した大人が、人生の再出発をするストーリーは何度読んでもいいなと思います。それが自分のことを強く思ってくれる人との出会いがきっかけだなんて、理想的なBLロマンそのもの。

お話の始めからさりげなく描かれているエリックのテディベア(ティム♂そこもオス笑)がかわいくて、日本のナオの家でもおふとんで一緒に寝ているんですよね。体は大人でも子供の頃と中身があんまり変わっていないエリックだから、悲しい時でも嬉しい時でも素直にボロボロ泣けるんだなぁ、って羨ましく思いました。

どのエロシーンもそれぞれの感情が見てとれてグッときました。二人とも泣きながらのエロは、ナオがやっと素直になれたのをしっかりと見届けられたようで、感無量。

描き下ろしではエリックの過去編、脇キャラとナオの絡みも見られて満足感たっぷり。本作はなんといっても、ナオのエッチで男前な包容力にやられた一冊でした。

前作が気になって探したのですが今では紙でしか入手できないようで、かろうじて読むことができたシャルルコミックスの電子版試し読みの印象だと、作家様のカップリングが好みそうだったので、ぜひ読んでみたくなりました。

0

可愛くてすき!

幼いころ、大きくなったら会いに来るからと約束して海外へ引っ越してしまったエリックが約束を果たすべくナオに会いに日本へ戻ってきたぞ!というところから始まります。エリックは小さかったのでナオのこと女の子だと思っていたのに、ひげ面の男が出てきたらそりゃビビる。
しかし、このナオさん……どんな仕事してるのかと思ったら自宅で男相手に身体売って生活してるんですよね。3か月ホテル泊はもったいないといっても、そんな家にエリック泊めるというとんでもなさよ。
あと、畳にたばこ落ちる描写は火事が心配で話の内容が頭から飛んでいく……。
親の金でナオに身体売るのやめてというあたりも堂々とし過ぎて開いた口がふさがらないんですけど、かわいいから何も考えるのやめました。
そしてエリックと楽しく過ごすこと一週間、ほのぼのした生活だけではナオの欲求不満が耐えられなくて……というところから二人の関係性が進み始めます。
エリックはぴえぴえよく泣いてるし、おっきな幼児でかわいいです。かわいいからたまに見せる雄顔が映える。
あと、薫くんはいいやつ過ぎて普通に好きです。いい友人を持ててよかったね。
えっちでハッピーないい作品でした。末永く幸せに暮らすんだぞ!

0

明るくてコミカルで絵柄がキレイだけどキャラ絵が好みではなかった

絵柄がキレイで、絵が上手だなと思います。
ですが、二人の見た目が私の好みとズレてたので、イマイチはまれませんでした。

二人とも子供時代はすっごい美形さんでかわいくて好きなんですが、
成長した姿はエリはムキムキすぎで、ナオは剃ってない髭面での登場が多く、年のわりにおっさんに見えちゃうし、最後のアメリカに行ってからの髪型も好みじゃない。
特に髭面が多いのは私には汚い感じにしか見えないので、だいぶ残念でした。

最初はエロエロな感じなのかなと思ったら、そうでもなくて、ナオがエリを好きだと自覚して自分で好きな気持を認めるまでが描かれるので、Hしようとしてやめちゃったり・・があったりして、意外とちゃんとしたHシーンがそんなになかった。

粉ジュースをコカインみたいなのってエリが言ってたのが笑えたり、コミカルな部分も多くて、その時の振り切った感じの絵柄も好きだし、そのコミカルさも好きなんだけど、なんというか、私のすっごく大好きにはハマってなかった。

そしてコミカルな部分が多いけど、ナオの暗い事情があって気持ちがちゃんとナオに向くまでがちょっとシリアス。
ただ、シリアスな話として読むと、ナオはあんなに恋愛は面倒とか言ってたくせに、薫の助言があってから、エリを受け入れるまでが早いな!と感じてしまいました。
意外とあっさり気持ち変わったなって感じ。
正確に言うと変わったわけじゃなくて、本当はそうだった自分の気持ちを認めたってことなんだけど。

エリが来てからの時間経過がよくわからないけど、ほんの数日って感じだったから。

シリアスに読んじゃうと気になるところは多々あるって感じかな。
ナオが自宅でウリしてるの危険じゃない?とか、エリが親の金を使えって堂々と渡してきたのは気にならないのかとか、飛行機代だけ貸してって言ってたけど生活費はどうするつもりなんだとか。

全体的に明るい感じなのと、コミカルなのと絵柄がキレイなのは好きなんだけど、このお話はちょっと好みとズレてたのが残念だったなと思いました。
萌2と萌で迷ったけど、どちらかというと好きな方なので萌2で。

0

泣き虫だけど、BLタイプ「晴天」のおはなし※どネタバレ注意

年下ワンコ攻で、超絶泣き虫。どヘタレ。
それが雄になる瞬間ってあるじゃないですか。そういうのって萌えるじゃないですか。今作は、一瞬雄になるかなってレベル。
でも、泣き顔がかわいいし、属性的に「晴天」みたいなあっけらかんとした青年。幼い頃、受を女の子だと勘違いしたまま再会するも、ヒゲのおっさん出てきて、それでも受のことが好きだという健気さがいい。

受はビッチってあるけど、そこまででもないかな。
売り専やってて、攻に請われたためしばらくえっちお預けして、一週間ぐらいで襲い受けしちゃうけど、ど淫乱ってワケでもなさそう。
ワタシ、エッチナ、オ兄サン、他ニイッパイ、知ッテル。

一冊丸ごと、恋愛が成就するまでって感じの構成。
愛情の薄い家庭に生まれた受が、俺は愛なんてわからないってうだうだ悩むんだけど、まあ攻がね、健気だからね、絆されていくわけだ。

安定のハッピーエンド。
何もやきもきしない代わりに、いつくっつくんだ!それはな、もう好きだから、観念しろってなる。
受も攻も泣き顔さらして、ボロボログズグズになるが、卑屈でもないし、暗くもない、明るい「晴天」タイプのおはなしでしたとさ。
めでたしめでたし。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う