可愛いね セックスしたくなっちゃった ダメ?

蛍は明日死ぬ

hotaru wa ashita shinu

蛍は明日死ぬ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神99
  • 萌×241
  • 萌29
  • 中立10
  • しゅみじゃない9

--

レビュー数
23
得点
756
評価数
188
平均
4.1 / 5
神率
52.7%
著者
斉川冬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
ISBN
9784813032243

あらすじ

聴色の髪 赤いピアス 猫目で口元にホクロ──浅田は本の登場人物「蛍」に恋していた。
ある放課後、図書室で居眠りしていた浅田が目を覚ますと、恋い焦がれた「蛍」に似た人・二宮がいた。
二宮は、ちょっとビッチな「蛍」ままな行動をする。
「蛍」に似た二宮に心を奪われていく浅田だが、「二宮くん」については何も知らないことに気づいて……?

表題作蛍は明日死ぬ

浅田実篤,本の中の人物に恋する高校生
二宮奈央,浅田の好きな人物にソックリな高校生

その他の収録作品

  • 俺は明日恋をする
  • 描き下ろし

レビュー投稿数23

思い込みの危うさと純粋さ

あああッ!すごく良かった*。゚+
ミステリアスな雰囲気と高校生の純粋さに心掴まれました。

個人的にはネタバレ無しで読むのをオススメしますヾ(*´∀`*)ノ
その方がアンニュイな空気を纏いながら不思議な色っぽさを持つ受けが楽しめるかな?と。

話の展開が全く読めないわけじゃないけれど、個人的には"転"の部分で
ふぉぉぉ(∩´///`∩)高校生~~~ッ!!!とゴロゴロしながら萌えました。
受けが…受けが…めちゃくちゃ良きなんですよ…!!!(;///;)

あとですね。
本編後の当て馬視点が切なくてグッときます。
これもすっっごい萌えた。ああ、高校生尊い…(;///;)

暗いお話なのかな?と思ってしまいそうなタイトルですが
高校生の不器用で健気でピュアな恋愛が楽しめました。
(あ!精神面がピュアという意味です;)
高校生BL好きな方に是非オススメしたい1冊です。


※以下ネタバレありです※


浅田(攻め)は本の中の登場人物「蛍」に恋していました。
現実にいないとわかってても好きになる人はどこか蛍に似た人ばかり。
付き合う相手の中に「蛍」の影を追い求めてしまうのですね。

そんな理由で彼女にフラれた矢先に蛍そっくりな子に声を掛けられます。
あまりに「蛍」そのままの彼を見て、思わず衝動的にキスをして告白をし…。

蛍ソックリな男:二宮(受け)は突然の告白をアッサリ了承し付き合うことになりました。

一緒に過ごす時間の中で、二宮の行動は蛍と重なることばかり。
好きなモノ・嫌いなモノ・仕草・少しビッチに誘う言葉まで全く同じ。
まるで蛍がそのまま本から出てきたような二宮に浅田はどんどんのめり込んでーーーと展開します。


浅田はズブズブにのめり込んでいくけれど、
二宮の中にある「蛍」しか見ていないのですね。
現実と理想を混同させているのがなんとも言えない気分になります。

「二宮」ではなく「蛍」しか見ない浅田。
二宮はそれをどこまで気付いているのだろうか…。
不思議な空気を纏いながらニッコリ笑う二宮に
読み手としてもグイグイ引き込まれました(;///;)

最初は上辺だけにも見える関係で
思春期の脆さというか儚いような影がジワジワと。。。

で。「蛍」と同じ行動を取っていた二宮が、初めて違う行動をとるのですね。
少し目が覚めた浅田は二宮を二宮として見るようになり、
遠くから観察していると二宮が屈託ない笑顔を向ける存在の大野がいて…。
浅田は少しずつ自分の愚かさに気付くのですよーッ!(遅い!)

ここから一転するのがとても良かった!!
二宮の本当の気持ちや、大野と二宮の間にあるもの。
「蛍」ばかりに執着していた浅田の変化。
そして「蛍」が死ぬ時の訪れ。。。

後半は「もぉぉ二宮ーーーーー!(;///;)」です。
切なくて純粋でめちゃくちゃ良かったッッ!
(過度なネタバレ避けようとするとこれしか言えない)
印象的な表情や言葉に胸鷲掴みされます。

二宮の思春期らしい考えは大人から見ると危うさを感じるけれど
なんかギュッてしてあげたい気分になる…(;///;)
これからは浅田にたっぷり愛されておくれ(;///;)

浅田はどうしようもない奴だな!(プンスコ)と思ったけれど、
好きなものはずっと長く大切にするタイプで基本性格は真面目。
今後は「二宮」を愛してスパダリになりそうな攻めで安心感が持てました。

頑張って恋する高校生が尊い…+゚。*(;∀;)*。゚+

◆俺は明日恋をする

当て馬:大野視点の番外編です。
二宮への行き場のない気持ちが織り込まれ、
浅田×二宮の幸せそうな姿がなんだか切ない気持ちになる(;///;)

『知ってる』
『俺の方が先に知ってた』

当て馬がこのセリフ言うのが堪らなく悶える。
わかってもらえる方は是非読んで…。
大野視点は切なキュンキュンですよ…。

1つ残念なとこは、大野と浅田のキャラビジュアルが似すぎてるとこかな。
"似てる"が一つのキーポイントではあったけれど、
どっちがどっちか分からなくなるコマがあって少し混乱しました(ФωФ;)

10

受けが健気... 代わりだってわかってるのに

うわあ、これはよかった...。1回読み終わってから、また最初からもう一回読んでしまった。攻めは本の主人公の蛍って女に恋してて、いつも似ている子とばかりつきあってたちょっと変人?蛍に似ていればそれでよくて相手の人格なんてほとんど見てない感じがとても好感もてないw
受けは美人でちょっとビッチで口元にホクロがあって見た目が蛍そのもの。(女装とかしてなくて普通に綺麗な男子高校生だけど)

正直、こんな本の主人公に受けを重ねるような攻めより幼馴染の男の方がよっぽどいいのではないかと思ったけど。なぜ攻めの方を好きになったのかがよくわからないところはあった。

でも、段々、似ているからじゃなくて本人を好きになっていく描写や似てなくてよかったと思うようにまでなってきて。
ほんとにお互い大好きなんだなあっていうのが見てとれて最後はハッピーでよかった。

でも、やはり幼馴染はいい男だしもったいない気もする

7

続きが読みたいです

表紙に目を奪われたので、購入してみました。
ミステリアスな雰囲気ですが、高校生らしさもあり最後までドキドキが止まりませんでした。
最初は蛍のようなミステリアスな感じでしたが、時折見せる二宮くんの笑顔や純粋さ、一途さに心を持っていかれました。切なさとキュンが止まりません…。
始まりが蛍の代わりでしたが、だんだんと二宮自身を見て恋に落ちていく描写がとても素敵でした。
これからの2人や大野くんのスピンオフを是非読んでみたいと思いました。

4

尊すぎる一途っ!!!

最高過ぎました。
あの図書室でのあざとカワイイ蛍笑顔の二宮くんと、直後のキスされた二宮くんの心境を想像すると胸の高鳴りがハンパないです!!
蛍として付き合ってる時も、きっと始めのうちは本当に幸せだったんだろうなぁと思うと切なさと尊さの嵐が襲ってきます♡
「蛍は明日死ぬよ」って言った二宮くんの表情は見たいけど見たくない!!

番外編の大野くんにもこれまた切なさどっぷりで胸が締め付けられました。
大野くんの続編もせひ幸せになるところまで追いたかったです!!

3

タイトルがうまい!

ノミネート作品ということで購入しました。
ネタバレ禁止という誘い文句とタイトルからしてバッドエンドか死ネタなのかなと思ってドキドキしながら読みました。
が、めちゃくちゃハッピーエンド!!!!!びっくりしました。とにかく二宮くんがすっごい頑張ってて健気で…久しぶりにあそこまでの健気くんに出会いました。好きな人に気付いてもらいたくて、蛍としてでもいいから好きになってもらいたくて、変わろうとして変わって、、二宮くんが頑張ったから二宮くんとして好きになってもらえたと思うし本当よしよししたいです。浅田くんははじめはやっぱり蛍と重ね合わせていましたが、だんだんと二宮くんとして見てて、デレデレしてて、、かなりデレデレで、、クールな見た目と反してめちゃくちゃ内心花が咲いていてかわいいです。

タイトルは読めば納得します。
また絵がすごくきれいで、とくに表情の作り方がうまいなと思いました。
とても良い男子高校生でした!

2

とにかく読んで欲しい。

ihr Hertzの連載で初めて1話を読んで衝撃でした。
とっても印象的な始まり方で、これからどうなっていくのかのわくわく感が凄くて毎回毎回雑誌の発売が楽しみでした。
今回初コミックスということですが、絵も綺麗だしストーリーもちょっぴりミステリー風でもあり、他と違っていて惹きこまれました。
是非是非ネタバレなしで読んで欲しいので、これから読もうと思ってる方はレビュー読まずにまっさらな気持ちで読んでもらいたいです。

まず、はじまりは小説の主人公の女性に似た人を好きになっちゃう浅田。
蛍(物語の主人公)は死んだよと言って別れを切り出されて振られるところから始まります。友人にも蛍はいないよと言われたところ、図書室で、まさに蛍に似た二宮君に出会って恋に落ちます。
そしていきなりキスしちゃう浅田。
どんだけ蛍が好きなんだろ?
でも二宮くんは付き合ってくれることに。
そして、蛍と二宮君の共通点を見つけては喜ぶ浅田。

そこから、いろいろあって蛍と違う点ももちろん出てくるけど、蛍じゃなくて二宮君が好きっていうことに気づいた浅田は、二宮君と仲の良い大野に嫉妬して喧嘩したり、二宮くんのおかげで蛍を卒業できたかな。

二宮くんには、浅田に言ってない秘密があって。
大野君は番外編で、実は二宮君のことが好きだったっていうことが分かるのですが、友達としてずっと一緒にいたのに、浅田に取られちゃってちょっとかわいそうなので、是非スピンオフか何かで大野くんを幸せにしてあげて欲しいです。

カバー下に10年後の二宮君と浅田くんが載っているので是非是非カバー下も見て欲しい。

凄くおススメなので、沢山の人に読んでもらいたいです。
二宮君が浅田君に言ってなかった秘密を知ったら更に萌えます。
絶対また、最初から読み直したくなるので。

1

受けが健気一途…。


浅田くん(攻め)は本の登場人物「蛍」に恋していた。
「蛍」は両親がくれた本の主人公で、
聴色の髪、赤いピアス、猫目で口元にホクロ、
ちょっとビッチで高校の先生と寝て、そのせいで女友達は少ない。
でも本当はすごく寂しがりという性格の女の子です。
浅田くんはそんな蛍を自分と同じだと思い強く惹かれています。
そして相手に蛍を求めすぎていつも振られます。

そんなある日図書館で寝てると起こされます。
聴色の髪、赤いピアス、猫目で口元にホクロのある男の子に。
その男の子を見て浅田くんはキスをして付き合って欲しいと言います。
普通なら初対面でキスされて告白されて付き合うなんて有り得ないのですが
なんと付き合ってもらうことが出来ます。
その相手が二宮くん(受け)なのですが
どうして付き合ったのか等は読むと全てわかります。

初体験の時もすごく慣れているような二宮くんなのですが
実際はすごく健気でここに至るまでの彼のお話を読むと
ほんとに浅田くんのことが大好きで
だからここまで…。と健気で泣きそうになりました。
(大事なことなので健気と2回言いました。)


途中で当て馬感のある大野くんが出てくるのですが
彼もすごく良い子で二宮くんが傷ついて欲しくないから
あえて浅田くんに酷いことを言います。
でも、彼が居たから「蛍」と浅田くんではなく
「二宮くん」と浅田くんがくっついたと私は思いました。
大野くんと二宮くんのお話も大野くん視点であるのですが
これもこれですごく切なかったです。


二宮くんも健気だし、大野くんも健気なので
健気な人が好きな方には是非読んでもらいたいです。

1

蛍が結ぶ愛

大切にしていた本の中に、恋している人"蛍"がいる。蛍は存在しないのに、どうしても彼女の姿を、他人の誰かに求めてしまう。もしその状況で、そっくりな、男性が、現れたら…。
最初は蛍とそっくりだったから二宮くんに好意を寄せた浅田くんと、浅田くんに好かれたくて"蛍"を演じた二宮くん。最初はお互いに、姿なき"蛍=理想の人"を求めていたが、次第にお互いに強く惹かれる、素敵な作品です。似ているから好きになったのに、気がつけば"違うところ"を探して求めていた浅田くんの愛情が凄く伝わってきました。蛍を演じ、蛍の代わりでいいと思っていたのに、まるで自分が愛されているようで、演じることが辛くなった二宮くんの、健気で真っ直ぐな思いに、涙が止まりませんでした。間違いなく神作品!!!

二宮くんに実は思いを寄せていた友人、優。優視点で見た2人の歪んだ関係性や、優の気持ちを思うと、切なくて辛い気持ちが込み上げてきて、涙が出ました。

きっかけは蛍だったかもしれないけど、2人にとって何が大切なのか、"蛍ではない"それに気がつけたのは、蛍のおかげかなと思います( ◠‿◠ )

0

優しくて美しい

タイトルからダークなお話かな?と予想していたら、なんとも優しく、美しいお話。ストーリーもミステリアスで引き込まれるし、カバーからも見て取れる作者様の美麗な作画からは受の色気が物語全体に漂って、ラストまで目が離せなくなりました。
メインCPのその後のお話とかカバー下にちょこっとあったけど是非続編にして頂きたいし、大野君のスピンオフ作品とかも読んでみたいです。

3

私達は時が満ちるのを待つしか無くて。それが醸成されて行くのを見つめる。

とても美しくて、ある種耽美派には嬉しい物語。少し何かに似ているかもしれないけれど。
私達は 息を詰めて、時が醸成されて行くのを見つめるしか無い。
モチーフになっている 浅田のお気に入りの小説は、確かに何かを彷彿とさせるんだけれども架空の物語に違いない。(あれだよね、きっと。)だいぶ官能的な描写があるというそれを親が買い与えたというのも解せないが、浅田はそれに夢中になっていく。
「蛍」を描いた作家は行間を読ませるのがとても上手い。可視化されたものでは無いのに、そこにあるかの様に表現するのだ。浅田はだから目の前に現れた二宮を「蛍」と同一視して、「蛍」に溺れて行く。
これまでも「蛍」に『似ている』と勝手な決めつけを相手に投影して、勝手にガッカリして。別れを繰り返して来た、ある意味クソな浅田の知る本当の恋。
彼が惹かれたのは「蛍」そのものに見えた二宮だったけれど、二宮自身にようやく辿り着き、それが恋だと自覚する。前半はやや倒錯的に描かれて行くが、(『二宮は「蛍」なのだから、甘いものが好きに決まっている』などという決め付けなど。)あまりにも「蛍」なので、自身の描く恋人像が破綻して行く。
それも思い込み所以なのだが。「蛍」はビッチな筈なので、当然他の「誰か」にも抱かれている筈で。
だからこそ「蛍」なのだが、浅田は恋人として、二宮を独占したいと想うまでになるのだ。ホッ。
ここまで来て、読み手側はようやくホッと胸をなで下ろす。
そうして二宮の健気さにホロリとさせられるのだ。

これはアレにも似ている。不倫男が好きな清純派ビッチだ。奥さんを愛しているという不倫男が好きなビッチが、奥さんを捨てて自分に夢中になった途端に冷めるというアレだ。『そんな冷たい男に用は無い』というヤツだ。
浅田がソレだったらどうしようかと、読み手側をハラハラさせる。
頭の隅では『きっと大丈夫よね?』と、念を押しながらもやはり。ハラハラさせられるのだ。
とても上手いと思う。

どんな姿でも大丈夫。「蛍」では無い二宮に心底惚れてしまった浅田のデレあまっぷりはご褒美。
当て馬登場した大野は本当に二宮を好きだったという切ないサイドストーリーが垣間見えて、彼の救済までにはページが足りなかったみたいだけど、安易なスピンオフにはして欲しく無いかなぁ。なんて思う。定番だと、浅田のクラスメイトで、大野の同中の三上辺りとくっ付くんだろう。きっとそうだろう。
そこにはドキハラが無いので、やめて欲しいかな。

小説の「蛍」は明日死ぬんだそうだが、それは悲恋に終わるのか。そこは少しだけ気になってしまう。
浅田が本から卒業した様に、甘酸っぱいそれは青春の通過儀礼の様なものなのだ。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う