カラーにくちづけ

color ni kuchizuke

カラーにくちづけ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×230
  • 萌15
  • 中立6
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
386
評価数
96
平均
4.1 / 5
神率
44.8%
著者
OOY 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
笠倉出版社
レーベル
カルトコミックス PLACEBO collection
発売日
電子発売日
ISBN
9784773062212

あらすじ

連載時から話題沸騰!
とろけるくらい甘くて優しいDom/Subユニバース!

大学生の黒田美樹(ミキ)は、過去に無理やりカラー[首輪]をつけられ、Domを拒絶するようになったSub。
「こんな性もDomも大嫌いなのに…」
そう頭では否定していても本能は支配を求め続け、溢れる熱を官能小説で満たしていた。
ある日、ベビーシッターに訪れた先でDomである森屋と出会ったミキ。
警戒しながらも仕事を終え帰ろうとしたところ、リビングの本棚で例の小説の未発表作品を偶然見つける。
思わず夢中で読みふけっていると、昂ぶった下半身を森屋に気づかれてしまって…! ?

【第二性】と呼ばれる主従関係が存在する世界で芽生える、
幸せと愛にあふれたDom/SubユニバースBL。

圧力での支配じゃなくて、
アナタの優しい支配=“愛"が欲しい…。

表題作カラーにくちづけ

森屋真,官能小説家
黒田美樹,大学生

その他の収録作品

  • 書き下ろし:もっともっと好きになる

レビュー投稿数16

また世界が広がりそうです。

初Dom×Sub。この本が最初で良かったかも。分かり易くて助かりました。

とにかく甘くて優しい。私もこういう命令のされ方なら従う。

いろいろとトラウマがあったり戸惑いがあったりなのですが、乗り越えていく過程にはドキドキとハラハラ、チクチク、そして最後にラブがあって私まで幸せになれました。森屋さん、ミキくん幸せになってね。
羽賀くんにも複雑な心情があるのでこれから幸せになって欲しいかな。また、仁川さんも気になる存在。

まだまだ気になるので続編&スピンオフ期待してます。
これからは何となく食わず嫌いしてたDom×Subも読んでいこうと思います。
ありがとうございました。

4

帯の惹句どおり!

電子書籍版で読んでいましたが、紙だとどんな感じなのかなと思ったので紙媒体で購入しました。紙よりもデジタル画像の方が、スッキリと綺麗に見えますね。カバー下の作者様あとがきが読めて嬉しかったです。それと、描き下ろしの森屋さんがステキでした!

個人的にDom/Subの魅力を知った一作品だったのですが、作画の巧さに加え、"愛し合う二人は対等"っていう普遍的なテーマを特殊設定に載せてさらりと描く技量に撃ち抜かれました。

Dom/Subって、"支配"とか"コマンド"とか人間関係においては強めな表現が使われてしまうために人によってイメージされるものが様々ですが、頑張ったら褒めてもらいたい、要求に応えてくれたら褒めてあげたいっていう感覚って、そんな特殊なものではないと思うんです。

プレイを通してDomとSubの欲求を満たし合いながら信頼関係を築いていくプロセスには、親子や師弟関係にも通ずるものがあって、それが恋人となった時にエロティシズムが溢れるんだよなぁ…と。そこをBLで描かれるからさらに萌えさせてもらえるんですよね〜。

ミキと森屋は出会った時から本能的に惹かれ合います。ミキにはカラーで彼を縛りつけているDomの存在が暗い影を落としているのですが、森屋との出会いによって意識が劇的に変化していきます。彼が本当に望んでいるSubとしての在り方を、森屋の優しさから教えてもらうのです。

森屋は一人娘のしーちゃんを育てながら作家として活躍しているのですが、意外と世間は狭いもので。森屋の編集担当・仁川としーちゃんの関係に笑わせてもらいつつ、仁川が教育担当している新人の羽賀が実は…という少々戦慄の展開。

しーちゃんがなんたって癒しでしたね〜♡

絵本作家としての森屋の作品が可愛かったな。(ちょこっとだけ出てくる「パンダさんとレッサーくん」。芸が細かい笑)もしかしたら、しーちゃんに一番癒してもらったかもしれないです笑

2

知らず知らずに相手に気持ちを押し付けてることってあるよね。

Dom/Subの話はまだまだオメガバースとかと違って新参者〜って感じで商業系だと方向性が定まり切らない印象があってストーリーも設定も良きだけどもっと深くまで掘り下げて設定をして欲しいなぁってもどかしい思いをすることがありました。この作品でSwitchが出てくるんですけど、この設定が大好きなんですよね。現実で言うなら男にも女にもなれない人。だからこその苦しみというかもどかしいところが描けるのが良いですね。あとは、セーフワードの言葉のセンス、カラー(首輪)を外したい(体)と外したくない(本能)っていうところが描かれていて、ああ!コレコレってなりました。
「相手を信頼できなければ誰にも愛されないよ」というセリフが心に刺さりました。恐怖心で縛る関係はうまくいかないということ、周りを見れば君にも見えてくるはずだ。という思いが読み取れてよかったです。
なんていうか性癖に刺さりました。求めていたものが全てここにある感じですね。

2

Dom/subのお話2冊目です!

以前dom/subのお話読んだことがあってそのエロさにすっかりはまってしまいました。今回はSwitchという特殊な性が出てき興味深かったです
しかしdom/subとはなんというエロい関係でしょう
今回は特にエロい受のミキが唇ポッテリ感がエロい
攻の森谷はもっさり眼鏡で大型犬というか森の熊さんというか髭剃ったらイケメン紳士に…この2人の年齢差とか体格差がまた良い!
森谷の胸のなかにミキがちょうどすっぽりは萌えます
好きなシーンはミキがセーフワードの愛してッと言うのですがその後横抱きで素股してるとこですかね~はわわわっえっろーとなってしまいました
森谷には1人娘のしーちゃんがいるのですが、バツイチなのか死別なのか奥さんの話がいっさいなかったので、そこがもやつきましたが、シーちゃんは可愛かったです

ミキも優しい森谷にどんどんひかれていくのですが森谷もミキが愛しくて可愛くて自分のものにしたいというシーンがあったのでそこもきゅんきゅんでした
ミキは確かに色っぽいし可愛いです2人のdomに愛されているけど同級生の羽賀は実はSwitchで過去にレイプされててトラウマになっててつらかった
もっと嫌なやつだったら良かったけど、これはね~かわいそうです
でも仁川と羽賀はなんだかんだでうまくいきそうですね
今回のdom/sub物は優しく癒される作品だったと思います

2

Dom/Subも良き…

正直Dom/Sub設定って萌えてなかったんですけど、この作品読んであー…こういう感じでストーリー展開するとすっと入るなぁと思いました。

わたしが特に違和感を感じるのはコマンドで、なんといっていいのか、急に技名がはいってくるような感じがして作品の世界観ぶちこわしてるような気がしてました。

でもこちらのストーリーのコマンドの出し方は自然でコマンドだけじゃなくて、多少不自然ながらもせりふの中にあることでコマンドだけのときの違和感はなかったです。

受けの相手が胸くそだったのですが、彼も被害者でどっちつかずのSwitchとして苦しんでいたんだなと思うと同情します。
一番の悪はレイプしたあの先生だな。くそすぎる。
不幸になっていてほしいレベル。

編集者の仁川さんがナイスアシストすぎてこれはスパダリ候補なのではないでしょうか…

Dom/Subはpixivでもしっくりせず、商業既読でもしっくりこなかったですが、こちらの作品を最初に読んでいればよかったなと思いました。
おすすめです。

2

ミキくん可愛かった

絵が可愛くて色気あって好きでした!
森屋さん優しいパパだしいい身体だし包容力あるdomで素敵でした
しおりちゃんもひたすら可愛かった!
ミキくんの表情にキュンキュンときめきました 森屋さんに自分からキスした後とか…足元に跪いてるところとか…可愛かったです…!

1

Subとdomが少しわかった気がする

SMが苦手で、それと似た感じのSubとdomもあまり好きではなかったし、その世界観がよく分からなかった。
SMとオメガバの合わせた感じなのかな、と思ってました。
今でも、よく理解しきれてないです。

このカップルに限るのかもしれないけど、甘やかして褒めるのがdomの役目なのかなと思いました。
コマンドして上手くできたら褒め、そして癒しの時間を与えるみたいな。SMもそうなのかな?Sは指示を与えるけどその分ちゃんと褒めるという。

主人公さんがカラーを外せなかった理由がちょっとわからなかった。カラーを自分で外せないのもSubの特性なのかな?
結局Switchというのはどちらでもなり得る存在という事なのかな。
ちゃんとした相棒に恵まれなかったミキは辛い日々を送ってたんだね。
これからは甘〜く甘やかしてくれる森屋さんに甘えましょう。
伏線が回収されていないイメージがあるので、多分続編があるはず。

1

とろけちゃいました。

“とろけるくらい甘くて優しいDom/Subユニバース!”(byあらすじ)
↑もう、ほんとその通り。
とろけるくらい、胸やけするくらい、甘々です。

Dom/Subユニバースとはいっても両者の関係に“支配”ではなく、
信頼関係に重きをおいたタイプの作風で、SM要素はほぼありません。
Dom/Subということで過激さを期待すると肩すかしを食らいそうですが、
優しいDom/Subをお求めなら断然おすすめな1冊です。

また、本作品ではDom・Subの他にSwitchも登場し、
Dom・subのみに焦点が当てられる作品が多い中、
実際にSwitch性のキャラクターが物語に絡んでくるのは
初めてだったのでとても新鮮でした。

以下、内容にふれていきます。
Subでベビーシッターのミキには学生時代に同級生から望まない
パートナー関係とカラー(首輪)を強要された過去がありました。

そんな過去のトラウマからDomの存在や自らのSub性を否定し、
第二性から逃れるように生きていました。
けれど、ある日、依頼主の家を訪れると出てきたのはDomの森屋で…。

はじめは声を聞いただけで圧倒され身体が反応してしまったり、
Dom性というだけで森屋を恐れ、避けようとしていたミキですが、
実際に言葉を交わし、自分に触れてくる森屋は誠実な男でした。
ゴツゴツとした大きな手でまるで壊れ物に触れるかのように優しく、
とろかすように撫で、ミキの意思を尊重してくれる森屋。

これまで苦しめられてきたDomとの違いに戸惑うミキですが、
支配ではなく、愛でるように甘く、優しい森屋に初めて
Subとしての本能が満たされ、次第に惹かれてゆきます。

一方で森屋もまたミキとの出会いで初めて自らのDom性を自覚し、
ミキを守りたい、愛したいと思うようになってゆきます。

けれど、互いに惹かれ合いながらもミキは過去のトラウマから、
森屋はミキに既にパートナーが存在するという事実から、
それぞれ自分の気持ちにストップをかけ、すれ違ってしまいます。
そんなとき、二人の前にミキのパートナーである男が現れて…。

最終的にはハッピーエンドで甘々な二人が見られて大満足ですが、
我儘をいってしまえばもう少しミキに主体性が欲しかった…。
最後まで被害者でしかなく、森屋が救いにくるまで自らの足で
立ち上がることの出来なかったところに物足りなさを感じました。

んー、でもその“庇護される”のもSubの特性の一つだと考えると、
ミキの控えめな性格もDom/Subならではの醍醐味なのか…?

大柄で逞しい森屋に甘やかされる姿なんか小動物っぽくて、
めちゃくちゃ庇護欲をそそりますもんね(*´д`*)カワイイ…
幼げに見えて、真っ赤に染まった憂えげな表情や
ぷるんとした唇もやけに色っぽくてどきどきしちゃいました。

特に印象的だったのは目。
抑圧されきたからか言葉で伝えることが苦手なミキでしたが、
その分、視線が気持ちを肩代わりしていたように思えました。
上目遣いで見つめてきたり、恥ずかしそうに目を伏せたり、
潤んだ瞳を向けてきたり、言葉にせずともわかる程に目は多弁で、
言葉をのみ込んで訴えかけるミキの目に逆にエロスを感じました。

森屋はというと…最後まで優しいモッサリ紳士でした。
イメージ的には大きな森のくまさん的な。
いつもミキ最優先で、すんでのところでお預けをくらっても
必死に耐えていたり、もはや優しいを通り越して仏かよ、と。
これといった悪癖も見当たらない彼がなぜシングルファザーなのか、
娘の母親のことなどは最後まで明かされず、少し気になりました。

そして、当て馬でありながらやたら存在感を放っていた羽賀。
ミキにとっては加害者で、憎むべきDom野郎でしたが、
彼もまた過去に傷を負った男でした。
ミキの心を森屋が満たし、救ったように、羽賀が脆い自我を保つには
ミキの存在が必要不可欠だったのだなぁと思うと…ちょっと不憫でした。

最後はボロボロになったところを職場の先輩・仁川に拾われた羽賀ですが
彼らの物語はまだ途上で、いつか羽賀と仁川のその後も読んでみたいです。
ついでにスピンオフでミキと森屋の後日談も垣間見れますように♪

0

優しいDom/Sub

OOY先生の前作が大好きだったので今作も購入しました。

Dom/Subユニバースとのことで好みが分かれるかな?と思ったのですが
私は好きだなぁと思った作品でした。

ミキがとにかくかわいくて森屋先生もすごく優しくて
まさに優しいDom/Subユニバースでした。

羽賀が絡んでくるとシリアスになり
胸がぎゅーっと苦しくなったのですが
そこは仁川さんが救ってくれました(*´▽`*)(?)
仁川さん森屋さんやミキに対してはいい人って印象だけど
この人ずっと笑ってて一癖ありそうだし
羽賀との関係がどうなるのか…そちらも読んでみたいなぁと思いました。

3

優しいお話

ソフトなDom/Subユニバースが好きなので、ずっと読むのを楽しみにしていた作品でした。

優しい年上の森屋が成人してからDomだと判明して、経験が無いのを作品で発散させている設定がとても新鮮でした。

そして、その森屋の小説を偶然にも愛読してSubとしての欲求を発散させていた美樹、この二人が雇い主とシッターとして出会う偶然に萌えました。

同級生でDomとして美樹を支配していた羽賀との再会になると、ちょっと都合が良過ぎかなとは思いました。でもその羽賀がswitchだったのは目新しかったと思いました。

森屋の娘のしおりちゃんが可愛いのですが、森屋が妻と別れたのはDomだったらなのかは描かれていませんでした。
森屋の担当者と羽賀の割合を減らして、その辺りを描いて欲しかったです。

それがあったらもっと評価をあげたかもです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う