BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

古川慎×内田雄馬「めちゃくちゃキスしまくってる」BLCDインタビュー!

2019/02/01 20:30

ナツメカズキ原作 ドラマCD『I HATE』2/27発売!同時収録作CVは前野智昭×田丸篤志



キスフレから始まる再会ラブ! ナツメカズキ先生の大人気コミックスを原作としたドラマCD『I HATE』が、発売日2月27日まであと一ヵ月を切りましたね。それに先駆け、「marble records」からキャストインタビューが到着!

高校時代のキスフレ関係を引きずりつつ、再会をきっかけに距離を縮めていく『I HATE』では、現ホストでヒロに想いを寄せ続けている桐谷役を古川慎さんが、高校時代の記憶のせいで童貞こじらせているヒロ役を内田雄馬さんが演じます!

さらに、当CDでは原作コミックスの同時収録作品『No where,Now here』もドラマ化され、一途なデザイナー・赤也役に前野智昭さん、不器用な市役所職員・あおえ役に田丸篤志さんをキャスティング。豪華声優陣でお届けです♥

キスシーンの多い収録で感じたこととは!? キャスト陣の高校時代の淡い思い出や、プライベートについてのお話まで語ってくれていますので、ファン必見ですよ~!!

古川慎×内田雄馬『I HATE』収録後インタビュー

 

左:古川慎、右:内田雄馬


―――収録を終えてのご感想をお教えください。
古川慎(桐谷薫役/以下、古川):
今回めちゃくちゃ丁寧に収録していただいたなという印象が強いです。キャラクター像を固めるところもそうだし、その後も感情の描写や原作にある動きなど、そういう細かなところまで丁寧に収録していただいたからこそ、お芝居をしていく中でどんどんキャラクターを理解していけたので、すごく面白い収録だなと思いました。今回、相手役も何度も一緒にお芝居をしたことのある内田雄馬くんだったので、掛け合いもすごく楽しくできて、とってもいい時間だったなと思っています。

内田雄馬(廣瀬希役/以下、内田):
今回、僕らが演じる二人の掛け合いシーンが多かったので、キャラクター同士の関係性により集中してお芝居をすることができました。二人が久しぶりに再会してから距離が近づいていくまでの感覚や感情をゆっくり丁寧に演じていけたのが、個人的にはすごく楽しかったなと思っています。

―――演じられたキャラクターへの印象をお教えください。
古川:絵がすごくかっこいいので、キャラクターを作るときになかなかその雰囲気が出せないってなっていたんですけど、収録のときに一筋示していただいてからは“あ、そのラインなんだ”っていうのが分かったので、それがすごくありがたかったです。桐谷くんは好きなことに対してわりと素直で、すぐ声色に乗っちゃうみたいなところがあって。それは音声作品だからこそっていうところはもちろんあるとは思うんですけど、そういう素直なところが可愛いなって思いました。原作を読んだ印象では、“こいつ多分元々不良だよね”って思っていて(笑) あんまり素直じゃないし、ちょっと斜に構えているっていうか、若干アウトローな道を走りたがってる人なのかなと感じていて。そういう彼だからこそ、誰かを頼ったり、誰かを愛することの選択肢の大事さみたいな部分を大事にしながら演じさせていただきました。パっと見の印象だけではわからない、個性的な精神構造をしているキャラクターだったので、演じていく中で作り上げていくのがとても楽しかったです。桐谷とは一回友達になってみたいですね(笑)

内田:廣瀬は、本当にすごく“受”耐性のある人なので、そういうところで優しい人なんだろうなって思います。今まで自分が想像もしていなかったことに対して、素直に受けとめられるっていうのはすごい才能だと僕は思うので。そういうものを持ち合わせている彼だからこそ、それだけ人から愛を受けるっていう理由もちょっと分かる気がするなって思いながら、演じさせていただきました。

―――特に印象に残ったシーンなどありましたらお教えください。
古川:市子さんに指摘されて、初めて自分の状態を知るっていうシーンですね。“それまでお前分かってなかったのかよ”っていうのが、何かすごく桐谷くんらしいなって思ったし、そこから怒涛のように畳みかけてくるヒロへの想いっていうのも、一度は断ち切っているのにまたもう一度火が着くっていうのが、何だかいいなと思いました。求めてしまいたくなる衝動みたいなものが表れていて、僕はあそこのシーンが好きですね。

内田:今回、キスしているシーンがいっぱいあったので、それがかなり印象的でした。もうとにかくめちゃくちゃキスしまくってるんで(笑)
古川:確かに、そうねー(笑)
内田:けっこう冒頭すぐにキスしたので、“めちゃキスしてるやん”って思ったのが一番印象に残ってるんですけども(笑) 「キスフレがー」みたいな話をしてて、本人たちにどういう気持ちがあったのかは分からないんですけど、少なくとも愛を示すためにキスをしているわけじゃないっていうスタートで。愛のない人間にキスをする理由があんまりよく分からなくて、そのキスを受け入れるっていうのが、僕の文化にはないので個人的にはかなり衝撃的な部分ではありました。そういうキスで刻まれていく友情関係みたいなものも世の中にはあるのかもしれないってちょっと今すごく考えさせられています(笑)
古川:どっちが先かだよね。
内田:桐谷的には気持ちもあったと思うんだよね。きっとね。
古川:多分ね。
内田:少なくとも廣瀬はめっちゃ動揺してて、“何それ、うっ、あ、でも気持ちいい”みたいな感じで、流れの中に飲まれてしまってて(笑) でもそれを受け入れるっていうのはすごいことだなと思いました。
古川:でも他の人とキスできなくなっちゃったくらい、桐谷くんの唇はすんばらしかったんでしょうね。
内田:すんばらしかったんだろうね。
古川:きっとゴッドリップスを持ってるんでしょうね(笑)

―――メインの二人以外にも、ホストクラブのオーナー・元男性の市子・廣瀬の同僚のメガネなどがいますが、気になったキャラクターや好きなキャラクターなどがいましたら、お教えください。
内田:そんなの市子さん以外にいないと思うんですけど。“えっ、市子さん、元男性なの!?”っていう(笑)
古川:原作読んでたらさ、市之助って本名があって、“えー!”って(笑) 二十代の頃は元ヤンバリネコクソビッチってあってもうこれに敵う文言ないって思って。パワーワードですもん!(笑)
内田:市子さん…市子さん、すごいですね(笑)
古川:もう我々の回答は満場一致で市子さんですね。
内田:はい(笑)
古川:オネエ役初挑戦の石谷春貴くんが演じています!(笑)

―――高校時代の友人との忘れられない思い出がありましたら、お教えください。
古川:高校時代の思い出、作りたかったなぁ。すみません、特にないです…。ごめんなさいー(笑)
内田:僕は特別なことは何もしてなかったんですけど、よく友達の家に遊びに行って、泊まったりもしてたんですけど、大人になってからはなかなかそんなに多くはできないので、やっぱり学生時代ならではだったなと思います。あの頃は時間がいっぱいあったので。友達の家に行って、お父さんとお母さんと一緒にごはんをごちそうになってっていう時間が、すごく楽しかったなぁって。
古川:羨ましいな~
内田:なんでだよ。どんな高校生活送ってきたんだよ(笑)
古川:帰宅部でした(笑)

―――作品ファンの方へのメッセージをお願いします。
古川:今回、『I HATE』という作品で桐谷という役を務めさせていただきました。桐谷とヒロのお話は、桐谷がヒロのことを求めて、ヒロも桐谷のことが忘れられなくてというところから始まる長い年月をかけたお話となっています。このドラマCDではもう一つのカップルの話も収録されているので、二つのカップルの馴れ初めだとかを楽しんでいただけたら嬉しいですし、最後の方で二つのカップルが一堂に会して、“ああだよね、こうだよね”みたいなことをやっている、けっこう微笑ましい内容も収録されていますので、そういうところも大変面白い掛け合いになっている作品だと個人的には思っています。
今回、音声のない原作に、僕たちの声帯を使って感情や会話のやりとりを演じさせていただいているのですが、できることなら原作を読みながら音声を聴いていただけたら、より臨場感たっぷりにお楽しみいただけるのではないかと思います。すごく濃密な内容のドラマCDになっていますので、もうたっぷりどっぷり『I HATE』の世界観に浸って、楽しんでください!

内田:今回参加させていただいた『I HATE』は、お互いの関係値や人との付き合い方が、とても今っぽい要素のある作品だなと思っています。現代の好きとか愛とかの形や、表現の仕方っていうものを、この作品を通して感じていただけたら面白いんじゃないかなと思いますので、どうぞ原作と合わせて、そして我々以外のカップルの動向にも注目していただきつつ、『I HATE』という作品を楽しんでいただけたらなと思います。

―――ありがとうございました!

 

ドラマCD『I HATE

 
原作:『I HATE』ナツメカズキ(東京漫画社/マーブルコミックス)
発売日:2019年2月27日
品番:MBRC-015
価格:3,500円+税
発売元:marble records

<出演>
内田雄馬:廣瀬希役、古川 慎:桐谷薫役、田丸篤志:伊月あおえ役、前野智昭:陽本赤也役 ほか

marble records公式通販 数量限定豪華2大特典
(1)ナツメカズキ先生描き下ろし漫画小冊子
(2)キャストトークCD <内田雄馬&古川 慎・田丸篤志&前野智昭>
他、取り扱い店舗特典は後日発表

(C)ナツメカズキ/東京漫画社

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP