BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

いいBLは環境づくりから!?BLを読むときの腐女子のこだわりを集めてみた

2020/07/26 13:00

BLは食事!?一見トンデモ理論でも腐女子なら共感できるはず!



1週間の終わりに癒されたい、今日発売された作品をすぐに読みたい。腐女子・腐男子たちは様々な理由で日々BLを楽しんでいます。大好きな作品を読むその一瞬を最大限に楽しむために、それぞれ「BLを読むときのこだわり」のようなものがあるのではないかと思います。

筆者はある日BL漫画を手に取り、イヤホンで音楽を聴きながら思いました。「世の腐女子たちは、みんなどうやってBLを楽しんでいるのだろう?」と。

そこで、今回はちるちるスタッフやBL好きの友人たちにそれぞれのこだわりについて聞きました。BLを読む際の環境や方法について、カテゴリー別にご紹介致します!

 

1.やはり夜の自室が落ち着きます

 

スタッフにBLを読むときの環境について聞いてみたところ、「夜の自室」という答えが圧倒的に多かったです。ストレスフリーの環境で楽しみたい、そんな想いを感じます。

筆者がもらった回答の多くに、「携帯の通知をオフにして視界に入らないところに置く」というものがありました。インターネットで簡単に誰かと繋がることができるこの時代に、本当の意味で1人の時間を作るために必要なことだと思います。書籍に限らずBLCDもそうですが、作品の途中で通知音が飛んで来た時のストレスで雰囲気を台無しにしそうで怖いですよね。

他にも、寝る準備が整った布団の中で読む、休日の前日に読むと決めている、課題などやらなければならないことを全て終わらせてから読むという回答がありました。1日、そして1週間の終わりを感じさせる環境でBLに心身共に癒してもらう、そんな風に思えます。


2.BLは食事と同じ?



食事とは空腹・食欲を満たす行為。それは生存のためであり、楽しみのためでもあります。BLも楽しみのためでなく、腐女子・腐男子にとっては必要不可欠なものと言えるかもしれません。1回の食事で食べる量が人それぞれなのと同様に、1回に楽しむBLの量やペースも人それぞれ。

未読の作品を読む際には、1日に1作品と区切って読む場合もあれば、時間のある時に一気に読むなど、いろんなパターンがあると思います。忙しい社会人や学生は週末にまとめて読むことが多いイメージもありますよね。
みなさんはどのタイプでしょうか? ちなみに、筆者はその日に読んだ作品の世界だけを満喫したいため、未読の作品は1日に1作品しか読まない主義です。

また、既読の作品だからこそできる楽しみ方もあります。上司のTさんは「食事のフルコースみたいに、作品の相性を見ながら『ギャグ→切ない→甘々→ヘヴィー→ほのぼの』って感じにコースを作るのにハマってます(本人の原文のまま)。」と興味深いアイデアを教えてくれました。その作品の雰囲気をよく知っているからこそフルコースが作れて、彼女曰く「読後のテンションが調整できて良いですよ!」とのことです。

小説などは一気に読み終えないことが多く、自宅だけでなく移動中に読む人も多いのではないでしょうか。ですがやはり一番おいしいところ、エロシーンは部屋で読みたいものです! そこでエロシーンを自室で読めるようにストーリーの流れを見つつ、エロを飛ばして家に帰ってから読むなど調整するのもよいでしょう。

本当に色んな意味でBLは食事と同じと言えるかもしれませんね…!


3.作品の雰囲気に合わせてお供を用意



飲み物はやはり定番のお供ですね。読む途中で喉が渇いた場合の対策だけでなく、美味しいものでBLを楽しむ時間をより幸せなものにできます。あまあまな作品にはホットココア、少しヘヴィーな作品にはコーヒーなど、作品の雰囲気やその日の気分に合わせてドリンクを選ぶ楽しみもあります。

筆者の職場のKさんは、なんとお酒を飲みながらBLを読むこともあるそうです! アルコールでいい気分になって「テンション爆上がりになれます笑」とのこと。ギャグっぽい作品を飲みながらハイテンションになるのってとても楽しそうですね!

余談ですが、筆者は最初に書いたように、作品の雰囲気に合った音楽を聴きながら読むことも好きです。登場人物の心境に歌詞が当てはまった時は言葉にならない感動で胸がいっぱいになります。

最近だと、朝丘戻先生の『窓辺のヒナタとkeeno先生の曲の相性が抜群でした。愛する人を苦しみから救い出したい想いが重なり、切ないメロディーにつられて涙が溢れそうになりました。

一方で、世界観に没入したい場合はまずは音楽なしに読むという回答もありました。確かに、未読の作品についてはその方が集中できるかもしれませんね。


4.BLCD、それは壁になるための魔法のアイテム



書籍と違い、声の演出で推しカプの存在をよりリアルに感じられるのがBLCDです。つまり何を言いたいのかと言うと、推しカプを見守る壁になれます(真顔)。

Aさんは「お気に入りのCDを聴きながら寝落ちするのが至福です。」と幸せそうに教えてくれました。部屋を暗くし、布団の中で目を閉じながらBLCDを聞く。まさに壁になった感覚を味わえます。推しカプの絡みを聞きながら寝落ちして、そのまま彼らがイチャイチャする夢も見れそうですね…!

目を使わないというメリットから、移動中に聞いている方も多いのではないでしょうか。ただし、自室じゃない場合は必ず、必ず! イヤホンの確認をしましょう!

さらに、作業をしながら聞けることもメリットです。これにHさんは「いつもより音量を下げたBLCDをお供に勉強すると集中できて捗ったので、学生の時はよく聞きながら勉強していました。」と、なんともモチベーションが上がるようなアイデア。実際捗るかどうか試してみたいですね。


5.紙の本と電子書籍


電子書籍の普及により、BL書籍を読むというその形態自体に選択肢が増えました。

電子派のちるちるスタッフからは、照明に影響されないため暗い部屋でも読める荷物が減って移動中に便利というメリットが挙げられました。腐バレしにくくなるという点もとても魅力的ですね!

筆者はページをめくる感覚や、栞を探す感覚、残りのページが少なくなるととみに感じる寂しさが好きで、紙の本を愛読しています。


まとめ


BLを読む際の様々なこだわりを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 最近は書籍やBLCDに限らず、アニメやドラマ、漫画動画などのBLコンテンツも多くなっていますので、BLの楽しみ方も増える一方です。

気になったアイデアがあればぜひ試してみてください! これからも楽しいBLライフを満喫しましょう♡

担当BLソムリエ:ソラ 

ほのぼの、切ないものが大好きな腐男子。現実世界の日々のストレスを癒すためにBLに逃げることが多い。本棚が小さすぎて困っている。

関連作家・声優

コメント7

投稿順|最新順

皆さん、ながらBLCDされててスゴいなー。
それだけBLが皆んなの日常に溶け込んできてるんでしょうね。

私はBLを読んでいる最中は、意識を別世界に持っていかれるので、自宅で楽しむのが
安全のようです。

匿名5番さん(1/1)

ジムで筋トレしながらBLCDよく聞いてます。濡れ場はニヤニヤしちゃうのでほのぼの系メインですが…
ジムでイアホンつけてニヤけている不審者がいたら自分かもしれません

匿名4番さん(1/1)

いつも衝動的に読みたくなるからこだわりはないかな・・・周りに人が居ない所で読むくらい??

ただ、blcdは絶対に寝床で腕組んで目瞑って聴いてます笑
何かしながらとか他のこと考えながら聴ける人凄いと思います。同じやつ何回聴いても意識全部持っていかれる・・・

匿名3番さん(1/1)

電車での移動中は必ずBL小説を読んでいます。しかし濡場の挿絵には要注意。
以前はその頁を飛ばしていましたが、こちらで知った絵葉書で隠す方法を活用させてもらっています。濡場は大事!
初読みはお家でじっくり、車内ではお気に入りを。集中のあまり乗り過ごしてしまうんですよね。
私も就寝時にはBLCDは欠かせないので、ピピンさまのおやすみCDがどんな作品か気になります。

匿名2番さん(1/1)

電車の中で「ちるちる」をチェックする事が多いのですが、バナーが最近大胆なので、背後に注意します。
仕事で嫌な事があったりすると甘あま選出。寝る前に感情リセットしないと。

私は、料理を作りながら、BLCDをかけます。たいがい、料理が出来上がっていただく時と、濡れ場のクライマックスのタイミングがほぼ同じになるのが、なんとなく恥ずかしいです。
編み物しながらも、エンドレスにBLCD。
寝るときも、小さめの音でBLCDをかけます。1~3トラックくらいでイケボを聞きつつ寝落ち…
買って最初に聞く時は、ながら聞きはしません。

匿名1番さん(1/1)

最近はもっぱら電子で読みあさっているので、後ろに人がいなければ電車でもBL小説読んじゃいます。
コミックは家で寝転びながら読むのが幸せ〜

PAGE TOP