ハートブルー

heart blue

ハートブルー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

37

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
媒体
映像
作品演出・監督
キャスリン・ビグロー
音楽
マーク・アイシャム
脚本
W・ピーター・イリフ
オリジナル媒体
オリジナル
DVD発売会社
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
収録時間
122 分
枚数
ふろく
特典映像
発売日
JANコード
4988113755559

あらすじ

ハーヴァード大学出のエリートFBI捜査官のジョニー・ユタ(キアヌ・リーブス)は、ロサンゼルスのベニス・ビーチで続発する銀行強盗の調査をベテラン刑事のパパス(ゲイリー・ビジー)とともに任される。犯行は歴代大統領の覆面[3]を被り、わずか一分半で盗みを終えるプロフェッショナルによるものだった。二人は事件の場所から犯人をサーファーであると推測し、捜査を開始する。
彼は早速、潜入捜査のためサーファーに成りすまし、強盗団のリーダーであるボーディ(パトリック・スウェイジ)と女性サーファーのタイラー(ロリ・ペティ)と出会う。ボーディは、ジョニーが大学生時代にフットボールのクォーターバックとして活躍していたのを知っており、そのこともあってジョニーはすんなりとサーファーグループと浜辺でのフットボールやサーフィンで絆を深め合っていくことができた。そしてタイラーとも恋人同士の関係になっていくのだった。
ある日パパスとジョニーは同じ車に乗っていた。パパスが「何か食い物を買ってこよう」とファーストフード店へと向かう。そしてその瞬間にジョニーは覆面の強盗集団の犯行を目撃する。すぐさま車で後を追うジョニーだったが、間一髪のところで逃げられてしまう。
追ってきた捜査官がジョニーであることを確認したボーディはタイラーを拉致。ジョニーをスカイダイビングに誘いスカイダイビング後に、タイラーの命と引き換えにジョニーに銀行強盗に協力するよう脅迫する。

ボーディ(cv:大塚明夫)
ジョニー・ユタ(cv:堀内賢雄)

表題作ハートブルー

レビュー投稿数1

キャスリン・ビグロー

個人的には男と男の関係が印象的な、「ブロマンス」味を一番感じた映画なので、思い出がてらレビューします。(うーん、でもWikiなどの「ブロマンス」の定義とはまた違うのかな?とも思ったりする)

もうウン十年前に観た映画なので、内容はかなりうろ覚えなんですが、胸に残る作品です。何といっても監督のキャスリン・ビグローの手腕が光る。女流監督の感性ならでは、なんて書くとジェンダーギャップフィルターかもしれませんが、「漢の色気」を描かせたら私的にぶっ刺さる人物を引き出してくれる唯一無二の監督さんなんです。よく形容されるのは、「骨太」とか「剛腕」。女性の監督には珍しくアクション・戦争を題材にした作品が多いことが一因かもしれません。カメラアクションも豪快な方で、この作品ではサーフィンやスカイダイビングのシーンは圧巻。でも、演出では一転、俳優の演技の機微を拾うことにも長けており、アカデミーを受賞した「ハートロッカー」では、戦地でささくれ立った男の境地を、ちょっと孤独な不良っぽさを残すジェレミー・レナーが好演してました。この「ハートブルー」も、あらすじを追うとよくある90年代のアメリカアクション映画なんですが、ビグローの演出で、FBI捜査官のキアヌと、自由を謳歌する犯罪者・パトリック・スウェイジの、一味も二味も違う魅力を堪能できます。

いわゆる正義の象徴でもあるFBI若手捜査官(キアヌ)が、強盗団に潜入捜査することから、そのリーダーである男(スウェイジ)にある種羨望ともいえるものを覚え、、、キアヌの端正な顔立ちが秩序的に見えるほど、スウェイジの野性味溢れる自由が(無秩序が)際立ち、そのコントラストが実に小気味良いです。危険の中でしか味わえないアドレナイン中毒のカリスマ男をスウェイジが演じて、ピカレスクロマンを体現し、そのどうしようもない漢の色気を、ビグロー監督は描きたかったのかな、と思います。それを同性であるジョニー(キアヌ)に拾わせることで、限りなくロマンスに近い(でも性愛ではない)関係性が発生したのかな。と。
カリスマ性を狂気で終わらせることなく、ラストシーンに繋げたのは、白鯨に向かう船長と重ねるアメリカン・ダンディズム?でしょうか。

パトリック・スウェイジ、よくよく考えると良い映画いっぱい出てますよねぇ。「ゴースト」もしかり、「ダーティ・ダンシング」しかり。マイナー系では「三人のエンジェル」や「ドニー・ダーコ」など。もっと観たかったな。年を取ってもよい役者さんになりそうだったのに。。。
ビグロー作品では「ブルースチール」「ゼロ・ダーク・シティ」ほか、ドラマでは「ホミサイド/殺人捜査課」もメガホンを取ってます。うーん、骨が太い!って感じ。個人的には「ストレンジ・デイズ」が好きなんですが、賛否あるエンタメ映画なんだよなぁ。

近年リメイクで「X-ミッション」も作られました。

2
  • 買う