チュチュンがチュン 1

チュチュンがチュン 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×26
  • 萌19
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
117
評価数
34件
平均
3.5 / 5
神率
20.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813051961

あらすじ

大好きだったじいちゃんが亡くなり、新入生の大鷹大輔は数日遅れの大学生活を始めるため、大学へ向かっていた。じいちゃんがいたからこそ鳥岡大学への進学を決めた大鷹は、すっかりやる気を失っていた。ところが、駅についたとたん目に入ったのは自分の名前の入ったプラカードを持ったチビちゃい野球部主将、森野雀、通称チュンだった!
半強制的に野球部に入部、おまけにチュンと同じ屋根の下に暮らすことになってしまい!?
小悪魔チュン、大活躍?

表題作チュチュンがチュン 1

クールな大鷹。チュンに振り回されっぱなし。
チュン。自由奔放な野球部主将。

その他の収録作品

  • 青い夏

評価・レビューする

レビュー投稿数13

可愛かった(((o(*゚▽゚*)o)))

表紙を見たとき、某野球マンガを連想しました。
そして口絵でバットを構えている白鳥の姿にちょっと胸キュンしたんですが…うん、あれだねー気の迷いだね(笑)
白鳥は残念な人だったよwww
ってかカバー下を見て思ったんだけども、いかつい桜木さんを口絵にしたら…それはそれで面白かったと(*´艸`*)

はい、それはさておきチュンが可愛い。
めちゃくちゃ可愛い。
学内&リーグにおけるアイドルっぷりは…(笑)
そして当て馬・白鳥の変態さにはもう…www
でもあんなんですが、ずーっとチュンのことが1番好きな点は良いと思うのです(*´ェ`*)
アレですけどね。
嫌いじゃないよ、寧ろ好き。

0

好きになれないキャラもいる

山本さんが野球大好きというだけあり、野球の話は違和感がなく読めました

スポーツものは多いですが
あくまで題材として描いているだけなのだとわかる時が多いのですがこの作品は、山本さんの
野球に対する好きな気持ちも入っているような熱い部分が感じられてとても好きです

大好きだったおじいちゃんが野球を教えてくれてたこと
通学だけで何キロもあること
など、男くささ満載です

ただ、物語の大切な部分の
雀ちゃんが苦手です
苦手っていうよりは、嫌いに近い

どこが良いのかわからないです
巨乳のつぐみちゃんとの
からみは好きでした

1

小さいけど「俺の意志のまま動く」チュン(・◇・)

「ふくろうくんとカレ」を先に読んで、いまさらこの本を読みました。
しまったなぁ・・・この本をマジで何かの同人のような認識してた自分残念だ。

まぁ、ふくろうくんとカレで一応結論としてどーなってるのかは知ってるわけですが、
この1巻一冊まとめてチュン→大鷹への先輩後輩の枠をすっとばす強引なほどの「お前が好き」というアピールが可愛いと思うのです。
ぱっとみピヨピヨな口をしてて小さくて可愛いのに後輩に対しても副主将に対しても容赦なく鬼で、大鷹に対しても体力には劣るけど積極的。

その「小さい俺様」のアピールは自称婚約者の白鳥(だが結構節操なし)の登場によって大鷹→チュンへも「お前には渡したくない」という形で意識も芽生えてきて2巻に続く!という所。

むしろこの本は「ふくろうくんとカレ」を合わせて「今が買い時!」なのではないでしょうか。これ入れて3巻組になった事でこの巻、そして2巻のもやっとがきれいにまとまる大団円仕様になってるので、安心して読めます。
この本だけだった時に読んだ人はさぞかしもやもやしただろうなぁ・・・。

1

かわいいいいいいいいーっ

丸ごと一冊でたっぷり楽しめます♪

主人公のチュンがとにかくかわいい!
大学生に見えないけどw

そしてチュンが大好きなタカがまた
おとこっぽくってカッコイイ!

山本小鉄子さんの描かれる主人公は
基本的に男っぽいんですよね。

かわいい顔してるんだけど・・・でも
性格が男っぽくって面白い!!

キャラの性格がしっかり立っていて
ストーリーもしっかりしてるので
この本はもちろん、どれもやっぱり楽しめますw

これはまだ第1巻。
これだけ読んでると、続きが読みたくなって
焦れるかもしれないですね~~~。
なので、揃えてから読んだ方が、より楽しめるかも^^です。

0

チュンてあだ名可愛い

このお話はどうやって恋愛に結び付くのだろう?
って最後の最後まで分かりませんでしたね(>_<)
チュンは大鷹にアピールしてたみたいですが・・・
あれは恋愛と思えなかったですしね(笑)
最後のほうでチュンのことが好きな幼なじみのプロ野球選手
がチュンのことを婚約者なんていうから
大鷹が焼きもち?っぽいものをやいているかんじになって
ちょっとBLっぽくなってきたって感じですかね?
1巻全部で事故なちゅー3回だけ・・・
だから全然満足できません。
大鷹も好きなのかな?って感じでどうやって両想いになるかが
めちゃめちゃ気になる(>_<)
早く2巻が読みたい!!

0

はっ早く2巻を!

面白いというか楽しいって言葉がしっくりくる感じ。
テンポがよくて好きです!
奔放な野球部主将チュンに振り回されつつ、ちょっとずつ大輔気持ちが変化してく感じがよい。クールなタイプが振り回されてるの見るのは楽しいし。
小悪魔って書いてあるけど、無邪気な感じで、かあいらしいです。
白鳥選手も大人げなさすぎて面白い。

連載開始から3年ごしのコミックス発売!?じゃあ2巻はいつに…気長に待ち続けます。

0

オリジナル??

表紙を見てはじめはおお振りの同人かと思いました。
読んでみてやっぱりもやもや…
原作とは全然違うしキャラの性格も違うけど、おお振り同人界イコールのキーワードが多すぎでなんだか収支落ち着かない印象…
や、別にそれでもいいんですよ。それで面白い話を膨らませられるならば。
ただ1巻の時点では(まるで違うキャラでならそれなりに今後を素直に楽しめたと思うんですが)正直言ってもやもやしっぱなしの時点で終わってます。

4

ミドリ

こんばんは、はじめまして。ミドリと申します。
私もおお振りと間違えそうになりました。
てか、まんまアベミハじゃん!っていう(笑)
そんな私はアベミハは好きじゃないんでいいんですが…
チュンは明らかにレンレンですよね(笑)

んーでも私は萌え評価つけちゃいました。小鉄子センセ贔屓ってのもありますが。

面白いけれども、2巻まで生殺し

チュン先輩の魅力が通じる男には連戦連勝で、総受けオーラが出ています。
しかし、魅力が通じない相手には元気のいい先輩で、鬼主将というだけ。
わかる人にはわかってしまうチュン先輩の小悪魔な魅力が罪なマンガです。
本人はたぶらかすとか何にも思っておらず、自然体で野球好きで無邪気なだけというのが、よかったです。

大学一年野球部・大輔 硬派攻め×野球部主将・森野雀(通称:チュン)天然小悪魔受け
大好きなおじいちゃんの喜ぶ顔が見たくて、野球をしていた大輔。
そのおじいちゃんが亡くなって野球をする理由もなくなって辞めようとしたら、俺の為だと思って野球をしてと、チュンとのキス写真を携帯で撮られて脅迫されて。
なしくずしに野球部生活が始まるというもので、普通の大学生らしい野球部が楽しかったです。

好きでも嫌いでもないと思いながら、積極的に迫ってくる無邪気なチュンを意識しがちな大輔。
リーグでの初試合でも敵チームからチュンを取り返して牽制したものの、弱いのでボロ負け。
そうあっさり勝ったりしないのが、リアル感があっていいです。

走・攻・守揃って女にもモテる完璧な野球選手・続き白鳥麗一がチュンの幼馴染で、白鳥が小悪魔チュンの一番の犠牲者で、実質的に一番の大輔のライバルです。
愛情が偏執的ですが、あまりにも報われないのが可哀想なほどです。
カッコイイのにヘタレという所に、キュンとさせられました。
周りが勝手にチュンを白鳥の婚約者にしたとか、その辺が気になります。
なにかを尋ねる時にシリアス気味になるチュンの長い間も気になるし、これからどうなるかもわからないしで、生殺しのような1巻です。

2

鳥の名前に萌え

 個人的に、登場人物が鳥の名前で、所々に鳥の絵が出てくるので嬉しかったです。

 なんか、可愛さが全開の1冊ですね! コメディの部分が多くてラブが少ないんですが、今後に期待です。
 ただでさえ可愛いチュンがラブ度が上がって、可愛さマックスになったらどうなるのか気になります。そして、クールな大鷹くんが、そんな可愛いチュンを前にして獣になるのか!! 
 早く2巻が読みたいんですけど。

1

無邪気な小悪魔と地味な苦労人の恋の始まりv

大学の野球部をメインの舞台とした後輩と先輩のお話です。

ちっちゃいけど大きな心を持ったムードメーカー、そしてみんなのアイドル的存在である主将・チュン。
このチュンが無邪気すぎて周囲を振り回してしまうようなうっかり小悪魔で、すっごく可愛いですvv
あの無邪気さがとにかく可愛くて、読んでる間、心の中でひたすら「可愛いv」連呼ですよww
そのお相手である新入部員のタカは、地味な苦労人。それがまたいい感じなのです♪
タカ視点で話が進んでいくので、話を読んでいる限りではタカの方が主人公。
なのに、なんだか地味ww存在感はあるんだけどww
そんなところがいいのです♪
そして、このタカがチュンに振り回されている図がものすごく萌えましたv
また、チュンの幼馴染でプロ野球選手白鳥もまたチュンの無邪気さ(つっても、このときのチュンは小学生ですがww)に振り回されてる一人なのですが……。
チュンに気持ち的には一途なのは大変よく分かりますが、うっかり変態さんすぎるからwwいや、いい変態さんだと思うけどwww(何
「世間ではスター選手なのに、実は……ww」というギャップがまたおもしろい続きですww

話としては、ラブコメ……というかコメディ風かな??
最初の方でいきなりチュンがタカに迫ってはいますが、気持ちなどの変化がとてもゆっくりだったり、野球部の面々をはじめとする周囲の人々が大変にぎやかだったりするので、そんな印象を受けました。
まあ、この作品でコメディ色を強めているといっても過言ではない野球部の面々も面白くて、それもまたいいんですけどねww
途中までそんな感じですが、後半に白鳥が登場することで話は大きく動き始めます。
それによって、タカが本格的に自分の気持ちに気付きはじめたり、白鳥のさりげない重要発言があったりと、今後の展開が大変気になるところです!期待大です!!
特に白鳥の重要発言「チュンが大学卒業したら俺と養子縁組」が気になります。
ラブコメの中にもちょっと切ない部分が出てくるのかな……?
それもまた、この作品をより魅力的なものにしていきそうですね~。

1

チュンチュンw

ものすっご可愛かった.。゚+.(・∀・)゚+.゚
爺ちゃんのためにと、爺ちゃんの母校を受けてみれば、その受験前日に爺ちゃんお亡くなりになっちゃったり。
部長だと思ってたのは副部長で、紹介されてたグラウンドは今はつかわれてない。
学校から山ひとつ向こうに寮生活で、出迎えた部長にキッスまで奪われてしまう。
挙句、奪われたキッスをネタに「やめるな」と脅しをかけられて。
と、どたばたラブコメディ風な一作。
ちょっと不憫な子が可愛くもあり。
なによりも、ちびっ子チュン先輩が可愛くていいですね。
細部まで芸が細かいというかなんというか。
タカが思わずキュンとしてしまうのもわかるというか。
ちびっ子パワー恐るべし!!
しかしこれまた3年越しのコミックスということで、先が思いやられるな~というのもまた叱り。
次2巻がでるのもまさか3年後じゃなかろうなorz

とにもかくにも、小鉄子先生らしい作品に仕上がっております。
お勧めv

2

THE ラブコメ

山本小鉄子作品で、ここまでコメディ色が強いのも初めてではないでしょうか。
ラブはラスト何ページかでやっと動き出し、2巻で完結予定みたいなんで、2巻でガンガン恋が動くのでしょうか。
某振りかぶる漫画とカブるののですが…ゴニョゴニョ
それでも面白いです。
相変わらずキャラクターがみんな活き活きしてますね!
小悪魔チュンこと野球部主将・森野雀はそこまで華はないですが、明るく部のムードメーカーで、
学園だけでなく、他の野球部でもアイドル的存在。
無邪気に大鷹に迫ります。
一方大鷹は仏頂面でクール。山本小鉄子作品では珍しいキャラでは。
それでもチュンには振り回されっぱなしで見てて楽しいです。
穏やかで優しいけど腹黒い副主将鵜川、チュンの幼馴染で長年彼に片想いをしている人気プロ野球選手・白鳥など個性の強いキャラクター目白押し。
1巻ではドタバタ劇というかんじですかね。
かなり楽しいラブコメです。登場人物が全員男ですがね!笑

この田舎の大学の野球部という設定も素敵。
ド田舎の大学の、それからさらに離れたところにある野球部部室、グランド、そして寮。
毎日が合宿のような続き環境ですっごい楽しそう。
大学時代、自分もこんなに打ち込めるものがあればよかったーと後悔しました。

しかし…これがどうやって2巻で完結するんだろう。
きっと次巻は、大鷹と白鳥のチュンを巡る争い&チュンと大鷹の恋の行方が大筋なんでしょうけど、
まわりのお騒がせキャラ達を収拾できるのか(笑)
コメディ方面に走らず、しっかり二人の恋を描けるのか(笑)
心配になるくらい、ほんとコメディ色が強かったですよ。
ラブ…今までになくラブが薄い。
ラブはもう次巻に期待だ!!

3

小鉄子節全開です!

変態キャラをここまで美しく、おもしろく、そして愛らしく描ける作家さんだったのですね!!!プロ野球選手でチュンにずっと想いを寄せている白鳥さんがチュンにハァハァしてるのが面白かったです。寝込みは襲わないで(><)
カバー下の漫画で「小鉄子の漫画はちょっと変態くらいの奴が人気あんだよ」とご自身(?)でもおっしゃていますが激しく同意します!!(*゚▽゚)ノ
ほんと野獣の上田さんもちょっと変態チックだし、(まぁこれは輝がかわいすぎるからしょうがないけど)満開ダーリンの店長もずっとセクハラしてたし。
全体的にコメディ色が強いですが、「チュンと白鳥の養子縁組が周りによって決められている」といった表現もありましたし、もしかしたら複雑な家庭事情とか切ない展開が待っていたりするのでしょうか?
舞台が野球部ということで野球大好きな小鉄子さんがいろいろ細かい設定なども決めているのがいいですw部員のプロフィールが紹介されるときがあるといいな・・・v

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ