Chara BIRTHDAY FAIR2008 創刊11周年記念

Chara BIRTHDAY FAIR2008 創刊11周年記念
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
   
イラスト
   
媒体
小冊子
出版社
徳間書店
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
フェア対象本

あらすじ

キャラバースディフェア2008・対象本購入者限定配布小冊子
秋月こお『幸村殿、艶にて候』より
英田サキ『DEADLOCK』より
高岡ミズミ『夜を統べるジョーカー』より

表題作Chara BIRTHDAY FAIR2008 創刊11周年記念

それぞれのキャラで
それぞれのキャラで

その他の収録作品

  • 小介、推参!
  • 強き者、汝の名は女
  • ジョーカーと蜜蜂

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ネトとトーニャ

刑務所ではリベラと呼ばれているネト。

この番外編はネトが独房から、出てきた後のネトとトーニャのお話ですね。
DEADLOCK本編でユウトを抱き締めるシーンのネト視点も書かれています。

ネトを心配するトーニャ。
トーニャ姉さん、相変わらず美しい!
二人の再会話も書かれています。

番外編を読むと、お話の影の部分がわかるので物語の繋がって行く感じがとても良いです。

「遠い夜明」でネトはディックにユウトは取らないみたいな事を言っていたんですが、これはトーニャがネトにディックはユウトに気があると助言したからなんですね。

じゃあ、ネトはトーニャがいないと鈍感な男なのかも?
と思ってしまいました(^-^;

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ