DEADLOCK

deadlock

DEADLOCK
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神383
  • 萌×251
  • 萌29
  • 中立15
  • しゅみじゃない19

154

レビュー数
76
得点
2221
評価数
497
平均
4.5 / 5
神率
77.1%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高階佑 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
DEADLOCK
発売日
ISBN
9784199004087

あらすじ

同僚殺しの冤罪で、刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。
監獄から出る手段はただひとつ、潜伏中のテロリストの正体を暴くこと―!!密命を帯びたユウトだが、端整な容貌と長身の持ち主でギャングも一目置く同房のディックは、クールな態度を崩さない。
しかも「おまえは自分の容姿を自覚しろ」と突然キスされて…!?囚人たちの欲望が渦巻くデッドエンドLOVE。

表題作DEADLOCK

ディック・バーンフォード,29歳,白人の囚人
ユウト・レニックス,28歳,日系人の元麻薬捜査官

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数76

あのドラマとかあの映画とか色々浮かぶ

「プ○ズン・ブレイク」にハマった直後に読みました。
他にも英米系のドラマや映画が好きでかなり観てるせいなのか、
いろんなとこに既視感がありすぎて、参考にしたのかなあと考えちゃうので、
あんま楽しめませんでした。
BLだしぬるいのは当たり前…
分かってても比較対象が頭に浮かぶと中途半端に感じます。

ストーリーも予想を裏切ってくれません。意外性なし。
王道ってことかもだけど、先の分かり切った物語に既視感がプラスされると退屈すぎます。
終盤の展開は雑。ページが足りなくなったのかなあ。
もっとしっかり次巻につなげて欲しかったです。

変な意味で印象に残ってるのは、
アメリカの社会問題に関して書かれてますが、
微妙に浮いてる気がしました。
私見が混じってるとか、作者の怒りが強く反映されてるとか、
そこだけこれ誰の言葉?ってなる感じがあるんです。

たぶん期待したのが良くなかったです。読んだタイミングも。
作者が英語圏の作品いっぱい見てるのはよく分かる小説なので、
そこには親近感を覚えました。

2

硬派で男前のディックに、ノンケながらもドキドキしちゃうユウトがきゃわい


ちるちる不朽の名作ランキング第5位デッドロック!漫画界隈はあんまり囚人同士の恋ってない気がするけど、小説はわりと有名作品あるよねデッドロックもシリーズでいうと10冊以上あるだろうけど、取り敢えず一作目にあたるこちらを読んでみました‪(ᯅ̈ ).。
.
あらすじは主人公のユウト(受)が麻薬捜査官時代に信頼する相棒を殺害され、その容疑が何故かユウトにいき、冤罪で捕まってしまいます。今回の事件には裏で大きなものが動いているはずだと思うユウト。しかもその犯人は同じ監獄の中にいるという、、、ユウトは自分の相棒を殺し容疑を自分に被せた真犯人を探す、、というお話…だけでは終わらず、、
.
というここからがメインで、ユウトが同室になった白人の美青年ディック(攻)と監獄生活を送りながら、無口で冷たかったディックとドンドン関係を築き上げて行き、途中からは新犯人の捜査に関してもディックと情報を共有したりします...
.
真犯人、マジで読めんかった!マジか!って感じだ恋愛方面でもディックが徐々にユウトに心を打ち解けてる感じがめたんこ伝わってきて良い。硬派で男前のディックに、ノンケながらもドキドキしちゃうユウト、きゃわいかったあ話がアメリカのお話なので海外らしいアメリカンジョークや直球な言葉も良いですね(*´꒳`*)にんまり
.
イチャイチャ寄りのボーイズラブというよりはサスペンス、刑事寄りのもので、切ない!でも楽しい、、という感じ。バナナフィッシュとか好きな人は好きそう。

1

シリーズ最初は刑務所から

いきなり刑務所からのシーンで、ムショ内での恋愛模様的な…ありがちな…と思いましたが、英田サキさんはそんなオチにはされてません。
スケールが違いました(苦笑)

この巻は刑務所から出るところまでですが、この中で主人公でノンケ受のユウトとゲイ攻ディックが心を動かされ、お互い惹かれながらもそれを隠しつつお互いを思いやりながら目的を果たす…もどかしい。
最後は今ひととき、今だけでも、この後は離れ離れになっても、、、の繋がりを持つシーンは切ないです。

見た目とは違うユウトの凛とした強さとディックの垣間見える優しさ、が上手く書かれていると思います。

さすがシリーズ化されていているだけあります。
ユウトがレイプされてしまうシーンもありますが、ディックのケアが上手く書かれているので嫌悪感は大きくなかったです。

3

ユウトに憧れる

一年ほど前に購入したのですが、何回読んだかわからないぐらい好みのシリーズです。
一気にシリーズ全部購入して好きなシーンを繰り返し読んでます。
特典SSを集めた短編集に載ってるディックのモノローグのSSを読んでまた一作目に戻ってくるのが楽しかったです。刑務所の中で結構むっつりだったんだなと。

こちらの一作目では、ずーっと受けユウトのモノローグで進みます。ディックは基本ユウトに対して塩対応です。徐々に優しくなっていくんですがね。

空気感はアメリカのドラマを見ているような気分になれるかな、
刑務所ものなのでシリアスな展開が続くのですが、脇役やお姐さん方のお陰でクスリと笑えるシーンもちょこちょこあり、いい塩梅です。

好きなシーンはチカーノのボスのネトと仲良くしているユウトにやきもちを妬いてるディックが可愛くて。

ハンサムなのにぶっきらぼうのディックと美人で真の強いユウト。
絶望の中、辛い目にあっても自分を持ち続ける受けが大好きなので、読んでいてワクワクですよ。

長く続いているシリーズなので、ここの出会いでのラブはあまり高めではないですが、シリーズ全部読むと最後にはご褒美が。

願わくばドラマCDを定価で購入出来たら、最高なんですが。
再販はないですかね。
プレミア価格でしか見つけられないんです。

4

王道要素詰め込みまくり

面白かった。洋画でよく見るやつ~と思ったら展開もド王道のやつで。ラストの締め方は翻訳小説のシリーズ一冊目といった雰囲気。あまりこうしたものを知らなかった発売当初に読んでいれば新鮮に感じられ、もっと夢中になっていたと思う。

冤罪で投獄されたユウトがFBIに取り引きを持ち掛けられ、犯罪組織のリーダー探しをしていく。この時点で、BLであれば主人公の相手役を疑う流れができ、ピンチに陥り、実は別に真犯人がいたと分かる――というお手本ストーリーが浮かぶ。
が、まさか本当にその通りに進むとは思わなかった。さらに相手はFBIと対立するCIA。なんて素敵なロミジュリ設定!

主人公のユウトはレイプされようと懲罰房に入れられようと自分を見失うことなく保っていて、刑務所の雰囲気に染まりきらないおかげで読みやすかった。読み手として受ける精神的な痛みがほどよい塩梅で、いつ読んでも楽しく没頭させてくれそうなエンタメ性に惹かれる。刑務所ものとして気負う必要がない。

ディックは常にユウトの目を通した描写で、とてもキラキラしている絵が浮かんだ。少しずつ態度が変わっていくディックと、心が傾いていくユウトが良い。
恋愛的にはここからが本番だと思う。離れてしまったのもあるが、刑務所のような閉鎖空間で生まれた恋愛感情は、外の世界に出ると変わってしまうこともある。そこらへんの微妙な心の機微もぜひ次巻で読みたい、が、そう単純なものにはならないだろうな。

モヤつくのは、ユウトの冤罪の顛末があっさりした描写で終わってしまったこと。結局どこからどこまでが罠で黒幕がいたのかいないのか、BLに関係ない点だが随分雑な扱いで、ラスト付近はバタバタしていた。
(追記:ここは次巻で説明があった。謎ページ配分……)

王道展開が多分に詰め込まれているお話で、各所で似た展開がある別作品(BLではない)がチラ付き、完全に入り込むことはできなかった。
ただ一歩引いたおかげか、別の何かが見えた気がする。良い場面で神視点になっていて、文章から興奮しているのが分かり、作者さんこのシーン書くの楽しかったんだなあと思ったりした。これはこれで面白かった。

細部までしっかり描写された安定感のある王道なので、何度読んでも先が分かっていても楽しく読めると思う。即次巻が欲しくなる終わり方も好き。

1

ムショBL!!

荒くれもの、くせ者が集うルールなしの無法地帯!
オトコオトコオトコの世界~~~良い!
陽気なミッキー、紳士的なネイサン、やんちゃな弟分のマシュー…
多種多様な仲間との関りはここがムショと忘れそうになる楽しくなったり、根っからの悪者もそこかしこにいて、むなくそ悪くなったり…なかなかBがLしないけど、ムショ生活での抗争もハラハラ楽しい。

なんといっても冤罪からとんでもない場所に放り込まれ揉まれながらもユウトの男気が光ってました!!甘々はしてなくても、ディックのちょっとした行動におや?これはユウトを意識してるのでは??ってとこやお互いの人間性を知るたびに惹かれあってくのにニヤニヤ。
もう時間がない中でのユウトの行動は男前すぎ!!!弱った時や甘える時は可愛いし…口移しで水を飲ませてもらうシーンとか無自覚な色気が出てて大変!

精神的な強さ、心根に惹かれ合ってるところが良い!
んだけども…ディックは死に別れた恋人の敵をうつために動いてるって!?え?そんな相手がいるのにユウトを好きになったの?とちょっと思ってしまいました。それだけユウトに魅力があるから惹かれるのは分かるんですけど!!ユウト目線の物語でディックの心情がちょっと読み切れない。今後の話で語られたり、ひと悶着あったりするのかなと期待。

24時間の共同生活に、ある意味全寮制学園物と同じなのでは!?と勝手にときめいちゃったけどもムショ設定は1巻でおしまい??もうちょっと見てたかったところもありますが離れ離れになった2人がどうなっていくのか…続きを読まずにいられません。

洋ものは詳しくないけど「BF」や「アンダーグラウンドホテル」を読んでいたのもあってアメリカの刑務所の造りや無茶苦茶さはイメージ掴みやすかったです。
コミカライズを読むのが一番だと思うので、そちらも読んでみたいです。

追記:2,3巻と読み進めると面白さも緊迫感もかっこよさも増すばかりで、一気読みして良かったです!!

1

甘さを見つけられるかで決まる


普段はガツンと来る甘さ…いわば、洋菓子のような分かりやすい甘い話を好んで読むのですが、こちらは自然派食品から素材の甘さを見つける感じでした。

刑務所もので舞台が海外ということもあり、手が伸びにくかったのですが有名タイトルで一度は呼んでおこう決断し、購入しました。

親友の殺人で容疑を掛けれらた受けが、刑務所へ収監されたところから物語が発展していきます。
登場人物がカタカナで、人種差別や抗争問題が中心。
なるほど世界観や設定がしっかりしていて本当にリアルな感じを味わえました。

けれどこのお話、とにかく甘さを見つけるのに苦労しました。
やっと味わう甘い雰囲気は話の終盤3分の1あたりから、ほんのりと。

最初は冷たかった攻めが、後半は優しくしてくれます。
ただ、カップルというよりはパートナーといった感じです。

しかも終盤で攻めには忘れられない恋人がいることが判明。
それでもいいと直向きな受け。

互いに好き合っているはずなのに、攻めはある目的を果たすために二度と会うことはない、と受けを置いて一人刑務所を去っていきます。

残された受けですが、最後には冤罪もなんかアッサリ解決して出所。
これが本当に映画とかなら、唖然としてしまっていることでしょう。

とはいえ、続きは気になる。
だって攻めと結ばれてない…。
この先に、甘さはあるの…?と、萌えうんぬんよりそちらの方が気になります。

レビューを見て次巻もあらかじめ買っておいたのですが、読むのが不安な作品は久しぶりです。

受けが攻め以外にレ○プされてしますので、地雷の方は注意です。
これが辛くてリタイアする方もいるかと思います。

3

これ以上ないくらいの神作品です!

アメリカの刑務所が舞台の作品なのですが、その描写も、設定も、背景も全部洋画を見ているようなリアル感! 臨場感があまりに凄すぎて一気にこの小説の世界に引き込まれてしまいます! 刑務所という犯罪者、男だらけの空間、暴力と秩序なき場所。そんな環境の中に放り込まれてしまうユウト。外の世界では女扱いなど受けたこともないであろうユウトが早速、黒人ギャングに狙われてしまい、……ってもう最初からものすごい展開! 先が気になってしょうがないです。
ユウトがまたカッコいいです! 黒人ギャングにも決して屈しない。仲間のため自分より体の大きな相手を空手の蹴りでノックアウト! それなのにしなやかクール系美人とかもう……完璧。勇敢で優しくて賢い、レビューで「受けの殿堂入り」と称されていた方がいらっしゃっいました。まさにその通りだと思います。
楽しすぎて、先が気になりすぎて、超絶大好きユウトの活躍が見たすぎて本当に一気読みです。

3

今更ながらに

小説は門外漢のため、今更ながらにこの作品を初めて読みます。評判通りの面白さでした。
特に自分は、BL小説については救いのなさとか、暴力、過激さ、流血沙汰を求める傾向にあり、矛盾甚だしいですがある種"無法地帯"である刑務所作品が大好きです。

シャワールームシーンで助けが入らなかったところが好きでした。ここで助けちゃ勿体ないと思うド畜生です。刑務所モノには付きものですよね。
黒幕は初っ端から延々と怪しさを漂わされてたので案の定でしたが、今後がある前提で話が作られてて嬉しい。もちろんこの評判の作品なので、既刊揃えて挑んでますから間髪入れずに2巻を読みます!

1

シリーズ全体を通して神作品

日本が舞台でない作品があまり得意ではないのですが、人気作の為一度は読みたいなと思って購入。
正直最初に読んだ時はこんなものか、と思いました。BL要素薄めの映画みたいな作品。個人的にハッピーエンドが好きなのでこの1作のみですと、萌え止まりでした。
しかし最後まで読もうと思い、シリーズ3作読破すると世界観にどっぷりになりますし、1作目のあの時ディックはあんな風に考えていたのか……とわかりとんでもなく可愛くみえてしまいました。

止まらずそのまま2作目から始まるロブのスピンオフ、番外編集、シーズン2も読破しました。
読めば読むほど世界観にハマります。
脇を固めるのも魅力的なキャラクターです。
個々の性格がしっかりしており、ダメなとこもありますがそれがまた魅力を倍増させているのが凄いです。

最初は嫌な奴だと思っていたディックが本当に本当に大好きになりました。
評価はシリーズを全て読んだ上での神です。
是非とも本編3作は通して読んで頂きたいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う