DEADLOCK外伝 SIMPLEX

simplex

DEADLOCK外伝 SIMPLEX
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神71
  • 萌×241
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

209

レビュー数
24
得点
564
評価数
135
平均
4.2 / 5
神率
52.6%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高階佑 
媒体
BL小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
DEADLOCK
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784199005015

あらすじ

犯罪心理学者ロブの誕生日パーティに届いた謎の贈り物。送り主はなんと、かつて全米を震撼させた連続殺人鬼を名乗っていた──!! ロブの警護を志願したのは、金髪の怜悧な美貌のボディガード・ヨシュア。すこぶる有能だが愛想のない青年は、どうやら殺人鬼に遺恨があるらしい!? 危険と隣合わせの日々を送るうち、彼への興味を煽られるロブだが…。DEADLOCKシリーズ待望の番外編!!
出版社より

表題作DEADLOCK外伝 SIMPLEX

ロブ・コナーズ,犯罪心理学者(大学教授),36歳
ヨシュア・ブラッド,警備会社ボディガード、27歳

その他の収録作品

  • DUPLEX
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数24

シリーズファンにもロブファンにも

DEADLOCKの外伝でロブの話ときたらそりゃ買わずにはいられませんでした。

物語のはじめの方、事件が始まるまでの間にひたすらユウトとディックの関係の心配をしているロブ。
元想い人と元恋敵にどんだけいいひとなのアナタは!!(でもそんなロブが大好きです)
さて、そんなロブの警護を買って出たヨシュアですが。
美人で無口ですが、彼の場合人付き合いが苦手というよりもひたすら不器用なんです。
そんな彼がロブにからかわれたり時に説教されながらも、ちょっとずつ壁を壊そうと奮闘するのは大変に可愛かった。
エサをねだってつきまとう犬を邪険にできなくて困惑したり、その後その犬からロブを連想してみたりって。
どんだけ!!

気持ちを通じ合わせてからも自分がゲイではないと悩むヨシュアが良かったです。
そうだよね普通はそうなるよね。
続編のもどかしい距離感と二人の葛藤が楽しかった。
ロブが優しくて大人だからまた余計に辛いんですよね。

表題作続編通じて何かにつけラブラブなディックとユウトが見られました。
そうかディックはユウトの尻に敷かれているのか!!
甘甘でした。
彼らにはごちそうさまでしたと言いたい。

交渉人なロブも格好良かったです。

シリーズファンにもロブファンにもお勧めの一冊。

9

待ってました!

まず、表題作について。
ロブ主演。オールスター、ユウトやディック以外にもあの人この人みんな出てくれて大サービス。みんな一番落ち着ける場所で、自分にあったお仕事をしています。一安心。
ストーリーは、事件に巻き込まれたロブのボディガードをヨシュアが請け負うことから展開していきます。DEADLOCK本編が映画なら、こっちは推理ドラマっていう感じ。毎週少しずつ解き明かされていくみたいな。
それにしても、ロブ君どうしてこんなにいい人なんだ。自分が狙われているっていうのに、常に落ち着いて、周囲のことに気を配り・・・といいながら、肝心なところで抜けてましたが。
そして、「SIMPLEX」で書かれなかった二人の背景や、関係のあやふやな部分が「DUPLEX」において全てすっきりと解決してくれて、うれしいうれしい。
今度のストーリーは、立てこもり事件の交渉人の話。人質はユウト!と幼児。交渉人の代役としてロブが活躍しますが、このお話はヨシュア目線で進みます。とにかく彼がグルグルしっぱなしですから。
それにしても、結局どういう感想が残ったかといえば、魅力的な男性がいっぱい出てくる中で、一番理想的なのはロブだなっということです。頭がキレて安定した職に就き、料理上手でひとの心の機微を敏感に感じ取ってくれる。勇敢なところもあり、外見も悪くない。ああ、惜しむらくはゲイだということ・・・(これは誰にも言えることでしょうが)
ユウトはなんだかんだ言っても可愛く、ディックはカッコイイ。でも何かしら欠点がありますよね。例えば無鉄砲とか、言葉が足りないとか。
その点ロブは完璧です。完璧すぎて困っちゃいそうですが、重箱の隅をつつくような神経質さも感じない。いつも飄々として、場の雰囲気を壊さない。彼からなら、きついお叱りを受けても納得できちゃう感じだものね。というわけで、ロブへの賛辞でした。
それからヨシュア君ですが、やっぱり辛い過去があったんですね。書き下ろしは彼の心の動きを追って、なぜロブを受け入れることにしたのか納得させてくれます。ストレートなのに受けちゃいますから、ロブが自分が受けてもいいと言うにも拘らずにですよ。しかし、あなたの言動からすると、今後リバもありなんでしょうか?
それから、イラストも最高です。本編といい今回といい、きちんとアメリカっぽいですよね。私個人の好みの問題だとは思いますが、表紙の右のヨシュア君、もっとクルックルしてもうちょっと白っぽい金髪希望です。もうちょっと童顔でも可。ちょうど天使みたいな感じが頭に浮かんじゃうんですよね。で、ロブはどういうわけかもっと丸っこぃイメージがあってしょうがない。どこにもそんな表記は無かったと思うんだけど、もうちょっとルックスが残念な人でも全然問題ないって思っちゃう。

8

幸せすぎる一冊

DEADLOCL外伝。ロブが主人公の一冊です。

ロブには悪いけれど、外伝では脇役の「ディックとユウトペア」の「その後」のほうが気になって仕方なかった!・・・というのが本音です(汗)
この一冊は、やはり前3作があってこそのものだなぁ~と、ディックとユウトのラブラブっぷりを見て実感。
とにかく二人が幸せそうで。私まで幸せになってしまった・・・^^;

・・・といいながらもロブの恋だって応援していましたよ^^
心からロブには幸せになってほしかったので、この一冊をよんで「ほっ」としました。
私が思ったのは、ロブとヨシュアは正反対だから惹かれあうのかなぁ~と。
ロブは冗談で襲うだなんだと言いながらも、ちゃんと本人の意見を尊重している所がなんともロブの善いところ。男前!
ヨシュアはガードが堅いけれど、酔っちゃってロブに甘えているところがなんとも萌えでした。

そ・し・て!なんといっても3作目でも明かされなかったディックの本名がにさり気なくヨシュアの回想?から明らかに!
・・・・本音を言うと「そのままぁあ!?」と思いました。
「ディック」が本名ではない。と知りながらも、皆ディックをディックと呼んでも違和感がない理由。
なぜならば、「ディック」という名前が、「本当の名前」の外国特有の「愛称」であったからです。
偶然でしょうか?いや、絶対狙いましたよね英田さん。(笑)

本当に巧みな文章力や技術をもっている英田さんを尊敬。
「耳がハートになる云々・・・」のアイディアだってそう簡単に思い浮かぶものでないと思うので
英田さん流石だなぁ、とまたまた尊敬。
DEADLOCLシリーズに出てくるメインキャラはどれもいいキャラばかりで(BB除く(笑))
癖のあるツンデレだとかドSだとかそういうキャラ要素こそ、あまりないものの
いい味出していて皆大好きです。

ディックとユウト。
ロブとヨシュア。
それぞれおじいさんになってもずっと互いに愛し合っているような気がしました。

8

感激!!

DEADLOCKシリーズを読んですぐ購入するつもりが、ちょっと間が空いてしまったのだけれど、読んでしまったらまたすぐSIMPLEXの世界観に引き込まれました。
どんだけ間が空いてもこの作品はやはり素晴らしいと実感。
一回読むと最後まで止まりません(笑

私はDEADLOCKの時から、ユウトを優しく励ましたり、アドバイスをくれたり、はたまた口説いたりしちゃうロブが本当に大好きで、ロブにも幸せになってほしいなぁと思っていたのでこのSIMPLEXでついにロブも幸せに!!って思うと読む前からニヨニヨしてしまいました。
だって相手のヨシュアがこれまためちゃくちゃ可愛くて!!人づきあいがうまくできないところとか、猫舌なところとか、しぐさ一つ一つがすっごく可愛くて、ロブじゃないけどめちゃくちゃ愛しい気持ちになりました。
ヨシュアは強いし、守る側なのに妙に守護翼をそそられます*
ヨシュア視点のDUPLEXでは顔面が崩壊するくらいニヨニヨしました。
ヨシュア可愛いよ~・・・可愛いよ~って(笑

あと気になっていた、ディック×ユウトコンビの方も、仲睦まじい様子で良かった。ディックがユウトの尻に敷かれている様子は、何かほほえましくてつい笑っちゃいました。。
やっぱりロブとヨシュアがメインなので二人の描写は少なかったけれど、
少しの描写でも二人の絆がいかに固く結ばれているか、二人がいかに愛し合っているか、幸せであるか、というのがビシビシ伝わってきます。
本当にバカップルです。周囲公認です(笑
何があってもこの二人は大丈夫だろうなぁと実感。
個人的にBL作品の中でもかなりすきなカプなので、ああ幸せそうでよかった・・・と素直に思いました。

DEADLOCKシリーズ、この外伝を持っておそらく締めくくりなのでしょうが、本当に大好きな作品なので、これからも支持していきたいなあと思います♪

8

こんなに早く文庫で読めるとは

文庫で何時でるかわからないからと雑誌の方を買っていたのに、実は雑誌の方を読んでいなかったことにこれを読んでみて気づきました。
でも、雑誌に掲載された部分はどちらかと言うと中途半端な感じ(とりあえず思いは伝わったし相手も受け入れてくれたけど、それ以上でもそれ以下でもない…みたいな?)
だったので文庫本になってヨシュアの気持ちがはっきりとしてくれて良かった。
本編では失恋をして、同人誌の中でもずっと悶々状態だったロブがかわいそうだったので、今回この外伝の中でちゃんとロブの想いを受け止めてくれる人が見つかってよかったと本当に思います。

それからやっぱりこれを読んで一番嬉しかったのが、ユウトとディックの二人の仲睦まじい様子も見れた事ですね。ユウトの心からの笑顔みたかったですもん。
そして意外というか、いやむしろ当然というか、ディックの尻に敷かれ具合に笑わせてもらいました。ピザの件なんて特に(笑)ディックってほんとユウトの事好きだったのね~

みなさんどうか 末永くお幸せに。

7

DEAD LOCK外伝

【カップリング】真性ゲイの犯罪心理学者×ノーマル美人ボディガード

名作「DEAD LOCK」の外伝。
「DEAD LOCK」では、ユウトを明るく支えていたロブが主人公です。

物語は「DEAD SHOT」完結後半年(だったかな)
ロブのユウトへの恋は、完全に敗れてしまったその後も
ロブとユウトそしてディック、ネト、トーニャの友情は続いていて
ロブの誕生日パーティからスタートします。

「DEAD LOCK」シリーズよりもサスペンス色が強く
モーガンフリーマンが出ていた「コレクター」っていう映画っぽいお話ですた。

気になるロブのお相手は、艶やかなホワイトブロンド
エメラルドのような緑の瞳、まっすぐ伸びた細い鼻梁
その下には完璧なフォルムを持った赤い唇。
これはまたとんでもない美形がいたものだという年下美人のヨシュア。

セレブ専門のボディガードをしているディックの同僚で
美人な顔に似合わず腕っ節は強いというw

「DEAD LOCK」の二人も登場し、相変わらずのアツアツぶりを披露。
とっても幸せな気分になりました。

7

ロブは本当にいい男だと思う

DEADLOCKシリーズでは2作目から登場。
辛い思いをしたユウトをずっと支え続けたすっごく良い人、ロブ・コナーズの物語です。
誰もが彼に幸せになって欲しかった♪
でも、ロブは、自分が幸せになるより相手を幸せにしてあげたいんだね。
そして、それで相手が幸せになってくれることがロブの幸せなんだ~本当に良い人過ぎる(笑)
そんなロブのお相手は一見クールビューティ、実は不器用な子供、ヨシュアでした。
なかなか素直になれない、迷いの多いヨシュアでしたが、ロブの大きな愛で包んで幸せにしてあげて欲しい。

7

本編より好きだなぁ...

ロブに最高にキュートな恋人ができるお話です。今回、ハードボイルドな展開は少なめで、ロブの頭脳戦が際立つお話が中心になります。 本編よりラブ要素が増していた気がするので、私はこちらの方が好きです。
ロブのお相手はといいますと、8歳年下の金髪で緑色の瞳を持つキュートなボディーガードことヨシュアです。彼がとーっっっても可愛いです。ユウトの可愛いさは、ひたむきな真っ直ぐな性格からきていましたが、ヨシュアの可愛いさは彼の天然ボケで純朴なところからきています。なんでこのシリーズの受けちゃん達はこんなにも可愛い子ばっかりなんだろう...笑 ヨシュアは、父親から暴力を受けて育ってきたせいで、他人との関わりを持つのが苦手でした。その代わり、彼の言動には全く裏が無く、取り繕う名人のロブからすれば天使のように見えたのでしょう。笑 すっかりヨシュアに首ったけになってしまいます。
ヨシュアもロブに対して好意を持っていますが、なかなかその次のステージに踏み込めない2人。正確にはロブがヨシュアの決断を静かに待っていたのですが、最後にはめでたく結ばれて幸せそうだったので安心しました。
それにしてもロブ、饒舌すぎて笑いそうになります。ヨシュアのセリフの量が1だとすると、ロブは20くらい喋ってます。笑 また、諭すように話すロブを見ていると、ヨシュアの保護者みたいに感じてしまいました。保護者のくせに手を出すなんてエロオヤジだなぁ...笑 でもそこがいい!
また、ディックユウトカップルがたまに出てくるのも嬉しかったです。すっかりユウトの尻に敷かれて、好きなピザすら頼めないという、完全なヘタレになり下がっているディックに同情しました。意外とユウトの方が家では決定権を握ってそうだなぁなんて妄想もして、ほっこりしました。

6

ロブのいい男ぶりを堪能

普段は雑誌は買わないようにしてるけどロブなのに買わずにいられるわけがない。
というわけで、雑誌掲載分は読んでました。

美形なのに愛想がなく、冗談が通じない。
ロブの気配りも軽妙なおしゃべりも空回りして、ヨシュアを落とすまでロブは忍耐でした。
そして書き下ろしでも「触れなば落ちん」風情なのに、なかなか落ちて来ない。
ヨシュアはひとりで考え込むタイプの上に頑固な一面もあるので、なかなか人のアドバイスだけでは気持ちを切り替えることができないんだけど、人を信じるという意味をロブの姿を見て実感として知るという展開は良かったです。

無愛想ちゃんだけど、ヨシュアは可愛いですよね。甘えられたらロブはメロメロでしょうが、調子に乗るとまた腕を捻りあげられちゃったりしてね。でも「すみません」なんて本当に申し訳なさそうに謝られると、すぐ許しちゃう。鼻の下伸びてるぞ、ロブ。仕返しはHで意地悪しちゃうの(止まらない妄想。笑)。

ロブは本当に素敵だなあ!いい男だなあ!
ごちゃごちゃ感想書くより、ホントはこの一言だけで事足りるの。
友人としても恋人としても人としても信頼できる極上の男ですね。

5

こっちも良い!

ユウトとはまた違ったタイプの可愛さがあるヨシュア。
カラーイラストのおでこにチュー(^3^)/のヨシュアが可愛い過ぎる!

ヨシュアとユウティのやり取りも!
ヤバいくらい可愛い!
わかります。その気持ち……可愛いつぶらな瞳で見つめられたら……あわわですよね(笑)

ロブとヨシュアがどっちがするかって会話はちょっと嫌だったな(^-^;
ロブはどっちも経験があるから、どっちも大丈夫……でも、ヨシュアは経験がないから……って経験豊富なんだろうけど、ロブの言葉がなんだかスケベなおっさん過ぎて(^-^;

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ