大人気シリーズ、新章第二弾♥ ロブとヨシュアが迎えた新たな転換点!!

PROMISING DEADLOCK season2

promising deadlock season2

PROMISING DEADLOCK season2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神35
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
226
評価数
52
平均
4.4 / 5
神率
67.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
DEADLOCK
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199009181

あらすじ

出版した書籍がヒットして、多忙になったロブ。ヨシュアもまだ映画の撮影が続いて家を空けがちで、 すれ違いの毎日が続いていた。ヨシュアが俳優を目指すのを応援したいけれど、同じくらい独占していたい──。 相反する思いに悩むロブは、幼なじみのデニスと偶然再会!! 気分転換にワイオミングを訪れるけれど、 そこでトラブルに巻き込まれ…! ?

表題作PROMISING DEADLOCK season2

ロブ・コナーズ、犯罪心理学者、37
ヨシュア・ブラッド、ボディガード、28

同時収録作品PROMISING DEADLOCK season2

ディック・バーンフォード、警備会社勤務、32
ユウト・レニックス、ロサンゼルス市警、31

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

パートナー論

「DEADLOCK season2」の2作目は、ロブとヨシュアの物語。
前作のディックxユウトのド派手アクション系とは違って、特に何か事件が起きるわけではありません。
好きで好きで結婚して、年上で攻めのロブはいつだってヨシュアの事を思い、ヨシュアを守ってあげる的なスタンスを取っていた。
ルックスの良さから俳優としてスカウトされ、初の映画撮影に取り組んでいるヨシュアとのすれ違い。
人見知りなヨシュアには俳優という仕事はストレスフル。でも周囲はヨシュアは俳優になるべきだと考えている。
ロブは美しいヨシュアが誇らしいけれど、自分の元から世界に羽ばたいてしまうのは不安…
ロブはグルグルする自分を見つめ直すため、旧友に誘われて独りで旅行する事を決める。
旧友の義理の息子の悩みを聞いてアドバイスしたり、周りを傷つけてきた過去の自分と向き合うロブ。
そうやって自分に正直になった結果の矛盾に満ちたヨシュアへの想いは…
俳優はこの映画一作だけでやめてロブとの時間を大切にしたい、というヨシュアの選択を、嬉しいと思いながら否定する。それなら、と俳優を続けると決めたヨシュアに、君が有名になるのは嫌だと言う。一体どっちよ。
そんなロブの面倒な思考回路も良く書ききっておられる。
そして、パートナーに関しての考察。
私も結婚して20年ですが、本作のパートナー論は理想中の理想だから「ご説ごもっとも」としか言えないナ。まあ、ロブ達には「まだこれからだからあんまり一生一生と気負わずにゆっくり行こうや」と言いたいですね。(この辺、40-50オーバーの既婚姐さん、いかがです?)
ヨシュアに関しては、いつも礼儀正しくていつも敬語なのが何となく違和感がありつつ。
フィルのエピソードには心も痛めつつ。
後一点。
「ブロークバック・マウンテン」観てないんです。だけど、悲恋は嫌い、と言うヨシュアの感覚は凄く良いなと思いました。

0

レビューというよりただの感想

タイトル通りになるのでご注意!

作品はロブ嫌い(振り回されるので、好きの裏返しです。笑)、ヨシュア大好き民の私には最高でした。英田先生、高階先生、本当にありがとうございます!

1つ言いたいことが。
サイン会の挿絵に物申したいのは私だけじゃないはずだ!
挿絵って透けるじゃないですか。文を読みながらヨシュアとロブの挿絵かと思ってワクワクしていた私は、ページを捲って「誰だお前は!?」ってなりました。(デニスごめん)

2

お似合い

ついについに!DEADLOCKシリーズ新刊!


ロブとヨシュアの話。すっごく癒されました。
アクションもなく穏やかに時が進んでいて。ハラハラドキドキなアクションももちろん好きですが、こういういい意味で緩やかなお話もやっぱりいいですね······。

ヨシュアの可愛さが一段とアップしていたように思います。前から可愛かったけども!ロブとお似合いすぎて終始にやけが止まりませんでした。

英田先生最高です!!

4

山は良い

DEADLOCKのシリーズもseason2という事で、今回はロブとヨシュアの話だけで1冊。
ユウトもディックもちょっとしか登場しないし、もちろんドンパチなアクションシーンもありません。
ロブ視線で、ロブが、映画俳優の仕事に挑戦しているヨシュアがこの先の人生をどう選択するのかとか、これからの二人の関係についてとか、あれこれ考えるお話なので、文体は翻訳調な感じでひどく饒舌です。
それにしても、このシリーズと付き合い始めてから結構長いので、作中の時間の流れがまだ1年ちょっとというのがすごく意外でした。

今回の舞台に選ばれたのは、ワイオミング州に住むロブの幼なじみの家。
作中でも繰り返し、映画「ブロークバックマウンテン」について触れられているので、映画未見でしたらぜひ一度ご覧になるとよろしいかと。

3

ロブ&ヨシュア

ヨシュアが可愛いです!
メインはロブとヨシュアですが、ディックとユウトも少し出てきます!
ディックとユウトの間の優しい空気と二人の落ち着いた確かな関係が再確認できて嬉しいです!

その代わりロブとヨシュアは、ヨシュアが思春期迎えた感じですわ反抗期!?な感じで可愛いです。
ロブも鷹揚に構えてばかりもいかれないというか、物わかりのいいふりしてた感があり、二人の関係が一歩進む為に向き合う感じです。

ワイオミングの広大さに心惹かれました。
再会した親友やその家族、ロブが自分を見つめなおす場所としてワイオミングという舞台がとても活きてました。
そして、何気にちょいちょい親友から語られるロブの黒歴史ぶりも楽しかったですw
可愛いヨシュアの痴態も読めて満足です♪

5

二人の寝顔

DEADLOCKシリーズ、小説9作目?かな。大好きなロブとヨシュアのお話。大きな事件なく、ただただ二人が関係性を進化させていく姿を、ファンは温かく見守っていくお話、本編220P超+先生のあとがき です。ロブとヨシュアが大好きな方は、マストな作品ではないでしょうか。ディックとユウトの出番は少な目ですが、バースデーフェアのSSで、当作冒頭に出てきたジーンズ事件の続きがあるそうですw 私はディックのぐにゃぐにゃ話ではないかと思うのですが、どうかな(笑) ということなので、ディック、ユウトファンの方も、是非是非~。幸せ感満点で読み終われるので神です。
(そうだ大切なことを忘れてた! 英田先生の6/26のツイートで、個人的にSS公開する企画を呟いておられます。500リツイートだったらロブ&ヨシュア、1000リツイート超えならそれに加えてディック&ユウトのSSを公開するとのこと!(多分先生のprivetterではないかと推測) 今988まで来ているので、是非是非先生の単純リツイート(引用はカウントされない)をお願いしますー私はディックとユウトにも会いたい!)→7/8 10時過ぎに無事1000!!!やりましたー!!!

前作で映画デビューとなったヨシュア。ルイスの作品に出てくる殺し屋ミコワイを熱演中で、今回はロケでバンクーバーに出かけてしまいます。少しずつ思いを掛け違えてしまって、ちょっと雰囲気悪いまま離れ離れになったロブは、自分の気持ちを見つめたいという思いもあり、サイン会で15年ぶりに再会した親友のいるワイオミングを訪問し・・・ と続きます。

新しい登場人物は
ヨシュアの映画関係者、ロブの高校時代の親友とその妻、連れ子(フィル、いい子)等です。フィルとその友達とのエピソードも、青春★といった印象で、とても良かったー

************ 以下は好きな箇所

色々ありすぎるのですが、やっぱり一番好きなのは最後の酔っ払いロブが寝こけるところかな。自分を大切に思ってくれるヨシュアを信じ切って、どんなカッコ悪い様子を見せても大丈夫だ と安心しきっている様子が、本当に本当に愛おしい。よかったなあ、ロブ としみじみしちゃいました。
カラー口絵にはヨシュアの寝顔の図があり、それでタイトルは「二人の寝顔」としました。
好きな人に寝顔を見られるのは恥ずかしいんだけど、好きな人の寝顔を見るのは至福じゃないですか。いいなあ寝顔を見せて見せられる関係ってー♡

好きすぎてレビュー書きにくい と思うのは初めてかも。はあ。やっとレビュー書いて、なんとなく肩の荷が下りましたー。書下ろしがあるそうなので、次のHARD TIMEも楽しみです。先生、ゆっくりでいいので、またロブとヨシュアのお話を読ませてください。もちろんディックとユウトのお話もめっちゃお待ちしています!よろしくお願いいたします。

5

待ってました!

『promising』英田サキ 先生 読了

ロブとヨシュアの丸一冊、ありがとうございました(涙)。待ってましたー!

『SHIMPLEX』はもう10年も前の作品なのに、ストーリーのなかでは1年くらいしか進んでないなんてすごく不思議な感じでした。2人の間はたくさんの葛藤が生まれては解決され、それで流れがすごく長く感じてしまったんですかね。

今回はなんといつまでも余裕っぷりを見せてるロブのピンチの話で、純粋なヨシュアを前にしてたら、ロブもロブでデリケートで面倒くさい男だなって感心しました(笑)。かわいかった…!

キッチンにヨシュアの写真を飾ってて話をかけるロブも、ファンを装って(ファンだけどw)恋人のイベントに行ってサインをお願いするヨシュアも、愛おしくてたまらないです。読みながらかわいい!って連呼しながら萌え悶えました…(笑)。

喧嘩最中でロブがセッでヨシュアを丸め込もうとしたら腕をひね上げられたあと、ヨシュアの容赦のない言葉に責め立てられるシーンが不憫すぎて、「ロブもいろいろ大変だから、もうここらへんで許してあげなよヨシュアちゃん!」でロブの味方になってしまう(笑)。

今回では珍しくロブの心理描写が多くて、やっとこの男の心を覗き見ることができました。過去はかなりヤンチャで中二っぽい子どもだったが、弟のことやいろいろ経歴を重ねて今のロブが存在している。

ロブは「運命と言うなんて自分らしくないけど、自分はヨシュアに出会うために今までのことを経験し、今の自分になったとでも時々思う」と思っている。(原文ではありません)

ヨシュアは少年のときロブに出会いたかったと言いました。ロブもできるなら少年時代のヨシュアに逢いに行きたいと言いました。

でもそうは言っても、彼らの今を成就した1年前の出逢いは、当時の彼らでしかできなかったと思っています。ヨシュアの見た目と内面の弱さのギャップにロブは惹かれて、同時に同じくヨシュアも当時色々経験を重ねて大人なロブに惹かれた。やっと相手の扱い方がわかった年齢に、ヨシュアに出逢ったロブはなんて幸運なんでしょうって涙が出そうになります。

昔はロブは完璧な男だってずっと思ってました。今回の作品を読んで、「ロブはこうやってずっと完璧な男を演じてきたんだ…」ってやっとわかりました。愛する恋人の前ではかっこよくいたいし、友だちの前にだって頼もしい友人にいたいロブは、いつも自分のみっともないところを上手いことに隠している。

こういう小技は悪いこととは言いませんが、やはり距離感が生まれるというか…ヨシュアはいつも他人には見せない無防備な顔を晒しているのに、自分だけ小賢いみたいなことしてるロブは自己嫌悪に陥る。

今回の作品ではロブもやっとくだらないプライドを捨て(←言い方ひどい笑)、自分の本音を告げることができた。ヨシュアもやっと自分から何かを選択していけるようになった。めでたしめでたし。ロブは完璧な男ではなくても、完璧な恋人です。

あと関係ない話ですが、正直最初の2人のちょっとした意見の行き違いは結構グッときました。最近ハマった某ドラマの某カップルもこんな感じで行き違いして分かれることになったんじゃないかってウルウルしました…(涙)。いつも強がってる(←ちょっと言い過ぎ?)ところが無性にあの人に似ていて、連想せざるをえなかったんです。

結果としてはロブとヨシュアは相変わらずラブラブのままですが、2人の関係は間違いなく前作より大きく深まっている。もう進むところないんじゃないかなって思うくらいこのカップルはもう完璧な完成形ですが、この2人の話は永遠に読み続けたい。またいつか続編出ることを祈ります。

7

出会いこそが人生の宝物

「DEADLOCK season2」で、ロブ&ヨシュアが主役の「PROMISING 」になります。ディックとユウト、ルイス達もちょっぴり出演です。

クライムサスペンス要素が強いシリーズですが、今回は至って平和(?)。
超甘々なバカップル・ロブとヨシュアの、一歩踏み込んだ関係が書かれています。
二人のすれ違いにジレジレさせられる部分はございますが、基本的にはほのぼの。と言うより、ロブ視点だとひたすら惚気てるようにしか感じないんですよね~。
とりあえず、1ページ目から早速ニヤニヤさせられました。



内容です。
殺し屋・ミコワイ役の映画撮影に忙しいヨシュアと、著作がベストセラーとなったロブ。
忙しさと、ちょっとした行き違いからすれ違いに-。
そんな中、高校時代の旧友・デニスと再会するロブ。
デニスに招かれ、自分の気持ちを見つめ直そうとワイオミングに一人旅立ちますがー・・・と言ったものです。


シリーズ当初は当て馬として登場したロブ。
実は当て馬設定が大好きな私にとって、ロブと言うのは理想を体現したようなキャラだったりします。
ディックの冷たさにイラついている時に、包容力がありスマートなロブが颯爽と現れ、ユウトを大切に扱い一途な想いを寄せる・・・。
嫉妬でディックがギリギリやってると言う、攻めザマァ展開に心が踊ったものです。
そんなワケで、最初はヨシュアの登場に良い気分がしなかったのです。
「ロブはずっとユウトを想い続けてくれないと・・・!!」的に。

が、間を置かずヨシュアにノックダウン。
こんなピュアで不器用過ぎる美人を、嫌い続ける事なんて無理だわーと。
二人の馴れ初め編である「SIMPLEX」を読みながら、ヨシュアの可愛さに悶えたのです。

今回はそんな二人のターニングポイント。
自身よりロブの気持ちを尊重してしまうヨシュアと、自分の意志を優先して欲しいロブとの間ですれ違いが起こります。
ひたすら甘々バカップル一直線だった二人もほのぼのしましたが、やっぱりこうして一歩踏み込まれた二人の関係を読めるのも素敵です。

で、こちら両視点で書かれているため、それぞれ内心が良く分かるようになっています。
まず第一に、ロブが超面倒くさい!!
これまでのシリーズ中でも、彼は出来た人間に見えて実は結構難しい男なんじゃないかと言った印象がありました。
今回、彼のそんな内面が深く掘り下げられてます。
英田先生によると、心の奥底までは掘り下げられなかったとの事ですが、その途中まででも十分面倒くさい男です。
何だろうな~。彼は思った以上に複雑だし、プライドも高い。要は見栄っ張りなんですよね。
ヨシュアの前では、尊敬出来る格好いいロブで居たいんですよ。
なのに内心では、結構嫉妬深いし狭量な部分もある・・・。
そんな余裕ぶってるロブの、格好悪い部分だったりがしっかり描写されてるのです。
が、そのアホな所こそが何だかキュート。
今回読んでいると、「あれ、ヨシュアの方がよっぽど男らしいんじゃ無い?」と言った印象を持ちます。

そんなワケで今回は、ロブが格好悪い素の姿をヨシュアに見せれるようになるまでと言うのが、作品のキモになるのでは無いでしょうか。
ヨシュアはヨシュアでちゃんと成長していて、二人の気持が丁寧に掘り下げてあるため、しっとりと読ませてくれる印象です。
このシリーズ、いつもは劇的に萌え転がると言ったイメージなのですが、今回はジンワリ心に響くといった感じでした。
もちろん、スネたヨシュアの可愛さだったり、仲直りしたいばかりにアホな事をやらかしちゃうロブの情けない姿だったりと、萌え転がる部分も多かったですが。

あとですね、ワイオミングのダイナミックだったり美しい情景描写も素敵でした。有名な映画と絡めてある所が巧みです。

それと、来月には「HARD TIME」が文庫化されます。
当然持ってますが、書き下ろしがあるそうなので買っちゃうだろうな~。

ロブの言葉ですが、出会いこそが人生における一番の宝物。
シリーズのキャラクター達を見ていると、まさに出会えた事が幸運なんだろうなぁとしみじみ思います。
私もこのシリーズに出会った事で腐りましたが、ユウト達に出会えた事は宝物だと思ってますよー!!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ