STAY DEADLOCK番外編 (1)

STAY

STAY DEADLOCK番外編 (1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神189
  • 萌×225
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
23
得点
1066
評価数
221
平均
4.8 / 5
神率
85.5%
著者
英田サキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高階佑 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
DEADLOCK
発売日
ISBN
9784199008191

あらすじ

シリーズ完結後もますます広がるDEADLOCKワールド──ロス市警刑事のユウトと、警備会社のボディガードとなったディックはLAで二人暮らしをスタート。恋人となったロブとヨシュアの愛も深まり、予想外にパコがトーニャに告白!! 新たなカップルの兆し…!? 完結後に発表された番外編を一挙収録!! それぞれの人生を歩み始めたDEADLOCKキャラクターたちのその後v 高階佑による漫画も収録。

表題作STAY DEADLOCK番外編 (1)

ディック・バーンフォード,元軍人
ユウト・レニックス

同時収録作品STAY DEADLOCK番外編集(1)

ロブ・コナーズ,犯罪心理学者(大学教授)
ヨシュア・ブラッド,警備会社ボディガード

その他の収録作品

  • Never walk alone(書き下ろし)
  • Commentary 1-4(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数23

電子版には挿絵が無い

DEADLOCK番外編1-4巻 電子版をセット購入。

このシリーズは、紙版を購入するべきでした。
挿絵が電子版には・・漫画は有るけど、挿絵が無い。

作品の内容にマッチした高階佑先生の 挿画、
二つの相乗効果で魅力を感じる作品なので、
絵が無いと、物足りません。(´;ω;`)

2

BL的重要イベントが番外編に

本編3部作の裏話的なものが二割、その後のお話が八割くらいで構成された番外編集。

本編の隙間に入るお話は、あのとき実はこのキャラたちは…と全く知らないエピソードを楽しめるものから、本編エピソードを別キャラ視点から読めるものがあった。
その後の話は一つの流れをカプごとに追っていて、番外編集の中でさらに"あのとき実はこのキャラたちは…"が成立していた。もはや本編で良いのでは?というストーリー。

気になっていたのはパコとディックの初対面話。本編(続編)ではすでに知り合っている状態だったので。BLレーベルの作品なのにBL的重要イベントを番外編で書くのにびっくりした。番外編だからとスルーしなくて良かった。
ロブの結婚話は次の番外編集になるのかな。Commentaryで夫婦になったと書かれていたが、収録された作品の中にそれらしい話はなかった。読みたい……。
以下感想を適当に。

「Love begets love」
兄ばかパコにユウトがディックを恋人として紹介するお話。パコとディックが二人で話し込んだその一時間の内容を詳しく教えて欲しい。ここがすごく楽しみだったのに、ユウト視点で詳細は分からなかった。

その後パコがトーニャの件で兄の威厳を失くしそうになる流れまで含めて面白かった。パコの話題に触れるとユウトの機嫌が悪くなる地雷案件になっているような(笑)このカプのその後もまたどこかの番外編で読めるかな。

「Never walk alone」
タイトルでまず泣ける。勘違いから始まり、ディックの独り相撲っぷりがすごいお話。
笑えるオチからカップルが絆を深めるラストまで最高の流れだったので、漫画を入れるならぜひこの作品でお願いしたかった。絵にするとかなり映えるシーンもあったのに!収録作の中で一番好きだった。

ディックは本編とその後で物事の捉え方がかなり変わったと思う。ユウトに関し、何でもポジディブというか好意的な解釈をしていて、読んでいて心地良い。何でも良いように受け取ってくれる相手って最高じゃないの。
自分にとって良いことと相手にとって良いことがぴったり合っているから、結果的にそうなるのかなあと思ったり。

ロブ推しとしてはロブの供給が足りなかったので、次も読もうと思う。

1

本編も良かったのに番外編まで楽しい!

番外編って、おまけみたいなスピンオフみたいなイメージを抱いていましたが、読んでみてびっくりしました! レビューには楽しい楽しい書いてあったので読んでみようかなと半信半疑手にとってみて本当に良かった。皆様のレビューに感謝です。
まず驚いたのは番外編の中で物語が進んでいるということです。
そしてあんなに楽しかった本編よりも繰り返し繰り返し読んでいるのはこの番外編の2冊だということに最近気づいて、私自身も驚いています。その理由はきっと二つあって、一つ目はまずユウト以外の視点で描かれている話が多数あること。二つ目はディックとユウトの二人が思い合っている姿がなんとも言えず好きだからです。
本編には最後の最後にしかなかった二人の優しい気持ちがたくさんたくさん、いろんな形で描かれていて、そのどれもが良い話なんです! 
どの話が特に好きか考えてみると、ディックがスーハースーハーしてる浮気疑いの話と、レナードの話と、独立記念日の花火の話です。一つ挙げるつもりが三つ巴の戦いになってしまいました。さらに付け加えると、ディックの愚痴をロブにもらすユウトとそれを受けてロブが慰め、励まし、それはつまり、心理学的には〜みたいに解析しちゃうシーンもすきです。
これからも楽しい番外編、切ない番外編、かっこいい番外編、たくさんの番外編を読みたいです。

1

バラエティに富んだ充実したストーリー

とても読み応えがあり、内容も濃い短編集でした。
ディック×ユウトはもちろんのこと、
ロブ×ヨシュア、パコ×トーニャも良かった! 
特に、ヨシュアへの理解が深まったというか、
とても不器用で真面目で可愛いなと思うようになりました。
正直、ロブがどうしてここまでヨシュアに夢中なのか分からなかったけど、本作を読んでロブの気持ちが少し分かった様な気がします^^

全ての話においてしっかりしたストーリー性があり、
本当に面白くてあっという間に読んでしまいました。
コミカライズも高階先生の絵が美しく、
小説とはまた違った印象もあって良かったです。

それにしても、マンダリン男には笑ってしまった(笑)

2

幸せな一冊

ロブ×ヨシュアのスピンオフを読んでから読もうかと思いましたが、耐えきれませんでした。ロブ×ヨシュアに関わる作品がいくつか、メインのお話が2つぐらい、割と重要なネタバレもチラホラありましたが、潔癖でなければ読む前でも問題ないかと思います。もちろん、この後ロブ×ヨシュアの「SIMPLEX」も買います!!

本編の解釈に影響するようなお話もあったので、本編がお好きな方は読まない手はないでしょう。
本編の大部分が受け視点の作品で、攻め視点の章なんかがあるのが大好きなのですが、今回ディック視点が読めて大満足!!特に本編2巻はディックの登場シーンも少なくて何考えてるか分からずモヤモヤもしましたが、ディックがいかにユウトを愛しているか分かります。幸せな1冊です。

2

DEADLOCKファンは是非

番外編。

本編では抑えて書かれなかった裏話は、やっぱり番外で気軽に楽しむのが吉。映画の最後に添えられたエピソードのように、クスリと笑えたり、愛を確認できたりと、どれもこれもファンなら大満足の短編でした。

何度も読み返す作品ではないけど、本編で張られていた伏線を掘り下げたり、LOVE補給には絶好の1冊でした。

ディックとユウトだけでなく、パコの恋路も語られたりと、DEADLOCKは脇キャラがみんな魅力的ですね。あまり多くを語らないディックのあまあまなところが堪能できます。

1

番外編はいっかな と思ってる方→この2冊はMUST BUYでは。

DEADLOCKに遅まきながらハマった後、外伝よんで、
うーん、番外編はどうしようかな と思っていた私。
なんとなく流れで購入してみましたが、大当たり~♪
こんなに、ハマりなおす番外編は他に経験ないです。
本編が辛すぎたからでしょうか。
ゆっくりかみしめるようにSTAY→AWAY→STAY→AWAYと読みました(笑)
本当に至福の2冊です。
全部で16個のお話+先生のコメントが1Pずつ、4か所。

1.Quirk of fate ~運命のいたずら~
 刑務所内で、バスケの試合に駆り出された後のユウトとディック。
 ディック目線。
2.強き者、汝の名は女
 刑務所内で、懲罰房を出た直後のネトのお話。
 トーニャ、鋭い!女は強いという結論。
3.遠い夜明け
 刑務所内、懲罰房を出たユウトの発熱話。ディック目線。
4.Forked road~分かれ道~
 本編2巻の二人がすれ違った直後のディック目線。
 この巻はディックが超嫌いだった(笑) 
5.Our footprint on the beach ~ふたりの足跡~
 本編3巻最終で二人が気持ちを確かめた後~翌朝のお話。ディック目線。
 超幸せトロトロ話。癒されるー
6.Love begets love
 ディックと同居を開始した10日後、ロブの家のホームパーティで、パコと
 ご対面~となったディックの話。ユウト目線。
7.You mean a lot to me
 パコがトーニャに告った後のお話。ユウト目線。
 ユウトにヘタレってるディックがちょっと登場(笑)
8.ヨシュア・ブラッドの意外な趣味
 ロブとヨシュアの初デートの日の夜のお話。ロブ目線。
 ロブがエロおやじ本領発揮。
9.Day after day(朗読CD)
 CD聞いてないので、なんとも言えないのですが、
 CDのためのシナリオ?脚本なのかな?
 同居始めてから半年後のユウト&ユウティ家出話(笑)。ユウト目線。
10.I need a love that grows
 ロブとヨシュアの喧嘩話とディックが某国へ出かける直前~出かけた後
 の頃のお話。ケイティ(ロブの姪)とご対面した時のヨシュアが
 すんごく可愛い♡ロブ目線。
11.Lost without you
 10とシーンかぶってます。ディックを応援しようと頑張るユウトのお話。
 ユウト目線。きゅーーーーーーっとツラそうにしているユウト。
 ディックのバカーと久しぶりの怒り(笑)
12.Fall in love again
 11で出かけたディックの帰国話。ディック目線。ディックにきゅーん。
 デルタ時代のディックの上司が登場。
 こういうおっさん、大好き♡お仕えしたい♡
13.Love me little Love me long&後日談漫画
 映画スターの痴話喧嘩に、ディックとユウトが巻き込まれるお話。
 最後のディックのセリフがよいです。見直したわ、ディック。
 漫画の方は、小説部分の後日談。みんなで集まって、
 テレビを見ている時に、ロブが意地悪して、ディックが悪者になる話(笑)
14.Midnight phone call(朗読CD)
 くつろいているロブに、喧嘩して家を飛び出したユウトから電話あり
 ヨシュアとの喧嘩話?のろけ話を聞かせるお話。ロブ目線。
15.Never walk alone
 ユウトの浮気話。最後、ディックと一緒に涙ぐんじゃいます。
 ディック目線。
 この話の中でユウトの女装話があり、これを漫画版で読みたかったなあと
 少々思いました。
16.Lost without you 漫画版
 11のコミック版♡10とも一部シーンがかぶります。
 ディックが格好いい・・・

あまーい部分も切ない部分もあり、各キャラの幅がより広がって
奥行が増えて、すんごく各キャラに入れ込んでしまうようになる本でした。
気をつけないと、本編、外伝と無限ループで読んじゃいそう。

先生方、出版社の方、本当に素敵な本を有難うございました!

8

堂々の不朽の名作1位

素晴らしかった…!これしか言えないほどの良作だった。まさに堂々の不朽の名作一位!前4作は読んでいてまるでスピーディーな洋画を観ているようなので一気に読み終えてしまった。それに対して番外編の2冊はその後の話をいくつかの短編で組み上げられている。3つのカップルが穏やかな日々を送っていく中で、いろんな出来事があったり…喧嘩したり、愛を確かめ合ったりという話。

最初はあっちこっちで載っていた書き下ろしや全サ小冊子などを積んだ2冊だと知っていて、全部バラバラな話かと思っていたけれど、まさか全部繋がっているとは思わなかった…。

1冊目の最初のディック目線はすごくお気に入り!前作の3冊は全てユウト目線で描かれたので、謎めいたディックはどんなこと考えてたのかさっぱり捉えられなかった。だからディック目線の5篇を読んでお二人の過去を振り返っているような気分になって、なんだかすごく懐かしくて涙が出そう…

それからユウトとディックの新生活。最後は最高に素敵な終わり方で先生に脱帽…!ノエルのことを触れながら、ようやく最後の葛藤を乗り越えたお二人を見ていてすごく満喫した。
いつもクールなディックがユウトのことになると別人みたいに慌てたり退屈になったりして、こう見ると彼は本当にたくさんのものを失ったからこそまたユウトを失うことを恐れているのが見え見えだ。ユウトは一生ディックの死角だろうね…。一途にディックを追いかけていく健気なユウト…本当に愛おしくてたまらない。
お二人、どうかお幸せに…

あとはこの2冊の中で一番好きなロブとヨシュアの話「I need a love that grows」。愛されることに不慣れなヨシュアと、世話焼きなロブ。先生が言った通り、この2人は出会うべくして出会った運命の2人なのだ…。
ロブのような完璧な男はいったいどんな欠点を持っているのか興味津々なんだけど、ヨシュアにでも決して弱気を見せないとロブはいつも心がけているからこそ彼は完璧に見える、とでも解釈できるんだね。
ヨシュアは早くロブの欠点見つかって、その欠点まで愛したいと言ったのに…でもそう考えてみるとロブは確かに難しいキャラだよね。明るくていつもハイテンションで人生を楽しんでいる(ように頑張っている)ロブは実に謎だらけだ。ユウトと出会う前のロブの生活を覗いたりしてみたい…
彼はどこかネトに似てるかもしれないね…けどこの2人は気が合うのは同類者だからで、恋人にはなれないのも同じ理由であるんだね。恋愛に手慣れなロブこそ、ヨシュアのような初々しくて不器用なのに肝心なところでは素直になる子に癒されるわけ。
お互い相手の個性とマッチングして、本当に最高に相性の良いカップルだと思う。でも1つだけ言いたい。ロブ、あんまり意地を張ってないで、ヨシュアくらいには甘えて弱音を吐いても良いと思うよ〜(笑)。


良い作品見つかって凄く楽しかった…!この前も言ったけど、初外国モノが「デッドロック」でよかった。

先生、素敵なストーリー本当にありがとうございました。

6

ファンへのご褒美的な1冊

電子にて。
ロブ×ヨシュアの話も多くて大満足でした(≧∇≦)

ラブラブな話ばかりかと思いきや、ディックがCIAからゲリラ沈静化のために案内役を依頼されるなど心揺れる出来事もあり、ユウトの気持ちを思うと複雑でした…。
でも自分の不安な気持ちを押し殺してディックの背中を押したユウトはやっぱり男前。
でもあれは読んでるこっちも辛かった…!
ディックが無事帰国できて本当に良かった。

ユウトが浮気してると勘違いして突っ走って自己完結しちゃうヘタレなディックが可愛かったですw

番外編2はいつ電子化されるのかなぁ。

4

みんながより一層愛しくなり、応援したくなる、幸せになれるお話。

デッドロックシリーズ。いよいよ番外編です。そしてこの番外編Stay とAwayがシリーズの中で一番お気に入りです。事件もなく甘々なカップルのイチャコラをニヤニヤしながら覗いてる感じです。笑
この本の初めの何編かは、デッドロックのお話のディック目線で描かれています。私は、本編を読んでいる時にディック目線のお話が読みたいとずっと思っていたのでこれは有難かったです。ディックが、ユウトに対して警戒心を持ちつつも、惹かれていっている姿が微笑ましかったです。一目惚れと言ってもいいくらいに早い段階で、ユウトに惚れていたと知り笑いそうになりました。結局は誰もユウトの可愛さには抗えないのよ...笑
ネト目線のお話もあり、面白かったです。ディックのユウトへの気持ちに気付き、半ば馬鹿にするようなふうにディックと接しているのを見て、ほんとディックってただのヘタレだなぁと再確認しました。笑
この番外編の中で 私が一番好きなお話はI need a love that grows です。ロブとヨシュアが、一悶着あった後にお互いの気持ちを再確認し、関係を成熟させるお話です。最後にはロブがヨシュアに結婚を迫るところまでいきます。肝心の結婚式は次巻のAwayに詳しく書いてあります。
この話で、ヨシュアの寝起きの悪さが暴露されます。それがもうめちゃくちゃかわいいの!!笑 普段の堅い貴公子のような雰囲気は遥か彼方、ほげーっとしたネコちゃんのような寝起きなんです... ロブ、思わぬ収穫に驚いたことでしょう。これでヨシュアをたっぷり世話して可愛がってあげることができるね!笑
他の短編も、多かれ少なかれ問題はあれ、それぞれのカップルが幸せに日々を暮らしてることが伝わってきます。
デッドロックシリーズのキャラに愛着が湧いている方は読んでも損はない作品集だと思います。より一層、愛しくなる、そんなお話がてんこ盛りでした。オススメです。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う