OUTLIVE DEADLOCK season2

OUTLIVE DEADLOCK season2
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神68
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

2

レビュー数
11
得点
404
評価数
86
平均
4.7 / 5
神率
79.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784199008788

あらすじ

ルイスの原作小説の映画化で、ヨシュアがハリウッドデビュー!?
映画の撮影で南米の小国を訪れることになったヨシュアとロブ。
さらには元軍人のキャリアを買われたディックも、戦闘シーンのアドバイザーとしてロケに参加することに。
陣中見舞いに彼らの元を訪れるユウトだが、帰国直前、大統領暗殺を企てた軍部のクーデターに巻き込まれ……!?

表題作OUTLIVE DEADLOCK season2

ディック・バーンフォード、警備会社勤務、32
ユウト・レニックス、ロサンゼルス市警、30

同時収録作品OUTLIVE

ロブ・コナーズ、犯罪心理学者
ヨシュア・ブラッド、ボディガード、28

同時収録作品OUTLIVE

ダグ・コールマン、警察官
ルイス・リデル、人気ミステリ小説家

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

愛と甘さとアクションと

本作は「DEADLOCK」番外の「STAY」「AWAY」と同じ様な空気感、甘さが漂ってます。
表紙、口絵、挿絵でのイケメン祭りも麗しい…
ディックとユウトは鉄板、ヨシュアも美男、でも私のイメージではロブはそれほど美形じゃないんだよな。あと、ダグは私の個人的イメージだともっと太ってるかな。
本編「DEADLOCK」は陰惨な復讐劇、死と罪と罰、という感じでしたが、本作はディックとユウトの確固たる関係性が前提にあるので、2人のラブシーンは甘々デレデレ濃厚…
ですが、南米カリブ海に浮かぶ島・グアマルカでクーデターに巻き込まれて!というシリアス展開。
「DEADLOCK」を思わせるハードアクションが繰り広げられますが、ハラハラというよりもエンタメ的なドキドキを楽しめると思います。
心残りはパコとトーニャ。
私は小冊子とか追ってないので2人が結ばれるシーン読んでない……キーっ

4

戦う男は格好いいです❤

大好きなデットロックシリーズです。
ですが残念ながら私は最初に本編を読んでそれほどでも?
と思ってしまいました…

が、「STAY」「AWAY」を読んだ後
読み返したらものすごい感動の波が押し寄せてきました!

10年ぶりの続編でシーズン2だそうです。
主要登場人物が全員登場して、幸福感に満たされます。

映画のロケ地でクーデターに巻き込まれ
要人救出の流れで、ディックとユウトがバディを組む

戦う男は格好いいです。

英田先生は続編を書きたかったけれど
なかなかチャンスが来なかったとか
でも、ファンの方の応援で今に至ったと
やはり声をあげていくのが重要なんですネ。

3

エンターテイメントアクションBL♡

発売されて即買っていたのですが、手持ちの既刊を読み直してから楽しもうと決めていて、ようやくこちらを読みました。

一気読み、でした。

season2と銘打たれていることから、2〜3巻続くような大きな事件に巻き込まれたりする展開か? と勝手に思っていましたが、この一冊で決着するストーリーでした。
そして、番外編や外伝の類を読んでいなくても、最初のシリーズを未読でも理解できないということは無い構成になっていると思います。(最初のシリーズの本編くらいは読んでおく方がより楽しめるのは間違いありませんけどね)

正直なところ、最初の3冊のスリリングさやドラマチックさには及ばないのですが、アクションシーンや軽妙な会話も楽しめて完成度の高いBLです。バカップルぶりや甘々なシーンもバランスよく入っているので、ハードな展開が苦手な方でも楽しめるのでは?

登場する(ゲイ)カップルは4組。ゲイの割合高すぎ!ではあるのですが、まぁそこはそれで。
個性的なキャラたちの活躍は楽しいので、たまーに思い出したようにでも良いので、これからも続くといいな。

0

トラブルを呼ぶのは誰?

久々のスリルとアクションの本編登場というか、ずっと脇カップルや、外伝的なショートストーリーが続いていたので、ディックとユウトがメインの物語で、かっこいいアクションやら、紛争や戦争に対する思いやら、もちろん、二人のイチャイチャバカップルぶりも堪能させていただきました。
このシリーズの、翻訳ものっぽい語り口調(ディックのデレっぷりとか、ロブのオーバーな物言いとか)が楽しい。
それでいて、ユウトの奥ゆかしさみたいなのが、これはこれでBLの伝統芸的な感じで、このバランスがいいよね。

2

ぜひ映画にしてくれえええええ!!!!


ぜひ映画にしてくれえええええ!!!!と叫びたい気分です(笑)。
とはいっても、ほんとにどこに行っても事件に巻き込まれる多難なカップルですね(汗)。でも相変わらず、お二人の背合わせの戦いは文句なくかっこよかった…!読んでいてアクション映画を観ているような、スピーディーな作品ですね!

お二人の関係性についても勝手にいろいろ考えてみました。まず、ユウトは未だに心のどこかでディックがまたいなくなったら…と恐れているらしい。ディックは自分にぞっこんでアメリカ軍に戻る気はないと分かっていても、つい不安になってしまう。あとはロブが指摘していたように、同性愛者であることをバレたくないけど、ディックには罪悪感を抱いている。
( アジア系人だからいろいろ差別されたことがあるってユウトが言ってたんですが、すごく胸に刺さったというか…ちょっと泣いてしまいました。わたし自身も外国人なので、バイトのとき名札を見られて客に当たられたこととかも何回かありました。だからユウトのそういう辛さを身を以て知っているこそ、彼の心の強さに尊敬しています。(話が飛んでしまってすみません…) )
それに対しディックも以前ユウトをひどく悲しませたことを根を持っているから、お二人の間はまだ打ち解けていないことはたくさんあるみたいですね。でもまだ出会ってから3年で同棲もまだ1年半だし、このお二人ならそのうちきっとどんな山でも乗り越えてくれそうな気がします(笑)。これからも、どんどんSeason3、4出してくださるといいですね!

あとはロブとヨシュアの出番も思っていたより多くてロブ推しのわたしが嬉しすぎて舞い上がってます(笑)。しかしこのお二人もいろいろ心配してしまいますね…まさにディックが思っていた「演じる側と尊敬する側」そのものです。「SIMPLEX」のほうでもロブの心理描写がかなりや細く、普通の人より1倍考えているんじゃないかって思ってしまう(苦笑い)。ヨシュアみたいな思考回路の変わった子と付き合っていろいろ苦労しそうだなぁ。またいつか、ロブとヨシュアの丸一冊のスピンオフが読みたいですね〜

あと最後のわがままですが、ノエルのことが気になって仕方がありません。彼はリックとどんな生活を送っていたのか、あの頃のリックはどんな人間だったのか、復讐の沼に堕ちる前のリックはどんな戦いをしていたのか…知りたいことがたくさんあります。(リックと呼ぶとまったく別人のことみたいな感じがします…)本に出るって期待はしないけど、いつか先生ご本人に聞く機会があったら…と夢見ています(笑)。

久しぶりにこんなに痛快にBLが読めてほんとうによかったです!さっそく出版社さまにSeason3の要望を出してきます(笑)。今回も、素敵な作品ありがとうございました!

9

神様、仏様、英田先生様!!!

 まさかまさか、この名作の続編が出るとは思っていなかったので、ホント神様、仏様、英田先生様です!!!
 
 ロスで二人と一匹の生活を始めて、既に熟年夫婦のような落ち着きっぷりを見せる二人ですが、ヨシュアがルイス原作の映画に出演することになり、軍事アドバイザーとしてディックもグアマルカという中南米の国でのロケに帯同することになって、初めて長期間(といってもたった10日ですが…)離れて過ごすことになるんですね。たった10日もユウトと離れたくなくてごねるディックには、もはや1作目の刑務所時代の面影もありません(笑)。ヨシュアにもれなく付いて来たロブを含め、その3人がロケ隊と一緒にグアマルカに先発し、後にユウトもパコとトーニャの計らいで休暇とグアマルカ行きのチケットをゲトし、5日遅れで合流します。
 ロスでの日常を含め、サプライズでグアマルカに登場したユウトにディックがそっけない態度を取って(抱きしめるのを我慢するために距離を取ったと後で判明)、不安になって帰ろうとするユウトを引き止めたり(もちろんそのままエチになだれこみww)と、前半は読者サービス?と穿うような甘々な展開が続きます。ただし、グアマルカに来てからのディックはどこか様子が可笑しく、それは特殊部隊時代に共に戦ったことのある仲間に偶然再会したことで、平和な日常によって鈍りつつある自分の闘争本能に不安を感じてしまったからなのですが、そんなディックの様子に薄々勘付いているユウトも胸騒ぎを覚えます。
 そんな時に事件が起きます。
 ディックやユウトも含めたロケ隊が大統領官邸に招かれていた時にクーデターが起こり、官邸が一部の軍に占領されてしまうのです。大統領とその孫娘を守るために奮闘するディックとユウトの前に、かつてのディックの戦友が立ちはだかります。ディックを戦闘の場に一人残し、大統領と孫娘の安全を優先させるユウト…。シリーズ3作目の『DEADSHOT』ほど手に汗握る場面はなかったですが、そこそこに戦闘シーンも楽しめました。3作目まではディックがひたすらネイサンを追いかけて、そのディックをユウトが追いかける、という流れできていたので、今回が初めての本格的な二人の共同作業だったと思うのですが、ベッドの上と同じくらい息もぴったり(笑)で安心して見ていられました。
 「すべて手放して楽になっても、死んだ仲間たちはお前を責めたりしない」とかつての戦友を諭すディックは迷いが晴れた様子で、今回の事件を機にまた二人の絆は深まったようです。

 大好きなシリーズなので、何か大きな事件じゃなくても番外編のような形でいいので、また二人の新しい話を読めたらいいなと思っております。
 出版社様、英田先生!何卒よろしくお願い申し上げます!!!

3

最高のパートナー

待ちに待ったという感じの、DEADLOCKの続編。
2冊の番外総集編で、ああ、幸せな彼らを見られて良かった!
こうしてロスで彼らは生きていくのだなぁ……と、しみじみと幸せを感じ
でも一方で、これでお終いか……、という気分だったので
こんなseason2が読めるなんて!

番外編の甘いちょっとした話も好きなのだけれど、
やはりこの二人の戦闘シーンはかっこいいし、がっつり読めて幸せ。
まずは、口絵の美男が勢揃いの二枚にたっぷりウットリしてから本編を読む。


前半は、なんだかすっかりホモだらけになっちゃった
ロスの気の置けない友人達の様子や、愛し合い過ぎているカップル達の
番外編とトーンが近い日常。

結局一度は断ったヨシュアの映画出演話(原作者はルイス)が浮上し、
カリブ海の島国にロケに出掛けることになる。
付き人よろしくウキウキとロブが付いていくのは誰にとっても想定内だが、
思いがけないことにディックも仕事で同行することになり……

一人寂しく留守番のユウトだが、彼もまた休暇で訪れることになり、
4人揃って巻き込まれたクーデター騒ぎ。
正直、ちょっとページ数が足りない気分で、
クーデターの顛末はそれほどハラハラもせずに読んでしまったのだけれど
やはりこの二人には、特にディックにはこういうシーンもなくっちゃね!

銃をとっても、ベッドの上でも、二人は最高のパートナー。
season3,4と続いていくことを期待せずにはいられない。

7

みんな お帰りなさい!&ヨシュアが超かわいい

最近 ファンになった私。
すいません 1作目からの記憶が新しいうちに新作を読めてとっても幸せ。
全部で250Pほどですが、前半はなんだかんだいって 幸せな風景多め。
ダグ&ルイス、パコとトーニャ、ネトは少な目ですが、様子は分かり
皆に再会できたのがとてもうれしかったです。

当作 特に後半ではディックが頑張るのですが、
彼の心の傷を増やしてしまいそうで、読んでて、はらはらし通し。
ヘタレってて、ユウトにぐにゃぐにゃ絡んでるぐらいの
ディックの方が実は安心できて、好きです(先生ごめんなさい)
頑張るディック、格好いいけど 戦闘シーンは心臓もたない。

かたや最近のお気に入り、ロブ&ヨシュア。
当作で一番ほっこり私を癒してくれたのは、ヨシュアでしたー。
断然可愛かったです。(ロブは、相変わらず詐欺師級の人たらし)

可愛いヨシュア1:あるものを嬉しそうに着ています。もう可愛すぎて、たまんないー
可愛いヨシュア2:ワイン3杯で酔っ払い。その口調が超可愛い。
可愛いだけではなく 1シーンでは高階先生の超絶美しいヨシュアが。
本当にキレイ・・

すんごく楽しみにしていたのに、あっさり終わってしまって今、寂しいです。
season2 というネーミングから、お、これは何巻か続くのか????と
期待してるんですが、どうなんでしょうか・・・
ヨシュアのアメリカでの撮影シーンや、そこでなんか事件おこって
またヨシュア進化して、素のロブとの関係を構築・・・なんていうので
1冊書いていただけないかなあ・・・・とまたまた妄想してしまいました。

またみんなに逢えるのを楽しみにしています。
先生よろしくお願いいたします。

6

待ちに待った新作!

DEADSHOTから10年ぶりの新作という事に驚きましたが、その間外伝や総集編があったからなんですよね〜。
そんな久しぶりなDLシリーズ、やっぱり戦うディックは格好よすぎでした…!

正直なところ、ディック達が訪れたグアマルカという国の情勢やアメリカの特殊部隊の様子、また武器の特徴等は、真剣に読まないと頭に入ってこない時がありました。
英田先生の取材力や知識、そして創造力…感嘆いたします。
このリアリティさがDLシリーズの醍醐味ですね。

ラブ面では、相変わらずディックがユウトに弱いところが愛おしすぎます。
あーんなに強くて格好良いのに…本当、なんて可愛い男なんでしょう(笑)

ユウトの方は、少し変化がありました。
そんなに親しくはない人にディックとの仲を打ち明けられたり。
ユウトが自身で感じてる『矛盾と葛藤』が、徐々に無くなっていくんだろうな〜。

今作で、パコとトーニャが付き合ってる設定でした。
2015年全サ小冊子でその事が書かれてたそうですが、その時は小冊子応募してなかったぁぁ!読みたかったぁぁぁ!!
英田先生…またいつの日か総集編をお願いいたします…待ちます…(´;ω;`)

5

外伝未読

外伝を一切見ていないので、DLシリーズでの他カプについては番外編の二冊でちょろっと知っているぐらいでした。
他カプがメインの番外編は飛ばしたりなんかもしていて、今作では物語に入り込めないかも、と感じていた自分に言ってやりたい。
そんな心配は無用だ!!

キャラ同士の関係性や性格など、ユウト視点で序盤にさらっと書かれていたので無理なく読めて、理解も早かったと思います。全然知らない情報なんか出てきても納得して読めました。
序盤と中盤はほのぼのとしてディックとユウト、ヨシュアとロブの甘いカップルが拝めます。
内容も濃くて引き込まれました。でも小難しくはなくて、知らない世界を除けて楽しかったです。正直いつどこでクーデターが?と疑問に思ってたりもしましたが、ちょいちょい不穏な影はありました。
デルタ時代のディックの知人、CIAからの意味深な電話等々。

そして満を持して(?)の戦闘シーン!全体でみるとページ数は少なめでしたが、そんなこと感じさせない派手なアクションとドンパチ!格好いいディックがそこら中にいました!
やはりディックは頼れる男です。普通に考えて男前で出来る人間のユウトが、姿を見ただけで安堵してしまうのはきっと恋人だから、とは違う次元なのでしょう。作中の通り、まさにディックはヒーローです!

事件もきちんと解決しました。
今作での一番のお気に入りシーンはユウトの口から出た「ガールフレンド」にディックが固まったところです(笑)
マイナーかな?他にもいいシーンはたくさんあったのですが、ここが一番好きです。今更なんで固まるんだディック!と笑いながら彼の肩を叩きたい気持ちになります。
ユウトも小さな悩みやもやもやを抱えていたり、ヨシュアがどうやら成長していたり、どこにいてもロブはロブだったり、前シリーズと変わらぬ面白さで楽しめました。

最後に、トラブルメーカーなユウトが大好きです!!

2

愛に溢れてます( 〃▽〃)

レビュータイトルに迷って、結局読んで感じた事をそのままタイトルにしました。ちなみに「愛」というのは、登場人物達の「友達」や「恋人」に対する愛に、作者さんの作品に対する愛、全てひっくるめてます。・・・と、ドヤ顔で言ってみる(^^ゞ

シリーズ新作ですが、番外編でのあたたかくて楽しい雰囲気そのままで始まります。ルイスとダグの出番は少しですが、とりあえずオールスター勢揃い。
ヨシュアが映画に出演する事になり、撮影の為カリブ海の島国を訪れる一行。そこでクーデターに巻き込まれといった内容です。
手に汗握る緊迫の部分もありますが、そこを除けば終始甘いです。

個人的にとてもありがたかったのが、ディックとユウトが離れ離れにならない事。1冊でスッキリと完結していて、シリーズ前作のように二人が離れ離れのまま何巻も進んでいくという事はありません!緊迫の渦中でも、二人は常に一緒です!!
二人が共に在るだけで、この安堵感(*´▽`*)

そして先生があとがきで書かれている、格好いいディックの復活。
と言っても、彼はいざという時に復活するだけで、やっぱり大半はヘタレてるんですが。
今回もどうでもいい死ぬ程くっだらない事で、ああでもないこうでもないとグルグルやってます。付き合って時間が経つと、普通は落ち着いた愛情にシフトしていくものですが、彼の愛はますます熱く暴走してる・・・。
私はクールなディックより、そんなユウトが好きすぎてちょっと情けない彼の方が好きですけどね。

また、作中でユウトも負けず劣らずディックへの愛情を溢れさせてます。なんかもう、読んでいて微笑ましくて仕方なかったです。

ディックの中には未だに消化しきれてない重たい過去が残っていて、そちらにも触れられていました。この件では、ユウトの心にも傷を残してます。でも二人一緒なら、少しずつでも癒していけると希望を持てる素敵なラストです。
二人のエッチの回数が(普段より)大目なのも喜ばしい事でした。

ついでになっちゃいますが、ロブとヨシュアも相変わらず甘かったです。こちらは安定のバカップルでした。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ