• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作WISH DEADLOCK番外編 4

ディック・バーンフォード(リチャード・エヴァーソン), 警備会社勤務
ユウト・レニックス,ロサンゼルス市警

同時収録作品WISH DEADLOCK番外編 4

ロブ・コナーズ,犯罪心理学者,ヨシュアのパートナー
ヨシュア・ブラッド,俳優,元ボディガード,ロブのパートナー

同時収録作品WISH DEADLOCK番外編 4

ダグ・コールマン,ロス市警刑事
ルイス・リデル,ミステリー作家

その他の収録作品

  • Restful slumber〜Alone again
  • You can't hide
  • I treasure you
  • I can't compete with you
  • Take me to the camp again
  • ハンサムが多すぎる
  • 秘密が増えていく病
  • You're just a boy
  • ユウティの最高の一日
  • Don't ride his motorcycle
  • 昼下がりの内緒話
  • The Days of Love and Peace
  • What is love even?
  • You are wonderful
  • Beautiful eyes
  • Happy day off
  • I love you the way you are
  • Love is here
  • I wish(書き下ろし)
  • あとがき

あらすじ

ハリウッド俳優に転身したヨシュアの映画がついに世界公開!! 原作者のルイスも喜ぶ中、レッドカーペットでの晴れ姿を、沿道の最前列で見守るロブ。一方、常に不愛想なユウトの相棒キースが、愛犬ユウティを見に予想外の家庭訪問!! 嫉妬を押し隠せず、素の顔を見せ始めたディックが初めて語る、封印された幼年時代──。高階佑による漫画3本と書き下ろし小説も収録した番外編集第四弾!!

作品情報

作品名
WISH DEADLOCK番外編 4
著者
英田サキ 
イラスト
高階佑 
媒体
小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
シリーズ
DEADLOCK
発売日
電子発売日
ISBN
9784199011207
4.8

(102)

(93)

萌々

(6)

(3)

中立

(0)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
11
得点
498
評価数
102
平均
4.8 / 5
神率
91.2%

レビュー投稿数11

感謝しかない!

たぶん殆ど読んだことがあるSSなんですが、こうして一冊に纏めて貰って再読すると新鮮な気持ちで読むことが出来ました。感謝、感謝です。
英田先生の言葉のチョイスで、洋画を観ているような感覚になってくるのがこのシリーズの素敵なところだと思います。

ディックのユウトへの重い愛情にクスッと出来て、ヨシュアの真っ直ぐで純粋なところに爆笑して、それぞれに尊重し合う登場人物たちの関係性に暖かい気持ちになりました。

シリーズが始まった時にキリキリと緊張感を孕んでいたディックとユウトの関係が、今ではこんなにほのぼのとしてキュートな顔を見せるようになった2人に感無量でした。

そして書き下ろしの「I wish」ではホロリと来ました。

SNSで英田先生の体調のことを知って心配すると同時に、前向きな姿勢に私も頑張らねばと励まされました。

ユウトがディックの故郷に行きたいと言ってた続きも読みたいし、ヨシュアの次の俳優としての仕事の話も読みたいし、欲を持つことが気力となって頑張れると思っています。素敵な作品ありがとうございます。

10

惚気られる気分を味わえる一冊

漫画少々と短編小説がたっぷり。全て初読み。
表紙の雰囲気どおり、今までに描かれてきたカップルそれぞれのその後が見れた。それにしても、まさかトイレの電気で揉めるディックとユウトを見ることになるとは……平和すぎて泣く。
特定の相手がいないネトは出番少なめ(残念!)、キースはヤキモチ妬かせ要員として大活躍だった。

本編後にすっかり変わったディックはユウトを溺愛していて、ユウトの言動全てを良い方に解釈するポジティブっぷりがすごい。逆にユウト以外には、被害妄想に近い危機感を抱いてみたりと、盲目を超えて病的(キース談)。

ユウトは惚れた欲目なのか、ディックの容姿を褒めちぎるモノローグがめちゃくちゃ多い!ここまで惚気られる気分を味わえる一冊もなかなかない。ディックの重い執着を笑って受け止めたり受け流したりできるのはすごい。

今回とても好きになったのがキース。何組ものカップルの中に一人で引っ張り込まれ、静かにディックに恨まれていくのは理不尽で可哀想。漫画でちょっとやり返してたけど、もっとやっちゃって良いと思う。

一番好きだったのは「ユウティの最高の一日」という、ペット視点のお遊び的なお話。ユウトとは違った視点でディックを理解するユウティが微笑ましく、犬視点で分かりやすいディックが可愛らしい。

シリーズとして重要と思われるのは「You'er just a boy」かな。ディックの過去が少しだけ見えてくる。性犯罪が絡む話を、正義感の塊であるユウトのようなキャラを聞き手に据えて語られるのはしんどいが、希望の示し方や終わり方がとても良かった。

ロブ推しとしては、人生を全力で楽しみ、ときにしょんぼりしたり寂しんぼになったり完璧な恋人であったりしながら、ヨシュアと幸せな日々を過ごす様子を見られて一安心。

どのカップルも別れそうな気配は微塵もなく、絆の深まりを感じられる一冊だった。

9

大好きです

小冊子掲載作から期間限定ペーパー等、今では入手が困難なお話から、高階先生の漫画と英田先生の新規書き下ろしまで読める幸せ。
DEADLOCKファンにはたまらない、宝箱のような最高の短編集でした。

DEADLOCKシリーズのキャラクター達の海外風というのでしょうか…洋画のような独特の言い回しや表現がすごく好きで。
どの短編も小気味の良いリズムで会話が繰り広げられ、どこを切り取ってみても愛に満ち溢れている素敵なものばかり。
パコ&トーニャを含め、4CPが一斉に集まって仲良く食事をしているのを見ているだけで楽しいんですよねえ。
壮大な惚気あり、痴話喧嘩あり、共に支え合う覚悟あり、成長あり、そしてもちろん愛情はたっぷりです。

中でも、全掲載作を通してユウトの相棒・キース曰く「まじでやばい」対ユウトに関連する物事においてのディックの心の狭さがクセになる面白さで大好き。
キースからユウトに惚れすぎてメンタルに問題を抱えていると認識されているディックに笑ってしまいます。
4CPともそれぞれカラーが異なる組み合わせで、どのCPも非常に魅力的なのがすごいですよね。
人間1年目の赤ちゃんだったヨシュアがどんどん成長していく様を見守り、ヨシュア関連だとなんだかんだでいつもの余裕がなくなりがちなロブ&ヨシュアCPが個人的にツボです。

甘やかで楽しく笑顔になれる作品が多い中、今まであまり描かれてこなかったディックの過去に一歩踏み込んだ「You're just a boy」が良いスパイスとなっていて読み応えがありました。
ディックとユウトの関係性がより強固なものになった1作なのではないかな。
このシリーズの始まりとも言える、ディックとユウトを中心に、それぞれのCPの良いところをぎゅっと詰め込んだものが読める素敵な1冊でした!


(以下、各タイトル+メインCPまとめ)
Restful slumber〜Alone again(漫画/ディック&ユウト)
You can't hide(漫画/ディック&ユウト)
I treasure you(ダグ&ルイス)
I can't compete with you(ディック&ユウト)
Take me to the camp again(ユウティ)
ハンサムが多すぎる(キース視点/全員)
秘密が増えていく病(ディック&ユウト)
You're just a boy(ディック&ユウト)
ユウティの最高の一日(ディック&ユウト/ユウティ視点)
Don't ride his motorcycle(ディック&ユウト+ロブ&ヨシュア+キース)
昼下がりの内緒話(受け3人座談会)
The Days of Love and Peace(全員)
What is love even?(ディック&ユウト+ロブ&ヨシュア+キース)
You are wonderful(ディック&ユウト)
Beautiful eyes(ロブ&ヨシュア)
Happy day off(漫画/ディック&ユウト+ユウティ+キース)
I love you the way you are(ディック&ユウト)
Love is here(ロブ&ヨシュア)
I wish(ディック&ユウト)

8

やっぱり大好きなシリーズ

現在のお話や過去のお話も交えつつ大好きなみんなの日常を見られる幸せ♡( ´˘` )
相変わらずのディックの嫉妬深さやヨシュアの空気を読まない言動に爆笑しましたꉂꉂ(ˊᗜˋ*)
そんな相変わらずなところもありつつ、ダグとルイスの絆の深まりやロブとヨシュアの関係性、ユウトの心境など変わってきているものも沢山ありこれから先もまだまだ見たいと思わせてくれる1冊でした(⑉>ᴗ<ノノ゙
ユウトとキースのバディの成長や、いざと言う時はかっこいいディック、ヨシュアの俳優としてのますますの活躍、それを見守るロブ、パコ&トーニャ、ダグ&ルイスの日常やこれからなど今後も楽しみにさせていただきますます(*^^*)先生のペースで頑張ってください!

7

キャラクターの魅力がぎゅっと詰まった一冊!

小説16本漫画3本という豪華で読み応えのある1冊です。この作品の大ファンなので、絶対に楽しいだろうなぁとワクワクして読んで、期待を裏切らない楽しさで大満足です。
相変わらずのディックの病的な嫉妬心も可愛らしいのですが、個人的に漫画『Happy day off』のキースの笑顔がレアで好きです。その後の話になる、小説『I love you the way you are』の後半のシーンですが、なんとかしてユウトをその気にさせようとするディックに対して、ユウトの地の文「それは無理だよディック、だって俺はキスされる前から、お前のすべてに魅了されているんだから」がとてつもなくキュンとしました。
一番は書き下ろしの『I wish』です。マンハッタンのクリスマスを過ごすディクユウが最高でした。ユウトが浮かれてるのが可愛いくて幸せな気持ちになりました。素敵な話をありがとうございます。

6

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP