君の命令で、君を抱く。

メトロ

metro

メトロ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神124
  • 萌×298
  • 萌46
  • 中立16
  • しゅみじゃない15

--

レビュー数
31
得点
1166
評価数
299
平均
4 / 5
神率
41.5%
著者
本郷地下 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
ISBN
9784834264524

あらすじ

性に対して親から抑圧され続けてきた水葵は、通学中の電車内、いつも同じ時間、同じ車両で、見知らぬ男に体を触られていた。
逃げることは出来たのに、その行為を受け入れてしまう水葵。
ある時、水葵は男――忍を見つけ出し、取引を持ちかける。
「…教えてください。電車でした、それ以上のこと」
マゾヒスティックな水葵の〝命令〟に、淡々と応えていく忍。しかし、背徳に耽り、欲望に溺れる日々の中、無感情だった忍にも、次第に変化が訪れ始め……。
闇を抱える男×抑圧に苦しむ少年の、生々しくも美しい、インモラリティ・ボーイズラブ。

表題作メトロ

黒瀬忍,電車で水葵を痴漢する男
白岩 水葵,病気で留年した高3

その他の収録作品

  • fine(描き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数31

ただの痴漢ものではなかった

夫に裏切られた母親が苦しさのあまり息子の性的管理すると言うなかなか重い設定。
高校生の主人公は電車の中でいつも決まった時間に痴漢にあうんだけど、ある日その相手を見つけて体の関係を持ってしまう。
それも自ら。
でもその男性にも辛い過去の事情があって…。
タイトルと表紙だけ見た時はメトロで痴漢、という流れからの体の関係への簡単なストーリーかと思いきや、それぞれの登場人物に課せられたストーリーがとても複雑で引き込まれていくものだった。
絵のタッチが割と細くシンプルなので、エッチなシーンもドロドロした感じがなく、内容的にはまぁまぁエッチなんだけどあまりそれを感じさせなかった。
シンプルなので淡々と進んで全体的に読みやすく美しい作品だと思いました。
地下鉄のホームで涙ながらに訴えるシーン、「苦しみながら生きてください」って、あの若さでなかなか言えないよね。。
母親のことも見捨てず好きな人に理解を求めながら進んでいく姿はとても立派で、高校生の男の子だとは思えません。 
お互い好きになって強くなって心に変化が生まれ、成長し愛を深めていく心温まる作品でした。
本当ならこの先にイチャラブがあるんでしょうけどここで終わっていることに意味があるのかも。
ドラマCDは佐藤拓也さんと天﨑滉平さんと言うことで、とてもイメージぴったりな気がして聴いてみたくなりました。

0

依存し合う二人の未来

消えたい男と、見つけて欲しい青年、二人が依存しあって、それでも好きあっていくお話!
一方通行だった思いがいつの間にか、きちんと交差していてよかった。
えっちもしっかり描かれていて、かつ綺麗でした。
電車内での行為は1話目だけで、触れる程度なので、そこを期待される方向けではないです…。
コミックス描き下ろし部分、そこがあるのとないのとでは、二人の関係性の続きに大きな違いが出るなと思いました。個人的には、描き下ろし部分だいすき!

1

終始薄暗い感じの中で希望が見られる

病気のため一年留年した水葵は、不倫で離婚した母親からの監視の元生活していた。性的なことを断絶され、汚い物だと思い込まされていた水葵だが、電車の中で知らない男性からの行為により、水葵の中に何かが芽生え始めていた。

俯いて言葉数の少ない水葵が、忍と出合い自分の意思を持つようになるのは、かなりスピーディーでした。水葵が一方的に忍に向けて好意を寄せる姿が一途で健気。
一方、忍は何を求めているのか分からない表情のままでいることが、引っ掛かりページをめくる手が止まりませんでした。
ハッピーエンドなのか迷う終わり方ですが、意思を持った水葵の強さが感じられる最後は良かったです。

2

依存していたのはどっちか

ダウナー系エロかなと思いハッピーエンドではないことも覚悟していたけど、一応ハッピーエンドかな…

ストーリーの本筋についてはほに良いレビューが沢山あると思うのでセックスと感じたことについて並べます。


濡場は7回。痴漢1回。
痴漢がもう1回くらいと思ったけどなかった残念。

挿入まで日を跨いでいる描写があるので水葵のアナルが丁寧にほぐされていていい攻だなと思った。
本編の半分くらいは情事で、攻・忍の乳首の攻め方がたいへんエロい。この作家さんはこの1冊しか知らないけど乳首でイかすの好きなのかな。天才。

浣腸されて感じながらも「汚い!」と越えきれない水葵。止めたのは自分だけどその先をやりたい期待と不安が綯い交ぜになってるような表情が良かった。

忍は終始表情に現れないけど、だからこそふとした一コマとか忍の動揺がセックスの最中でも分かりやすかったと思う。


家庭環境で追い詰められていた水葵にとって忍との快楽は一筋の光だったんだと思う。取り上げられて押さえつけられると、だめだということは刷り込まれるがそれがかえって興奮材料になる。水葵にとっては自分を引っ張りあげてくれる糸だったのかもしれない。
逆に忍にとって水葵はこの生を終わらせてくれる光だったっていうのが激しい対比ですごく辛かった。

やはり年の差CPは若い子の方が強いのだな~と思う。忍は弱くて、水葵どどうこうなるよりどういう形であれ「終わり」をくれることを望んで水葵を抱いていた。
「実のところ救われていたのは攻めで…」という話はよくあるがこれは完全に「攻めを救う」話だったと思う。救われたかな…。

2

救い救われる関係性

ネタバレ注意

忍の人物像がとても好みだった。
痴〇する側がこんなに病んでいるとは思ってもいなかったのでびっくりした。
大体こういうことをする側はエロ目的の場合が多いので、とても新鮮だった。

水葵も控えめで大人しかったのに、忍との出会いで良い方向に変化していくのが良かった。
毒親の描き方がリアルでぞっとした。急に改心することなく、ずっと子供を束縛しそうなところがリアル。

水葵視点で物語が進むので、忍の背景や普段の生活などは描写されてないが、彼の人物像がすごく好みなので(大事なことなので2回言います)感覚が戻りかける描写、雷を怖がり水葵がそっと抱きしめてあげるシーンなど、好きなシーンが多かったのであまり気にならなかった。続編があるなら見てみたいが。

あと、最後に押し倒される忍がかわいかった(笑)
あとがきの書き方がおしゃれ。
この1冊でも十分満足だが、続編も読みたい作品。

最後まで尾を引くほの暗さがとても良かった!

3

過信しすぎたかな?

遅ればせですが暇を持て余しBL(AI)ソムリエの強い推しと高評価であったので 初読み作家さんではありましたが迷わず購入

父親の不倫から母親に性的なことを抑圧され たまたま電車内でされた性的行為におぼれていく男子高校生


二人の出逢いはいい 溺れていく描写もたまらないのかもしれない

ただ 男子高校生に痴漢行為を至るまでの攻めの事情や葛藤 行為による社会的立場の描写が弱すぎて んんんんんんんんんんん

評価下げちゃって申し訳ないんですが BLソムリエ過信したあたしが悪うございました ほんとごめんなさい

3

周回率ナンバー1の作品です

痴漢ものが好きなわけではないのですが、性癖を強烈に刺激された作品です。
性を抑圧された主人公水葵が攻めの忍に開発されていく様に揺さぶられます。
仄暗いホテルや忍の部屋で行われる行為。
母親に補習と嘘をついての限られた時間。
全てが背徳的で、それが余計に読者を昂らせるんだと思います。

水葵の純粋さ汚れない姿と、行われている行為のギャップに何とも言えないエロスを感じました。

何度読み返しても新鮮さを失わない不思議な作品です。

2

君の命令で抱く…

エロから切り離されて育てられた受け・水葵と事故で手を負傷した上ストレスから味覚を感じなくなってしまった攻め・忍の話。

電車内で痴漢してきた相手を脅して自分を抱いてもらおうとするなんて…えっちだ。忍さんも警察にでも通報されるのだろうなんて思ってたのにまさかこんな展開になるなんて想像してなかったよな。そりゃあそうだ。
帯の「君の命令で君を抱く」という台詞に惹かれて購入したが、最初の方は挿入しないシーンもあるから実際は抱くまで少し時間がかかっている。

母親から性的なものを一切排除され育った水葵が背徳感を抱えながらも忍に性行為を懇願するのは萌え。

忍によって前進する水葵と水葵によって人生を終わらせたかった忍の対比っぽさがよかった。きっと忍もこれから少しずつではあると思うが人生に対し前進するのだろう。

ほんの少し疑問に思うことがあるとすれば、ラブ感はない。
執着、だ。
ラストも決してハッピーエンドとは言い切れない感じがする。恋を紡いだり、惹かれあうような心情描写はないように思える。なので好き嫌いは分かれそう…。読み終わってもスッキリするような話ではない。ただ個人的には割と好きでした。

最近.Bloomの作品の勢いすごいですよね。
絵柄がかわいらしくて、話も分かりやすく、若い女性やライトな腐女子の方でも読みやすいトコロが特徴なような気がします。
本郷先生の他作品もよかったので個人的に.Bloomさんの様々な作品に期待してます!

3

ストーリーが良いです

まず、ストーリーが良いです。
私は萌えというか違う感じで、所々でゾクッとしました。
もちろん、エロいにはエロいのですがストーリー重視の方も満足出来る内容・高評価なのも納得です。

題材のメトロもよく使われていて、作者さん上手いなぁと思います。
何か、こんなきっかけ本当にありそうな…現実感があります。
実際にしたら犯罪ですが、ある意味受け入れてるのが良いんですかね…?

電子限定のオマケもエロかったです!






FOD電子購入
修正は白短冊です。

2

静かな中に感じる情熱

ゾクゾクしました。静かに情熱的!落ち着いてるけどハラハラ!すっごく面白かったです( ◠‿◠ )

カラダを攻められながら、攻めるよう強いている受けの水葵くん。カラダを攻めながら、攻めることを強いられている攻めの忍さん。不思議な関係ですが、心の主導権とカラダの主導権を掴んでいるのが違うところが凄く興奮しました(#^.^#)
忍さんの過去、それは栄光と挫折によりボロボロとなって今に至るのですが、そこに胸が痛みました。水葵くんの現在も、息苦しくなるくらいの辛さを感じましたが、それでも、もがくことができるだけ、忍さんより水葵くんのが、光に思えました。忍さんの闇は、深いです。忍さんの闇と向き合う水葵くんのラスト、"これは命令です"、凄まじい熱を感じました。活発なことだけが"熱さ"を表すだけじゃなくて、かえって静かな方が、そのギャップで、より熱さや情熱を感じるんだなって思いました。惚れたよ、私も。

取引による感情のない性行為から、徐々に感情と感覚を取り戻し、表情こそ分かりにくいですが、愛し合うsex。微妙な感情の違いが、言葉の言い回しや、息遣いからも分かり、魅力的でした。

オススメです!

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う