策士と奥手の攻防戦

sakushi to okute no koubousen

策士と奥手の攻防戦
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神33
  • 萌×222
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

62

レビュー数
8
得点
271
評価数
65
平均
4.2 / 5
神率
50.8%
著者
海野幸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576182025

あらすじ

……童貞なので、この状況ではもう、セックスのことしか考えられません

秘書の春人は社長の三國に片想い中。
童貞だという三國の嘘を真に受けた春人は恋愛指南を買って出るが…実は春人こそが童貞で!?

秘書の春人は、社長の三國に片想い中。
大人の色気があり仕事もできる三國に、童貞でろくに恋愛経験もないのに慣れたフリして「一夜限りの相手をお探しなら、僕でどうですか?」と誘いをかけた春人。
だが、三國からまさかの童貞を告白される。しかしそれは社内恋愛を避けるための三國の嘘だった。
そうとは知らず、三國の恥じらいを含んだ姿に心を鷲掴みにされた春人は、自分が脱童貞の手伝いをすると宣言してしまい――。
童貞(ウソ)×童貞(ガチ)の逆転恋愛指南!

表題作策士と奥手の攻防戦

三國亮介、ITマネジメント会社社長、37
市ヶ谷春人、亮介の秘書で派遣社員、25

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

百戦錬磨の自称童貞と百錬練磨を装うガチ童貞

「童貞(ウソ)×童貞(ガチ)の逆転恋愛指南!」というのが面白そうだなぁと思って、手に取りました。

手練れな自分を精一杯演出してるけど、そこかしこから滲み出る童貞臭を全く隠しきれずフリーズしたり、果てまた内側から爆発しそうなトマトのような顔色になっちゃったりというアワアワ感満載な春人(受け)がものすごく可愛かった。

顔は抜群でお金も持ってる社長・三國(攻め・37歳)の「実は童貞なんだ」という嘘を信じちゃうのは全世界であなただけだよ……と思うんだけど、疑いつつも好きな人の言う事は信じてしまうところも、また可愛い。

攻防戦といいつつも春人の童貞をいち早く見抜き、自分の一挙一動にアワアワしてトマト顔になっちゃう春人の言動を密かに愛でてる三國の様子に、早々勝利が決まったな……と思って読んでいたんです。
だって、百戦錬磨の自称童貞と百錬練磨を装うガチ童貞だったら、圧倒的に非童貞のほうに分があるもん。

だけど、あまりの春人のピュアっぷりにどんどん三國がはまってしまい、いよいよ真実を告げようと思っていた矢先、春人がただの秘書ではなく何か裏があって自分に近づき、そして身を隠そうとしていることに気づくんです。

春人の素性や目的もわからず、下手をしたら自分の足元をすくわれる事態になるかもしれない。
でも自分の地位を投げ打ってでも、春人を手に入れたがっている自分に気付いた三國が自嘲するんです。

「馬鹿か、馬鹿だな、馬鹿なんだろう。」

と。
ここがこの本の中で一番好きです。

どこか高みの見物というか余裕こいて春人の言動を愛でていたはずなのに、いつしか自分の気持ちが止められなくなって恋にひた走っている37歳男のお手上げ感。

最高です。



電子書籍には二つのSSが収録されていました。
書き下ろしペーパー「恋をカクテルに例えると」とコミコミ特典の「キスマークの真実」です。

2

今日も心臓ぶち抜かれるほど格好いいな!という台詞に打たれたんだよね〜。

序盤の春人のそわそわとした落ち着きの無さと、どうしても社長の三國に惚れ抜いているという、
そのシーンと『今日も心臓ぶち抜かれるほど格好いいな!』という台詞や『一目で心を奪うとかどんだけ男前なんだチクショウ!』なんて浮かれきった台詞に、嫌が応にも期待したんだけどね。
ドッキワクなラブコメか⁈ と心騒いで昂まってたんだけど…。
これがまぁ、読めども読めども遅々として進まない。読み手側としては、焦れてしまう。
もしかして、春人と三國の心模様を丁寧に綴ったものかもしれないから、こちらも集中して取りこぼすまいと息を詰める様にして一字一句読み進むのだが、どうにもこうにも進まない。
タイトルの策士とは、もしかしたら作者のことかも知れません。
読み手側を焦らして焦らして焦らしまくる、そして先を読まずにはいられない!

浮き足立って三國を誘う春人が童貞なのは 火を見るよりも明らかなんだけど、夜の顔と違って 昼間は仕事をソツなくこなすその仕草に、「演技なのかな??」と 疑念を抱いて行く三國。そもそもが美しい春人の姿に惹かれながらも、心中が読めない(と思い込んで)我知らず翻弄されて行く。
春人はそもそも三國に魅かれていて、一晩でもいい‼︎ と、熱い想いを滾らせているので、作中何度も書かれている様に、その美しい顔を『トマトが中から爆発するような』真っ赤にしたり、白くなったり青くなったり散々なのだ。誘うと見せかけて、やり方が分からず、読み手側がドギマギしてくすぐったくなってしまうほど、その様子はみっともない。春人が心配してしまうよりももっと。読み手側のこちらが心配してしまう。けれど、大丈夫。三國も馬鹿みたいに春人に魅かれているのだからと。
一体何を見せつけられているのかと思う程にイチャコラしながら進まないこのもどかしさよ。

あと2ヶ月で、このミッションは終わる。せっかく三國の側にいられるその間に、想いを遂げたいと願う春人。艶めいた男前のクセに童貞だと偽り、恋愛指南を乞う三國。
ドタバタラブコメの様相をいつかかなぐり捨て、物語は少しだけ意外な展開を見せて行く。
春人がリミットを設けていた理由とは? 春人が三國にこんなにも魅かれていた理由とは?
無邪気な顔した若い社長付き運転手の意外な素顔とは?

私はもっと産業スパイとか、三國のグループ会社の後継者争いとか、もっと生々しいものを想像していたのですが。なので、春人の打明け話には拍子抜けしてしまいました。謀っていたと言っても、もぅ三國には許す、としか言いようが無い。何というか 実害が無さ過ぎて。ぷぷぷ、そんな事⁈ っていう。
三國側の嘘は勿論、童貞だと偽っていた事のみ。色気ダダ漏れの大人の男なのに。ウブな春人を騙すのはそれだけでも大ごとだけど。
奥手でもあり、策士でもあろうとした春人と。奥手を装いつつ策士だった三國。
これはお互い様の攻防戦。

三國が恵まれた環境の中、何をしてもソツなく成功して来て、30代にして隠居の様な想いを人生に対して思っていた頃、春人は自分の仕事に対して少し辛い思いをしていて。そんな時に知らずに声をかけてくれた三國の言葉が忘れられなくて。微妙にすれ違ってはいたのだけれど。このシーンが一番好きで。私は何だかほだされたのです。自分の仕事は確かに誰かの為になっていると、信じたい。

二人の想いが重なってからのエチシーンもジレジレです。経験の無い春人を大事に大事に抱きながらも その様子に煽られてしまう三國。もぅ!メロメロじゃないか‼︎っていう。
ところで、キスマークとは口紅付けた女がワイシャツに付けるモノだと思い込んでいたというエピソードは要らなかったかも。それはあざと過ぎて、可愛いを通り越して春人を馬鹿にしていると思っちゃいました。いや、男ってバカだからね〜、そういうのが嬉しいもんかねぇえ?

みずかねりょう先生の描く端正なリーマン達は相変わらず端正で美しい。
いつも思うんだけど、表紙の美しさには感激してしまう。なので、中ページの白黒の挿絵には少しだけガッカリしてしまう。みずかねりょう先生の絵はやっぱりカラーで見たい‼︎ って思ってしまうのね。

0

枯れ気味かと思いきやな攻めとジタバタ受け

可愛くて困る!
社長第一秘書の春人が捨て身のアタックで社長三國にぶつかって、三國の童貞宣言を真に受けジタバタアタフタするのがとっても面白かったです。
三國を好きすぎてパニックを起こす春人が可愛くて。

三國も次第に春人に興味を持ち、秘書の仮面と素の春人に楽しくなり、真っ赤になって必死な春人に頬が緩む日々を送るように。

いざ、脱童貞か!な前夜に事態が急展開して。

この後がまさかの展開というか事情で。なるほど確かに伏線がありました。

お互い嘘をつかれていたと思っても三國はなりふり構わず全力で春人を口説きにかかるところは、ああ三國も何にも替えがたいほど春人を好きになっていたんだなあとジーンときました。恋は盲目なんです!どんな事情があっても春人を離さない覚悟を決めた三國、頑張って!

事情をすっかり話し潔い春人でしたがなかなか三國の気持ちを受け止められず、ゆっくり一晩かけて実感させてもらいましたね。

枯れたと思ってたのに涌き出る愛しさと欲望。最後の恋人に甘える三國。恋人になっても仕事中は仮面をなかなか外さない春人。でもやっぱりはち切れそうなトマトみたいで可愛くて困る!

楽しくて面白くその上なかなか凝った構成でびっくりな展開でした。最後は丸くおさまり大満足です。

1

純情受けにやられました。

この受け可愛すぎるだろう。可愛いだけじゃないところがいい。

まず攻めを童貞と信じるあたりが予想外。
最初の食事の後手をつなぐところとか、もう可愛すぎて。
ずっと一生懸命なんですよ。最初に家にご招待した時のおもてなしとか。
公私混同はしたくない。というところはちゃんとしてる。
ひったくり犯を捕まえてしまうぐらい強い。
仕事もちゃんとしてる。

攻めが受けにどんどんはまっていくのがすごくよくわかる。
早く捕まえたげて~って気持ちで読みました。

攻めが絶対に手離さないだろうなぁ。という安心感。
この先の二人のいちゃいちゃをもっと読みたかった。

3

社長権限で全部許されちゃいたい(⋈◍>◡<◍)。✧♡

みずかね先生おっかけで購入!あかん、これはあかん、にまにま過ぎて車内読み不可です(笑)
うあーと思わず唸り悶えるお話本編240P超+あとがき。攻めの最後の方のセリフがツボすぎるんですが、圧倒的なインパクト!というものが私には足りないように感じたので萌2でお願いします。

男性限定、会員制バーで気合をいれる春人。バーに来ている勤務先社長、しかも今現在秘書している方(37歳、超イケメン)に声をかけようとしているからなのですが、春人は今までロクな恋愛経験もなく、がっちがち。業務上必要に迫られて身に着けた演技力でなんとか声をかけたのはいいものの、イケメン社長からは「実は童貞なんだ」とコクられ・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
運転手(こいつ、あかんやつw)、社長の前秘書(♀)、その他会社関係者少々。

**すっげー好きだった攻め受け&挿絵について

どこが童貞やねん!!!と絶対思うんですが、信じちゃうんですよね、受けの春人くん・・・あんた、恋は盲目とは言え、なんで信じるん・・・と思うんですが、爆発したトマトみたいな顔して、可愛いから許しちゃう♡
そう、社長、悪い子なんですが、春人があまりに謎行動するので、堕ちてしまうというそういうお話でした。超イケメン、枯れ気味おやじ(37歳なんで)が堕ちていく様子があまりに面白すぎて、にまにまが止まらないです、最後特に。ああたまらん。

お話も萌え萌えですが、個人的最大ポイントはみずかね先生。スーツにマフラー巻いてるだけの春人(しかもナイフ持ち盗人を組み伏せ中★)、トレンチきて車内で窓ドンされつつ額にキスされる春人(こんなん見たら声抑えられへん)、唇を指さし上目遣いでキスねだる社長(!!!!!)--------  はあ興奮しすぎてたまりませんです。みずかね先生ファンは必見かと。

何回読んでも見ても、体温上がります♡ショウガ湯より効く~♡ 海野先生、みずかね先生有難うございました!!!

5

わくわくしてしまいます

タイトルどおりの攻防戦、とても楽しませていただきました。
社長の三國(37)と秘書の市ヶ谷(25)、
両視点で繰り広げられるので
お互いがどう思っているのかを把握でき、
安心して読めるのですが退屈とは無縁なのです。
二人がついた嘘やフラグがどういうふうに回収されるのか、
ラストに明かされる市ヶ谷の本当の姿が意外で
ページをめくる手が止まりませんでした。

三國は37歳で涸れるとか……あるのかな……。
でも無我夢中で突っ走った後はそうなってしまうのかもしれませんね。
社長なのに傲慢なところが無いので好感が持てました。
やっぱり優しい攻めが好き。
大人の余裕さも感じられてうっとりです。

市ヶ谷春人は素と表向きの顔が違いすぎて可愛らしかったです。
護身術を習っていたとかギャップありますし。
どちらの市ヶ谷にも惹かれてしまう三國に共感しましたが
個人的には素の市ヶ谷がもう少しクールだったら
神評価だったかもしれません。

みずかねさんのセクシーなイラストも素敵でした!

7

童貞くんの初恋物語

今回はITマネジメント会社社長と
社長秘書の派遣社員のお話です。

攻様の脱童貞を目指した
受様の恋愛指南に付合う攻様が
心を動かされるまで

受様は派遣社員として
ITマネジメント会社に入社し
社長の第一秘書を務めています。

その会社の社長は
国内でも有数の電機会社会長の孫で
本社に入社後した3年後に独立、
今やグループ内でも大きな会社に
育て上げた実績をもつ経営者です。

社長がゲイだという事は
社内では周知の事実であり
良い夜相手は数多と思われますが
今現在は特定の恋人はいないようです。

受様は彼に出会った去年の夏から
ずっと片思いをしていて
彼こそ今回の攻様になります♪

受様の契約期間は残り2ケ月、
いかにも遊んでいそうな攻様に
ラブアフェイを仕掛ける為
今受様は攻様行きつけのバーに入り
30分近くもトイレで
自身に気合を入れ続けていたのです(笑)

覚悟を決めてフロアに戻ると
攻様はカウンターでグラスを傾けていて
その姿にまた受様の旨は早鐘を打つのです。

すると攻様が受様を認めて
驚いたように目を見開きます。

受様が嫣然と微笑みながら挨拶すると
興味を惹かれた様な表情になり
カクテルを奢ってくれます。

そんな攻様に受様は
一夜の相手を探すなら自分ではどうか
と精一杯の誘いをかけるのですが

攻様は童貞だから
受様の期待に応られる自信がない
とまさかの返事を返すのです。

初体験の手痛い失敗がトラウマで
まともな恋人がひとりもいない
と目を伏せて笑う攻様に

受様の心臓はぎゅと絞られてしまい
とっさに脱童貞のお手伝いをしたい
と熱心に迫ってしまいます。

受様自身あまりにも力技過ぎたと
思うほどの意気込みに攻様は
肩を震わせて笑わいますが

攻様は右手を差し出して
受様の提案に乗ってくれるたのです。

しかーし、
実は受様は恋愛経験皆無であり、
攻様は受様の誘いを遠回しな言い方で
断っただけで経験豊富な男でした。

受様の誤解を面白がる攻様を
真面目に指導をしようとする受様の
恋愛指導の成果は如何に!?

誤解から恋愛指南を引受けた受様と
受様の誤解を面白がった攻様の
ラブコメディになります♪

バーでの受様は
攻様と視線が絡んだだけで
慌ただしく表情を変えるほど
落ち着きのない様子でしたが

攻様の秘書としての受様は
折り目正しくスーツを着て背筋を伸ばし
攻様にも淀みなくスケジュールを伝え
淡々と職務をこなしています。

攻様はそんな受様の様子に
思わぬ場所で受様と鉢合わせして
自分も昨夜はかなり狼狽していた事に
気付きます。

どうしたものかと思いつつも
夜の受様の物慣れなさを
つい楽しんでしまうのです(笑)

受様の興味を持ち始めた攻様は
受様を観察するうちに
受様が会社に届けている諸々に
偽りがある事が判明します。

そんな時に
受様に秘書業務を引継いだ女性社員が
不倫している事が発覚、
攻様は彼女の相手を受様と思み

受様もひょんなことから
攻様が非童貞である事を知る事になり
2人は大きくすれ違ってしまうのです。

受様が隠していた秘密が公になって
2人がお互いの思いを知り
偽りなく恋人となるまで
とっても面白かったです♪

受様の伏せていた秘密というか
正体がわかってみると
ちょっこちょこと謎を解く鍵が
散りばめられている事が判明し
すごく練られたお話だと思いました。

基本は受視点ですが
攻視点の攻め様事情も交差して
2人のすれ違いぶりがより引き立ち
時に受様と一緒にドキドキし
時に攻様と一緒にハラハラする
ジェットコースター的な浮き沈みが
とっても楽しかったです (^O^)/

受様の会社での姿って
あるべき姿を擬態して装っているだけで
夜のオタオタが素ですよね。

これからは少しづつでも
そんな素を昼間にも見せられるように
攻様に溺愛されて欲しいです♪

今回は海野さんの既刊から
『駄目ッ子インキュバス』を
おススメしたいと思います。
こちらも最後のドンデン返しが
とっても楽しいです。

7

色んな意味でホント予想外の受けなんです。

海野先生の新刊、めちゃくちゃ楽しみにしてました!

で、今回は腹筋崩壊の完全なラブコメ・・・と見せかけて、深みのある素敵なお話でした。
そう、居ても立ってもおられず、普段の余裕をかなぐり捨てて必死になっちゃうのが恋ですよ!
いやもう、クライマックスではページをめくる手が震えちゃいましたよ!!
頑張れ、三國!!


内容ですが、IT会社社長・三國×美人秘書・春人による、誤解とズレっぷりが楽しい抱腹絶倒の両片思いものになります。
ちなみに、抱腹絶倒は盛ってません。今、ガチで腹筋が痛いです。

社長である三國に片想い中の秘書・春人。
とある事情から焦りを感じていた彼は、童貞で恋愛経験に乏しいくせに、遊び慣れた風を装って一夜の誘いを掛けてしまいます。
すると、三國からまさかの童貞を告白され、勢いで脱童貞の手伝いをすると言ってしまいー・・・と言うものです。

で、まずこちら、両視点で進みます。
個人的に、両片思いを両視点でと言うのは最も好きなパターンではございますが、今回はそれが最大限生かされてると言っても過言では無いのです!!
そう、タイトルからお察しだと思いますが、三國がかなりの策士なんですよね~。

社内恋愛を避けたい彼は、分かりやすい嘘をついて春人の誘いを断ろうとしたー。
が、その嘘を信じきり、脱童貞の手伝いをすると宣言する春人に興味をそそられ、面白いからちょっと付き合ってみるか・・・と言った感じで。

で、面白いのが春人の斜め上っぷり。
何だろう・・・。
彼は常に予想外の行動を取ると言いますか、思いもよらない突き抜けた反応をすると言いますか・・・。
春人はですね、普段は仕事のデキるクールビューティーなのです。
職場で仕事の最中なら三國に対しても、世慣れた艶っぽい対応が出来たりする。
が、一歩職場から出て三國とプライベートで付き合うとなると、もう完全にウブウブで挙動不審と言いますか。
テンパっての暴走ぶりが凄まじいと言いますか・・・。
全然演じきれて無いのに、恋愛に慣れた風を装ってるのが可愛い過ぎるんですよ。

で、こちらは完全に遊び慣れた三國。
彼が恋愛指南を装って、いちいち「この後はどうしたらいい?」と、春人を翻弄してるのに笑えるのです。
そう、この二人、童貞である春人が遊び慣れた風を装い、非童貞で世慣れた三國が恋愛慣れしてないと装う・・・。
この食い違いっぷりが楽しくて仕方ないんですよね。

また、最初こそ、そんな春人を翻弄して楽しんでいた三國。
ところが、春人の予想外の言動に、どんどん本気になってゆくのが萌えるのです。
だってさあ、「初めての食事の締めくくりはどうしたらいい?」と艶っぽく囁けば、「恋人同士なら手を繋ぐんです!」と答えるようなピュア過ぎる男なワケです。春人は!
流し目で微笑みと妖艶な態度を見せるかと思えば、手を繋いで歩きたいとピュア過ぎる所を見せるー。
そう、三國が春人を翻弄してるように見えて、実のところは春人が彼にハマってしまった三國を振り回してるのも楽しすぎるんですよー!

と、二人の攻防にゲラゲラ笑い、甘酸っぱい恋愛にキュンキュンしてる所にやってくる、驚きの展開。
春人にはどうやら隠している事があり、更に三國の童貞は嘘だと春人にバレて、と続きます。

これまでですね、散々春人の予想外っぷりに、読者は笑わせてもらえるのです。
が、ここで分かった意外な事実に、かなり驚くと言うか。
いやもう、色んな意味でホント予想外の男なんですよね。

また、春人の本当の姿に疑問を持った時、三國の出す結論が胸アツなのです。
ホント、自分で言ってるように馬鹿なんですよ。
でも、そんな全てを投げうってまで、手に入れたい恋があっていい!!
ずっと余裕ぶってた男が、必死になるのに心が震えるんですよー!!

と、めちゃくちゃ素敵なお話なのです。
私は作品が面白くて興奮すればするほど、レビューが支離滅裂になっちゃうんですけど。
いや、作品の魅力が全然伝わってなかったら申し訳ない・・・。
でも、本当に笑えてキュンキュンして感動する素敵な作品でした。

23

ぴれーね

春先さん

発売が楽しみで楽しみで、昨日は興奮しちゃって眠れなかったんですよ。
そして、最高でしたよー!
もう、最初のページから受けの斜め上っぷりに笑えるんですよー!!

ところで、インタビューは拝見されました?
インタビュー通り、勢いが凄いんですよ。
海野先生の作品で、ここまで笑わせに来てるのは初めてだと思うんですけど。
ぜひぜひ、週末は爆笑して下さいね~!

ではまた、感想を語らせて下さい!( ´∀`)/~~

春先

ぴれーねさんのレビューを読んで益々早く読みたくなってしまいました!
早く同じ気持ちを味わいたい…!
週末に届くのが待ち遠しいです!

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ