恋する犬のしぐさ図鑑

koisuru inu no shigusa zukan

恋する犬のしぐさ図鑑
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×245
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない6

69

レビュー数
14
得点
346
評価数
87
平均
4.1 / 5
神率
34.5%
著者
海野幸 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784778129958

あらすじ

同僚の重倉が好きすぎて、彼と接すると挙動不審になってしまう直紀。会社では気弱な直紀が強面で無口な重倉に怯えていると誤解されている。せめて彼の気持ちがもう少し読めれば――直紀の願いは、神の世界から迷い込んだ狛犬ちまきによって突然叶えられ、重倉に犬の耳としっぽが生えて見えるようになった。無表情な重倉が直紀に対して嬉しそうにしっぽを振り、悲しげに耳を寝かせる姿はものすごい破壊力で――!?

表題作恋する犬のしぐさ図鑑

重倉宗則,装置開発製造会社の営業部所属
真柴直紀,装置開発製造会社の購買部所属

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数14

基本が可愛い。とにかく可愛い。ひたすら可愛い。

片思い相手の気持ちが知りたいと願ったら、なんと耳と尻尾が生えちゃった!と言うラブコメになります。

もうこれね、多少のスレ違いなんかの切なさはあるんですけど、基本が可愛い。
とにかく可愛い。
ひたすら可愛い。
いや、無口で無表情の攻めが、背後で尻尾を嬉しげにブンブン振ってると言う破壊力たるや!

私は受け大好き人間でして、普段は「受け可愛いなぁ」と読むタイプなのです。
なのに今回は、攻めの可愛さに完全にノックダウン。
ふう。
彼の真面目で堅物で不器用な部分まで、あまりに愛しくてひたすら萌え転がっちゃいましたよ。
終盤の予想外の展開には、「神様(ちまき?)、ありがとう!!」と全力で感謝しましたよ。

えーと、とりあえず、笑えて萌えてキュンキュンして、読み終えた後は幸せ気分になれる作品だと思います。

内容です。
同期の営業社員・重倉が好きすぎて、彼と接すると挙動不審になってしまう直紀。
しかし、同僚には、気弱な直紀が無口で強面の重倉に怯えているんだと誤解されてしまっているんですね。
そこで、偶然立ち寄った近所の神社で、重倉とせめて気安く話せるようになりたい。
彼の気持ちが分かるようになりたいと願うと、「ーーーよろしい、その願いを叶えてしんぜよう」と、突如狛犬のちまきが現れてー・・・と言うものです。

で、このちまきですが、神様の守護獣。
こちらの世界に遊びに来た所、帰り道を見失って帰れなくなってしまったんですね。
そこで、偶然お参りに来た直紀に目をつけ、願いを叶えてやる代わりに、自分が帰れるように協力しろ、と言うのがここまでの経緯。
更に、「想い人の気持ちが知りたいのだな?」と、ちまきが行った事ですが、なんと重倉に直紀しか見えない犬耳と尻尾を付ける事で・・・と言うもの。

まぁそんなワケで、ちまきは果たして、神様の元に帰る事が出来るのか?
また、片思い相手の気持ちが、実際に目に見える形で分かるようになった主人公。
彼の恋は成就するのか?
と言うのが見処じゃないでしょうか。

とりあえずこちら、しつこいですが、声を大にして言いたいのが「めちゃくちゃ可愛い!」になるんですけど。
片思い相手の重倉ですが、無口だし表情も変わりにくいしとで、何を考えてるか一見分からない人物なんですよ。
それが無表情に見えるだけで、実は繊細だし感情が豊かな事が分かってくる。
こう、食事に誘って直紀が断れば耳をヘションとさせ、逆に了承すれば尻尾をブンブン振ってみたいな。
いやね、仕事で電話してても、端からは何事もなくこなしてるように見えるんですよ。
でも、直紀からは、耳と尻尾をペタンとさせて落ち込んでいる事が分かる。
そこで、放っておけず声を掛ければ、今度はパタパタと尻尾を振りと言った感じで。
いやもう、なんつー可愛い攻めなの?と。
こう、彼が、主人公に対する好意を駄々漏れにしてるのに、とにかく萌えて萌えて仕方ないんですよ。
だってしつこいけど、無表情のデカい男が、後ろで尻尾をブンブン振ってるんですよ!
読みながらひたすら、ああああ・・・ってなっちゃう。

と、そんな感じで重倉の気持ちが分かるようになり、彼と気負わず話せるようになる直紀。
二人は距離を縮めて行くんですね。
ところが、ここで重倉の身に起こる異変。
彼は突然豹変して、動物めいた行動を取るようになり・・・と続きます。

実はここからが、若干のスレ違いと切ない展開なんですよね。
彼が耳と尻尾のせいでどんどん動物化してるんだと気付いた直紀は、ちまきに頼んでそれを取ってもらう。
しかし、取った代償に、重倉のこの間の記憶が無くなってしまいと言った具合で。
や、ここまでひたすら甘くて可愛かっただけに、切ないよなぁと。

う~ん。
ただこれね、すごく素敵だと思ったのが、主人公の誠実さなんですよね。
最初こそ、片思い相手の気持ちが分かる事に、喜びを隠せなかった直紀。
ただ、冷静になって胸のうちを勝手に見てる事に気付くと、不誠実だったと反省する。
や、攻めばかり可愛い可愛いと語っちゃいましたが、受けも善良だしちょいズレてるけどいい子なのです。

またこれ、この「自分ばかりが相手の心の内を覗いてる」のオチが最高でして。
そう、ここからが、この作品の最大の萌えなのです!

えーと、こう来たかー!ですかね。
ちまき、いい仕事しすぎでしょう!と。
ああああ、これもまたいい。
最高にいい!!と、ひたすら萌え転がっちゃう感じ。

最高だー!
マジで最高だーーー!!と。

まぁそんなワケで、とにかくひたすら萌え転がっちゃう、とても可愛くて楽しいお話でした。
ちなみに、エロも最高でしたよ。
無口で強面の攻めが実はムッツリって、もはや様式美だと思います。

18

あああ〜かわいいぃ♡

お゛お゛お゛…か、かわいかった…。終始ニマニマしながら読んでました笑

正直、完全獣化までは求めていないのだけど、自分はケモ耳しっぽ程度のライトな性癖なのかもと自覚させてもらった、大変かわいいお話でした。それもリーマンものなので、ギャップがなおさらツボ!

藤峰電機の購買部に勤務する真柴。同期で営業部の重倉と接する機会があると、いつも萎縮してしまう。常に冷静で真柴よりも体がデカいせいもあるが、まともに重倉と目が合わせられないのは、実は彼のことが好きだから…。

性指向を隠し、気持ちを伝える気持ちはさらさらなかった真柴だけれど、重倉とは同僚として普通に接するくらいにはなりたい。ある日、自宅近所にある寂れた神社を通りかかったついでにお参りすると、狛犬らしき像が仔犬に化けて、この下界から神の住う庭に帰れなくなってしまったという。真柴の願いを叶える代わりに、一緒に元の世界に帰る入り口を見つけて欲しいと頼まれてしまい…

狛犬のちまきは神様にお仕えする身なので、人の子に対しては尊大です笑。真柴が仕事に行っている間はテレビを見ながら人間界の勉強をしてお留守番。お昼の番組で見たスイーツ探しが趣味になっちゃうのがまたかわいい。

ちまきによって叶えられた真柴の願いは、翌日、重倉の頭とお尻に変化をもたらします。真柴が出勤すると、謎の耳としっぽがピクピクぱたぱた。それを見れば、感情を出さない彼の本心が一目瞭然。この描写がかわいくて、一番楽しかったです!

ほのぼのしてるファンタジーなお話だけど、ツッコミどころがカバーされてて隙がない(わたしには…笑)。文体が落ち着いているので、笑いとの落差が効いていてすごく気持ちいい。先生の文章好きです。

ご無沙汰していたリーマンものとしても大満足でした。一冊でリーマンとケモ耳を味わえるなんてお得です!二人の恋の行方も優しい着地点に到達したので、最後までゆったりと楽しめました。このお話、だいすきです。

カバーイラストがyoco先生にしては珍しいテイストですよね!ちまきがかわいい♡

3

かわいすぎてぐわーーってなりました。

 作家買いです。
今回も大当たりで、大好きなお話でした。

 受け様は、同僚の重倉の事が大好きなな直紀。
恋心がバレないよう、重倉をまっすぐ見ることができず、重倉を前にすると挙動不審になる日々。

 攻め様の重倉は、大柄で強面、無口で表情筋の動きが乏しいので、イマイチ感情が読みづらい。


 ある日近所の神社で"もう少し重倉の気持ちがかわるようになりない"とお祈りをしたところ、神の庭から迷い混んできた狛犬のちまきに聞き届けられてしまう。
代わりに神の庭へ帰れる道を見つけるまでのお世話を申し付けられる直紀。

この狛犬ちまきの、人間の常識では計り知れない眷属ぶりがとても笑えました。
しかしながら、重倉の嫉妬心を煽るやり方とか、俗っぽいとこもあって、いい仕事してました(^^)d

 さて、重倉の気持ちを知りたいと願った結果、重倉の頭には犬の耳が、お尻にはしっぽまでいていて。
強面の攻め様に、そんなものが付いていて、耳がペショっとなって落ち込んでいたり、しっぽがブンブンで喜んでいたり。
表情には出ていない気持ちがダダモレで、かわいいしかなかった(≧▽≦)

攻め様のギャップ萌えもかわいかったのですが、それを目の当たりにする直紀の反応もかわいかった(´∇`)
ぐは、だの、ひゃが、だのの断末魔的なものが口から出まくっていて、重倉にやられまくってる直紀が本当にかわいくてかわいくて。

 おかげで、ちょっとずつ重倉との距離が縮まったけど、自分が勝手に相手の気持ちを読んでしまっているようで、罪悪感を抱くようになる直紀。
しかも犬化が進んでいる重倉の姿を見て、ちまきに頼んで耳としっぽを取ってもらうことに。
犬化が進んでる重倉の親愛の情を表す行動がヤバイです。
好きな人にこんな風にされて、動揺しないハズないよなぁ。

そして耳としっぽを取る際のちまきの気楽さよ!Σ( ̄□ ̄;)

そんないろいろと眷属ぶりを見せてくれたちまきが、神の庭に帰る際に、やってくれた最後のプラマイゼロになる術。

これなー、めっちゃかわいい(≧▽≦)
しっぽを追いかけててグルグル回ったり、クンクン鳴いたりとか、重倉、直紀が可愛すぎで限界突破じゃね!?
私も見てみたいわ〜(#^.^#)


感情を伝えてくれる耳やしっぽがなくても、これから先、伝えあって理解しあって、幸せカップルになっていってね(*´∀`)


 イラストはyoco先生。
受け攻め共に犬耳としっぽ付きのイラストがあって、とってもかわいかったです。
特に半べその直紀と、動揺しまくりで赤くなってる重倉のイラストが微笑ましくて可愛くて大好き(^-^)






3

作者買い

犬好きにはたまりませんね。

ちまきがなんとも愛らしくふてぶてしい。
神様の眷属ですから仕方ないけど、スイーツをねだる時の強引さはまるで柴犬です。
本名何だったのかしら?

重倉の犬種は尻尾の感じと黒ってとこでハスキーというよりシェパードじゃないかとか、直紀は巻尾で茶色と白の尻尾は赤柴さんかな。
など楽しく想像しながら読みました。

田崎課長?え?黒崎じゃないの?
この田崎課長の生態が気になって、最後まで再登場を心待ちにしながら読み終えました。
作者様の遊び心の効いた登場人物でした。
そしてその登場場面を何度も読み返してしまってます。


1

タイトルに納得の可愛いわんこファンタジー

ジャケ買いです!
人間界に迷い込んだ神の眷属・ちまき(見た目は子犬)と、ちまきを保護した直紀、直紀の片想いの相手・重倉を中心に描かれるケモ耳ファンタジーです。

好きな人の気持ちを知る術として与えられたのが、犬耳と尻尾というところがとっても可愛くてほっこりします^^

改めて思ったのは、犬の感情って分かりやすいなということ。
耳や尻尾が垂れれば落ち込み、尻尾を振る時は喜び、立ち耳は警戒……てな具合に、重倉の気持ちも直紀に丸分かりに!
感情が見えれば接しやすいし、アクションも起こしやすい。
この耳と尻尾を頼りに、直紀は重倉との距離を縮めていきます。

スーツを着たイケメンなのに、頭には耳、お尻には尻尾っていう状況だけでニヤける。
しかも、見えてるのは直紀だけなんです!
無表情、無感情に見えた重倉が、昼の唐揚げ定食に尻尾をブンブン振り回してるなんて……かわっ♡

側から見たら両想いなんじゃない?と思わせる焦ったさが楽しくて、寡黙な重倉の感情が耳と尻尾を通して伝わってくる所にキュンキュンせずにはいられませんでした。
 
その反面、術が解けたあとの直紀とのすれ違いは切なくて、重倉が直紀のことで「困っている」と同僚に相談している場面では、胸がキューっとなって苦しかった……

ラストは逆転展開で、また違った犬化を楽しむことができます!
意外とむっつりな重倉と、初めてなのに煽りまくる直紀のHは、エロさより可愛さが際立ちます♡

スイーツ好きのちまきも可愛くて、その強引さにも笑わせてもらいました。
ちまきとの別れがあっさりしていた感は否めませんでしたが、読後は笑顔で本を閉じること間違いなしです!

5

攻めの感情が分かる!(耳と尻尾で!)

とってもとっても可愛い作品でした!
ワンコ攻めとひと口で言ってもその種類は多岐に渡ります。まさに犬種が如く。
今回は青い目の(重要)シベリアンハスキー攻め。実際に攻めの瞳が青いわけではありませんが、つぶらな黒い瞳のハスキーではありませんよ、と作中で明言されており先生のこだわりが伺えます。そしてこの解釈めちゃくちゃ分かるな、と。
受け視点で進む作品は、攻めはここで何を考えてるのかなーと自分自身も考えながら読むのが好きで、後から攻め視点でその時の気持ちが分かるとめっちゃ萌えなんですがこれは受け視点でありながら、耳と尻尾があることによりなんと攻めの感情までわかってしまう!というなんとも楽しい作品です。攻め視点BL好きさんにも是非オススメしたい。
強面の攻めがスンっとすました顔しながら内心ではすごく喜んでいたり、受けに怖がられてしゅんとしたりしている様子が可愛くてたまりませんね。攻めのことを可愛いと思い出したらそれはもう好きな作品なのでこちらも例に漏れずといった感じです。

全く重くなくひたすら可愛いときゅんの感情に浸れますのでBLに癒されたい時にぴったりですよ。

5

直紀が可愛くて重倉が良い奴でまいった!

ああ、もう好きっ!!
あ!しぐさでわかる犬のきもち!
という直紀の台詞が繰り返されて印象的でした。

たくさんレビューがあるので感想を。

はぁ皆善人で良かった。
最近こればっかり書いてる気がしますが、やっぱり余計なトラウマとかどうしようもない性格とかで切なさが続くより、善人同士で無駄に傷つけたり傷付くことなくお話を読みたい派です。

ワンコのちまきもさぞ可愛いかっただろうし、人の姿のちまきもとても麗しかっただろうなあ。

精悍なシベリアンハスキー(目が青い)と豆柴の長い両片想いでしたね。
BLだから最後には両思いになり結ばれるだろうとは思ってましたが、経験もなく悲観的な直紀視点で読んでいると重倉が強敵すぎて。っていうか直紀アピール全然できてないし、まあ仲のいい同僚になれればいい程度の細やかなのぞみでしたが。健気に重倉を思い続けて。

重倉に犬耳と尻尾が現れフリフリブンブンしてたり垂れてたり可愛かったです。それを見て一喜一憂したりなんとかしなくちゃ!と重倉の力になりたくて頑張る直紀も良かった。ちょっとずつ声をかけ食事や部屋飲みまで進展して。

しかし重倉の犬化が進みこのままでは重倉が社会的に死ぬってなって直紀がちまきに術を解いてもらい、重倉とギクシャクし寂しく悲しく思う直紀がかわいそうで。

重倉がちまきを借金とりだと思い込み神社まで追いかけてきてくれて。ここまでも直紀視点なので重倉いい人だなあ、こんなことまでしてくれてただの同僚なのに。やっぱり記憶をなくす前は好意を持ってくれてたのでは…?

重倉も直紀がずっと好きだったなんて!
私もすっかり海野さんと直紀に…。
そうかーそうだったのかー。
いっぱい謎が解けますね。明かされるあれやこれや。
そして重倉はとても聡明ですね、さすがです。

重倉も柴犬を実家で飼っているので直紀の耳と尻尾から気持ちを知るのは容易で、どこをどうすればどうなるかも知り尽くしてて、ある意味スーパー攻めかも?

エッチのときも可愛いすぎる直紀と丁寧に優しくしてくれる重倉と、もう、好き!!って言いたくなりました。甘かった〜。

誰もが憧れる?耳と尻尾の実体化、いいですね。

直紀もとっても良い子で自分ののぞみよりも重倉の立場を優先し反省したり、重倉も何年怖がられても直紀を思い続けて。

はぁ、読むのに何日もかかりましたがいいお話でした。
おそらくこのレビューではあまり伝わらないかもしれませんが。

3

ギャップ萌

獣人物で耳付き尻尾付きの作品は数あれど、神様の眷属による術で自分だけが相手の耳や尻尾が見えるのは新鮮で、とても面白いし楽しめました。

何と言っても強面の重倉の表情豊かな耳と尻尾が魅力的でしたし、直紀とちまきのやり取りが可笑しいやら可愛いやらでニヤニヤしながら読みました。

柴犬姿でテレビをダラシなく見ているちまきも可愛いですが、カフェ巡りで偉そうに瞑目するちまきと手を合わせる直紀に思わず吹き出してしまいました。

犬化が進んでしまった重倉に焦った直紀がちまきに耳と尻尾を取って貰ってから、重倉の記憶が無くなったと思いこんだ直紀の落ち込みは可哀想ではあったけど何ひとつ重倉からはハッキリと聞いて無いんですよね。顔を見て話さないから誤解が生じてしまうんです。そして耳と尻尾を見ていた事に罪悪感を感じてしまいます。

やっと神様の元に帰れる事になって慌てたちまきが直紀の会社に現れて騒動を起こしてしまいます。
ちまきと一緒に神社に向かった直紀を追いかけて来た、重倉の剣幕に期待してゾクゾクしてしまいました。
そして何でもお見通しのようなちまきも、柴犬姿とのギャップが最高に面白いです。

実は重倉もゲイで長い間両片思いだったと判明してました。そしてウブな直紀に思わず滾ってしまう重倉を楽しめました。

1

見えない耳と尻尾が可愛すぎです♡

今回は営業部所属の強面の社員と購買部所属の気弱な社員のお話です。

攻様に片想い中の受様が攻様の心が知りたいと願がった事で
引き起こ越される騒動の顛末について。

受様はデジタル制御装置の開発製造会社に購買部所属の5年目社員です。
受様は小柄で明るい茶系の髪と大きな目のせいか実年齢より下に見られる
事が多く、気弱な性格もあってメールも電話も苦手意識が抜けません。

今日も何度も確認したメールを送信した後にかかってきた電話にビクッと
してしまい、深呼吸してから受話器に手を伸ばしますが、後ろから伸びて
きた手に先に電話を取られてしまいます。

社名を名のった低い声にぎょっとして振り返ると、電話を取ってくれたの
は営業部に所属する受様の同期の男性社員でした。この同期こそが今回の
攻様になります♪

攻様は電話の相手とやりとりしながら受様に視線を寄こしますが、受様は
とっさに目を伏せてしまいます。やりとりの後、攻様が声を掛けたのは斜
め前の席の女性社員で、ゆっくりと身を起こす攻様の横顔を目で追ってい
た受様は無意識に詰めていた息を吐いてしまいます。

攻様は身体が大きく手目つきが鋭く、受様は無表情で見下ろされると妙な
迫力を感じてしまい、反射的に視線を下げてしまいます。今も重圧に負け
ずるずると視線を下がってしまいますが、攻様に「購入依頼署」と書かれ
た書類を差し出されて「頼めるか?」「不備はないか?」と聞かれても
頷いたり、小声で答える事しかできません。

攻様が営業部の席に帰っていくのをこっそりと見送っていると、電話を置
いた先輩社員から「相変わらず攻様が怖いの?」と言われてしまいます。

他の社員にも攻様に声を掛けられると分かりやすく怯えた顔をすると言わ
れ、「攻様は真面目でちゃんとしてる」「顔は恐いけど無茶ぶりはしない」
等ととりなされ、困ってしまいます。

だって受様が攻様と目を合わせられないのは『攻様が好き』だからなのよ♡
受様はもうずいぶん前から攻様に片想いをしていて、好意ゆえにまともに
視線を交わせないでいたのです。

そんなある日、受様が攻様と目も合わせられないでいる様子に購買部のメン
バーが工場に営業を配属する話が持ち上がっているので、攻様を推薦してみ
るかと言い出します。滋養談混じりですが、受様は自分の不自然な言動で
異動させらてしまうかもと思うと顔色を失う程でした。

その日受様は帰り道でアパート近くの神社にお参りする事にします。その
神社は賛同の両脇に雑草がはびこり、矢代も朽ちかけて賽銭箱すらなく、
恐らく廃神社だろうと思われますが、気が向いた時に足を向けていました。

いつもは形ばかり礼をして終わるのですが「攻様の前で平常心が保てます
ように」と両手を合わせたまま深々と頭を下げます。神頼みしてでも早急
に態度を改める必要があります。

そして手水舎の横の狛犬の像に「久しぶり」と声を掛けます。この神社の
狛犬は目元のクリっとした可愛い顔立ちでふくふくとしていて狛犬という
よりも柴犬のようです。

そんな狛犬に自分が購買部のメンバーにマメシバと言われた事を思い出し、
こ令嬢勘違いされたら攻様が移動させられるかもしれないと藁にもすがる
思いで狛犬にも「攻様の前で平常心が保てますように」「もっと仲良くな
れますように」攻様が何を考えているのかもう少しわかりやすくして欲し
いと頭を下げました。

すると『よろしい。その願い、叶えてしんぜよう』という声が聞こえ、
狛犬の像の後ろから突如何かが飛び出してきたのです!! それは狛犬に瓜二
つの白い犬でした。

果たして突如響いた声と目の前の白い犬は関係があるのか!?
そして受様は攻様との関係を改善できるのか!?

受様が神世から人間界に迷い込んだ狛犬を助ける代価として片想い中の
攻様の気持ちを知りたいと願ったら、攻様に犬耳と尻尾がはえてしまうと
いうもふもふファンタジー系ラブコメディとなります♪

受様の前に現れたのは神の神獣を名乗る狛犬だと言い、神界から諸事情
あって下界に降りてきたと言いますが、どうやら謝って人間界に落ちてし
まい、帰り道がわからなくなったようです。

狛犬は受様の望みを叶えてやるから、代わりに狛犬を元の世界に戻す方法
を探すようにと言うのです。受様は狛犬の可愛さに負けて自宅に連れ帰り、
お世話をする事になりますが、翌日出社すると攻様に犬耳と尻尾がはえて
いてびっくりしてしまうのですよ (ӦvӦ。)

しかもその耳と尻尾は受様にしか見えず、誰も攻様の耳がピクピクしても
尻尾がふさふさしても気づかないのです!!

受様はその日、攻様の耳と尻尾を観察し続ける事になるのですが、それこ
そが狛犬が受様に約した『攻様が何を考えているか』が判る方法であり、
受様はこの耳と尻尾によって攻様の考えがわかるようになっていくのです。

強面で表情筋の豊かでない攻様の耳のピクピク、尻尾のふっさふっさに、
受様と一緒にきゅんきゅん、萌え萌えです♡

狛犬の帰還方法はなかなか見つからず、狛犬は人化して神社巡りを始める
のですが、人化した狛犬は言動はおかしいけれど見た目は極上の美男子で
2人の恋の進展にもいい感じに絡んで進むため、一騒動が二騒動になり、
さらに大騒動に発展していきます。

受様が攻様と親しくなっていく中で、チラチラと攻様の好意が見えるので
すけど、それって読者の勘違い!? 的なシーンがあり、どうなるの!? とドキ
ドキしつつ、大団円までたいへん楽しく読ませて頂きました♪

yocoさんのカバーイラストもすごく可愛いですね。今回コミコミスタジオ
でカバーイラストを使った有償コースターセットが販売されたので、迷わず
GET致しました (^-^)v

1

かわいい〜!

攻めは寡黙で強面なのに、犬の耳と尻尾がついたおかげで感情がダダ漏れ……というところが楽しめました。

顔はあくまで無表情を保ってるのに、唐揚げ前にして尻尾ぶんぶんとか、後輩に悪口言われて耳と尻尾がぺしょり……となったりとか、かわいい。

願いを叶えてくれたのは、神様の眷属である狛犬のちあき。
ちあきって、さすが神様のお使いというか、良くも悪くも人間とは違うんですよね。
高飛車なくせにスイーツに夢中で、受けの真柴はちあきに振り回されるんだけど、斜め上をいくちあきの行動はなんか憎めない。

真柴は内気でやたら重倉の前でビクついてる姿が、昭和の乙女か!!って感じだったけど、仕事に真摯だしいい子。

最初こそ、片思いしてる重倉の気持ちを、尻尾と耳で目の当たりに出来て喜んでいたんだけど、そのうちに本人に内緒で心のうちを盗み見ていることに後ろめたさを感じ始めるんですよね。
ここがいい子だなぁと思いました。

そして耳と尻尾を消してもらってからの展開がちょい切なくて、どうなっちゃうの?と思ってただけに、ちあきがまたやらかしてくれて……!
ナイスだ、ちあき!
ちあきがいなかったら永遠にこの二人はくっつかなかったわ、絶対に!というわけで、これからちょくちょく二人で参拝してやってください。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う