魔法学校に集う、 獣人たちの恋の図鑑。

ウィズダムズのけものたち

wizdams no kemonotachi

ウィズダムズのけものたち
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
39
評価数
8
平均
4.9 / 5
神率
87.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
茜新社
レーベル
EDGE COMIX
発売日
価格
¥1,200(税抜)  ¥1,296(税込)
ISBN
9784863497313

あらすじ

森の中に人知れず存在する、
“ウィズダムズ魔法学校”
そこには知性ある多様な獣たちが集い、
共に学び、暮らし、様々なかたちの恋をする。
身近な動物から幻獣まで、
リアルな筆致とユーモラスな視点で描いた
異種族たちのファンタジーBL作品集。

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

魔法好きの血が騒ぐ

自分でも感心するんだけど、「獣人」ってそれだけでつい予約カートにポイポイしちゃうくらい獣人好きみたい。
それも、人要素多めのケモ耳より、より訳が分からない位の幻獣寄りだった方がもっとうれしい。
そんな私の性癖に凄く刺さる、「獣人の魔法学校」。
「獣人」が「魔法学校」でユニコーンだのグリフォンだの、出てきちゃうんだから、これはもう、ファンタジー好きの血が騒ぐ騒ぐ。
絵本のようなタッチの絵で描かれる獣人たちは、姿かたちに元の獣の特徴を残しつつ明らかに獣ではなく、思考回路にも元の獣の要素を残しつつそこはやはり魔法を学ぶ者たちで、性愛については皆それほどあからさまに積極的ではありません。
これだけの大きさと価格の本なので、エロ目的の方には決してお勧めしませんが、幻獣含む異種間のほんのりラヴの詰まった幸福なこの本、ファンタジーがお好きな方にはお勧めしたい。

4

大満足。

皆様にオススメしたい。

前作の方は読んでおらず、初めて買った作家さんでした。期待通りの出来で、大変満足しました。

登場キャラクターは皆スタイリッシュな獣人です。かっこよかったり、可愛かったり、面白かったりの様々な見た目で、獣人はじめての自分でも抵抗ありませんでした。絵がうまいです。

ストーリーは思春期の甘酸っぱい、キュンとくるような話が多いです。これがみんな人間だったら、代わり映えのしない作品だったと思います。
しかし、この作家さんはケモナーであり、自分のケモナーの世界を絵本のようなタッチで表現してくれました。
BL の楽しみと、作者の世界観両方楽しめます。

よいBL でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ