最後に好きと言われるから

最後に好きと言われるから
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
学習研究社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
最後に好きと言ってやる初版本・コミコミスタジオオリジナル特典

あらすじ

文庫発売記念・コミコミスタジオ購入限定特典書き下ろし小冊子
本編終了後のラブラブ後日談♪
初めてみた時から独特な瞳に魅了され、目を離せなかった「鳴海」という名のモデル。彼と恋人になった今もその瞳に惹かれ続ける小林は、同じテーブルについて顔を見ているだけでもうっとりしてしまう。しかし、恋人となった鳴海にはそれだけでは不満な様で…

表題作最後に好きと言われるから

世界的ブランドのイメージモデルとなる・君津鳴海
世界的ブランドのデザイナーで同社日本支社社長・小林清流

評価・レビューする

レビュー投稿数1

世界は二人のために♪

本品は『最後に好きと言ってやる 』の
通販書店限定特典品の小冊子です。

本編は攻様視点でしたが
受様視点で糖度がアップした後日談になってます♪

小林はデザイナーという仕事がら
顔立ちの良い人間を数多く見てきますが

初めて鳴海というモデルの姿を見た時から
挑戦的で自信に満ちた独特な瞳に
魅了されてしまいます。

彼の恋人になった今でもその瞳の威力は絶大で
同じテーブルにつくようになっても
顔を見ているだけでもうっとりしてしまいます(笑)

サラダを食べながら笑う鳴海に
ついつい彼に似合う服を想像してしまう小林ですが

二人っきりの時にも
仕事の事ばかりを考えていると知った鳴海は
気分を害してしまい?!

表には出さないまでも
受様のデザイナーとして他の人に接する事に
攻様がホントはヤキモチを焼いているのさ
っていうお話でした♪

受様にとっては何をしていても
攻様だから考えてしまう妄想なのですが

ソレをも許せないっていう攻様と
そんな事で拗ねた攻様でさえも
カッコイイと思ってしまう受様には

もう「御馳走様」続きって言葉以外
感想は言えない感じです。

いかにも番外らしい甘々な一作でした♪

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ