答えて姐さん 腐女子の掲示板 「雑談」



【ネタバレ注意】陳情令、キャラクターの年齢設定

匿名

21/04/06 13:26

回答数:6

陳情令のドラマを見ていて、まだ9話ぐらいまでしか見られてないのですが、

16年後から物語が始まり(アニメだと13年後?)、それぞれ見た目が全然変わらないのはドラマとかファンタジーという設定上気にしていません。
最初は過去が20代前半で、今30代後半という設定?ぐらいで見始めていたのですが、過去編を見ていると、どうもじゃれあい方などみんなの言動が幼い。小学生ぐらいの言動に見える。現在が20代半ば~後半ぐらいで、過去は10代前半ぐらいなのかな?と思い始めました。

5月に日本語版の小説も出るようですが、そちらとか、また魔道祖師とか陳情令の今後とかで年齢って出てくるんでしょうか?どなたかご存知の方いらっしゃいます?それとも自分で好きに想像しなさいパターンなんでしょうか?

小説読みたいけど電子書籍出るのかな…。

回答一覧

6. No Title

すみません、陳情令繋がりで質問したい事があってここから質問させてください(スレ主様お邪魔します)
ドラマ見始めたのですがアニメとのストーリーの微妙な違いがありますよね?
アニメの方が原作に忠実に作られているのでしょうか。
陳情令の方は50話最終回の様ですが、原作の最終話までの全てが50話で完結してる感じなのでしょうか?
最終回が微妙に原作と違う?のは薄目で見たネタバレ的なもので察しています。
ここで質問していいか分からないですが、見つけて下さった方からの回答お待ちしてます。

5. No Title

>>4
とても助かりました、ありがとうございました。

自分的には、やはり名前がネックなので、音で入ってくる上に必ず字幕(しかもふりがな付き)も入ってくれるドラマから入ったのは正解だったと思います。藍湛=ランジャン、魏嬰=ウェイイン、と頭にインプットされるのはとても大事でした。
吹替だと多分文字と音が繋がってくれない、小説のみだと文字だけになり音のイメージが全く別物になってしまっていたと思います(全部名前に振り仮名ふってくれたら違うかもしれませんが)。
景色や衣装なども映像として入ってくることで世界観が分かりやすく、これらを分かった上で小説を読むのが一番な気がしています。

なので小説日本語版楽しみにしているのですが、電子書籍本当にお願い…
人気ならすぐ出るかな…どうかな…と心配中です。

4. No Title

お役に立てて良かったです。
私は、原作の小説しか読んでなくて、日本語の吹き替えのアニメを今観ていますが、アニメはかなり飛ばしてるなぁという印象です。ドラマは少しだけ観ました。
原作はBLで、Hシーンあるし、事件や感情描写が細かいので、
小説が一番好きです。

3. No Title

>>2
ありがとうございます、完璧!完璧です。
なるほど、座学で知り合ってから事件まで、結構な年数があるんですね、そこは盲点でした。
では最初の印象(20代前半から30代後半)も、過去で言動が妙に幼い、というのも両方間違っていないんですね。良かった~!
飲酒に関しても、15才なら昔の元服なんかを鑑みるとおかしくないですしね。

これで心置きなく続きが見られます!ありがとうございました。

最初は名前が複雑で、本名・字名・通り名・各家としての呼ばれ方・家族からの愛称などなど、視聴継続できるか心配だったんですけど、複雑だからこそ「呼び方の違い」でここまで萌えるとは思っていませんでした。
最初二若君とか 含光君とかだったのが、どんどん砕けて初めて”藍湛”って本名呼ばれた時の「ハッ」「キッ」って感じの藍湛が激萌え。魏の若君とか無羨とかだったのに、いつの間にかしっかり”魏嬰”って呼んでるしな~。

あとドラマだと各話で最初に登場した時、かならず名前の字幕付けてくれるの地味に助かるので、これも継続出来た理由ですね。
以上、ただの萌え語りでした。

2. No Title

大体ですが、魔道祖師の小説では、

十五歳 姑蘇で座学。
十六歳 岐山温氏の元へ行き玄武を倒す。江家滅ぶ。乱葬崗に捨てられる。
十七歳 江澄らの元へ戻る
二十二歳 乱葬崗が包囲され、万鬼に襲われ死亡。
三十五歳(莫玄羽の肉体は二十六歳) 生き返る。
藍湛は魏嬰と同年なので、このとき三十五歳。

1. No Title

あ、でも過去編で普通にお酒を飲むし、直接出てはこないけど、女性とあれこれあってもおかしくない空気感なんですよね。
でも色恋のはやし方とかは幼いんだよなぁ…

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP