答えて姐さん 腐女子の掲示板 「雑談」



2022年発売のBL本BEST3

匿名

22/12/31 07:14

回答数:7

2022年に発売されたBL本(漫画&小説)の中でBEST3を選ぶとしたら何になりますか?
ネタバレしない範囲でBEST3に選出された理由も聞きたいです。
なお、2022年に発売されているのであれば続巻でもOKです。

回答一覧

7. 順位付けはなかなか難しいですが…!

個人的に神評価付ける事ってほぼ無いです。自分の萌とかみ合っているかつ、作品として1冊の中での起承転結や伏線、テンポ感、コマ割り、表現、めくりの巧さ、などを評価しちゃうので。
そんなのがありつつ、小説・コミック含め月30冊以上は読む私が何度も読み返した中から3冊。

1,華麗なるロマンチックメロドラマ(コミック/三坂ニウム先生)
間違いなく1番何度も読み返しました。三坂先生にとって3冊目のコミックで、こちら読んで文句なしにお気に入り作家入りでしたねー。おっきいこ受けが好きな方とかにオススメしたい作家さん。
一見平凡攻め×スパダリ受けなんですが、登場人物みんないい人で、受けちゃん…この攻め様に幸せにしてもらうんだよ…!と言いたくなりました。

2,社長、おすわりの時間です(コミック/めがね先生)
眼鏡受けといえばの先生ですね。というのを差しおいても、デビュー以降めきめき実力付けている作家さんだと思います。
近年増えつつあるドムサブものなんですが、社会的に上の立場の人がサブというところからの、このタイトルは秀逸。肉体的、ドムサブ的には逆転でも、秘書からの社長に対する忠誠心があるところがポイント。

3,あやかし蝶と消えた初恋(小説/海野幸先生)
正直3つ目困ったのでベテラン作家さんから。レビューランキングでも上位だったのでに入ってたので、今更ですが。
これも所謂攻めザマァなのかなあと。そして、あらすじにある、「好きだという気持ちが消える」。私自身、昔あんなに好きだったジャンルを今何とも思わなくて、そのジャンルにまつわる豆知識も、昔はスラスラ言えたのに今全然思い出せない…とかあって。なので色々考えさせられた話でもありました。好きって気持ちにはエネルギーが要る…!

という、個人の趣味嗜好に偏った3作です。

0

6. No Title

すいません順位付けれず

柄十はるか先生「きみのみかたになりたい~溺愛のDomと献身のSub~」
DomSubの甘さも辛さも詰まった一冊でした。
主役の二人も素敵ですが、もう一人の幼馴染がすごく印象的です。

はなぶさ数字先生「はきだめに恋」
キャラも展開も大好きです。
料理シーンが今まで読んだ漫画の中で一番好きです。

しのだ楚芭先生「繋ぐ指先、瞬く世界」
デビューコミックスです、一話で心を掴まれました。
読後キャラを知ってからもう一度読むとさらに萌えます。

5. No Title

①『スリーピングデッド 下』(朝田ねむい)

先を読めないストーリーがスリリングで面白かったです。同時に、ちゃんとラブもあって、オリジナルなのに二次創作同人誌みたいな萌えもあり。
衝撃の最終回を1ヶ月引摺りました。きっと一生心に残る漫画だと思います。
主人公二人のキャラがすごく立ってて二人とも可愛いです。
朝田ねむい先生のTwitterで、ちょくちょくボツネタや後日談、こぼれ話の供給もあって最高です。

②『あした愛かもしれない』(山下街)

普段あんまり甘めのBLって読まないんですけど、これはめちゃ良いなと思いました。
大学のサークルの先輩後輩で、アパートの部屋が隣同士。そんな二人の恋愛。特に派手な事件は起こらないんですが、恋してる時は些細なことにも大事件が起きた時みたいにドキドキしたり。
恋愛描写の細やかさがとてもよかったです。

③『じじいの恋 命短し恋せよ老人』(黒江S介)

70代のおじいちゃんBLです。とにかく笑いました。脇役の孫とお手伝いさんのキャラも濃くてよかったです。

4. No Title

1位 食べてもおいしくありません(山田2丁目先生)
本当にこの作品大好き!安定に笑ったし、日和と穂高らしいやり取りが読めて楽しかったです。新キャラの癖が強くて面白かったです笑。

2位 うそつきと狼(やまち先生)
新しい性癖が開花した作品です笑。受けの顔がどストライクで買った作品なのですが、読了後イケおじ攻めいいやんとなりました。今ではやまち先生のファンです。

3位 伝説のヤリチンVS鉄壁の尻穴(ととふみ先生)
なんだこのタイトルと思って購入した作品です。想像以上に面白かったです。タイトルと反してピュアな2人の恋模様が可愛らしく、個人的にはカバー下のおまけが好きでした。

以上が私のTOP3です。2022年も豊作揃いでしたね!他にも書きたい作品がたくさんあったので残念です笑。2023年の新刊たちも楽しみです。

3. 接戦です

無理矢理順位付けしました。
①パパとぼくと家族になってよ(靴川さん作品)
これは紙本が今年発売となりましたが、電子は前から読めてましたので、かなり長い間個人ブーム続いております。全く飽きないんです。
②ぬいパパ(灯乃モトさん作品)
上下巻好きなんですが3巻以上は買わないようにしてるんです。でも買わずにいられなかった。今年知って3巻まとめ買いしました。
③ノット(秋平しろさん作品)
表紙を見た時作者買いするつもりが少し迷いました。好みのキャラに見えなかったんですね。でも結局作者買いして正解。読後表紙の二人が凄く素敵に見える不思議。いい気なもんです。

2

2. No Title

①タカラのびいどろ
今年一番読み返したかな。体格差が好きなのと
なんと言っても攻が長身ロン毛で顔がいい!


②ピンクハートジャム 上下
これも読み返し率高い。
上下通してワンコくん(攻)がどんどん成長していくんですよね。

③ふたりあそび 1巻
まだ完結してないのでたのしみに待ちたいところです。
受があざと可愛くてえろえろ~


ネタバレしないようにと思ったら
たいしたことかけなくて、作品のよさがあまり
伝わらないかもですが。

2022ベスト3でした。

1. No Title

①百瀬あん先生『ナカまであいして2』
今年一番読み返したと言っても過言でないくらい読みました!大好きです!

②百合アズル先生『pop one’s cherry』
全員応募特典の小冊子が欲しくて、基本的に電子しか買わないのに紙も買いました!小冊子良かったです!

③栗原カナ先生『会長、イイコはもう終わり』
1巻完結だと思ってたら、続編が決定したそうで…!来夏から連載開始なので今からとても楽しみです!

以上、私が選ぶBEST3でした。
是非皆様のBEST3も教えて下さい〜!

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP