答えて姐さん 腐女子の掲示板 「探し物」



鍔迫り合いするような緊張感のあるCP、かつお互いにヘタレないCPはいませんか?

匿名

19/06/13 18:56

回答数:3

閲覧ありがとうございます。

他で、質問主旨は違いますが、
江森備「私説三国志」、真堂樹「四龍島」、吉原理恵子「間の楔」を見かけて、似た小説を読みたくなりました。
(他、同系統のお気に入り。「紅楼の夜に罪を噛む」「魔導師奇憚」)

長編短編シリーズ、一般、ラノベ、BLレーベル、国内外を問わず、
心理的に鍔迫り合いするような、お互いにいつ寝首をかかれるか分からないような、緊張感のあるCPを教えてください。

くっついたあとも、例えば英田サキ「デッドロック」「エス」のように、問題が無くなり一般CPとして落ちつく、単純にめでたしめでたしではなく、ハピエンでも相容れない感じというか、
攻受ともに、へたれたり、乙女にならず、緊張感ある関係が持続しているモノがいいです。

敵対関係の設定は多いですが、上記作品のようなCPにはなかなか出逢えず。
思い付く方、よろしくお願いしますm(_ _)m

回答一覧

3. No Title

桑原水菜先生の炎の蜃気楼の昭和編は如何でしょうか
薄氷を踏むようなヒリヒリとした関係性が味わえます。
昭和編なら本編と違い11巻しかないので読みやすいかと思います。

2. No Title

完結していないのがネックですが高遠琉加さんの『世界の果てで待っていて』は薄氷の上の危うい均衡と清廉潔白といった感じの受で、その均衡が崩れそうな時にとんでもなく萌えます。

1. No Title

こんにちは。

中原一也さん「悪癖でもしかたない」
男と男のバトル愛だと思います。

1

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP