答えて姐さん 腐女子の掲示板 「コミック」



ホラーコメディ・ブラックコメディなお話

匿名

20/07/07 12:33

回答数:3

登場人物のノリや話運びはギャグ寄りなのに、起きていることはすごく怖くて、笑いと冷や汗が一緒に来るような作風のお話を教えてください
既読だとおれ被害者とかグッときました!
特定の作品じゃなくてもそういうの得意な作家さんがいるよー的な回答も待ってます♪

回答一覧

3. No Title

永井三郎先生の「スメルズライクグリーンスピリット」ってそんな感じじゃなかったでしたっけ?

ARUKUさんの「落ちる花」、「スクールナイト」とかもどっちだよ!と思いながら読んでました(笑)

ギャグがたっててダーク、というより、ダーク寄りだけどクスっと笑えるっていう作家さんなら結構好きな方います。ヤマシタトモコさん、恋煩シビトさん、朝田ねむいさん、三角社ぴえさんとか。鳩川ぬこさんの「初恋、カタルシス」も個性的だなと思いました。木村ヒデサトさんと松本ノダさんは似た感じがしているので、「みぃはなんにも知らない。」(短・中編集)などはいかがでしょうか?

匿名1番さんがあげられているkayamaさん、わたしも好きなんですけど、二作目が流れてしまったんですよね、当時出版社に問い合わせたのですが。のんびり復帰をお待ちしていますけど…

2. No Title

死にぞこないの青/山本小鉄子

BL作家さんですがこれは一般です、仄暗い怖さ。


夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない/宮崎夏次系

これも非BLですが、他の宮崎夏次系さん作品も良いです。

1. No Title

ご希望にうまく沿っているかわかりませんが、個人的に上二つが「おれ、被害者」に近いノリがあるように思います。あそこまで突き抜けてはいませんが。

私は司会者 村上キャンプさん
→お茶の間の人気司会者の裏表と彼の大ファン(ストーカーちっく)。本当の狂気を秘めているのは。

彼の植物は美しい 松田おにさん
→明るい混乱から始まり、あちらこちらに見え隠れ現れてくる狂気があります。

惑溺趣味 明治カナ子さん
→もともと、そこはかとなく仄暗い作風の作家さんですが、特にこんこんのホラー感が良かったです。

ヨコシマのゆえん じゃのめさん
→ジャンルをどう区分すればいいかわかりませんが、かわいいのとこわいのが出てきます。

まっくらやみで君と タカナシモリミチさん
→作中は無邪気な有能上司のトラウマが暗そうなくらいですが、後書きが効いてます。

未熟な楽園、或いは kayamaさん
→コメディではありませんが、系列的にお勧めできる気がしたので。万人受けしないかもですが、悲劇が一周回って喜劇的な気がします。

この質問に答える

■回答するにはログインが必要です。

ログインはこちら

PAGE TOP