>
>
くっ… 殺せ… 美貌の騎士が敵の手に!! よってたかって調教され、その体は♥ 小説『騎士陥落』

801 AUTHORS 108 腐っていいとも! やおよろずのBL作家をゲストに迎え、新刊について聞く!

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2016/01/19 17:38
コメント:2

西野花先生インタビュー くっ… 殺せ… 美貌の騎士が敵の手に!! よってたかって調教され、その体は♥ 小説『騎士陥落』

エロ重視! モブ姦、二本差し、小道具大道具、ラブラブH…
シリルは代々王家に仕える家柄の騎士。実力、容姿とも比肩する者なく、しかも高潔な彼が、屈辱と快楽の泥沼に堕とされます! 捕虜となった部下を守るため、敵将ラフィアのもとに赴き……。1月22日発売、西野花先生の新刊小説『騎士陥落』。調教されたシリル! 信頼していた部下たちにも蔑まれる中、シリルはラフィアにある感情を抱き始め!? それでは「801 AUTHORS 108」第827回、西野花先生どうぞ!

Q. 作品紹介をお願いします!
男性向けでよくある「くっ殺」ものを、BLで真面目にエロエロにやってみたいと思いました。
高潔で生真面目な美人騎士が、敵の手に落ちてよってたかって調教されるという王道ものです! もちろんラスボス的なソフト鬼畜本命攻めがそんな美人騎士を情熱的に導きます。

Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
あっ上で書いちゃった…。受けのシリルは王国一の騎士で潔癖な美貌を持っていますが、私の書く受けなので淫乱な素質を持っています。
攻めのラフィアは王の弟で、戦いに明け暮れていたけれどもどこか退屈だった日々の中でシリルと出会い、どんな手を使っても自分のものにしたいと画策します。美丈夫なのですが、顔には以前シリルがつけた傷が残っています。
 
Q. 当て馬や重要な脇役は?
シリルの部下二人が、上官に絡みます。性的な意味で。

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
即堕ち……ですかね……。あと快楽責めです。とにかく快楽責め。

Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
完堕ちした後のシリルの変わりっぷりを書くのが楽しかったです。

Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
あとがきにも書いたのですが、即堕ち萌えの私は受けをすぐに快楽に屈服させてしまうので、初稿を読んだ担当さんから「最初の一回くらいはもう少し抵抗させたほうがよくないですかね……」と遠慮がちに言われてしまったことです。
でも自分的には、けっこう抵抗させたつもりだったので、わりと衝撃でした。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露お願いします!
しばらく考えたのですが、何度目かのスケジュール設定失敗のために締め切りに追われる毎日で、印象的な日常というのはなかったような気が……。
早く綺麗な身になってこういう質問に答えられるようになりたいです。

Q. 今、何かハマっていることは?
趣味は紅茶です。それが高じてスリランカまで行ってしまいました。
旅行するのは大好きなのですが、今は病気の猫を抱えているので長い旅行は難しく、ツアーサイトを見て満足しています。

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
いやもう本当に……売れて欲しいです……。

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
すがすがしいほどエロ重視です! モブ姦、二本差し、小道具大道具、ラブラブエッチetcと一生懸命書きました!
そういうのがお好きな方はぜひ読んで頂きたいです。Ciel先生の挿絵も美しいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

担当編集:Sさんより
初稿を拝読して「もっと抵抗したほうが」をお伝えしたとき、先生から多少戸惑いの空気を感じてはおりました。
それが「趣味嗜好の差である」と気づいたとき、申し訳なさとともに(あらためて)己の好みを自覚させられ、本気で羞恥しました。なんか恥ずかしい!
結果、一部を手直しいただいた形で完成稿となりました。皆さんの感想もうかがって、ウフウフしたく思っております。
どうぞよろしくお願いいたします!

特典情報
ホーリンラブブックス限定:メッセージつきブロマイド
コミコミスタジオ限定:書き下ろしペーパー

(c)西野花/Ciel/二見書房

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連作品

関連作家・声優

2
投稿順|最新順
匿名2番さん (1/1)
16/01/20 14:53
  • 私も担当さんのコメントに共感w
    何か編集者って最近の事件もあって冷たくてビジネス主義一辺倒のイメージしかなかったから
    凄く好感が持てた。真剣に作ってるんですね。
    小説も読んでみようと思います。
匿名1番さん (1/1)
16/01/20 13:26
  • 作家さんと担当さんの感覚のズレというか、やりとりが面白いですね。
    最後の担当さんのコメントなんか共感できるw