作家インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

我島ヒロ先生インタビュー ガキ嫌いの腹黒変態バリタチ教師×クソ生意気な目覚めかけネコ生徒!! 初コミックス『本能』

2017/05/06 18:00

お互いが、自分の人生に差し込んだ一筋の光…


須田は、生意気で成績優秀な陰気キャラ。クラスの嫌われ者です。その態度は先生に対しても同様ですが、ある日、クラスメイトへの嫌がらせが原因で弱みを見せてしまいます。そのスキマを見逃さなかった先生は……。5月15日発売、我島ヒロ先生の初コミックス『本能』。実は先生はバリタチ! 須田の運命はいかに!? 表題作を含め、多彩な変態が楽しめる7篇が収録された読み切り集です!! それでは「801 AUTHORS 108」第1265回、我島ヒロ先生どうぞ!

Q. 作品紹介をお願いします!
表題作『本能』は腹黒いバリタチの教師が生意気な生徒、須田に目が離せなくなってる話です。
その他に手の届かないクラスメイトに想いを寄せるあまりある奇行に走ってしまう高校生のお話やよく行くコンビニの店員にストーキングする不良少年のお話や純粋無垢な後輩に無理矢理ピアス開けて興奮してる人のお話などがあり、今思うと変態がたくさん出てくるとても愉快な読み切り集となっております。

Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
腹黒変態バリタチ教師攻×生意気目覚めかけネコ受です。(??)
先生は普段は本性を隠しながら穏やかに教師やってます。面倒事が嫌いで生徒に強く当たれないのでちょっとナメられてるタイプです。受けの須田は性格がキツくて成績優秀なクラスの嫌われ者です。




Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
片方にとって相手は自分の人生に差し込んだ一筋の光になっていて、ただ家庭環境やそれまでの人生だったり利己的な欲のせいで愛を表現するのも受け止めるのも歪んだ形になってしまうという共通したテーマがあります。まるで最初からそれを軸に話を作ってるかのような言い方してますが今思いつきました。



Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
物語と直接関係ありませんがどの話も大体同じ場所を舞台にしていて、誰かと誰かが実は兄弟とかがありますが本当にどうでもいい事です。

Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
いろいろあったはずなのに真っ先に浮かんだのは液晶タブレットの画面の熱さと戦う日々でした。途中から板タブから液タブに変えたんですけど画面のあまりの熱さに絶句しました。これからもこの灼熱の液晶タブレットと闘って生きなければいけないと思うと胸が張り裂けそうです。

Q. 今、何かハマっていることは?
最近はもっぱらネットで美男と美女の画像を収集してじっくり骨格を観察する異常者になってます。傍から見れば完全に様子がおかしいと思いますが私は真剣です。

Q. BL作家になったきっかけを聞かせてください!
腐の星のもとに生まれた根っからの腐星人だと思うんですけど商業誌にBLというジャンルがあると知ったのが2年くらい前で、もともと青年誌などで漫画を描く事を目指していたんですが、一旦方向転換してみようと思ってまずは描いてみたBL漫画を送りました。

Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
本を出させていただくという事はとても光栄ですし有難い事なんですが、実際に今まで以上の人に自分の作品を見られると思うと緊張します。願わくば一人でも自分の作品を気に入ってくれる方がいればと思います。

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
ここまで読んでくれた方がいたのならさぞ無駄な時間を過ごされたと思います。すみません。
もし気が向けばコミックスをお手に取って頂ければ幸いです。有難うございました!


担当編集より
投稿からデビューの我島先生。初めて原稿を見たときに「これを描きたい」というのが伝わってきてすぐデビューしてもらいました!
雑誌やアンソロジーで描かれた我島先生の処女作品集はどれもフェティッシュで刺激的なものばかり。
表題作の『本能』はガキ嫌いの教師と生意気ボッチな生徒のお話で、この先生がとってもいいんですよ…。
ワルい先生そのもの!! そのほか、6作品をぎゅっと詰め込んでおりますのでぜひ読んでみてくださいね!

コミックス『本能

特典情報
アニメイト 描き下ろしペーパー
文教堂・アニメガ 描き下ろしペーパー
応援書店 共通描き下ろしペーパー

一迅社『gateau』ホームページ


(C)我島ヒロ/一迅社

関連作家・声優

コメント2

投稿順|最新順

おもしろそう…
なかなか変態な感じの短編集、嫌いじゃないです。むしろ、大好物です(*´ч`*)

他の作品を読んだことはなかったのですが、「ドランク×ドランク」は雑誌で読みました。
( gateau 2017年 5月号 )
その時に載っていたどの先生の作品よりも面白かった記憶が。
他の作品もぜひ読んでみたいので本屋さんへ行って参ります!楽しみです。

PAGE TOP