彩寧一叶先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

彩寧一叶先生インタビュー 彼が抱く秘密とは!? 天才ヴァイオリニスト×職人見習い青年!! 初小説『恋情と悪辣のヴァイオリニスト』

2017/12/17 17:12

優しい情熱と、ステージでの… 二面性に掻き乱されて!?


光音(あると)は、ヴァイオリン職人を目指す見習い青年。そんな彼の前に、憧れの天才ヴァイオリニスト、ケリーが現れます! 戸惑う光音ですが、ケリーの情熱に促されるように秘密のデートを重ね、キスまで……。彩寧一叶先生の初小説『恋情と悪辣のヴァイオリニスト』が12月19日に発売されます! 尊敬するケリーへの恋心に迷う光音と、とある目的から光音に近づいたケリー。その隠された内容とは!? 意外な恋の行く末を、ぜひ見届けましょう!! それでは「801 AUTHORS 108」第1487回、彩寧一叶先生どうぞ!

 

秘密持ちヴァイオリニスト×世話焼き職人志望の恋!

 

Q. 作品紹介をお願いします!
ヴァイオリン職人を目指す主人公・光音が、憧れのヴァイオリニスト・ケリーと恋に落ちる物語です。
光音は初め、尊敬する人に恋心を抱く自分に戸惑い、ケリーはケリーで、ある理由により光音に想いをぶつけることを躊躇います。
一見王道っぽい組み合わせですが、話の展開には意外性があると思います。二人が何度もすれ違い、好きだからこその葛藤に苦しみながら、必死で愛を模索していく姿を書きました。

Q. メインカップルはどんな攻×受ですか?
受の光音は、真面目でちょっと鈍い面のある優しい青年です。世話焼きで、どことなく母性を感じさせるところが私は好きです。
よく考えたら、私が書く初めての眼鏡キャラでした。音から人の気持ちを読み取る力を持っていて、あと、結構エッチな身体をしています。
攻のケリーは、“悪魔の貴公子”と呼ばれる天才ヴァイオリニストです。
肩書きのわりに謙虚で純朴な性格をしていて、大切な人のために一生懸命になりすぎるところがあります。
普段とステージとで別人のようになる二面性が魅力のひとつですが、そこに彼の秘密が隠されています。
スマートな見た目ですが…、実は不器用でかわいい人なんです。


Q. 当て馬や重要な脇役は?
話のキーになるという人物として、ウィルという男性が登場します。正直で人間らしくて、私の大好きな人です。
どういう素性の人かは、本編でご確認いただければ……!

 

各場面こだわりのBGM、音や感情の表現に注目!

 

Q. 今作のこだわりポイントはどのあたりでしょう?
音楽です。いつも場面ごとにBGMを設定して書く癖があるのですが、今回それを直接話に盛り込めて嬉しかったです。
一度聴いたら忘れられないインパクトのあるものばかりを、あえて選びました。
あとヴァイオリニスト攻めなので、手や指先の色気に気を配ったつもりです。
光音はケリーにとっても憧れているので、濡れ場では大好きな手に触られて心身ともにとろけてもらいました。

Q. 苦労した点、また楽しかった点など聞かせてください!
苦労したところは、全部だと思います。ヴァイオリンの音の表現もそうだし、各キャラクターの感情の動きが複雑で凄く難しかったです。
複雑すぎて声が聞こえてこないキャラクターまでいて、気持ちを理解するために3日ぐらい自分を罵倒しまくって過ごしました。
ようやく入ってきてくれた瞬間は凄く嬉しかったです。
楽しかったことは、担当さんとの度重なる打ち合わせです。
今回本当に色々とご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ないなあと思いつつ。親身になって頂き、とても感謝しています。

Q. 今作にまつわる裏話ってありますか?
外国のとあるヴァイオリニスト様の大ファンでして、それでヴァイオリニスト攻めの話を書きたくなりました。
当初ケリーのデザインは、その方にちなんで金髪のロン毛だったんですが、担当さんに変えたほうがいいと言われて短髪に変更しました。変えて良かったです(笑)
この話を書いてから、その方の指捌きが直視できなくなりました……。


Q. 執筆中の、思い出に残る日常エピソードをご披露願います!
長年応援してきた宝塚のトップスターさんが退団されてしまい、一週間ぐらい毎晩泣いて過ごしました。映像見るたびまだ泣いてます。

Q. 今、何かハマっていることは?
最近、短歌を詠むことを始めました。ちっとも上手くなりません。

 

ビーボーイ新人大賞を総なめにした才能、待望のデビュー!!

 

Q. BL作家になったきっかけを聞かせてください!
幼稚園ぐらいの時からお話を書き始めていたので、ずっとそういう仕事がしたかったんだと思います。
高校生ぐらいの時から、小説家になりたいと思い始めました。なかなか投稿への決心がつかなかったのですが、4年ほど前に旅行でパラオへ行った際、この世のものとは思えぬ美しい海と夕焼けを見ていて突如決心しました。
BLというジャンルを選んだのは、単純に大好きだからです。


Q. 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
執筆を終えるまでは、発売前は不安で眠れない状況になっているんだろうなあと思っていました。
確かに不安はありますが、それより今は、感謝の気持ちがあまりにも大きいです。
担当さんや出版社の皆様はもちろん、今回イラストを担当してくださったキツヲ先生。
そして家族、友人、いつも素晴らしいインスピレーションを与えてくださる全てのアーティスト様……本当にありがとうございます。

Q. ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
はじめまして。彩寧一叶と申します。読み方はアヤネイチカです。
まだ西も東もわからぬ未熟者ですが、力の限り叫びました。一生懸命生きている彼らの姿をどうか知ってもらいたいです。
宜しくお願いいたします。


担当編集より
ビーボーイ新人大賞を総なめにした、彩寧一叶(あやねいちか)先生のデビュー作品です。
今回の攻・ケリーは天才でありつつ優しく紳士で、エスコートや言葉づかいが大人の男!
そこに少し強引なところもあるので、憧れのケリーとのデートで光音は常にドキドキがとまりません。
でも、実はある秘密と目的があり、光音に会いに来ました。その内容を知ったとき、思わずページをめくるのを止めたくなるかもしれません。
人が恋をするのはこんなにも切ないのか、と…。
ケリーの葛藤、光音の想い、ドラマティックな展開に胸が熱くなること間違いなしです。
私は話を知っているのに、何度読んでも同じところで泣いてしまいました…。
そのあとのエッチは濃厚で格別! とろとろにさせますよ!
一度読んだら絶対に虜になってしまう彩寧先生の世界をどうぞご堪能ください♪

小説『恋情と悪辣のヴァイオリニスト


(C)彩寧一叶・キツヲ/リブレ

関連作家・声優

コメント16

投稿順|最新順

彩寧一叶先生というお名前、聞いたことがあると思ったら、ちるちるのオフ会にいらしてた方じゃないですか!ちるちるユーザーさんだとしたらこのコメント欄もきっとご覧になっているんじゃ…。気に病まれていなければ良いのですが…

綺麗な絵柄だし、言うほど肩幅気にならないかなって思います。体勢の問題かな?

ハンネ限定良いですね、匿名だからキツい言い方になってるんだろうなってコメントはその作者さんや声優さんが好きでなくてもいい気分はしませんよね。

ハンネ限定実現したらいいなあ!
特定の声優さんsage、作家さんsageは最近目にあまりますもん。
もっと楽しく利用したいですよ〜

ハンネ限定は賛成です。せっかくみんなが楽しく情報交換できる場所なのに、いやなコメント見たくないです。

作品はとても面白そうだなと思って、買いました。

コメ欄はなくさず、新作のニュースだけハンネ限定にしたらどうでしょうか。
毎回決まった作家さんと声優さんが貶されるのは気分が悪いです。
コメの書き込みが減る等の懸念もあると思いますが、善良な方々が気持ちよく利用できるほうが長い目で見たら良いのでは?
試用運転等でも構わないのでご検討頂けたらいいなと思います。

面白そうな作品じゃないですか♪

コメ欄のハンネ限定大賛成です!
そうなれば、作家さんだけでなく、特定の声優さんを毎回貶すコメもなくなりますよね。
ちるちるさん、ぜひご検討下さい。

肩幅は全然気になりませんし、むしろ綺麗な絵だと思うのですが、
主人公のキラキラネームがちょっと…

コメント欄がなくなるのは残念なので、ハンネ公開限定は良さそうですね。

以前、他の作家さんの時に私でさえコメント欄をみて嫌な気持ちになることがあったので、作家さんだと尚更嫌になると思います。

でも、何にもコメントがつかない事が多い中で、悪いコメントでもコメントがついたらその作品が気になるのも確かなので結果的に悪いかどうかはちょっと分からないかも…ハンネ公開にしてまで書き込む人がいるかどうか・・・。

この作品すごく気になってきてます(;_;)

作家インタビューのコメントで知らなかった情報を教えてもらったり
興味をひくことも多いのでコメントを無くすのは反対です。
でもコメントを目にして「ちるちるのインタビューは二度と受けない」
と宣言してる作家さんもいるみたいなので、
作家インタビューのコメントはハンネ公開限定にしてはどうでしょう?

確かに失礼なコメだけど、おかげで「アヤネイチカ先生」お名前しっかり覚えましたよ!

こう失礼なコメントがつくなら、インタビュー記事のコメント欄は無くしたほうが良いのかもしれないですね…。 作家さんが間違って目にしたら創作のモチベーションが下がってしまうことに繋がりかねませんから。
どうですかね?ちるちるさん。

好みの設定や〜。お初の先生買います。

そもそも「小説」のインタビュー記事なのに、「ギャグ『漫画』」とか失礼すぎるでしょ。
ただでさえ小説家さんへのインタビュー少ないのに、こんな記事の中身読まずに絵だけ見てコメントしました、みたいなの書き込まれたら、もう誰もインタビュー引き受けてくれなくなるわ。

顔とか可愛らしいし綺麗な絵だとは思う
・・・バランスの問題なのかなー

え?この肩幅ギャグ漫画じゃないの!?

肩幅すげー(;''∀'')

PAGE TOP