あいおいやよい先生インタビュー

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

あいおいやよい先生インタビュー 初Hは淫夢で!? ED童貞リーマン×一途なゲイバリスタの不器用ラブ!! コミックス『やわらかな、アレ』

2018/08/24 17:50

EDでも愛してくれる運命の人求ム! 異色の“不全攻に春到来♥

 


BL作家インタビュー「801 AUTHORS 108」第1723回
あいおいやよい/ホーム社/ドットブルームコミックスDIGITAL
コミックス『やわらかな、アレ』9月7日発売
 

STORY
モモにはある悩みがあった。それは、行為の最中に「アレ」が勃起しないこと…! しかしある夜、親友の億田と酒を飲んだあと、気持ちのいいセッ●スをしている夢を見る。夢の中だとセッ●スできた、と喜ぶモモだったが、実はそれは夢ではなくて…? 恋多きEDサラリーマン×ED男に恋するバリスタの青年を描いた、「やわらかなアレ」を巡る恋物語。

 

――作品紹介をお願いします
ノンケDTかつEDの攻めと、片想いこじらせゲイの受けの、大人なのにスマートに恋愛できないどたばたしたラブコメです!



―― 主人公たちはどんな攻×受ですか?
恋を夢見るDTで彼女ができるもいつも肝心なところでモノがおっきせずEDにも悩んでいる攻め×自身がゲイであることも己の恋心もひた隠しにしてきたがラッキースケベチャンスの誘惑に抗えなかった受け。



―― 当て馬や重要な脇役は?
名無しの脇役が多かったのですが、受けの元彼が気に入っていて、回によっては主人公二人より出張ってしまいました。
金も家もなくて受けのところに転がり込んでくるヒモみたいな男ですが愛嬌はあって攻めともなかよくしています。

―― 今作のこだわりははどのあたりでしょう?
天真爛漫な男の無自覚に身勝手なところや天然甘え上手でずるいなー! ってところを滲ませたつもりなのでそこらへん感じてもらえたらいいなあと思います。



―― 今作にまつわる裏話はありますか?
担当さんとは趣味嗜好がまったく異なるのですが、今回も「攻めがED……? 受けではなく?? ええ~~???」とそれでBLが成立するのかと首をかしげられました。
それでも好きに描かせて戴いたのでたいへん有難かったです。

―― 執筆中の思い出に残る日常エピソードなどうかがえますでしょうか
利き手の小指を捻挫したのですが、思っていた以上に小指って使わなくて原稿には何の支障もなかったです。レントゲン撮ったときに爪についてたメタルパーツが星型に写ってしまい、なんだかファンシーなレントゲン写真になってしまいました。



―― 発売に関して今のお気持ちはいかがでしょう?
コミックスとして拙作纏めて戴くの二度目なんですが初めて同様緊張します~。

―― ちるちるユーザーにメッセージをどうぞ!
EDものが大好きで、一作でもEDものが増えるよう、浸透するようにという一心で描きました! 同好の士が増えてEDものというジャンルが確立したらいいのにと毎夜星に願っております~。お読み戴いて「EDもイイネ☆」と御関心賜りましたならば幸いです。

担当より
あいおいやよい先生の第2作目は、あいおい先生の性癖がつまりに詰まった一冊です!!!
女の子大好き! なのにいざ本番になると「アレ」が勃たないED(勃起不全)を患っており、全然恋がうまくいかないモモ(攻)と、そんなモモに大学時代から片思いしている一途なバリスタの青年・億田(受)の恋物語です。
タイトルの『やわらかな、アレ』とはつまり…アレのことなんですね。
最初にあいおい先生からタイトル案を伺ったときは思わず、「本当にそれで大丈夫ですか?」と確認してしまいました(笑)


モモは明るくて素直でいいやつなんですが、一途な億田の想いにまったく気づかない…。
読んでいると健気な億田を応援したくなります…! でも億田が自分から離れていっちゃうかも…と思ったモモは、ようやく自分の気持ちに向き合い今度は追いかける側になるので、最終的にはふたり幸せになってほしい~! と思うようになります!
前作もそうでしたが、今作もあいおいやよいワールド炸裂! という感じで、リアリティがありながら、独特な人間描写は必見です。
鈍感な男と不器用な男、ふたりが「アレ」に見出すものは何なのか…ぜひ本編でお確かめください!
9月7日より、各電子書店にて配信開始です!

 

コミックス『やわらかな、アレ

 

特典情報

 

コミックシーモア:描き下ろし限定ペーパー

第1話試し読みはこちら
詳しくは、.Bloom公式サイト公式ブログ

(C)あいおいやよい/ホーム社

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント3

投稿順|最新順

匿名2番さん
いや、気持ち解らなくはないですけど、お話独特で面白いんですよ。スルメみたいな味わいのある人です。人は選びそうだなってのは否定出来ませんけどね。

絵・・・

なんか可愛いな^^

PAGE TOP