BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

生まれ変わっても必ず君を見つけ出す…輪廻転生BL 小説4篇

2016/10/16 07:28

2018/03/01 14:11

甘々からドロドロまで。様々な“生まれ変わり”に触れよう


輪廻転生って信じますか?
輪廻モノはコミックよりも小説のほうがより表現豊かなような題材と思いますが、みなさまはどう考えますか?

「生まれ変わっても必ず君を見つけ出す…」というロマンチックな台詞を現実にする輪廻転生を描いた4作品を紹介します。
真実の愛と執着は紙一重なのかも、と思ってしまうラインナップ。ぜひ好みの作品を見つけてみて下さい!

「愛情」と「執念」は紙一重

小説『LOOP』著:木原音瀬/イラスト:高宮東

 


レビューあらすじ

幼い頃から州脇義国のなかには、"宮澤"という若い男がいた。宮澤は過去に愛した女への未練と想いを昇華できず、現世の自分(州脇)のなかにとどまっていたのだ。そんなある日、大学で知り合った英一が、宮澤の想い人・文の生まれ変わりであると気づき、宮澤は州脇に「一ヶ月だけ体を貸してくれ」と頼む。その日から、宮澤は有田英一に執拗につきまといはじめるが…。

レビュー
でも木原音瀬さんが書くと、単純な設定にはならない。片方は頭がおかしくなるほどに愛していて、片方は殺すほどに憎んでいる。そんな二人が今世で出会ったらどうなるか、というお話です。――むつこさん

ストーカーされて、あんなに怖がっていたのにどんどん惹かれていく受けは攻めの純愛を感じたからだと思います。――fur7004さん

 

輪廻転生を繰り返す愛しい魂を探し求め続ける…エロも充実♥

小説『溺愛竜神と輪廻の恋』著:かわい恋/イラスト:えとう綺羅

 


レビューあらすじ

男に凌辱される淫花と、自分を抱いた者を死に追いやる呪。2つの呪いをかけられたロカは、人々に仇成す竜神を封じるため、水底の神殿へと落とされる。そこにはかつてロカを助けた優しき竜神ではなく、人に心を閉ざした竜神が居た。人間の傲慢さに怒る竜神に手酷く抱かれたロカ。けれど、慰み者になっても彼の傍に居たいと尽くす純真さに、竜神も次第に心を開き始める。そんなある日、2人を分かつ悲運が襲い…!?「何度生まれ変わってもおまえを探し出す」魂を求め合う、悠久転生ラブ。

レビュー
輪廻転生を繰り返す受を探し愛していると伝え続ける竜神がいい! 大事にしたいと思う心と裏腹に陵辱系多くね? と。。おもわなくもないのですが巡ってめぐって真実の愛をーな旅が面白かったです。――もこさん

題名通りの、輪廻転生モノです。帯に『エロはじめました。大人の~』とあるように、かなりエロエロです。おまけに最初の頃に、プレイの中で蛇を使うシーンがあるので苦手な人もいるかも…と思いました。――拓海さん

 

「生まれ変わるたびに探し出して幸せにする」一途な約束に胸がキュン

小説『Heaven's Rain 天国の雨 Limited Edition』著:朝丘戻/イラスト:yoco

 


レビュー
あらすじ
「人間の幸不幸を学ぶ必要のある者が天使に選ばれる」二十一歳の櫻凜は、バイト先の弁当屋に訪れる会社員、藤岡瑛仁と不毛な関係にある。病弱な凜は瑛仁への想いを最期まで貫こうと考えているが、藤岡にもまた、生涯想い、守ろうとしているものがあった。無言のうちにできたいくつかのルールをもとに続く、すれ違いの関係。そんな折り、瑛仁の弟、暁天が現れて、「兄から手を引いて俺のところへおいで」と凜に告げ……??天使だった男と紡ぐ、永遠に続く幸福への旅路。

レビュー
輪廻転生ものは使い古されたネタだと思っていても、書き手によってその色は様々で、今回の朝丘さんの転生ネタは胸があたたかくなりたまらない幸福感に満たされました。――薄雲さん

天国は一つではない、という考え方が好きです。人それぞれに天国があるのなら、この作品の顎髭天使もいて、こういう形の生まれ変わりもありえる、と思えてきます。――霧笛丸さん

 

泣けるファンタジーBL

小説『輪廻の花~300年の片恋~』著:六青みつみ/イラスト:みずかねりょう

 


レビューあらすじ
劣悪な環境から世界を護る巨大な壁――『境界』。そしてその壁を維持するのが、生まれつき「星」という特殊能力を持つ『星持ち』たちだ。星を持たない平凡な少年・カインは、星を持った双子の弟と一緒に『星持ち』を育成する学院にやってきて、下働きとして働き始める。そこで出会ったのは、最強の星の力を持つ青年貴族・レイランド。二人は運命のように、なぜか強く惹かれていくが!?

レビュー
うれしくてうれしくて、エッチシーンとかそんなの全部パス! 二人の結びつきだけで、本当に幸せに思える1冊でした。輪廻転生もの好き、ファンタジー好きなあなたには間違いなしの1冊! ――あーちゃん2016さん

レビューから涙腺が刺激されることは分かっていたはずなのに、我慢できずに電車の中で読んで、涙を堪えるのが本当にもう大変でした。是非、思いっきり泣ける環境で読んでいただきたい(笑)――かん衛門さん

 


 

今回は輪廻転生を描いた小説4作品を紹介しました。前世からの絆、しがらみで繋がる男たちの恋愛模様をぜひお楽しみください!

記者:真島ノ畔

関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

凪良ゆう「累る」もおすすめ

PAGE TOP