BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

丸木戸マキが描く重厚オメガバース!ジャンルはBL? どこへいく!?

2018/07/06 10:48

非BL誌から、WEBでの連載へ!『オメガ・メガエラ』第1巻が7/6発売

 


BLにすっかり定着した感のある「オメガバース」ですが、非BL誌にも人気連載作があったのをご存知ですか? 作品タイトルは『オメガ・メガエラ』。手がけるのは、ちるちるでも多くの支持を得ている丸木戸マキ先生なんです!

丸木戸先生と言えば、2016年のデビューコミックス『ポルノグラファー』がヒット。同作は、ちるちるBLアワード2017で「次に来るBL部門」2位を獲得しました。2017年発売の『目を閉じても光は見えるよなど、登場人物の心の機微を繊細に描ききる切ないBLで、心を掴まれたファンも多いことでしょう。

 

見逃してるBLファンがきっと多い、“丸木戸オメガバース”

 

そんな先生が、講談社の女性向け漫画誌『ITAN』で連載中だったのが『オメガ・メガエラ』。女性キャラも絡むものの、現在のところ“BL”としても読める男性同士の関係性が描かれています。昭和30~40年代の日本を思わせる、どこか影のある世界観も魅力的で、読み始めたら最後、ページをめくる手が止まらないこと間違いなし!

7月6日にはコミックス第1巻が発売。そしてこのほど、『ITAN』が紙雑誌としての刊行を休止したことに伴い、同じく講談社のWEB漫画サービス「コミックDAYS」で連載継続が決定しています。

昼ドラのようなドロドロ感、少女漫画のような切なさ、文芸作品のような読み応え抜群なストーリーを併せ持つ至極のオメガバース。今回は、見逃しているBLファンも多いのでは!? という『オメガ・メガエラ』の世界をご紹介します。

 

子どもを産めないオメガの苦悩… 名家で巻き起こる愛憎劇

 

本作の世界には、子供を産めないΩを指す「メガエラ」という蔑称があります。αは、αの子を得るためには複数のΩを娶る一夫多妻制。αの子はおろか、Ωの子すら産めなかったメガエラは「最下位の妻」となり、差別にさらされて生きています。

舞台は、財閥・英(はなぶさ)家。主人公の犀門(さいもん)は、この一族の次期当主・征十郎の第一夫人として迎えられたものの、子どもができずにメガエラの烙印を押され、序列最下位の夫人に落ちます。

しかし、征十郎に執着にも似た愛情を持ち、子どもを産めなかったことに苦しみ続けている犀門。そんな彼に義父で英家現当主・善治郎がある頼みごとをします。この一件から『オメガ・メガエラ』の世界は大きく動き出し…!?

 

キャラクター紹介

漆間犀門(うるしま さいもん)/Ω
征十郎の第一夫人だったが子に恵まれず、最下位の第三夫人となる。しかし、彼に第一夫人返り咲きのチャンスが!?

英征十郎(はなぶさせいじゅうろう)/α
英家次期当主。犀門を「魂の番」として愛したものの、現在は犀門以外に2人の妻を持つ

英善治郎(はなぶさぜんじろう)/α
英家現当主。妻以外のΩにも手を出し横暴に振る舞うが、現在は病身。自分の隠し子を探し出すよう犀門に頼む

九条馬宮(くじょうまみや)/Ω
善治郎の隠し子。裏の世界で生きていたところに犀門が現れ、αと偽り犀門の子として英家へやってくる

英獅乃(はなぶさしの)/Ω
征十郎の現第一夫人。αの長女・長男を持つ。メガエラである犀門を蔑視している

英玲鴎(はなぶされお)/Ω
征十郎の第二夫人。Ωの長女と長男を持つ

 

「最下位」Ω妻に巡ってきたチャンス! 偽りを重ねて、望むものは!?

 

Ωの子が通う学校の校長を勤める犀門。Ωを母としなければαは生まれてこないこの世界。犀門はそんなΩの使命について諭しますが、自身は子を産めないメガエラで…


誰も逆らえない英家現トップの善治郎に呼び出され、隠し子を探してほしいと頼まれます。もしその子がαなら犀門の子として英家に迎え入れるという提案に、犀門は…?


自分を偽って生きる馬宮。隠し子ゆえに、Ωが赤ちゃんの頃に強制的に付けられるはずの首筋の印がありません。発情期も迎えていないため、なんとか周囲をごまかしていますが……


馬宮をαとして英家に迎え入れ、自身が母となることで、犀門は第一夫人の座を取り戻そうとします。果たして、2人のΩの偽りの母子関係はうまくいくのでしょうか?

複雑に絡み合う人間関係、それぞれの思惑が共鳴したり反発しあったりと、非常に重厚なオメガバース物語。非BL誌での連載だからといって見逃したままでいるのは本当にもったいない! ぜひ、『オメガ・メガエラ』の世界に触れてみてください!! 第1話試し読みはこちらからどうぞ♪


コミックス『オメガ・メガエラ(1)』作:丸木戸マキ


優れた性とされるα(アルファ)が支配する世界。αを産む宿命を背負うΩ(オメガ)の人生は、αの子供を持てるか否かにかかっていた――。財閥一家である婚家・英(はなぶさ)家で子を生せず疎まれていたΩ・犀門(さいもん)は、一人のΩの少年をαと偽り、英家当主の座を狙わせるのだが…!? 性別による身分社会で最下層の、Ωたちの闘いが始まる…!

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント2

投稿順|最新順

試し読み読みました!仄暗い昭和感や大映ドラマ感?に惹かれました!懐かしい〜!話もBLっぽいので、一巻買わせてもらいます!

丸木戸先生の前作が好きで、オメガバースだしこれも買おうと思ってたけど、非BLと聞いて萎えちゃった(涙)
女出てくるんかい…

PAGE TOP