目を閉じても光は見えるよ【BLCD】

me wo tojitemo hikari wa mieruyo

目を閉じても光は見えるよ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神43
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

3

レビュー数
4
得点
233
評価数
51
平均
4.6 / 5
神率
84.3%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
脚本
茶乃原ゆげ
原画・イラスト
丸木戸マキ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フィフスアベニュー
収録時間
122 分
枚数
2 枚
ふろく
封入特典:丸木戸マキ先生描き下ろし漫画リーフレット
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4580166732688

あらすじ

フィクションの中から生まれる、
ノンフィクションの愛を描いた感動作が2枚組ドラマCD化。

人気AV男優の仁はある日、ゲイビ出演の話を持ちかけられた。
そこで出会ったネコ男優の光と体の相性がよかったため、
ふたりはバディを組み、頻繁に共演することになる。
仁と光のバディは人気を集め、順調に売れていたが、
実際は仕事上の体の関係だけでお互いのプライベートのことは全く知らなかった。
しかしある時、ふたりは同じマンションに住んでいることが判明し……。

表題作 目を閉じても光は見えるよ

猪原仁 → 羽多野渉

天羽光 → 斉藤壮馬

その他キャラ
藤原莞二[江口拓也]/ 斗真[千葉翔也]/ 暁人[野上翔]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

絶賛!

いや~すごく、良かったです!ストーリーもキャストの方々も素晴らしかったです。
物語はいろんな要素があって、不幸な生い立ちであるとか、過去の犯罪であるとか、セックスとは何か?とか…聴きながらも、聴き終わったあとも、かなり考えてしまいました。
そんな中で、仁さんが淡々としつつ、若いうちから自分と向き合っていて(自分に素直過ぎてクズになってるのかも…)、なかなかに面白いキャラだなあ、と思います。
光は、とにかく、斉藤さんがいい!困ったように笑う感じがいいなあ、いいなあ、と聴いていたら、仁さんと恋人になったあとのアドレス消させるシーンが個人的に大ハマりでした。
キャストトークもいい雰囲気で、意識高くない系?とか…もろもろ、笑ってしまいました。

わたしの拙い文章では伝わらないかもしれませんが、素晴らしい作品なので是非みなさまにお勧めしたいです。

7

感動…………

ずっしり重めのストーリー、
もちろん原作でも堪能させていただきましたが
ドラマCDとなるとまた違う感動が……。
なんていうか、聴き終ったばかりでぽわーっとしてます。

キャスティング自体、抜群の安定力の羽多野さんと斉藤さんですから
イメージ違ってたら嫌だなとか一切ありませんでした。
のっけから原作どおりAV撮影シーンで
更に伏字をお二人ともちゃんと言っちゃってるので(オ××コ)
初めてBLCDをお聴きになる御方にはちょっとハードだな…と思いました。
そもそもゲイビのお話なので当然といえば当然ですけどもww

BGMがほとんど無いので(あっても小さ目なので)
とてもお話に集中出来ました!
時代的にそういう作りになってきたのかなぁ。

濡れ場に気を取られがちでしたが
意外にも(と言ったら失礼ですね)仁の息子・斗真役の千葉翔也さんが!
めっちゃ中学生感!!めっちゃ思春期感!!
仁に最初噛みついてたところは手がかかるな…ってなるんですが
光の部屋に転がり込んだ後ポツポツ話し始めて
「オレのこと…迷惑って言った……」って涙をこぼすところ、
なんだかもうきゅんと来ちゃって……かわいい…。
斉藤さんの口調が優しくて、
光が真面目で思いやりのあるいいコだと素直に思えました。
巻末フリトでもおっしゃってましたが
光の慰め方がね、やっぱり素晴らしい!!
その場をおさめるだけのありふれた言葉じゃなく、
しっかり斗真に向き合ってくれてる様子が沁みる…。
だから、斗真がキスしてくれたら帰るって言った時の
「目閉じて」の光のささやきが
ヤバーイ!!斗真本気になっちゃうからソレ駄目です!!って興奮しましたww
からの、寝ないで探した仁が「え────ッ」って叫ぶ声が楽しくて
ふふって笑ってしまいました。

意識高い系・暁人役の野上さん、さわやかっぽいんですけど
今回ちょっと悪役なので冷たい言い方とか刺さります。

羽多野さんは本当に優しさがじわじわ伝わる演技とお声で
“男としてはゴミカス”な仁ですが非常に魅力的でした!
光の過去を解き放ってくれた後のプライベートおセッセでの、
「当たり前だろ……」が、ちゃんと光の耳を噛んでる風な
「あひゃりまえらろ……」っぽくなってて好き。

斉藤さんは、喘ぎはもちろんの事
回想の面会でカンちゃんにもう会えなくて泣くシーンが鳥肌!!
やっぱり私は斉藤さんの叫び演技が好きなんです。

そうだ、マリ子さんが光を心配して無事を確認出来て泣くところ、
原作よりもらい泣きしそうになりました。
マリ子さんも終始ナイスでした。

カンちゃん役が江口さんだなんて……。
回想シーンのちょっとだけでもカンちゃんの人間性が伝わる!
俄然過去編も聴きたかった…!!!
それこそ非常に重い内容ですが。

原作で描き下ろしの『その後』、
仁、光、斗真の三人で釣りに行ってるショートですが
仁に女性のアカウント3ケタくらいブロックさせたシーンの
斉藤さんのトーンの低さと間を開けない感じが凄くお気に入りですww

二枚組で原作通りたっぷり作品の世界観に浸らせていただきました!!
とにかく凄い、の一言です!!

11

尊い

キャストさん目当てで原作とともに購入。

正直、序盤は「斉藤壮馬さんの淫語喘ぎがいっぱい堪能できてありがたい~」くらいの気持ちでしたが、聴いてるうちにこの作品に対する印象がどんどん変わっていきました。

中盤の光と斗真くんのやりとりにじーんと来て、終盤では莞二との再会シーンで思わず光につられて号泣…

どれだけ辛い年月を経ても、カンちゃんは自分に手を差し伸べてくれたあの頃と何も変わらない「王子様」のままだった。それを知って、今まで一人で抱えてきた色んなものが昇華され、本当の意味で救われた瞬間がとても美しかったです。斉藤さんの演技力がとんでもない…

最初はどこかぶっ壊れてると自覚しながらドライに割り切って生きてた仁が、今や誰かのために必死に考えたり動いたりするようになったと思うと、これはお互いの欠落している部分を埋め合っていく物語なんだとしみじみ…羽多野さんの優しくて暖かい声だけで、愛に満ち溢れた表情が目に浮かぶようでした。


こんなに「感動」の一言では片付けられないくらい色んな感情が込み上げてくる作品は久しぶりです。素敵な巡り合わせに感謝✨

17

切なさと暖かさが詰まっている人間ドラマ

二枚組を聴き終えて、まるで一本の映画を観たような感覚になりました。

壮絶な過去を背負っていながら、どこか達観していて不思議な雰囲気を纏っている光。独特な儚さと幼さと母性の絶妙な塩梅が斉藤くんの柔らかい声質を余すところなく活かしたのではないかな?芝居の表現力が高過ぎて本当に凄まじかったです。
そして、羽多野さんのここまでナチュラルで等身大な演技は初めて聴いたかもしれない!仁はいわゆるテンプレなスパダリ攻め様ではなく、格好つけ過ぎずに、泥臭さも強かさも弱さもあって、人間味あふれるところが愛しいです。

一番心にじんわりと来たのは光が斗真に言った「2番とか3番とか10番とか100番くらいの愛情を細かく稼いで生きていくしかないときだってあるんだよ」というセリフ。
AV業界の話だからエロ重視な作品かと思いきや、良い意味で生々しくてノンフィクション的な人間ドラマでしたね。
色んなシチュエーションの絡みシーンが散りばめられていて、しかも最後に男優としてではない二人が結ばれたシーンが超絶しっとり甘々で、BL的な萌えポイントももちろんたっぷりばっちりでした。

16

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ