BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

実は商業BL界隈でも増加しつつある「女体化BL」について分析してみた

2020/09/22 18:00

議論が起こる「女体化」について考えてみよう



皆さんは「女体化BL」読んだことがあるでしょうか。二次創作BLにおいては先天的・後天的問わずジャンルのひとつとしてポピュラーな女体化ですが、商業BLにおいては作品数が少なく、BLファンであってもそもそも女体化BLを読んだことがないという人も少なくないのではないでしょうか。また、明確に地雷だと感じている人も多い印象がありますよね。

今回は、そんな女体化BLの変遷について、2016年から遡って分析していきたいと思います!



そもそも……女体化BLはBLなの? TLなの?



こちらは難しい問題で、ちるちるの「答えて姐さん」でも「女体化はBLかTLか」という話題で盛り上がっていました。

女体化をBLと考える人の中には「精神的には男性なので、BLというジャンルが正しいのではないか」や、「男性に戻るならBL」などの意見が見られました! 確かに、もともとが男性なのでBLだと捉えるのは自然かもしれません。

一方で、「女体化はTLだ」という意見も。「精神的にも女性ならそれはTL」「女性の状態だけ好きならTL」など、女体化をBLと定義するかどうかは読み手に委ねられているのかもしれません。


年度ごとに女体化BLを追っていこう!


実際にちるちるの作品検索機能を使い、「女体化」でヒットした作品数の推移を調べてみましたのでご覧ください!


このグラフから、少しずつ女体化BL作品が増えているということが分かると思います! BL業界も様々な需要に対応し始めたのかもしれません。それでは女体化作品を年ごとに追っていきましょう。

2016年 人気シリーズ誕生


2016年に発売された高尾鷹浬先生の『女体化ヤンキー学園』シリーズは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。本作は2020年現在5巻まで発売しています。

主人公・虎雄は精神的には男性のままですが、犬塚は女性の姿の虎雄を別人だと思い込む……というストーリー展開となっています。「絶対に喧嘩で勝ちたい!」と意気込む虎雄と、虎雄が女体化しているとは気付かない犬塚の2人がどのように恋に落ちていくのかが楽しみな作品です!

女体化ヤンキー学園 ~オレのハジメテ、狙われてます。~


2017年 女体化BL小説作品も誕生


2017年にはウナミサクラ先生の小説『にょたリーマン!~スーツの下のたわわな秘密~』が発売されました。ある朝突然女体化してしまった高瀬嵐と、幼なじみで上司の山野将成のさわやかな恋物語が描かれています。こちらは受けが女体化した、ということを攻めが知っているタイプの作品なので女体化初心者の方も受け入れやすいかもしれません。

にょたリーマン!~スーツの下のたわわな秘密~


2018年~2019年 電子でも女体化作品がじわじわ増えていた


2018年から2019年にかけては、手軽に読むことができる電子専門作品をはじめ、女体化作品がじわじわ増えた年といってもいいでしょう。

福嶋ユッカ先生の作品『モブキャラの俺が女体化したら爆モテした件』では、女体化というアクシデントをきっかけにして二人の距離が縮まるというストーリーになっています。また、こちらの作品は戻ろうと思えばいつでも男性に戻れるというのが特徴的な作品です。

モブキャラの俺が女体化したら爆モテした件


2020年 女体化BLの夜明けが来る……?


2020年に発売された織島ユポポ先生の作品『黒ギャルになったから親友とヤってみた。では、受けが男だという認識があるパターンの女体化なので、親友だとわかりながらも……というお話になっています。こちらも、親友関係や親密な二人が女体化というアクシデントをきっかけにして距離が縮まるというようなストーリー展開で、2人のラブコメを楽しむことができます!

黒ギャルになったから親友とヤってみた。


***

いかがでしたでしょうか。女体化と言っても様々なパターンがあり、「読めない! 地雷!」となる場合もあれば反対に「このパターンの女体化は性癖」ということもあるかと思います。

商業作品においては二次創作とは異なり元キャラが存在しないので基本後天的女体化になることが多く、「女体化ドリンク」や「朝起きたら女性になっていた!」という作品がほとんどでした。やはり、何らかのアクシデントで女体化し、2人の距離が縮まるという展開の作品は出版数も多く、読みやすいのかもしれません。

女体化BLはこれまでTLしか読んだことのない人にも馴染みやすいので、BL初体験の方をBLの世界へ引きずり込める可能性を持っているのではないでしょうか…?

電子書籍の普及でニッチな作品が増えているので、女体化BLももっと増えるのかも……!?

担当BLソムリエ:日和
ハピエンが大好きで、感動するBLを読むと5時間くらい泣いてる。素直な受けが好き。

関連作家・声優

コメント13

投稿順|最新順

匿名13番さん(1/1)

女体化結構好きだけどたまには男に戻ってほしい。男の状態でも好きだと言えるならBLだと思う。

匿名12番さん(1/1)

最終的に「男」にもどるならBLだと思う。
好んで読むとかではないですけど女体化したことで攻に好かれるパターンは好きです。
女好きな友人が「好み」って迫ってきて押し倒されて「俺は○○だぞ」と言えない受に萌える。

匿名11番さん(1/1)

なぜ男同士の要素にわざわざ女要素を入れるのかさっぱり分からなくて、こちらの記事も拝読しましたがやっぱり何も理解出来ませんでした。
趣味嗜好は人それぞれだなあ……同CP推しの解釈違いに出会ったような気分です;
あとわたしも、女体化より「見た目完全に女子なのに下ついてる」系BLの方がビギナー向けだと思いました。

匿名10番さん(1/1)

BLでも作家の絵によってはチ○ポついてるだけの女にしか見えないのもある。
顔立ちは整いすぎていたり高校生以上の男子なのにスネ毛生えてなかったり。
性別設定がいくら男同士でも、漫画なら絵次第で萎えたり萎えなかったり。
小説は知らんけど。

匿名9番さん(1/1)

私も一切いっっっっさい興味なかったんですが、匿名7番さんのご意見、とても気になりました。私は知らないですが、そういうのもジャンルとしてはあるのでしょうね。それならちょっと読んでみたいかも……。

匿名8番さん(1/1)

TSFが好きでたまに読みますがBLと思ったことはないですね…
男性向けの成人漫画によくあるイメージです
BLのレーベルから発売されるなら、最終的には男×男で終わってほしいですね

匿名7番さん(1/1)

パートナーがゲイなのに女性化してしまう切ない感じのとかも駄目ですか…

匿名6番さん(1/1)

記事最後のほうの「女体化BLはこれまでTLしか読んだことがない人にも馴染みやすいので、…」って
え~、そうかな??私はあまり初心者向けでは無いと思うけど・・?



匿名5番さん(1/1)

女体化平気でよく読みます。
BLかどうかと問われると、う〜ん・・・
体が戻ってちゃんとBLしてくれるなら良いんですけど、変化したままならジャンルはTLかなぁ。
男性向けでも女体化多いんですよね。中身はエグいですが。

匿名4番さん(1/1)

オメガバが普及した今でも女体化やりたい人って何がやりたいんだろ
おっぱいが描きたいだけ?
たまにあっても良いけど増えすぎたら萎え

匿名3番さん(1/1)

わざわざ苦手なトピ開いてまで萎え、無理とかって書きたくなるものかね
まあ、どうしても書き込みたかったんだろうけど...

匿名2番さん(1/1)

女体化は、普通にTLでしょ…まんことおっぱいある時点で死ぬほど萎える。
僕っ娘の男性向けエロと変わらないじゃん。

匿名1番さん(1/1)

女体化は商業でも二次創作でも無理

PAGE TOP